物騒な話の巻き 

zDSC06006.jpg



セイヴァー「ぐーーー」

セイヴァーが涎を垂らしながら寝ている。

マスタ「・・・・」


じーと見ていると、ときおりむにゃむにゃと口を動かしている。

絶対、こいつ今なんか喰ってる!!間違いない!!


zDSC06009.jpg

畳の上を見るとなにやらカノーネとノアが物騒な話をしている。


カノーネ「ノアッ!!おまえこの間のバトルでまたやっただろ!!」

ノア「やったって?何を?」

カノーネ「首斬り飛ばして蹴っ飛ばしただろ!!」

ノア「ああ・・・あれねー」

zDSC06010.jpg

カノーネ「あれねーじゃねえよ!!もうちょっと考えて綺麗に壊せ!!」


ノア「戦いに綺麗もクソもないでしょ?ふふふ、あなたも酷い壊し方するよね?何?自分は綺麗でおりこうですーって?いいこぶっちゃってさー」

カノーネ「なにィ?」

ノア「鉄鋼弾詰めた大砲で、相手の神姫を一撃でバラバラに吹っ飛ばすのと、首を優しく掻き斬って飛ばす。それにいかほどの違いが?」

カノーネ「オマエはわざと残虐に見せ付けるように楽しんでいるだろ?」

ノア「あれ?あなたは違うの?榴弾で嬲るように弄んだり、何度も何度も遠距離から追い込むように砲撃したり・・・私には楽しんでいるようにしか思えないけど?」

zDSC06011.jpg

カノーネ「オマエは砲撃戦のなんたるかを知っていない」

ノア「じゃあ、あなたは白兵戦のなんたるかを知っているわけ?」

カノーネ「てめえッ!!!!!ちょっと強いからって調子乗ってんじゃねえぞ!!」

ノア「私の戦いがそんなに気に喰わないなら、今度は味方じゃなくてもいいのよ?」

カノーネ「・・・・どーいう意味だ?」

ノア「敵になってもいいのよ、バトルロンドであなたが遠くの敵に興奮してバカスカ撃ってるときに胴体と首を分けてあげる」

カノーネ「じゃあ、俺はそのはるか遠くからオマエが手出しできないような遠距離からバカスカ撃たせてもらうわ、チャチでホットなダンスを躍らせてやるよ」

ノア「面白いわね、旧式の中古の高射砲が大口叩くわね、首が離れても大口って叩けるのかしら?」

カノーネ「いいやがったな!!この売女ッ!!!!!!」

ノア「・・・・・・・いまなんて?」

カノーネ「売女って言ったんだよ、どうせ、うちのマスターに足開いて媚びたんだろ?」

ノア「・・・・・ふう・・・分かった」

カノーネ「?」

ノア「戦場では後ろに気をつけることね」

カノーネ「それは俺のセリフだな」

2人は物凄い形相でにらみ合う。


マスタ「おお、怖い怖い・・・」


zDSC06020.jpg

ナデシコ「まーたーやってるよ、あの2人・・・」

シャロン「どっちも古参の神姫ですから・・・いろいろ思うところあるのでしょうか?」

ナデシコ「共通しているのはどっちも中古の神姫で前マスターの記憶があるってところだな」

シャロン「カノーネプライド高いしね」

ナデシコ「おれ、けっこういいかげんなんだぜ」

シャロン「知ってるーわたしもー」

ナデシコ「あんまりこだわらないな」

シャロン「わたしもー」


zDSC06022.jpg

ナデシコ「でもシャロン、ノアと仲いいよな」

シャロン「まあ、同じファンタジー系の神姫ですしー」

ナデシコ「俺もノアは嫌いじゃないぜ、ちょっと戦いのときになるとマジおっかないときあるけどな」

シャロン「それはナデシコさんも一緒じゃないですかーこの間も神姫の首かっ飛ばしていたでしょ?」

ナデシコ「ああーあったなー」

zDSC06023.jpg

シャロン「私は平和主義者だからそんな恐ろしいことはとてもとてもー」

ナデシコ「嘘付けェーおまえ、カノーネの横について弾着観測とかレーダーであそこに敵がいるとか、シールド張って安全圏からニヤニヤ見てるだろ」

シャロン「いや、あれは支援というもので・・・」

ナデシコ「俺はこの5人の中でオマエが一番、おっかない性格だと思うぜ?」

シャロン「ど、どーして」

ナデシコ「自分の手は汚さず、直接的な戦闘はみーーんな他人任せだろ?それでいろいろと後方で回復とか索敵とか防御したりして安全なところでニヤニヤ笑ってるだろ?」

シャロン「う、うぐ」

ナデシコ「やっぱおっかないよ、オマエけっこうバトルロンドで怖いよ」

シャロン「そ、そんなー私はみんなのためを思ってやってるのにー」

ナデシコ「まあまあ、オマエみたいな支援型の神姫がいると楽なのは楽だわ」

シャロン「で、ですよね?ですよね!」

ナデシコ「俺とセイヴァーが前線に出て、敵を攻撃、カノーネが遠距離から砲撃、シャロンが回復や防御、索敵を担当、ノアが後方まで忍び寄って撹乱といった感じかな?」

シャロン「バランスいいよね!!」

ナデシコ「イマイチ、みんな自分勝手で好き放題やってるからまとまりもへったくれもないけどなー」

シャロン「セイヴァーとナデシコがペアで大暴れ、私とカノーネが組んで、後方でごそごそ、ノアはなんか一人で撹乱って構図が最近のお決まりだよね」

ナデシコ「役割分担って奴だ」

シャロン「マスターは?」

ナデシコ「ぼーと見てるだけ」

シャロン「だよねー」




終わり
スポンサーサイト
[ 2011/01/17 23:41 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1019-0c79a7fb