ミッション 16 装甲MMS戦艦MMS部隊撃滅 

DSC08246.jpg

zDSC08840.jpg


カタリナ社関西支社は、関西での他社MMS部隊の脅威に対応するために、装甲戦艦型MMSインペリアル級2隻と、コルベット艦型MMSバッカニア級3隻を送る計画を立てているとの情報を我が情報局が入手しました。
当初は航空母艦型MMSのレックス級も加わる予定であったが、同艦は淡路島島近海で座礁事故を起こして合流できなかったようで、連中は大胆にも白昼堂々、明石海峡を横断しようとしているようです。

この部隊は艦載機MMSの航空支援も期待できないことを知っていたが、大阪湾における他社MMS部隊に侵攻される制海権の危機に際して出撃しないわけにはいかなかったようで、強行突破しようとしています。

このチャンスをみすみす逃すことは許されません。そこで諸君らの優秀な武装神姫たちによるこの戦艦MMS部隊の撃滅をお願いします。

「作戦行動中の大型戦艦型MMSを沈めることはできない」との常識をぜひ覆してほしい。MMS世界でのさばっているカタリナ社の大艦巨砲主義の終焉を告げる出来事として武装神姫の歴史上に刻みこんでください。

砲戦用の分厚い装甲を備え、水中防御も充実した装甲戦艦型MMSを航空MMSだけで沈めることは、依然として難題ではあると思うが、諸君らの優秀な武装神姫たちなら可能だと我が社は判断しています。

DSC08248.jpg

zDSC08843.jpg

目標となるインペルアル級装甲戦艦型MMSの情報を説明します。

巨大な三角形のデザインが特徴で、長大な航続距離、神姫搭載能力、艦砲射撃、ミサイル攻撃、爆撃などあらゆる任務に対応する。センサーシステム群は強力な遠距離探査能力を持ち、左右のターボレーザー砲がずらりと並び、高い砲撃能力を有しています。また大出力エンジンを搭載し非常に強固なシールドを形成することができ、その巨体もあって、生半可な攻撃は通用しません。

DSC08260.jpg

このインペリアル級だけはなんとしても撃沈してください。小型のコルベット艦型MMSは無視しても構いません。
また、この艦隊が明石海峡を越えてしまうと大阪から護衛の航空MMS部隊がやってきます。そうなると撃沈は不可能となりますので、制限時間は約30分と考えてください。

ミッションの概要は以上です。フロントラインは、あなたを高く評価しています
よいお返事を期待していますね


・依頼主:フロントライン社 関西支部 
 
・作戦領域: 明石海峡

・目標 :

装甲戦艦型MMSインペリアル級「プリンセス・オブ・ウェールズ 」
装甲戦艦型MMSインペリアル級「レパリス」

・報酬 :

インペリアル級1隻に付き 100000c
    バッカニア級1隻に付き 30000c

・エネミー

装甲戦艦型MMSインペリアル級「プリンセス・オブ・ウェールズ 」
装甲戦艦型MMSインペリアル級「レパリス」

コルベット艦型MMSバッカニア級「エレクトラ」
コルベット艦型MMSバッカニア級「エクスプレス」
コルベット艦型MMSバッカニア級「テネドス」


制限時間:

1.800秒


ミッションを受けますか?
スポンサーサイト
[ 2011/03/01 22:52 ] ミッション | TB(0) | CM(9)

30分制限でこいつ等沈めるとなると、やっぱ体当たりが一番効きそうですね。

という事で、今回も航空戦力中心で
・アーンヴァル(無印・T2混合)×5機
・アーンヴァルライザーMk-ⅡP
・エウクランテ
・ウェスペリオー
・飛鳥×2機
全て標準装備でこれだけ投入します。

戦術的には、インペリアル級で先行艦に的を絞ってLo-Lo飛行で接近。
まず1機を除くアーンヴァル隊がエシュロン編隊で突撃。銃撃・爆撃を加えつつ航過。
続け様にアーンヴァルライザーを除く残存機にて同様の攻撃を行い、バリアの無効化を計ります。
仮にここでバリアが無効化出来なかった場合、無効化できるまで反復攻撃。
無効化と同時に、アーンヴァルライザーが突撃。
彼我距離500にてライザーを切り離し、ライザー自体を大型ミサイルとして突っ込ませます。

発想としては、ドイツ空軍のミステル攻撃機ですね。
撃沈に至らなくとも、キールを歪ませて再起不能に陥らせる事ができたらしめたもの。と考えます。
攻撃後は、Mk-Ⅱ・エウクランテ・ウェスペリオーは後退。
残存機はコルベット攻撃に移ります。
もう1隻のインペリアルは他の人に『後は、お任せという事で』。
[ 2011/03/02 00:02 ] [ 編集 ]

キャサリン(白黒Ⅱ)「戦艦か・・・我が斬艦刀の錆びにするまでのこと・・・」

さて、ウチの女ゼンガー親分はさておき、対艦戦闘と言う事でストラーフMk-Ⅱ(白)とイーアネイラ、アバター機の1.5ガンダムを投入。
水中からのフォノンメーザーか、上空からの高出力ビームか、それとも斬艦刀で一刀両断か。
好きに料理するだけの実力はありますので、悪しからず。
[ 2011/03/02 00:08 ] [ 編集 ]

イ、インペリアル級二隻…。
今回は妹(架空、でも立体としては存在してますw)の神姫と共同戦線と行きます!
マスター
アーンヴァルエプシェル×1 白子×7 軽白子×20 ウェルライザー×6 宇宙戦艦ヤマト型×2

アルトレーネ×3 アイネス×6(内4機はマスターチームに合流) ヴィオラ×2 ローザ×2

妹チームは放って置いたら置いたで厄介そうなバッカニア級を確実に撃破することに専念してもらい、余裕が生まれたら合流します。

マスターチーム
白子×7、軽白子×12でヤマト型が波動砲の準備が終わるまで対艦ミサイルや銃撃などで攻撃。
その間残りの軽白子と妹のアイネス4機はヤマト型の護衛。
二隻の波動砲で各バリアを破壊。
その後、ウェルライザー隊のミサイル攻撃や残りの軽白子隊にも出てもらいます。
バリアを破壊出来ない場合もライザーは波動砲発射後に出撃させます。
最近改造されたばかりの駆逐白子は装備や自分の現在の能力に慣れてもらう為に妹チームの援護射撃をさせますw
バリアが再構成されたら波動砲を再び溜める余裕は与えてくれないでしょうから、主砲やパルスレーザー砲で攻撃するためヤマト型も前に出ます。
[ 2011/03/02 18:07 ] [ 編集 ]

-ヴァルトラウテ-単機でもいけそうですが、データはすでに取ってあるので、無理をせずに-ロスヴァイセ-とペアで行きます。

-ヴァルトラウテ-は接近し、メインターゲットのインペリアル級を攻撃。
相手も迎撃してくるので、前方に障壁を展開し対応します。
-ロスヴァイセ-は上空にて狙撃しながら援護します。
インペリアル型破壊後、その他のターゲットを殲滅します。


疑問なのですが、戦艦型は神姫本体を倒せば停止するのでしょうか?
そうでしたらすれ違いざまにMVSで神姫本体を切り刻むのが一番早いのですが・・・。
[ 2011/03/03 18:23 ] [ 編集 ]

仮想シュミレート

皆様コメントありがとうございます。まず今回のミッションのモチーフは太平洋戦争の初期の1941年12月10日に、マレー半島東方沖で、日本海軍の航空部隊(一式陸攻、九六式陸攻)とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘。

「マレー沖海戦」を元ネタにしています。

当時の「作戦行動中の戦艦を航空機で沈めることはできない」との常識を覆した。当時の世界の海軍戦略である大艦巨砲主義の終焉を告げる出来事として海軍史上に刻まれている有名な戦いです。

2041年のちょうど100年前です。

それでは皆様の神姫さんたちの取った行動をシュミレートして行きましょう。

カタリナ社関西支社は、関西での他社MMS部隊の脅威に対応するために、装甲戦艦型MMSインペリアル級2隻と、コルベット艦型MMSバッカニア級3隻を送る計画を立て白昼堂々、明石海峡を横断しようとしました。

ゴタローさまの神姫部隊が先行して出撃。フロントライン社の索敵機からの報告を手がかりに、各航空MMS隊が現場に急行する手はずが取り決められた。まず・アーンヴァル(無印・T2混合)×5機
・アーンヴァルライザーMk-ⅡP
・エウクランテ
・ウェスペリオー
・飛鳥×2機が出撃。
続いて2分後にはレイキャストさまのMMS部隊が出撃。キャサリン(白黒Ⅱ)ストラーフMk-Ⅱ(白)とイーアネイラ、アバター機の1.5ガンダムを投入。直後にユキナリさまのMMS航空隊(アーンヴァルエプシェル×1 白子×7 軽白子×20 ウェルライザー×6 宇宙戦艦ヤマト型×2
妹チーム アルトレーネ×3 アイネス×6(内4機はマスターチームに合流) ヴィオラ×2 ローザ×2)が出撃した。最後にいっささまのワルキューレ部隊-ヴァルトラウテ--ロスヴァイセ-が離陸。

約60機強の完全武装のMMS部隊が海域に向かいました。

一方でカタリナ社装甲戦艦MMS部隊は、コルベット艦エクスプレスが先行して海峡方面を偵察したが敵機を発見できなかった。

ゴタローさまのMMS部隊も本命の艦隊はなかなか発見できなかったが、飛鳥×2機が帰還中のコルベット艦エクスプレスを発見し、爆弾を装備する飛鳥の爆装隊が戦艦型MMSと見誤って攻撃したものの命中弾は得られず、少数とはいえ爆弾を無駄にしてしまった。

だがその後すぐに待望の主力艦隊を発見し、飛鳥型は各MMS部隊に以下の3つの電文を打電した。

敵主力見ユ、四度、一〇三度五五分、針路六〇度、一一四五

敵主力ハ三〇度ニ変針ス、一一五〇

敵主力ハ コルベット艦三隻ヨリナル直衛ヲ配ス、航行序列、インペリアル級2隻、一二〇五

各マスターはすぐさま各MMS攻撃隊に電文を転送し、各MMS攻撃隊は主力艦隊めがけて殺到した。

主力上空に最初に到達したのはゴタローさまのMMS航空隊の爆装隊の一部・アーンヴァル(無印・T2混合)×5機と・アーンヴァルライザーMk-ⅡP ・エウクランテ ・ウェスペリオーであった。MMS航空隊はレパリスを目標にエシュロン編隊で突撃。銃撃・爆撃を加えつつ航過攻撃したが、バリアの無効化にはならずレパリスの損害は軽微であった。次にレイキャストさまのMMS隊は二手に分かれてプリセス・オブ・ウェールズとレパリスの両艦を狙った。レパリスは巧みな操艦で水中からのフォノンメーザー、上空からの高出力ビームのすべてを回避したものの、鈍重なインペリアル級では限界があり、プリンセス・オブ・ウェールズにはたちまちのうちに左舷後方に斬艦刀の攻撃が命中した。命中した衝撃はプリンセス・オブ・ウェールズに重大な損傷を与えた。またゴタローさまの放った彼我距離500にてライザーを切り離し、ライザー自体を大型ミサイルとして突っ込ませまる特殊攻撃が命中し、衝撃で機関部が著しく炎上した。この時に隔壁が破壊されたこともあり、プリンセス・オブ・ウェールズは早くも多量の浸水を見るにいたり速力が低下。また、機関室、バッテリーなどにも浸水が及んで、電力供給途絶により艦橋部にある2基の主砲が旋回不能になり、対空レーザー射撃等に甚大な影響が出た。また いっささまの-ロスヴァイセ-による上空からの狙撃にて舵機も故障して操艦も不如意となった。

次に戦場に到着したのはユキナリさま率いるMMS航空部隊であった。この第二波攻撃で機動能力を落としたプリンセス・オブ・ウェールズは右舷に対艦ミサイル4本の攻撃を受け、レパリスは左右舷に計5本の対艦ミサイルをそれぞれ受け、レパリスは二隻のヤマト級戦艦型MMSの波動砲で各バリアを破壊された後に集中砲火を受けて約4分を経た後に沈没した。プリンセス・オブ・ウェールズには大量の浸水が生じ傾斜がひどくなった。

その後間もなく、ユキナリさまのアルトレーネ×3 アイネス×2 ヴィオラ×2 ローザ×2のMMS部隊とゴタローさまの飛鳥型2機がプリンセス・オブ・ウェールズと各コルベット艦を襲い、プリンセス・オブ・ウェールズに飛鳥型が爆弾1発を命中させた。爆弾は最上甲板を貫通し内部で炸裂したため同艦の船体中央部の甲板は全体が盛り上がるほどの損傷を受けた。

プリンセス・オブ・ウェールズは左舷への傾斜がひどくなり、コルベット艦エクスプレスが救助のために右舷に横付けして船体の武装を破棄して乗り移るように要請したが、それに対しプリンセス・オブ・ウェールズは毅然とした態度で「ノー、サンキュー」と拒み、手を振った。

5分後、プリンス・オブ・ウェールズは単艦、数十機の攻撃を受け続け、トドメに艦橋部分に-ヴァルトラウテ-のすれ違いざまにMVSで神姫本体を溶断され機能を完全に停止し、左へ転覆し艦尾から沈没した。


この攻撃でプリンセス・オブ・ウェールズが沈んでから間もなく、南港からカタリナ社第453MMS飛行隊のドラッケン戦闘爆撃機型MMS11機が戦場に到着して、上空直掩を行ったが、すでに主力艦隊は潰滅しており、攻撃を行ったMMS部隊の姿はなく後の祭りであった。

また、コルベット艦型MMSバッカニア級「エレクトラ」「エクスプレス」「テネドス」は主力のインペリアル級が集中的に攻撃を受けていたため、全体的に被害は軽微であった。


つづきます。
[ 2011/03/03 22:51 ] [ 編集 ]

両軍の損害 報告

両軍の損害


傭兵MMS部隊

ゴタローさま アーンヴァル未帰還3機、
レイキャストさま イーアネイラ1機沈没、
ユキナリさま 軽白子 未帰還2機

カタリナ社装甲MMS艦隊

沈没:装甲戦艦型MMS「プリンセス・オブ・ウェールズ」「レパリス」


なお、これ以外にも傭兵MMS部隊の参加機の多くが被弾し、うち40機以上が深刻な被害を受けており、2隻の装甲戦艦型MMSのレーザー対空砲火がいかに激しかったかを物語る証拠となった。

戦術的影響

既述の通り「作戦行動中の戦艦型MMSを航空MMSで沈めることができる」ことを証明した武装神姫の歴史に残る海戦であった。これを戦訓として、カタリナ社の各種艦船型MMSに装備されている対空火器を、改めて大幅に増強した。

航空MMSが戦艦型MMSを沈める事が可能であるなら、当然だが航空MMSによる戦艦型MMSの護衛は必須となり、地上基地の航空MMS部隊の行動圏外では戦艦型MMSを初めとする水上MMS部隊は、敵側に航空戦力が存在する状況ではもはや空母型MMSなしで単独では行動できなくなってしまった。 この海戦以後は、カタリナ社の艦艇MMS群は航空支援なしにいかに強力な戦艦型MMSといえども出撃させることに極めて慎重になった。

[ 2011/03/03 23:02 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ゴタローさま

30分制限でこいつ等沈めるとなると、やっぱ体当たりが一番効きそう

ドイツ空軍のミステル攻撃を行うとは予想できませんでしたww撃沈に至らなくとも、キールを歪ませて再起不能に陥らせる事ができたらしめたもの。と考えます。

まさしく、その通りにシュミレートが起きました。

なかなかハードな戦いになりましたよー

>レイキャストさま

キャサリンさんの近接攻撃はかなり強力だと思いますよ。私も黒MKⅡを持っていますが、ストラーフタイプの近接攻撃はオンラインのバトルロンドでもピカイチの戦闘能力を有していますからね。
ただ、強烈な対空砲火の中を単機で突っ込むのは少々キツイのでいろいろ支援が必要ですが・・・

>ユキナリさま

宇宙戦艦ヤマト型×2

今回の大火力攻撃でバリアを突破して大ダメージを与えて撃沈しましたねw
厄介そうなバッカニア級を確実に撃破することに専念、コルベット艦が今回、主力から離れたところにいたので、激しい戦闘にはなりませんでしたが、撃沈するとなるとコルベット艦型は足が速いのでやっかいですよー

>いっささま

ワルキューレ部隊、今回も大活躍ですね。

疑問なのですが、戦艦型は神姫本体を倒せば停止するのでしょうか?

とのご質問ですが、神姫本体は船の艦橋と同じと考えてもらってけっこうです。

ただ、火器管制をマニュアルじゃなくてオートにしていると、本体が機能停止しても砲座だけは生きているので攻撃してきますのでご注意を・・・


今回のミッションは次のミッションにも関連して影響します。

次回のミッションもお楽しみに!!

*次回予告

そこは地獄だった。破壊の跡に棲みついた欲望と暴力。バトルロンドが生み出した、ソドムの街。悪徳と野心、退廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてぶちまけたここは、大阪港湾都市のゴモラ。
次回、『カタリナ社補給港襲撃』。来週も、キミたちの武装神姫と共に地獄に付き合ってもらう!!!

[ 2011/03/03 23:19 ] [ 編集 ]

カタリナさま>
>>キャサリンさんの近接攻撃はかなり強力だと思いますよ
と言う事は、読んでくれたのですか?(・∀・ )ウレシイナ

キャサリン「むう・・・踏み込みが浅かったか・・・。まだまだ精進が足りないな」
[ 2011/03/06 19:24 ] [ 編集 ]

コメント返し

>レイキャストさま

読みましたよー、ぶっちぇけると戦艦型神姫は「強い雑魚」です

所詮、時代遅れの発想の兵器をモチーフをしているので、強いのは強いのですが・・・

我が家には戦艦型神姫よりも数十倍も恐ろしい神姫がゴロゴロいるので・・・


[ 2011/03/07 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1058-704d1362