武装神姫 フィギュア劇場 342 

zDSC06740.jpg

バッババン!!ビッシューーン!!

カノーネとシャロンが川元に向けて発砲する。

カノーネの放ったライフル弾がデナン・ゾンの脚部に命中しよろけたところにコクピットにシャロンのロッドから発射されたビームが命中し爆発した。

ズンッ!!

デナン・ゾン「川元 和樹」 20歳 大学生 撃破

zDSC06741.jpg

カノーネが口笛を吹く。

カノーネ「ヒュー♪うまいじゃんシャロン」

zDSC06742.jpg

シャロン「私だってレギュラーですよ?」

カノーネ「この調子で行こうぜ」

zDSC06743.jpg

出渕「ちょ・・・おま・・・・」


出渕は10秒も立たないうちに仲間が全て撃破されて冷や汗を掻きながら、逃げた。

出渕「む、むりむり!!絶対勝てない!!」

zDSC06745.jpg

カノーネ「クリア」

シャロン「周囲に反応なし、通常モードに移行します」

ナデシコ「喰い足りないな・・・」

ノア「こんな閉所でマシンガン振りまわして勝てると思ってるんだから甘いよねーーー」

セイヴァー「せめて、取り回しのよいハンドガンでも1挺あればよかったとは思うのですが・・・」

犬屋はリュックからポテチを取り出し空けようと画面を覗くと戦闘が終了していたことに驚いた。

犬屋「えええ?もう終わったの?」

zDSC06747.jpg

ノア「ふふふ・・・この程度の相手じゃ、私たち神姫の敵ではないよ・・・」

ノアの瞳が怪しく光る。

zDSC06748.jpg

犬屋はポリポリとポテチを食べながら指示を出す。

犬屋「さて、どうする?」

カノーネ「オレの提案なんだが、何組かに分かれて行動しないか?」

シャロン「それは私も今、思っていたことです」

ナデシコ「?なんでだ?」

セイヴァー「あーーーもしかして、大勢で行動するとさっきの連中のように察知されるからですか?」

ノア「そうね・・・さっきは私たちが待ち伏せしていましたけど、逆をやられると大変ですね」

犬屋「ふむふむ・・・」


zDSC06749.jpg

カノーネ「グループ分けだが、こんな感じでどうだろう?

オレとナデシコが一班、シャロンとセイヴァーが2班、マスターとノアが3班だ」


ナデシコ「カノーネはレーダーやセンサーは優秀だが、接近戦が弱い、反対にオレはレーダーやセンサーが弱いから相性がいい」
カノーネ「昔の腐れ縁で、ツーカーだしな」

シャロン「私もカノーネさんと同じでレーダーやセンサーは優秀ですが、接近戦が弱いので、接近戦に強いセイヴァーさんがいると助かります」
セイヴァー「接近戦なら任せてよ」

ノア「私は単独行動でいいよー、サポートでマスターがいるしー」

犬屋「ノアは大丈夫か?一人で?」

ノア「なになに?心配してくれてるのーマスター?優しいね」

ナデシコ「いやいや、ノアはSSクラスだろ?」
カノーネ「まあ、お前は普通に強いからいらんだろ」

ノア「私なら大丈夫だよー元々シーフ型で隠密行動は私の十八番だし」

犬屋「ですよねー」

zDSC06750.jpg


ナデシコ「むふふん♪じゃあこのチームでどっちが先に金を見つけるか競争しねえ?」

カノーネ「もう手に入れるの前提なんだな・・・」

zDSC06752.jpg

カノーネ「まあ、確かにこのチームなら負ける気がしねえな・・・」

にやりと笑うカノーネ


zDSC06754.jpg

シャロン「うへっへへー金ゲットしたら何に使いましょうかね?」

セイヴァー「とりあえず、お菓子を買いましょう」

犬屋「気をつけろよオマエたち・・・なんか心配だわ」

シャロン「うひひひ、大丈夫ですよーーー」

セイヴァー「じゃあ行ってきます!」

zDSC06755.jpg


犬屋「はあ・・・なんかみんなやる気満々だな・・」

カノーネ「金のために戦うんだ。正当な理由だろ?」

ナデシコ「じゃッ!!そういうことでちょっくらいってくるわー」


犬屋「やられるなよ」

ナデシコ「バーカー」

カノーネ「後ろは任せろ、ナデシコ」

ナデシコ「はいはいーっと」

zDSC06757.jpg


ナデシコとセイヴァーたちはそれぞれ分かられて別の通路へと消えていった。

犬屋「さて、俺たちも行こうか?」

ノア「うん、派手にいこうね」

犬屋「あんまり無茶するなよ」

ノア「・・・・・・・・・そういえば、マスターってまだ私の力って知らないんだよね?」

犬屋「んん?力?なんだ?」

ノア「私はSSクラスのランカー神姫・・・二つ名は『パープル・デーモン』・・・・紫色の悪魔・・・それがどういう意味なのか、ちょうどいいし教えてあげるね」

犬屋「お前が強いのは知ってるよ、ナデシコにも勝ったしな」

ノア「ううん、そういう意味じゃないの・・・・じゃあ、今から言うことを実行するね」

犬屋「?」

ノア「これから先、進むブロックの中にいる出合った全ての神姫と敵をノーダメージで秒殺で皆殺しにするね、それから金は私がゲットするよ」

犬屋「え・・・・」

ノア「マスターは見ているだけでいいよ」
ノアの目が青く光る。

犬屋「の・・・ノア?」

ノア「力ってのは実行できることを指すの、力があるというのは、物事を自分の思い通りに出来ること・・・・

マスターには魅せてあげる。私の強さと力・・・そして勝利を・・・・・・」



つづく
スポンサーサイト
[ 2011/03/20 20:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1074-ff6c3466