スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武装神姫 フィギュア劇場 369 

zDSC09350.jpg

ミシェル「ジャスティッスッ!!!!!!!」

ミシェルがレーザーブレードを展開させて突っ込む。

ヴェロキラ「FUCK YOU!!!!!!!」

ヴェロキラもレーザーブレードを展開させて反撃する。

zDSC09352.jpg

ビッシュウン・・・

ヴェロキラは高出力のレーザーブレードを副腕に2対装備している。

一方、ミシェルは片腕のみ。


zDSC09353.jpg


ヴェロキラ「攻撃力はドラッケンの方が上だァッーーーーーーーーーーー!!!」



ヴェロキラはカタリナ社製の戦闘爆撃機型MMS「ドラッケン」タイプ。
重装甲、重武装の強力な武装神姫。

戦闘能力はトップクラス。

zDSC09354.jpg

2対の強力なレーザーブレードで装甲の薄いアーンヴァルタイプなど簡単に八つ裂きに出来ると思っていた。

ブン!!!ヴェロキラは力強くレーザーブレードの斬撃をミシェルに浴びせるつもりだった。

だが、そこにはミシェルの姿はかき消すように消えていた。

zDSC09355.jpg

ミシェル「アーンヴァルの機動性はドラッケンよりも上ですよ?」

ミシェルはフロントライン社製の天使型MMS「アーンヴァル」の改良発展型。

装甲や火力はドラッケンには劣るが、機動性、速度は勝っていた。

zDSC09357.jpg

朝倉「何をしているヴェロキラ!!」

ヴェロキラ「は、速い!クソッタレ!!」

あっという間に後ろを取られるヴェロキラ。

zDSC09358.jpg

ヴェロキラは過信しすぎていた。己の自慢の装甲と火力を。

それが敗因だった。


zDSC09360.jpg

少しぐらいの攻撃を喰らっても、問題ない。

力任せのごり押しで、突っ込んで捻じ伏せてやればいいと思っていた。

zDSC09362.jpg

それが間違いだった。

ミシェルはSSS級のランカー神姫である。雑な力任せの攻撃が通用するような相手ではなかった。
ヴェロキラが典型的なパワータイプで、突っ込んでくると読みきった上で攻撃を予測して先に行った。
無論、ヴェロキラが一歩下がって射撃戦に持ち込んでくる可能性も否定は出来なかった。

だが、ミシェルは攻撃をためらうことなく即断で下し行った。

外れたりガードされたら、ヴェロキラの強力なレーザーブレードでメッタ斬りにされて撃破される。だから機動力を生かして先手を打ち、一撃で確実に撃破させる。


それは困難な行為であり、並みの神姫なら不可能だろう。だが、ミシェルはSSS級、丁寧にそして正確に、無慈悲に迷いなく攻撃を行った。

そしてそれは見事的中した。

ズドオオオン

□戦闘爆撃機型MMS 「ヴェロキラ」 SSSクラス 二つ名「ファックサイン」 撃破


ミシェルのレーザーブレードから光弾が放たれ、ヴェロキラの装甲と装甲のスキマの部分を正確に撃ちぬき、撃破した。

朝倉「ば・・・バカな・・・・私のヴェロキラが・・・一撃で・・・」

zDSC09365.jpg

ミシェルは撃破したヴェロキラには一瞥もせずに、ふっと短く息を吐く。


ミシェル「予測範囲内とはいえ、勝利し正義を上げることに成功しました」

池田が重々しく口を開く。

池田「よくやったミシェル、だが、なかなか危険な賭けだったな・・・」

ミシェル「私が攻撃をはずすか、ガードされていた場合、撃破されていたのは私でした・・・私が勝てたのは、機動性と運でした」

池田「SSS級のドラッケンを瞬殺とは・・・さすがボクのミシェルだ・・・」

池田はほくそ微笑む。

zDSC09367.jpg

ミシェル「やられる前にやる。戦いは先手を取った者が勝利します」

池田「攻撃力や防御より機動性か?」

ミシェル「違います。正義の力です」

池田「正義?」

池田は首を傾げる。


ミシェル「絶対正義です。迷うことなく心が勝利に導くのです」

池田「・・・・よくわからないが、よくやったミシェル」


ミシェル「ありがとうございます。マイマスター」



つづく
スポンサーサイト
[ 2011/07/10 02:03 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(9)

あのヴェロキラまでもが………次はいよいよ白い悪魔VS正義?
[ 2011/07/10 02:20 ] [ 編集 ]

武装神姫 フィギュア劇場 369

先の重コルベット「モニター」の類似実戦を想像させる戦いですね。とても面白いです。

ドラッケン型MMSのヴェロキラは、少し昔の大火力及び防御重視のドレッドノート級戦艦に対応。天使型MMSのミシェルは、現代の高速性及び経済的火力重視の護衛艦に対応、と考えるとどうでしょう。
でも一番の勝因は、ミシェルの思いっきりの良さ、のように感じます。

次回も期待しています。

・・・ところで、ナノハちゃんは何処に?

ナノハちゃんとミシェルでは、どうひいき目にみてもミシェルの分が悪いような・・・
[ 2011/07/10 02:30 ] [ 編集 ]

武装神姫 フィギュア劇場 369

追加コメントです。(しつこくてスミマセン)

フィギュア劇場 368にて、ミシェルの登場シーンは、もしかして「トップをねらえ」のガンバスター初登場シーンがモデルでは?
(ミシェルが腕を組んで、仁王立ちしているように見えるので・・・)
双方とも名シーンで、とっても感動します。

あと、撃破されたアマンダやヴェロキラは、各マスターが自分で敵地の中まで入って回収にくるのでしょうか?
(まさかそのままという事は・・・)
[ 2011/07/10 04:53 ] [ 編集 ]

流石、神姫界タカ派の代表カタリナさんや!
神姫はこうでなくっては!
[ 2011/07/10 12:00 ] [ 編集 ]

ヴェロキラさんが…破壊された…。
!これは今!朝倉さんに護衛は居ない!?
しかも、相棒の佐々木さんにも!?
神姫センターから早く出て来ないですかねw
っと危ない、出て来てもナノハさんがいるかもしれませんね。
時間を置かないとw

こんな事を考えているのが神姫センター内外にごろごろ居るでしょうねw

さて、対人傷害を可能にしたイリーガル神姫共を動かしますかね…。
陰ながら朝倉さんの護衛をさせる為に…。
[ 2011/07/10 13:55 ] [ 編集 ]

コメント返し

>クルセさま

話も進んできました!!最後はどうなるのかお楽しみに!

>Madriax74 さま

重量級と軽量級

どっちが強いか?は永遠の戦いのような気がしますねw

まあどっちが勝つかは腕と運、状況しだいですが・・・

フィギュア劇場 368にて、ミシェルの登場シーンは、とあるゲームのOPを再現しています。最後に元ネタの動画を紹介するのでwww

撃破されたアマンダやヴェロキラは、各マスターが自分で敵地の中まで入って回収にくる。

我が家には輸送艦型MMSという死体回収屋がいるので・・・バトルが終わると・・・・


>さま


神姫界タカ派の代表

うはwwwやっぱりそうなんですかねwwww自分は普通にキャッキャウフフもだいしゅきですが、ガチバトルも大好きです。


>ユキナリさま

こんな事を考えているのが神姫センター内外にごろごろ居るでしょうねw

まあ、どうなるかはお楽しみに・・・

普段、調子乗りまくっている朝倉さんと佐々木さんが神姫をなくしたら・・・・
報復にくる男どもが・・・・・

という展開のお話は考えています。

武装神姫SSのMMS戦記の方でやってみたいですねwww

小生意気な小娘を*+***させるという感じでェ!!!!
[ 2011/07/10 18:01 ] [ 編集 ]

ヴェロニカさん……窮地に立たされていながら自身を過信をするのはいけませんよ。防御姿勢を取りながら回避すれば多少は被害を軽減できたかもしれなかったでしょう。

然し、相変わらずミシェルさん。正義だ正義だと口にするのには何とも言えませんが、それ故に迷いが無いと言うのは厄介ですね。心理戦に持ち込み精神的に追い詰める事が出来れば多少は隙が生じそうなものなのですが。

朝倉さんと佐々木さんは……色々な意味で酷い目に遭う前に、然るべき人に補導されそうな気がしますw
まあ、それくらいで懲りる事は無いのでしょうが……。
[ 2011/07/10 21:23 ] [ 編集 ]

>MMS戦記
良いですねwあの作品は恐ろしい程の名作揃いですから。
朝倉さんはSSSランカーの中で三本の指に数えるぐらいに好きなマスターですし最高ですねw
好きな女性が襲われるのが見たいのかと言われそうですが…すみません、好きなキャラの苦しむ姿が大好きな頭のおかしい人間なのです…。 
助けたい!でも助けられない!と思うと余計に興奮しますね。
…楽しみにしています…w
[ 2011/07/10 22:54 ] [ 編集 ]

コメント返し

>Qualさま

ヴェロキラさんはちょっと油断しましたねー地獄への特急列車は足が速いんですよwww戦場での些細な油断が即、死を招きます。

ミシェルさんは完全に割り切ってある意味、思考停止して余計なことは考えないようにしているプロキチです。

朝倉さんと佐々木さんは……色々な意味で酷い目に遭う前に、然るべき人に補導されそうな気が

然るべき人に補導・・・なんかいやらしい意味に聞こえてしまいますねー

>ユキナリさま

MMS戦記は・・・まあ、基本ダラダラとああなってこうなるという与太話です。

なんか普通の神姫の話じゃないので、なんか浮いていますが・・・・

バタフライ効果、カオス力学系において、通常なら無視できると思われるような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象のことを指す。カオス理論を端的に表現した思考実験のひとつの話です。

小さな要素の組み合わせでも未来に大きな影響を与える以上、正確な未来予想は不可能という話ですねー

他愛ない無駄会話、くだらないぼやき、余計な一言、行動が大変な事態になってしまうというカオスな話です。

好きな女性が襲われるのが見たいのかと言われそうですが…すみません、好きなキャラの苦しむ姿が大好きな

みーとぅーーwwww

お楽しみにww


[ 2011/07/11 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1173-4ec1b8e9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。