武装神姫現実日記 2041年3月11日  

zDSC06349.jpg

悪魔型MMS「クエス」 Bクラス 
オーナー名「間宮 幸平」♂ 21歳 職業 大学生

花粉症とはアレルギーに分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。

間宮「ふぇ・・・フェックショーーーイッ!!!!!!フェックショイフエックショフェックショーイフェクショイフェックショイ!!」

クエスがけげんな顔をしてティッシュを渡す。

クエス「うるさい」

間宮「そんなこといってもさ、オレ花粉症なんだぜ?」

クエス「マスクしてよ、後、クシャミしたら手と顔洗って!!そんな汚い手でベタベタ触らないで!」

間宮「潔癖症め」

クエス「当たり前のことでしょうが!!」

間宮「へえへえ、すみませんでしたね!!」

間宮はチンと鼻をかむ。

クエスはクスクスっと笑う。

間宮「?」

クエス「マスター、鼻のかみ過ぎで真っ赤になってるよ」

間宮「しょうがないだろ!!オレは花粉症なんだから!!」

クエス「花粉症対策に薬塗ってあげようか?」

クエスはそういうと綿棒をすらりと、一本抜くとすちゃりと腰に構える。

間宮「・・・・もしかして鼻の穴の中に塗る奴?」

クエス「イエス」

間宮「・・・・・いや、遠慮しとくわ・・・」

クエス「なんで嫌がるの?」

間宮「いや、なんか怖くてさ・・・」

クエス「大丈夫、私がやってあげるよ、さあさあ横になって」

間宮「いや、いいって!!」

クエスの目が光る。

クエス「私を信用していないの?マスター・・・・・」

間宮「いや、そういう意味じゃないけど・・・」

クエス「じゃあなんで?」

間宮「怖いよ、目光ってる!!赤く光ってるよ!!!」

クエス「絶対に痛くしないよ、優しくしてあげるよ・・・マスター・・・」

間宮(ああ・・・そういえばストラーフ型って悪魔がモチーフだったなァ)


クエス「じゃあ、行くよ・・・・マスター・・・力抜いて・・・」

間宮「うん・・・・」

クエス「大丈夫、怖くないよ・・・優しくしてあげるね」

間宮「クエス・・・」

クエス「マスター・・・・」

間宮「怖いよう」

クエス「・・・・・・・・・・しつこい」


*この後、間宮さんはクエスさんに鼻の穴に綿棒、突っ込まれ薬をたっぷり塗ってもらいました。
花粉症がマシになったのかどうかは、2人だけの内緒の話♪
スポンサーサイト
[ 2011/03/12 02:08 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1065-a309a74f