武装神姫「真零」 第20章 次回予告  

武装神姫「真零」 次回予告

西暦2041年 

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・


zDSC09027.jpg


大阪MMS砲兵工廠

カタリナ社極東支部局の構想により大阪城の地下ジオフロントに作られた第5軍事開発局所属の兵器工廠(造兵廠)。MMS戦争では、大口径の火砲を主体とする戦艦型MMSの製造を担った東洋随一の最大の軍事MMS工場であった。また、日本では重工業分野においてトップクラスの技術や設備をもっていたため、官公庁や民間の要望に応えて戦艦型MMS以外のさまざまな武装やMMSも製造していた。


zDSC09421.jpg

大阪城の地下ジオフロントに広大に広がる工廠・・・

大阪MMS砲兵工廠は地下の旧大阪城ホール跡や旧地下鉄地下街を利用し大小複数の地下街を連結したもので広大な地下面積を有していた。

広大な大阪城公園の直下にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置を特定しにくい。対空砲・迎撃ミサイル等防衛火器類も万全であり、工廠単独でも長期に維持できる物資と自給能力を持つ。また、強固な地盤の深地下にあるため通常兵器はもちろん核兵器による爆撃にも耐え、弾道ミサイル攻撃ですら司令部などが存在する中枢部は耐えられると言われており、難攻不落の要塞としても知られ完璧な防御力を誇る。

MMSや艦船の工場、数個艦隊クラスが停泊できるだけのドック、大規模兵器庫、設計局、参謀本部までも備えており、名実共にカタリナ社第五軍事開発局の心臓部・頭脳部である。このためカタリナ社高級MMS将校の一部、特に守旧派・官僚主義者は、前線で指揮せず安全な大阪MMS工廠に引き篭もっており、他企業のMMSのみならず、同じ他開発局のカタリナ社の将校型MMSですらこのような高級MMS将校らを「大阪城のモグラども」と蔑称している。


zDSC09438.jpg


2041年4月20日

この難攻不落の工廠の静寂を1機の白いMMSが叩き起こした。


zDSC09143.jpg

燃え盛る大型戦艦型MMSの紅蓮の炎の中から白い神姫が現れた・・・・

zDSC09237.jpg


鳴り響くアラーム、殺到する警備のウェル部隊。

その中の一人がつぶやいた。


「あ・・・悪魔め・・・・」

第20章 予告



???「悪魔で・・・いいよ。 悪魔らしいやり方で戦うから。・・・」


スポンサーサイト
[ 2011/04/17 12:59 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

白い悪魔

白い神姫、そして『悪魔』と呼ばれた神姫、この神姫が同一の神姫だとすると『白い悪魔』という異名を持つ神姫だと思えますね。
しかし・・・凄くドキドキしますね。
なんだか戦争のような前振りからいきなり襲いかかって来た謎の神姫の登場!
とんでもない事が起きそうです・・・。
[ 2011/04/17 22:52 ] [ 編集 ]

コメント返し

> 宮藤 椿さま

次回はかなりハードです。とんでもないことが起きます(いつも起きているような感じですが・・・)


前振りの内容はいろいろ酷いですwwwジャ○ローと旧日本陸軍工廠とかwww

「白い悪魔」この異名ってわりかし多いデスヨネーwww
[ 2011/04/19 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1102-7bf6145b