スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グレート・ソード 下書き 

黒歴史 8


大学のイラストコミック時代に描いていた下書きが発見したのでうp


でっかい剣を持った女剣士ですね。

ちゃんとフォトショで色塗って完成させて大学の文化祭で出した覚えがあるんだけど・・・

元絵はどっかいったwwww


自分は軍事関係も好きですが、ファンタジー系も大好きです。

クラブで発行していた同人誌では、よく近代兵器VSファンタジーという構図でマンガとか描いていました。
魔道士VS戦車(T-55)とかドラゴンVSジェット戦闘機(MiG-19)とか剣士vs戦闘ヘリとかー


軍事関係とファンタジー混ぜるのって楽しいよねw


他にもいろいろイラストが見つかったのでまた気が向いたらうpします。
お楽しみにー


スポンサーサイト
[ 2010/11/30 23:10 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ファンタジーRPGのチームみたいで!!の巻き 

zDSC04393.jpg

マスタ「ファンタジーRPGのチームみたいでカッコイイぞ!お前ら」



ナデシコ「オレのジョブは『武士』サムライだな」

セイヴァー「じゃあ私は『騎士』ナイトだね」

シャロン「私はもちろん『魔道士』ビショップですよー」

ノア「うふふ、『盗賊』シーフですね」

カノーネ「・・・『砲兵』カノンだ」


マスタ「いいねいいねwなんかこういう典型的なファンタジー系の職業って憧れるよな」


zDSC04394.jpg

ナデシコ「ふっ・・・魔王に囚われたお姫様でも救いにいくか?」

ノア「もしくは迷宮のようなダンジョンとかに潜ってお宝や財宝を探し出すとか?」


マスタ「イイネーイイヨーー」


ノア「不思議のダンジョンとか潜りたいなー」

ナデシコ「オレは魔王とか四天王とかとバトルしたい!!」

マスタ「いいねーうん。楽しそう!!」


zDSC04395.jpg

セイヴァー「コロシアムみたいな闘技場で私たちみたいな武装した女の子と戦うトーナメントとかどうでしょう?」


マスタ「それなんて武装神姫?」

セイヴァー「・・・いつもやっていることですね」

マスタ「でもそういう設定イイヨーかっこいい!!」

セイヴァー「武装神姫カッコイイ!!」

zDSC04397.jpg

ノア「巨大で凶暴なモンスターとかを退治とか?」

マスタ「TRPGみたいでいいな!!ミッションとかクエストって奴?」

シャロン「マリーのアトリエとか依頼に応じてアイテムを作成したり、アイテムの材料を採取するために護衛を雇い危険な地を探索したりとか魔術学校とかサモンナイトとかー」

マスタ「うううおおおー楽しそうだなー」

zDSC04399.jpg

カノーネ「・・・・なあ、オレはトーチカに引きこもってネットサーフィンとかオンラインゲームしててもいいか?」

マスタ「出たよ!!引きこもりが!!」

カノーネ「あのな、こんな馬鹿でかくて重い大砲背負って世界中歩き回るとか旅するとかマジでカンベンだからな!!」

マスタ「そんなこというなよ、夢やロマンがな」

カノーネ「何も分かっていない。お前らみんな軽量だから武器も剣とか杖とかだからいいけどな!!オレは大砲背負ってんだぞ!!じゃあ武装交代しろ!!持ってみろ!!どんだけしんどいか!!

ナニが魔王からお姫様救い出すだ!!クソッタレ!!魔王城に高射砲でぶち込んで陥落させてやる!!
ドラゴン退治?鉄鋼弾ぶち込んで一発で黙らせてやる!!!
ダンジョンのトラップ?罠ごと財宝ごと榴弾で吹っ飛ばしてやる!!
コロシアムみたいな闘技場でトーナメント?高射砲で対戦相手もろとも会場ごと粉々に粉砕してやる!!

うわああああ」


マスタ「わかったわかったから落ち着けカノーネ」

カノーネ「どーせ、スケベなマスタのことだ!!可愛い女の子と一緒に異世界を旅してラブラブチュッチュのいちゃついたイベントとか考えてるんだろ?」

マスタ「サモンナイト的な夜会話とかwwwラストは可愛い女の子と一緒に世界を救うとかwww」

カノーネ「オレの高射砲で全部ぶっ飛ばしてやる!!」


マスタ「やっぱカノーネさんカッコイイわ、だてに旧式の神姫やってるわけじゃねえなwwうェうェwww」

シャッコーーン カノーネの高射砲の尾栓が閉まる。

カノーネ「鉄鋼弾装填、増せ目標一つ」

マスタ「ゴメンナサイ、降参します」

[ 2010/11/29 23:34 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(6)

大型MMS 運用考察 

zDSC06193.jpg

zDSC06211.jpg

カタリナ社の戦闘用のMMSの一群、大型MMS。

戦艦型、航空母艦型、装甲列車型、潜水艦型、多脚戦車型、重爆撃機型、などの大型MMSが誕生した理由はごく単純だった。


超強力なSSクラス以上のランカーMMSとそれを駆るマスターは、各MMS企業のフラッグシップ、象徴として位置づけられていたが、バトルロンドにおける強神姫の消耗に加え、特定の個人に戦力を依存することの脆さが露呈したため、MMS企業は、個人に依存しない、代替が可能な強力な武装によって運用できる戦力を目指し、大型MMSを中核とした物量を戦略の中枢に置くこととなった。

ノーマルMMSや既存のAI兵器では高い攻撃力の前に接近することすら出来ず、装甲と耐久力の前に攻撃も通用しない。高コストではあるものの代替と量産が可能で、火力や防御能力はランカーMMSも大きく上回っており、「大多数のランカーMMSにとってジャイアント・キリングは奇跡の親類」とも表現されるが、一部の機種を除いて同じ大型MMS同士での戦闘やランカーMMSによる接近戦は想定しておらず、高ランクのランカーMMSがに襲われれば被害は免れない。

zDSC06222.jpg

アームズ・フォート級移動要塞型MMS

カタリナ社が開発した、最新の飛行要塞型MMS。素粒子砲やミサイルといった通常兵器に加え、大出力電磁シールドを使用する。また、巨体下への攻撃を完全に防ぐ近接防御機構が搭載されている。
稼働する際に大量の素粒子を放出し、閉鎖空間と同等の高濃度の粒子汚染を引き起こす反面、巨大な機体を無理やり浮かせているため、本体中央ブロックへの大きなダメージや各部位の損害拡大が墜落に繋がってしまう。


DSC07654.jpg

ラツィエル級高速重爆撃機型MMS

天使型「アーンヴァル」をカタリナ社がライセンス生産で強化発展させた大型重可変MMS。
超高速・高々度・長航続距離の条件を備えた新型大型爆撃機型MMSの開発が提唱され設計された。基本ベースは通常のアーンヴァルを元に脚部に巨大な素粒子エンジンを装備しレーザーキャノンを4門装備、巡航ミサイルを搭載。全長400mmを超す大型のMMSであったが、高高度を高速で巡航可能であり、高速爆撃機として多用された。
対地攻撃や対艦攻撃を主とし対空設備を有する敵地上空や大型MMSへの接近を想定し運用され、バトルロンドでは高い搭載力と高高度能力、巡航速度を生かして一撃離脱の戦法を行い高速爆撃機として活躍した。

DSC08260.jpg

インペリアル級装甲戦艦型MMS

巨大な三角形のデザインが特徴な戦艦型MMS。旧式の大型MMSであるが、長大な航続距離、神姫搭載能力、艦砲射撃、ミサイル攻撃、爆撃などあらゆる任務に対応する。センサーシステム群は強力な遠距離探査能力を持ち、左右のターボレーザー砲がずらりと並び、高い砲撃能力を持ち、背面部には大量の爆弾とミサイルを搭載し圧倒的な火力で相手を叩きつぶす。また大出力エンジンを搭載し非常に強固なシールドを形成することができ、その巨体もあって、少々の打撃にはビクともしないが、機動力が低く接近戦にはまったく対応できないが、体当たりやのしかかりなどの質量攻撃には注意が必要。

DSC00447.jpg

ネメシス級巡洋戦艦型MMS

艦首に超強力な艦載砲、拡散素粒子砲2門を搭載した戦艦型MMS。艦載砲というより艦自体を巨大砲身とするため、艦の軸線に沿って照準も艦自体の姿勢制御をもって行う桁外れの破壊力を持つ火砲である。また主砲として3連レーザー砲を4基、計12門装備し、単体の神姫としては随一の攻撃能力を持つ。センサーやレーダー類も優秀で主に遠距離からの艦砲射撃により敵目標を殲滅する戦術を得意とする。また速力も速く、強力なエンジンが生み出す出力は高い巡航性能を誇った。相当な数が量産され、同型艦で艦隊を組み、遠距離からの艦砲射撃や艦首主砲を一列に並ばせ、面での殲滅砲撃などで圧倒した。

DSC09776.jpg

オヴァール級重航空戦艦型MMS 

飛行甲板を有する搭載能力に優れた戦艦型MMS。極めて厚い装甲を持ち、重神姫の火力を以てしても正面からの貫通は困難。積載量に余裕があるため、砲撃戦闘だけではなく高高度からの爆撃、弾道ミサイルのプラットフォーム、また航空神姫を多数搭載した航空母艦としての運用も可能。通信設備、レーダーやセンサー類も優秀だったので艦隊旗艦として使用されることも多い。

DSC05493.jpg

リーヴィ・エニ級巡洋潜水艦型MMS

水中での戦闘に特化した大型MMSで、運用方法も戦い方も潜水艦を参考にしている。射撃兵装はミサイルのみだが、大推力の素粒子ジェット推進と硬い外殻による突進は、高い機動性と通常の大型MMSを一撃で沈めるだけの破壊力を併せ持つ。強力な戦艦・空母型神姫を1撃で葬り去ることが可能な巡航ミサイルを大量に搭載し、地上・空中の目標に対しては大量の巡航ミサイルを発射した飽和殲滅攻撃を行い一気に何100機の神姫をフィールドごと殲滅することが可能だった。

DSC01139.jpg

グレート・フォート級装甲列車型MMS

カタリナ社は「地上最強」と称している装甲列車型の超大型MMS。
複数のユニットが列車のように連結され、全長3000mmに及ぶ。超大型のグレネード砲や大量のミサイルといった強力な火砲と極めて分厚い装甲を備え、外部からの攻撃に対しては極めて堅牢。また、桁外れの搭載能力を持ち、多数のノーマルMMSの輸送も可能。列車型の性質を生かして、敵機に侵入された場合、後部車両を切り離して中枢部を離脱させることもできる。
「地上最強」と謳う理由でもある非常に厚い装甲により、弱点である動力炉は外部から破壊できない為、近接しての破壊が要求される。近接白兵戦闘をまったく考慮しておらず、侵入された際の防御は搭載するガードメカやノーマルMMSに依存している。

DSC09823.jpg

zDSC03023.jpg

zDSC05628.jpg

レックス級中型航空母艦型MMS

拠点型の箱型の船体を持つ中型の航空母艦型MMSであるが、中型といいつつも全長600mm全幅150mmという現存する神姫の中で桁はずれの巨体を誇る。極めて特殊な性格を有する神姫で、すなわち本体としての攻撃能力は殆ど搭載した武装神姫に依存しているため、本神姫の戦力は搭載した航空神姫の能力や機数とそれらを指揮運用する能力で決まる。
最大の特徴である飛行甲板は航空神姫を離艦・着艦させると同時に、航空神姫に対する整備能力とバッテリー燃料や武器類の補給能力を有し、単独で航空戦を継続する能力を有する。重厚長大の巨体には桁外れの積載力、豊富な火力、重厚な装甲を持ち、また相当数の完全武装の神姫を搭載し移動拠点基地として運用可能。
相当な数が量産されており、運用方法によって若干の儀装の違う亜種が多々存在する。


DSC00506.jpg

zDSC02901.jpg

ヴィクター級重装甲戦艦型MMS

インペリアル級装甲戦艦型神姫を拡大・発展させさらに攻撃、防御、センサー、巡航性能、すべてを強化した上位艦。重装甲戦艦の名に恥じない強力な外装甲と高出力エンジンが生み出す電磁シールドによって防御能力は非常に高く、巨大な巨体は耐久力も高く生半可な攻撃ではびくともしない。高出力エンジンが生み出す莫大なエネルギーは相当なスピードを誇り、アーンヴァルのASにもを追跡することもできた。
全身に多数のレーザーキャノンを搭載した光学兵器を中心としたヴィクター?級とMKS40・2mm砲とミサイルを中心とした実弾兵器を中心としたヴィクター?級の亜種が存在する。
武装神姫の搭載も可能であり、センサー、レーダー類も優秀で高い捕捉率を持ち、戦艦、簡易空母、艦隊旗艦・司令部としての機能をも併せ持ち砲撃戦から、単艦での威力偵察、フィールド占領など数多くの運用が可能であった。

DSC09094.jpg

チョール・ヌイ級大型潜水艦型MMS

リーヴィ・エニ級潜水艦型神姫を一回り以上超える巨体を持ち全長は500mmを越える巨大な神姫だが、水中では非常に静粛性に富み水中に潜んだ本神姫を探知するのは困難である。また武装神姫の中では最も深いところまで潜水可能な神姫である。本級は超長距離攻撃用の大型巡航ミサイルを多数搭載し水中から巡航ミサイルを発射しはるか遠くの目標をピンポイントで撃破できる恐るべき打撃能力を有している。センサーやレーダー類もリーヴィ・エニ級よりもより強化され特に艦首に強力な超音波発信装置を持ち音響攻撃も可能。

zDSC03845.jpg

ネプチューン級重巡洋艦型MMS

メネシス級巡洋戦艦型神姫を拡大・発展させさらに攻撃、防御、センサー、巡航性能、すべてを強化した上位艦である。全長550mmを超え武装神姫の中でも最大級の巨体であった。防御力を速力で補うというコンセプトで設計された最大最強にして究極の巡洋戦艦と呼ばれた大型戦艦型神姫であったが、本級は敵戦艦からの砲撃に耐えうる防御を、限定的に配していため同じ戦艦型神姫との砲撃戦では充分な防御能力を持っていないなどの問題点があった。それでも数多くいる武装神姫の中でも最大級の火力と高速度を有しており高い戦闘能力を誇る武装神姫である。

zDSC07174.jpg

ジャンヌ級大型航空母艦型MMS

本級の形態は、それまでのカタリナ社製空母型MMSの集大成となっており、ヘリポートやレーダー・システム、情報ネットワークを含む新技術の実装が施されており、大きさも過去最大級の巨体を誇り、世界最大、最新にして最強の武装神姫となった。バトルロンドでは数ダースもの大量の武装神姫を満載し対地・対空・対潜・対水上に十分の火力を備えた本神姫を洋上においてこれらを攻撃することはきわめて難しい。特に、艦上に空中早期警戒機型MMSが登場した2040年代以降、カタリナ社の大型航空母艦型神姫を撃沈する手段は皆無に等しく。
移動可能であるという艦船の特性に基づく機動力。上記の要件を備えた戦闘システムが移動し、任意の場所に展開可能というのが大きな特徴で最大の武器である。

DSC01210.jpg

???型MMS


NO Data



カタリナ社の各開発局が競って作り上げた超大型の‘彼女‘たち。
どれも普通の神姫の数倍から数十倍のサイズを誇り、「一個人が圧倒的戦力に成り得る」ランカー神姫に対し「代替可能な強力な武装により制御・運用される戦力」として建造された屈強なハードウェア。


代替不能のランカー神姫に戦闘力を依存させる、という武装神姫の在り方に危機感を覚えたMMS研究者によって生み出されたもので、基本的にはカタログ上のスペックではランカーMMS以上の戦力として見られている。
しかし構造上の欠陥を抱えたまま建造されたものや、実際にはとっつきや近接白兵戦闘で刻むとあっさりと陥落するものが殆ど。上位ランカーの武装神姫達には「カタリナ社製の大型MMSを破壊できてこそ真の武装神姫を名乗ることを許される」とさえ見られている風潮がある。


とはいえ、一発当たりの火力が馬鹿げているのは事実で、真っ向から削り合いを挑んだりすると大抵の場合は消し炭にされる。

物量神話が生み出した、まるで古生代の恐竜のような進化をたどった大型の武装神姫の一群であったが、武装神姫界の進化の袋小路に入ってしまった。大型化することで汎用性やそもそも武装神姫の大きな利点であった小型で敏捷さが失われてしまい急激な環境の変化や戦い方についていけなくなっていったのだ。また長年の不況によって大型神姫を養えるほどの維持費が出せなくなったことにも追い討ちをかけていき、航空神姫の発達は鈍重な大型神姫の必要性が薄れた。

さまざまな要因が重なりカタリナ社の大型武装神姫の一群は2040年代初頭をピークに急激にその数を減らして2045年を境に一部の適応できた大型神姫を残してほとんどが全滅してしまう。

大型化はたしかに個体としては強力であったが、種としては非常にか弱いものだったのだ・・・・


[ 2010/11/28 00:05 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

機動要塞型MMS 「アームズ・フォート」 

zDSC06154.jpg

zDSC06157.jpg

zDSC06160.jpg

zDSC06161.jpg

zDSC06163.jpg


zDSC06162.jpg

機動要塞型MMS 「アームズ・フォート」

カタリナ社第4軍事開発局が極秘開発した最新鋭巨大機動MMS。

最初から殲滅攻撃を想定して設計され1個艦隊にも匹敵する超重武装を施し、何十にもぶ厚い装甲板で防御し高出力の電磁シールドまで備え桁外れの耐久力を有する。

コア部に浮遊機構である重力制御と位相同調システムを装備、大出力の素粒子推進器を持ち、その推力で飛行が可能。またすべての武装を同時に、多数の目標に対して使用可能というその火力は絶大であり、装甲も戦艦型神姫を軽く凌駕する。


また大出力の大型素粒子エンジンを何十発も搭載し見た目によらず機動性は高く高速度をたたき出す。遠距離からの砲撃戦だけではなく近接戦闘も考慮されており大推力のブースターと大型レーザーブレード、全身に装備された大型クローによる突進は、戦艦型MMSを一撃で沈めるだけの破壊力を併せ持つ。

攻撃目標の処理能力の限界を超えた量の攻撃を仕掛ける飽和攻撃の運用を大真面目で考えられた設計思想はシンプルであるがゆえに対処が非常に難しい。

カタリナ社いわく「空中最強」

zDSC06165.jpg

zDSC06167.jpg

zDSC06170.jpg

zDSC06173.jpg

zDSC06174.jpg

zDSC06177.jpg

zDSC06182.jpg

主兵装

大型グレネードキャノン 2門 大型素粒子砲 6門
大型コンテナミサイルポッド 2基 ビームキャノン 2門 
大型素粒子ブレード 2基 大型ヒートクロー 6基

GNアームズを3機つなげて製作した巨大MMSです。完成しました。アーマードコアアナザーエイジで登場するあの巨大機動兵器をモチーフにしてフォルムを弄っています。全身グレーに単色塗装。アクセントに機首部分はラメグリーンで塗装してキラキラ反射して光るようにしています。名前はGNアームズと砲台型MMSフォート・ブラッグを足して割りましたwww名前がアームズ・フォートになったのはなんとも・・・

次回は運用考察とか・・・


zDSC06224.jpg

zDSC06226.jpg

zDSC06228.jpg


というわけで次回もお楽しみにー
[ 2010/11/27 22:10 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 319 

武装神姫 「真零」 第18章 「小競り合い」


zDSC00769.jpg

ユーリはくるりと反転すると追いかけてくるフラヴィとカリーヌ目掛けて機関銃を撃って追い払った。

フラヴィ「うわっ!!!撃ってきたぞ!!」

カリーヌ「危ない!」

2人は軽く回避する。

zDSC00770.jpg


zDSC00771.jpg


zDSC00772.jpg


zDSC00773.jpg


それから5分間、お互いに激しく追い掛け回したり牽制の撃ち合いになったりしたが、お互いに一発の被弾もダメージもなく延々続くかのように思えた

zDSC00774.jpg

デボラ「この!!よけるなよ!!!!」

マリオン「ヘタクソ」

ジャネット「まてや!コラ!!」


zDSC00775.jpg

カリーヌ「クソ!!なんで当たらない!」

ユーリ「こっちくんな!!」


zDSC00776.jpg

福島が筐体のイヤホンを取ってジャネットに指示をする。

福島「・・・・攻撃を中止せよ」

ジャネット「攻撃中止?バカな!!!」

デボラ「な・・・なんだって?」

ガーリオン部隊は集まって攻撃を中止する。

福島「これ以上の戦闘はもはや無意味だ。相手との戦力は拮抗している」

渡部「相手を倒すことも相手に倒されることもない戦闘ほど無意味なものはないな・・・・」


zDSC00779.jpg


ジャネット「ぐぬぬ」

ジャネットは歯軋りをする。

マリオンが挑発する。

マリオン「バーカーバーカー」

デボラ「ヤロウ、ぶっ殺してやるッ!!!」

デボラがナギナタを振りかざして突っかかろうとするのを静止するフラヴィ

フラヴィ「ダメだ、やめろ!!デボラ!!あんなカス神姫、相手にするな」

ベダノア「チンピラ神姫共がッ!!!今度会うときはAAM(空対空ミサイル)をケツに叩きこんで叩き落としてやるからなァ・・・ケツ洗って待っとけや!!!このヴォケ!!」

カリーヌ「クソッタレ!!八つ裂きにしてやる!!」

ユーリ「やれんのかよ、ド三流神姫が!!」

ベダノア「ヒュー♪(指を立てる)」

デボラ「ぶっ殺してやる!!!!おい、テメエ!!おうコラァ!!!うぐ・・・ぐあああ!!」

マリオン「人語喋るな、低脳」


お互いに口々に恫喝し罵りあう神姫たち。

神姫センターの大画面に映し出されて音声もそのまま流れる。

あまりにも汚い言葉とセリフの数々に神姫オーナーたちは顔をしかめる。

zDSC00781.jpg

木畑「おい、やめろ、マリオンにベダノア、みっともないぞ」

加藤「戻れ」


ベダノアは唾をガーリオンたちに向かって汚らしく吐く。

ベダノア「ペッ!!薄汚ねえ売女がッ!!今度、見かけたらクソしてる最中にぶっ殺してやる」

デボラ「・・・野グソヤロウが・・・テメエの臭い臓物を腹から引き摺り出して喰わせながら、八つ裂きにィすんぞコラ!!」

ユーリ「いい加減にしろ!ベダノア!!もう相手にすんな・・・」

ジャネット「落ち着けデボラ、もういいだろ・・・疲れたよ」


zDSC00783.jpg


それぞれのオーナーの元に帰る神姫たち、なんだか釈然としない結果だったのか、お互いにグチグチとまだ文句を言っている。


ベダノア「クソタレクソッタレ!!あークソむかつく!!」
マリオン「一機ぐらいブチ殺したかったなー」
ユーリ「はーーーー無駄な戦いだった!!時間を無駄にした!!」
ベダノア「今度あったら、マジ殺す!!」



zDSC00784.jpg

デボラ「ファック!!ファッキュー!!ぐうううう」
ジャネット「デボラ、しつこい」
カリーヌ「グダグダにもほどがある」
フラヴィ「憂さ晴らしに、弱い神姫見つけて八つ裂きにしたいな・・・」





結局、お互いに一発の被弾もダメージも無しに終わったこの戦いは、ネットで観戦していた神姫たちの中でささやかな議論になった。


神姫1「なんかしょーもない戦いだったな」
神姫2「お互いの攻撃がまったく当たらなかったのはなんで?どっちもヘタクソだったから?」
神姫3「↑おまえ空中戦やったことないだろ」
神姫4「航空神姫の高速化によって今までの格闘戦を大真面目でやるのはありえないな、1航戦の一撃離脱が重要なんだよ」
神姫5「やっぱりうまいよ、こいつら牽制ばっかりだったけど」
神姫6「引き撃ちばっかりじゃん!!」
神姫7「引き撃ちも出来ない素人神姫は帰れ」
神姫8「同じことやれるかといわれたらできないな」
神姫9「今回の戦闘はマジ神戦だったな。武装神姫として、ここまでの激戦はなかなかないぞ」
神姫10「ハア?何言ってんの?こいつらSS以下のザコじゃん」
神姫11「Sクラスでザコとかwwwおまえどんだけなんだよ」
神姫12「このデボラってチンピラ神姫、この間、大阪城の神姫センターで見たわ。普通に強くてやばかった」
神姫13「連携が悪いの?」
神姫14「どっちも連携よすぎて当たらないw」
神姫15「ガーリオンとライザー、どっちも第3世代の航空神姫だよね?第1世代のアーンヴァルより強いの?」
神姫16「運用方法が違うだろが!カス」
神姫17「アーンヴァルは軽戦闘機、ガーリオンは重戦闘機ですね」
神姫18「ライザーは多目的だけど、変形したら重だよね?」
神姫19「これがドラッケンだったらどうなっただろう?」
神姫20「ドラッケンは戦闘爆撃機だから運用目的が違うだろが」
神姫21「軽と重って重量で分けてんの?それとも運用法?」
神姫22「両方じゃね?」
神姫23「なんか前も似たような戦い見たわwワルキューレ型とガーリオン型のチームバトルだけど、ほとんど相打ちだった」
神姫24「同じレベル神姫同士の戦いだと決着がつきませんねー」
神姫25「SSクラスのオレ参上!!まあ、オレの見解から言わせてもらうとだな・・・」
神姫26「呼んでねえし、カスが!!消えろ」
神姫27「高ランク厨市ね」
神姫28「はいはい、オマエが一番強いよ」
神姫29「どうせカタリナ社製の神姫だろ?」
神姫25「残念wwwフロントライン社製でしたwwwなんでもキメツケンナ!!」
神姫30「実はカタリナ社製のOEMだったりwww」
神姫31「OEM神姫wwww哀れだなwww」
神姫32「OEMバカにすんな!!」
神姫33「*世の中の神姫の20%はOEM神姫です」
神姫34「OEMは馬鹿にしてあげるのやめようよ。差別だよ」
神姫35「そうだなOEMは公式のライセンスあるし、シナ製のパチモンとか南朝鮮のキムチ神姫とは違うからな」
神姫36「海賊版神姫とか、見かけたら即殺すわ、臭いシナ」
神姫37「オレも殺すわ、あいつら神姫じゃねえ、中身クソの臭いするシナー」
神姫38「キムチ神姫はやっぱぶっ殺したらキムチ臭いのかなwww」
神姫39「オレ、キムチ好きだからラーメンと半チャンと半カラにつけて喰うわ」
神姫40「ナニそれ、うまそう」
神姫41「腹減ったぞ」



つづく



[ 2010/11/27 00:25 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

ミッション 3 巡洋部隊襲撃 

zDSC05612.jpg

・ミッション 3 巡洋部隊襲撃

今回の依頼は、大阪湾を航行している
ジオン公国軍のムサイ級軽巡洋艦の撃沈だ。

大阪湾は我々は制海権を掌握しているが、それを知った上で、奴らは我が物顔で軍艦を航行させている。これは我々に対する挑発だ。黙って見過ごすことはできん。

奴らも襲撃されることを承知してのことだ。護衛のMSは搭載しているに違いないが、挑発に乗った以上、敗北は許されない。
搭載しているMSは旧式の「ザク?」MS06/F2が3機だ。

我が社を舐めたツケは高くつくことを奴らに教えてやってくれ。

では、よろしく頼む。


zDSC05621.jpg


・依頼主:カタリナ社 関西支部 
 
・作戦領域: 大阪湾

・目標 :ムサイ級軽巡洋艦撃沈

・報酬 :65,000c

・エネミー

後期型ムサイ級軽巡洋艦 「デ・ロイテル」 1隻

MS  MS-06/F2「ザク?」 3機


ミッションを受けますか?



 
[ 2010/11/25 00:27 ] ミッション | TB(0) | CM(2)

ミッション 2  レイヴン評価試験  

zDSC01287.jpg

・ミッション 2  レイヴン評価試験

我が社が後援をしようと検討しているAC乗り、レイヴンがいる。先日、東京からやってきたばかりの男だ。
これまでの実績は確かだが、念のため、直接その実力を知っておきたい。

偽の依頼を出しての舞洲の廃棄物処理場に呼び出しておくので、彼と戦闘してくれればいい。
手抜きを避けるため、報酬は勝った場合にのみ、支払おう。

使えない奴なら、ゴミとして処理するだけだ。
遠慮は全く必要ない。では、頼んだぞ。


zDSC01288.jpg


・依頼主:カタリナ社 関西支部 
 
・作戦領域: 廃棄物処理場


zDSC01289.jpg


・目標 :AC破壊

・報酬 :52,000c

zDSC01291.jpg

・エネミー

タンク型AC 「スカラベ」 1体



ミッションを受けますか?

[ 2010/11/23 13:16 ] ミッション | TB(0) | CM(2)

武装神姫の飼い方 その2 武装神姫の種類 

おなじみの武装神姫から個性的な神姫まで、いろいろな種類の神姫たちを簡単にご紹介します!

ここでは丈夫で初心者でも飼いやすい神姫を中心にご案内していきたいと思います。
神姫との暮らしを始めたいと思っている人のしあわせな生活のきっかけになれれば幸いです。


ペットとして広く愛されている神姫は、やはりそれだけ人との暮らしに向いているということを意味します。
雑誌や飼育書も数多くあり、オプション用品が充実していることも、おなじみの神姫の楽しみのひとつと言えるでしょう。そんなわけで初めて神姫を飼育するならやはり飼っている人の多い神姫が向いているのは間違いありません。おなじみの神姫は丈夫で飼いやすい種類が多いとはいえ、かけがえのない大切な生命です。お気に入りの神姫が見つかったら、事前に飼育に関する専門書などで先人の知恵を身につけておきましょう。


イヌ型神姫

旧石器時代から一万年以上にもわたって人と暮らし、共に働いてきたイヌをモチーフにした神姫です、愛玩用神姫のみならず、盲導や介護など、人の社会で仕事をし、社会貢献をしながら、人と心を通わせて共に暮らしています。神姫は欠くことの出来ない社会の一員に他なりません。犬型神姫も育ち方ひとつで淑女にも暴れ者にもなります。せっかく神姫の専門書が数多く出ているのですから、よく学び、立派な、淑女犬になってもらいましょう。


ネコ型神姫

イヌ型神姫に比べて平静を装うことが多いためか、その能力が過小評価されがちですが、ネコ型神姫は想像を絶するほど賢く、発達した思考を持ち、極めて感情が豊かな神姫です。装備した爪で爪研ぎで柱や家具をボコボコにしてしまうのが玉にきずですが、ネコ型神姫にはどうしても必要な事ですので、やむなく保護シートを使う場合も、必ず爪研ぎ専用の器具を用意してあげましょう。ネコ型神姫は手が器用でいたずら好きで気まぐれですが、情の深い神姫です。自らの意思でマスターのためにプレゼントを持ってきてくれることもよくあります。ネコ型神姫からのプレゼントは捕りたての獲物など、私たちにとってはたいてい歓迎されざるものですが、たとえ、もらって嬉しくないものだったとしても神姫の気持ちをくんであげましょう。

ウサギ型神姫

ウサギ型神姫もとても感情豊かな神姫で、不満なときは床を足でダンダンとたたいて訴えたり、人見知りをすることも多いと聞きます。おとなしいとされるウサギ型神姫でもバトルロンド時には興奮して凶暴になりますので、あらかじめ心構えをしておく必要があります。


リス型神姫

その愛らしさもさることながら、小さなスペースでも飼えるのがライトアーマークラスの魅力です。小さなスペースで飼えるとは言っても、とてもよく動き回る神姫なので、可能な限り遊べるスペースを作ってあげましょう。
また普段は比較的おとなしい神姫ですが、クレイドルの寝起きなどは大変機嫌が悪く、仰向けになって威嚇します。こうした時にちょっかいを出すと激しく噛みつかれますので、こんな時は絶対に触ってはいけません。冬は寒くならないように注意してコタツなどを出してあげましょう。

フェレット型神姫

とても可愛い神姫ですが、極めて優れたハンターなので、他の神姫を飼っている方はフェレット型神姫の飼育はなるべくやめておきましょう。頭の良い神姫ですが反面暑さに大変弱く30度を超えると熱暴走をおこすので、夏場の冷房は必須です。

戦艦型神姫

がっしりとしたプロモーションと強力な武装と重装甲を持ち、バトルロンドではとても魅力的な神姫です。ですが、見かけによらず最初のうちは鈍重で弱いので、十分に注意しながら育ててあげます。また、大きいので甲板にカビなどが生えやすいので日光浴が不可欠なので、外でひなたぼっこをさせてあげましょう。この時よく脱走しますので注意してあげてくださいね。戦艦型神姫は大きな神姫ですので、初心者にはポケット戦艦型神姫をおすすめします。手のひらにのるサイズの、他の戦艦型神姫に比べて小さくて丈夫な神姫です

潜水艦型神姫

潜水艦型神姫を飼うためには、水槽、ろか器、照明が、最低限必要となります。水槽に関しては説明するまでもありませんが、ろか器は水を濾過(ろか)して神姫が住みやすい環境を整えるための器具です。照明は、蛍光灯が最も一般的で、神姫を綺麗に見せる効果があります。
昼間は物陰に潜んでいるが、夜になると活発に泳ぎ出します。大きな体の割りに比較的おとなしい神姫です。
家に池がある場合は鯉やフナと一緒に飼っても構いません。数ヶ月ほっといても勝手にすごしてる場合があります。


天使型神姫

しっかりと目が行き届くことと、充分なコミュニケーションができいろいろな言葉をすぐに覚えてくれるため、飼っていて楽しみが増えます。頭や羽を優しくなでて声をかけてあげるなど、スキンシップの時間を長く取れば取るほど賢い神姫に育ちます。ただ、羽があるので脱走しないように注意しないといけません。

悪魔型神姫

気むずかしいと思われがちな悪魔型神姫の飼育ですが、頑丈で飼いやすいです。ですがアームの力が強いのでひっかれたりブレードで刺されたりしないように注意しましょう。バトルロンドではありあまるパワーで活躍してくれます。


サソリ型神姫

恐ろしい外見に似合わず初心者でもとても飼いやすい種類です。おとなしくじっとしていることが多いですが、こまめに気遣って相手をしてあげましょう。意外と寂しがり屋です。ハサミや尻尾に挟まれたり刺されたりしないように注意しましょう。

戦乙女方神姫

ですです、と鳴き声がこうるさいので近所から苦情がくることもありますので良く躾をしましょう。強化アームの力は強いので脱走にも注意が必要です。丈夫な神姫でバトルロンドでも活躍します。


カブトムシ型神姫

必ず直射日光と雨が当たらない涼しい場所で飼うこと、同じようなクワガタ神姫を2匹以上入れるとケンカをして傷が絶えません。神姫のケンカを見るのは観察としては非常におもしろいのですが、ケンカをさせた後はしっかりと面倒を見てあげること。




ほかにもいろいろな神姫がいますが、家の状況や他のペットや神姫との状況を見てしっかりと飼いましょう。





[ 2010/11/21 16:22 ] 武装神姫の飼い方 | TB(0) | CM(7)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 12 

zDSC04371.jpg

ナデシコ「はあーーー負けた負けたー」


ノア「ぐーーーああつつつー手が痺れたーもう後一太刀喰らっていたら・・・」


マスタ「あれれ?終わったの?」

ナデシコ「終わった終わった!!オレの負けだよ!!」

ナデシコがポリポリと頭を掻く

zDSC04377.jpg

カノーネ「なんだーナデシコ負けたのか?」

ナデシコ「一本忘れていた」

ノア「うふふ、実はねー手が痺れてあれ以上攻撃できなかったのーハッタリが効いて良かった」

ナデシコ「ふん・・・・うまいな」

ノア「?」

zDSC04378.jpg

ナデシコ「オレの名は武士型MMSナデシコ、よろしくなノア!」


ナデシコはノアを向き名乗る。

zDSC04379.jpg

ノア「よろしく、ナデシコさん」

ノアはにこっり笑う。

zDSC04380.jpg

カノーネ「やっぱり強かったのかナデシコ」

ナデシコ「ああ・・・なんかオレの渾身の攻撃が全て受け流された、オレもまだまだだってことだ」

ノア「いえいえー受け流すのに必死で攻撃なんてほとんどできなかったですよー」


zDSC04381.jpg

マスタ「そうかよかった、二人共満足してくれて」

ナデシコ「今度は神姫センターのバトルロンドでオマエが戦っているところが見たいな」

カノーネ「そうだなー気になる」

ノア「ええーそんなー私の戦いなんて地味ですよ」

zDSC04382.jpg

ノアはすっかりナデシコたちと受けとけたようでいろいろと物騒なバトルロンドの話に花?を咲かせる。


ナデシコ「戦艦型神姫とかとバトルになったときそんな武装でどうーすんだよ」

ノア「甲板に乗り移って首を掻ききります」

シャロン「うへえ」

セイヴァー「あの主砲の砲撃はどーすんの?」

ノア「物陰にこっそり隠れて油断したところを飛びのって一発でやるので大丈夫です」

カノーネ「空母型神姫の場合は?」

ノア「定期的に補給にくる輸送船型神姫のコンテナの中に紛れ込んで内部に進入して暴れます」

シャロン「ひえええーー」

zDSC04384.jpg

ナデシコ「重武装の神姫とかどーすんだよ」

ノア「真正面からは戦いませんね、基本は物陰に隠れて背後から仕留めます」

ナデシコ「そ、それは極論すぎるだろ・・・」

ノア「ナイフ一本あれば十分です。ミサイルとか大砲とかでっかい剣とかスナイパーライフルは『甘え』ですね」

カノーネ「言い切ったよ」

zDSC04387.jpg


ノア「私の戦い方は普通の神姫とはちょっと違うかも知れませんが・・・バトルロンドで十分通用しますよー」


ノアは優しく笑うが、目が笑っていない。

zDSC04390.jpg

シャロン「ま、マスターこの子怖い」

セイヴァー「シャロン、失礼でしょ」

カノーネ「うん、気に入った!そういうストイックな所、大好きだぜ」

ナデシコ「とんでもねえ神姫をまたつれてきたな!!マスター」


ノア「でへへへ」


マスタ「お前らもたいがいだろが!!」



終わり
[ 2010/11/21 14:54 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 11 

zDSC04353.jpg


次の攻撃で終わる。

何かがそう感じるのだ、理屈とかではない感という奴だ。

zDSC04354.jpg

zDSC04356.jpg

ゆっくりと2人が近づいてくる。

zDSC04357.jpg

ナデシコがきゅっと足袋を踏みしめる音が響く。

zDSC04359.jpg

シャロン「いやーしかし2人ともよくやるねーどっちが勝つんでしょうねー」

セイヴァー「んーーどうなんだろうねー」

カノーネ「どっちが勝っても負けても一緒だよ」


zDSC04360.jpg

ついに必殺の間合いに入っても2人はさらに接近する。

カノーネ「近いちけーよ!」


セイヴァー「!?な、なんで2人とも動かないの!?」

シャロン「先に動いたほうが負けって奴?」

セイヴァー「そんな状況はマンガの中でしか・・・」

カノーネ「オマエらうるさい!!」

ぎゃーぎゃーと外野がわめく。

マスタ「緊張感もへったくれもないな」

zDSC04364.jpg

ナデシコの太刀の切っ先がくんとしなった。

zDSC04365.jpg

ごっそりとノアの首を持っていこうとする死神の鎌のように鋭い斬撃が繰り出される。

zDSC04366.jpg

ナデシコ「フッ!!」


てこの原理を利用した恐ろしく速い斬り上げだったが・・・

zDSC04367.jpg

ノアは最小限の力でナデシコの攻撃を撃ちとめる。

キュイイン!!

ナデシコ「!!?」

ノア「ぐっ・・・速いけど・・・でも、まだ見えるわよ」

zDSC04368.jpg

そしてナデシコの目の前でクナイをちらりと見せる。

ノア「・・これ・・・一本余っちゃた♪」

ナデシコ「・・・・・そうか・・・」


2人は囁くように密着して秘密のやり取りをする。

zDSC04370.jpg

ナデシコは手に持った太刀を捨てる。

がちゃん

ノアもナデシコと同時にクナイを捨てる。

かちゃちゃん

マスタ「?」



つづく
[ 2010/11/21 13:56 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 10 

zDSC04343.jpg

ナデシコの掲げる太刀が鈍く光る。

zDSC04344.jpg

ノアは背筋がぞくりと寒くなるのを感じる。

zDSC04345.jpg

ナデシコ「はあーーーー」


ナデシコは息を太刀にゆっくりと吐く。

太刀が驚くほど冷たくなっているのか霜が降りる。

zDSC04346.jpg

ナデシコ「・・・・・・・斬る」


ナデシコは短く一言だけ発する。


それだけで十分だった。

zDSC04347.jpg

ノア「うっ・・・」

ノアはちょっとたじろいで防御の構えを見せる。

zDSC04349.jpg


ノア「ならば!!!」

だんと机を踏むとクナイを防御の構えでナデシコの攻撃を防ごうとする。

zDSC04350.jpg

ナデシコ「・・・・・・・・」

ナデシコはすっと構えを変えて突きそしてなぎ払いの戦闘態勢を取る。


zDSC04351.jpg

ノア(ダメだダメだ!!あの構えではこちらの防御を突き崩してなぎ払われる!!)

一瞬でノアは相手の攻撃の意図を悟ると瞬時に構えを解いてクナイを後ろに隠す。

zDSC04352.jpg

ナデシコはがっちりと構えを解かない。

ノアはじりじりと接近する。

つづく
[ 2010/11/21 12:49 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 9 

zDSC04334.jpg

ズッドッ!!!

ナデシコがノアの着地の瞬間を狙って踏み込む。

zDSC04335.jpg

ナデシコ「でやあああああああああ!!!」


ガッキーーーーン


ナデシコの渾身の踏み込み

zDSC04336.jpg

ノア「む・・・うぐう」

ミシミシと軋むノアの両腕、がっちりと2本のクナイでナデシコの斬撃をガードしているが、ちょっとでも力を緩めれば真っ二つになってしまう。

zDSC04338.jpg

ナデシコ「これでも堕ちぬか!!」


zDSC04339.jpg


キィン

バッとナデシコとノアは距離を離す。

ナデシコ「ふーーーーふーーー」


ノア「はーーーはーーー」

ナデシコもノアも一瞬のミスが命取りになることを理解した。

zDSC04340.jpg

ナデシコ「まさか、ここまで手こずるとは思っていなかった・・・」


zDSC04341.jpg

ノア「私も・・・ちょっとあなたを侮っていた」

zDSC04342.jpg


ナデシコ「・・・・・・だが、そろそろ終わりにしよう」

くんとナデシコが太刀を掲げる。


つづく
[ 2010/11/21 12:36 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 8 

zDSC04324.jpg

ナデシコの目が赤く光り、ぐっぐっと腰を落とし太刀をしっかりと構える。

zDSC04325.jpg

ノア「はあああああ!!」

ノアが叫ぶ。

ナデシコ「いやああああああ!!」

ナデシコも叫び、お互い必殺の間合いに入る。

zDSC04326.jpg

ナデシコ「はああああ!!」

ぶううんとナデシコの太刀がノアに向かって振り下ろされるが、ノアはナデシコの太刀をクナイで受け止める。

zDSC04328.jpg

そして最小限の力でそれを流すように払う。

ノア「!!もらった!!」

ノアは右手に持ったクナイでナデシコの顔面に突きたてようとするが・・・


zDSC04329.jpg

ナデシコは篭手でノアの攻撃を寸で止める。


ナデシコ「まだだ!!」

zDSC04330.jpg

ナデシコは返す刀ですばやくノアを斬りつけようとするが、ノアはたあんっと勢い良く地面を蹴り上げナデシコの攻撃を回避する。

zDSC04331.jpg

ノア「あは♪あははははは!!」

ノアはくるくると落下しながら笑い声を上げる。


ノア「まさか、今の攻撃がさばかれるなんて・・・すごい!!」

zDSC04332.jpg

ナデシコ「お気に召したようでなによりだ・・・」

ナデシコは落下するノアを追い、着地した瞬間を狙って攻撃を仕掛けようとする。


つづく
[ 2010/11/20 23:55 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 7 

zDSC04314.jpg

ナデシコ「・・・・・ノアといったっけ?オレはまだオマエのことはなんにも知らない、ただ分かることは一つだけ、オマエがオレと同じ武装神姫でそして強いってことだ。

古臭いと思うかも知れないが・・・戦って分かりあえることってあると思う。だから・・・全力で持てるもの全てを使ってこい!!!」

zDSC04316.jpg


シャロン「ふふふふ、どこぞの少年マンガのようですねーー」

セイヴァー「拳で語り合うって奴です」

カノーネ「不器用なアイツらしい接し方なんだよ・・・バカ」


zDSC04317.jpg


ナデシコ「バカでいいぜ、カノーネ・・・オレはそういう生き方しかできない、オレみたいな奴をバカっていうならオレはバカで構わないッ!!!!」

zDSC04319.jpg


ナデシコはそういうと改めて構えなおす。

zDSC04321.jpg

チャキン、ノアも構えなおすとぐっと腰を落とし、突撃の姿勢を取る。

zDSC04322.jpg

そしてナデシコ目掛けて駆け出した。

zDSC04323.jpg



つづく
[ 2010/11/20 23:37 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 6 

zDSC04300.jpg

シャロン「うはっ!ナデシコが近接戦闘で押されてる」

セイヴァー「わ、私も初めて見ました・・・ナデシコが接近戦で負けているの・・・」

カノーネ「ふん・・・ナデシコの得物は『太刀』だ、太刀の間合いは想像以上に長い近接戦といってもいろいろあってな・・・ナデシコの間合いの中に回り込んでいるから速度と手数でノアが圧倒している」

シャロン「ほうほう」

セイヴァー「そうですね・・・あんなに距離を詰められてはなかなか難しいですね」


カノーネ「それにあの神姫、めちゃくちゃ強いぞ・・・普通の神姫じゃあ、あそこまで動けない・・・おい!!マスター!ちゃんと説明しろよ」


マスタ「ん・・・そうだな、SSクラスのランカーMMS『ノア』二つ名は『滅殺師』元々は奈良の方の神姫センターでちょっとは有名な神姫だったそうで、軽量級の神姫ながらも卓越した白兵戦闘能力と軽量級ならではのフットワークの軽さでのしあがった腕利きの神姫だ。手強いぞ」


zDSC04301.jpg

ヒュッカッカカッカカカキーーーーン!!


ノアがスナップを利かしてすばやいクナイの連続突きを繰り出すが、ナデシコはその全ての攻撃を見切ってガードする。

ナデシコ「ぐう!」

ノア「あはっ」


ノアは笑う。

zDSC04303.jpg


ノア「すごいすごい!!今の攻撃もぜーーーんぶ裁いちゃうんだ!強いね・・・」


ノアはるんるんと上機嫌に目を輝かせて喜びながらも、ナデシコの顔面にクナイを突きたてようと鋭い突きを繰り出す。

zDSC04304.jpg


ぎりぎりとノアの攻撃をガードしつつ、ナデシコがギロリと睨む。


ナデシコ「舐めるなよ、てめえの安っぽい手数だけの軽い攻撃なんざ、全然利いちゃいねえ・・・・大阪にはな、てめえの想像もつかねえような、化け物みたいなランカー神姫がごまんといやがるんだ

本気を出せよ、まだまだこんなものじゃあ・・・ないだろ?」

zDSC04306.jpg

キィン!!

ナデシコがノアの攻撃をはじき返すとノアはすたんと身構える。

ノア「あは♪あっはっはははは!!舐めてなんかいないわよ・・・ただ、あなたの力を見たかっただけ
私もね、あなたと同じ、『力』を知りたいの・・・・・武装神姫だからね」


zDSC04308.jpg

ナデシコがちゃきりと身構える。

ナデシコ「そうだな、知りたいな・・・くだらないと思うかも知れないが、俺は強くなりたいんだ。ただ純粋にな」


zDSC04309.jpg

ナデシコはすーーーとゆっくりとリラックスした構えを取る。

ノア「・・・・・本気か、うん・・・わかった」

zDSC04312.jpg

ひゅん

ノアは足に隠し持っていたクナイを持ちクロスする。


ノア「ねえねえ、マスター・・・本気出していい?最初の初対面の仲間になる神姫にどうかな?と思うけど・・・本気出さないと失礼だしね・・・」

マスタ「どうぞどうぞ、お好きなように」

マスタはにやにやと笑う。

zDSC04310.jpg

ナデシコ「・・・マスタ、おれはマスタのそういう所が大好きだぜ」

マスタ「どんな所?」

ナデシコ「信用しているんだろ?俺を」

マスタ「・・・・・・ああ・・・長年付き合ってきたしな、信じている」

ナデシコ「バーカ」

zDSC04313.jpg

ノアの目が蒼く光る。


ノア「・・・・・・信じているか・・・私も前のマスターに信じてもらいたかったな・・・」

マスタ「大丈夫だ、ノア・・・オレはおまえのことを信じているし、ナデシコもお前のことを信じている。だから・・・本気でやっていい」


つづく
[ 2010/11/19 23:32 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

重邀撃戦闘機型MMS 「パトリシア」 

zDSC00124.jpg


カタリナ社製 重邀撃戦闘機型MMS 「パトリシア」 SSSランク 二つ名 「黒き稲妻」

オーナー名「藤原 舞」♀ 22歳 職業 神姫アイドル

主兵装 

マシンキャノン2門 大型エネルギーランサー1本
素粒子砲2基 ミサイルランチャー2基


カタリナ社が設計、開発した戦闘神姫「ガーリオン」シリーズの上位機種。
高高度へ短時間で到達するための強力なエンジン、頑丈な重装甲MMSを撃ち落すための大きな打撃力が求められた強化設計が施され、両脇に設置された2基の素粒子エンジンによって卓越した高運動性能を誇り、加速力、急降下性能、上昇能力に優れたハイ・スペック神姫。

その実力は折り紙付きで関西でも5本の指に入る強神姫の一つに数えられている。

パトリシアの性格は豪快でおおざっぱ。
攻撃もちまちまとした攻撃よりも一撃一撃が派手で威力の高い攻撃を好み、速度と武装の威力、落下速度などを混ぜまわせた一撃離脱の強力な攻撃で大抵の相手を一撃で豪快に叩き伏せる戦闘スタイルは、まるで黒い稲妻が走ったかのように見えるので二つ名は「黒い稲妻」と呼ばれている。


zDSC00109.jpg

バトルロンドでは、大型の武装神姫、戦艦型神姫の重装甲でさえも容易に叩き割り、一撃で轟沈させるほどの馬鹿げた破壊力を持つので、普通の神姫が彼女の攻撃を喰らった場合、バッラバラに粉砕されるので非常に恐れられていた。いきなり上空から稲妻のように襲いかかる彼女は恐怖以外何者でもなかった。

主力武装の大型エネルギーランサーは強力なエネルギー出力を誇り、かすっただけでも並の神姫の装甲ではドロドロに溶解するほどで、彼女に近接戦闘を挑むのは自殺行為に等しかった。
また遠距離戦闘も得意で、速射性の高い素粒子砲を搭載し的確に砲撃してくるので、彼女と戦うには相当の覚悟が必要であった。

zDSC00114.jpg


大雑把で豪快な彼女は三国志や戦国時代の武将が大好きで、よく伝記ものを読んでは昔の武将になりきってバトルロンドでも時代錯誤のような名乗りや一騎撃ちといった行動や台詞に出ることもある。
面倒見がよく、自分よりも弱い神姫や若い神姫に戦い方や練習のコーチになってあげたりすることが多いので恐れられてこそいるが、嫌われてはいない。


「うははっははは!!我の名はパトリシア!!推して参り候ッ!!!!!!」
「我と勝負しようてか!!力の差を思い知るがいい!!!」「相手にとって不足無し!!腕が鳴るぞ!我が主!!」
「いざ、尋常に勝負!!我が武の見せどころよォ!!」「死に逝く者共!このパトリシアの勇姿、目ぇに焼き付けよ!」「バトルロンドを駆ける黒い稲妻!そう、我がパトリシアだ!」
「黒い稲妻の名 CSCに刻みこんでおくんだな!」「この一撃ッ!!貴様に耐えられるか!!」
「正々堂々、貴様と我、一対一の勝負だッ!!いざ!尋常に勝負ッ!!!!!!!」


黒歴史 1

オーナー名「藤原 舞」♀ 22歳 職業 神姫アイドル

大手芸能プロダクションに所属している若手アイドル、元々はとあるファッション雑誌の人気モデルだったが、スラリとした抜群のスタイルと関西でも指折りのMMSランカーオーナーだったので、即座にスカウトされ、テレビなどの神姫番組で人気になった。

舞は豪快なパトリシアとは違って控えめでおとなしい性格で、いつも大暴れしているパトリシアを見てはニコニコとしているが、バトルロンドでは豪快でおおざっぱなパトリシアを制するかのように優れた指示を出し勝利に導く。パトリシアもそんな優しく聡明な彼女を我が主と呼び慕っている。

しかし、最近、テレビや雑誌で人気が出てきた藤原に対していろいろと「枕営業」をしているなどの根も葉もない噂やゴシップが出てきていることに悩んでいる。





[ 2010/11/19 00:26 ] ランカーMMS | TB(0) | CM(4)

武装神姫現実日記 2040年11月18日  

zDSC05413.jpg


戦車型MMS 「マチルダ」 Bクラス

オーナー名 「古橋 大輔」 ♂ 16歳  職業 高校生


マチルダ「マスターはヘタクソだ」

zDSC05415.jpg

古橋「は、はあ・・・」


神姫センターから帰ってくるなりマチルダはムスッとした顔でコーヒーを飲みながら愚痴る。


マチルダ「全然、私のこと・・・わかってないでしょ?」

古橋「そ、そんなことないよ」

マチルダ「ふん」


ご機嫌斜めのようだ。


zDSC05419.jpg


古橋「・・・ごめん、オレのどこが悪いのか教えてくれないか?」

下手に出てみる。

マチルダ「なさけない」

カンっとコップを手のひらに置くマチルダ。

マチルダ「私が言わないとわからないの?マスターもさ、もう高校生なんだし・・・いつまでも子供じゃないんだよ、自分で考えようと思わないの?」

古橋「・・・・・ごめん」


マチルダ「いちいち、謝らないでよ!私は謝って欲しくないの!なんでって聞いているの!」


zDSC05423.jpg


女って生き物は扱いがムズカシイ


古橋「あのさ・・・もしかして今日のバトルロンドのこと怒ってる?」

マチルダ「当ったり前でしょ!!!なんなのあの指示は!!ヘタクソ!もうちょっと少しは考えなさいよ!バカ」


古橋「・・・・・・・ごめん」


オレは無防備にも何の警戒もなしに砂漠の真ん中の道をひたすら進むようにマチルダに指示をした。そしたら、道に地雷が仕掛けてあってマチルダが気が付いて立ち止まったまではよかったが・・・足が止まったマチルダを狙って少し離れた小高い丘から高射砲型神姫が狙っていて地雷原で立ち往生してしまった俺たちは相手の罠にすっかりはまったわけだ・・・

後はさんざんに高射砲に撃たれまくって、何も出来ないまま撃破されてしまった。

完全にオレの指示ミスだった。

マチルダが怒るのは無理ない。


マチルダ「何にも考えてなかったでしょ?」

古橋「うん・・・」

マチルダ「私、マスターのこと信じているんだからさ・・・だから・・・その・・・」

マチルダがもごもごと口ごもる。

古橋「?」

首をかしげるオレ。

マチルダ「も、もうちょっとしっかりしてよ!!かっこいい所魅せてって言ってるのよ!!もう!!女の子にこんなこと言わせないでよ!!馬鹿ッ!!!!!!!!」


涙目で叫ぶマチルダ。


古橋「お、おうっ!!!任せろッ!」


ここまで言われて黙っていては男、いや漢が廃るってものだ。


マチルダ「バカ!」

古橋「ごめん、ごめん、そんな怒るなよマチルダー」

ふにふにとマチルダの頬っぺたを押すと、マチルダはがぶっと指に噛み付いた。


古橋「いってええええーーーーー!!!」

マチルダ「バカーーーーー!!!」

終わり
[ 2010/11/17 23:21 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(7)

ミッション 1  未確認領域調査 

zDSC06202.jpg

ミッション 1  未確認領域調査


大阪府、学研都市MMS研究所を実質的に独占し、MMS研究を行っているカタリナ社は、幾度かの視察要請をことごとく拒否し続けてきた。

そこで、多少強引ながら調査隊を向かわせたが、連絡が途絶えたままだ。カタリナ社によって全滅させられたと見て、間違いないだろう。

何を研究しているのかはわからないが、査察に関して比較的穏健な姿勢を貫いているカタリナ社が、ここまで
強く拒否し続けているものだ。ただごとではないだろう。

彼らが研究を行っている最深部の部屋に侵入し、調査を行ってもらいたい。抵抗された場合は排除して構わない。
以上だ。



zDSC06200.jpg


依頼主:MMS企業連合
 
作戦領域: 学研都市MMS研究所




ミッションを受けますか?


zDSC06194.jpg







[ 2010/11/17 00:45 ] ミッション | TB(0) | CM(7)

なのは外道 

黒歴史 6

昔、コミケで販売していた同人誌の表紙の色指定画像なの。

コピックで着色した後に印刷所に頼んでフルカラーで販売しましたなの。


タイトルは『なのは外道』なの!!!



気になる内容は・・・察してくださいなの。

黒歴史 7


一冊300円で50冊作って完売しましたなの(ドヤァ)


今度は武装神姫の同人作りたいけど・・・小波さまが怖いので作れないです・・・

公式で出入り禁止喰らってるなのwwww


私が同人やるからには、超ハードにRー18Gくらいにするなの!!


なのは大好きですなの

うッーーーーーーーーーーー

うわあああああああああああああああああああああああ

フェイトッ!!!!!!オレの子を産んでくれェーーーーーー!!!!


シグナム・・・結婚しよう・・・
[ 2010/11/15 23:15 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 5 

zDSC04288.jpg

ノアのハンドガンの弾が尽きたと同時にナデシコはひゅんと刀を振るい、ノアに斬りつける。


ナデシコ「イヤアアアアアアアアアアッ!!!!!!!」

zDSC04290.jpg

ナデシコが叫びながらノアに斬りつけるが、ノアはハンドガンをうまく使ってナデシコの斬撃を防ぐ。

ガッッキーーーン!!

zDSC04291.jpg

どすっ

ノアはナデシコの柔らかいお腹を思いっきり肘撃ちを喰らわす。

ナデシコ「がはっ」


パタタ

ナデシコは口から涎を飛ばし、舌を突き出し白目を剥く。

zDSC04292.jpg


ナデシコ「げほげほ・・・う・・・・く・・・はあはあはあ・・・んく・・・」


口からぼたぼたと粘着性の高い涎が零れ落ちる。

ナデシコ「く・・・うっ、げぼげぼ・・・このヤロウ・・・

キッとノアを睨みつけるナデシコ。

zDSC04293.jpg

バンと左足を机に勢いよく踏みしめると・・

zDSC04294.jpg

カキンと左足の裾から硬い金属音が響き取っ手らしきものが出てくると・・

zDSC04295.jpg

ヒュヒュウン パシッ

ノアはすばやくそれを引き出し手に取り構える。

zDSC04296.jpg

ナデシコ「クナイ1本で!!舐めるなッ!!!!!」

ナデシコは太刀をぎゅっと握りしめると弾丸のように飛び出した。

zDSC04297.jpg

だが、それよりも早くノアがクナイをナイフのように逆手に持ち代えるとナデシコに斬りつける。

ガキン!!

ナデシコ「ぐっ!!」

ノア「さっきの腹パンチ、ちょっと気持ちよかったでしょ?おっぱいとへその間、ちょうど鳩尾の部分。ここへ どぼっ!と鳩尾を気絶しない程度でほどよく 苦しむぐらいにねえ・・・」


ノアはにやにやと気味の悪い下卑た顔で笑う。

ナデシコ「・・・・下種がッ!!!」



つづく
[ 2010/11/14 12:36 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 4 

zDSC04274.jpg

ナデシコ「すーーーーはーーーーーすーーーー」

ナデシコはゆっくりと大きく息を吸い込みそしてゆっくり息を吐き出す。

いつものクセだ。本気を出すときにCSCの調子を確かめている。

zDSC04275.jpg

ナデシコの凛とした佇まいは、中世の武士を彷彿とさせる。

一寸の隙も許さなくそしていてほどよくリラックスした脱力の構え


zDSC04276.jpg

一方のノアもゆっくりと手足を伸ばしじっとナデシコを見据える。

zDSC04277.jpg

ナデシコがすっと太刀に手を伸ばす。

目線はそのまま、ノアを睨みつけたまま

zDSC04279.jpg

ほぼ同時にノアも腰に隠してあったハンドガンに手を伸ばす。

目線はそのまま、ナデシコを見たまま


zDSC04278.jpg


ナデシコが深く腰を落とす。

きゅっとナデシコの足袋が机を踏みしめる。

zDSC04280.jpg

パチンとノアがハンドガンの安全装置をはずす音が聞こえる。

zDSC04281.jpg

パチンとナデシコが太刀を抜く音が聞こえる。

zDSC04283.jpg


ナデシコはじりじりとノアににじりよる。抜刀術

刀を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術。

実戦性を疑問視される事が多いが・・・実際のバトルロンドではナデシコはこの技を持って多くの神姫を屠ってきた。



zDSC04284.jpg


目にも留まらぬ攻防。

それは一瞬だった。ノアがくんと手首をひねりハンドガンをセミオートで叩き込む。

ナデシコが太刀でその弾丸のことごとくを叩き切り落とす。

ババッバン!!カキコキューーーン!!パンッ!!


音速を越えるナデシコの抜刀術は弾丸さえも切り伏せる。

zDSC04286.jpg

だが、ノアは構わずハンドガンを撃ち続ける。

zDSC04287.jpg

ナデシコはノアの放った弾丸を切り捨て続ける。

心地よいリズムで弾丸が次々に弾道を反らされて火花が散る。


弾丸が尽きたときが勝負の終わりだ。

つづく
[ 2010/11/13 15:07 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 3 

zDSC04256.jpg

マスタ「お互い、腕に自身のある武装神姫同士・・・なら言葉は不要だろう?」


ナデシコ「・・・やれやれ・・・とんでもないマスターだぜ・・・いきなりコレだもんな」

かちゃりと刀をわざと鳴らすナデシコ。


zDSC04258.jpg

ノア「嫌いじゃないわよ、そーいう野蛮なの・・・だって私、暗殺者型MMSだもの」

ノアはニヤニヤと怪しく笑う。


シャロン(まーたーとんでもない神姫をマスターは選んだなあ・・・)

シャロンは呆れ顔でノアとナデシコを見る。


シャロン(まあ、私も人のことは言えないけどねー♪)

zDSC04259.jpg

セイヴァー「ええと、つまり通過儀礼って言うのをやるんですか?」

ナデシコ「そ、通過儀礼♪イニシエーションって奴さ、次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼さ」

カノーネ「・・・・・・・くっだらねえ」

ナデシコ「くだらねえからやるんだよ」

セイヴァー「なんだか楽しそうですね」

カノーネ「野蛮だ」

ナデシコ「野蛮で何が悪い!!武装神姫だぞ!!」

セイヴァー「伊達衣装に身を包み、敵を求めて戦場を駆け回る・・・」

ナデシコ「強い奴がいたら倒す!!それが武装神姫だ」

セイヴァー「かっこいいー」


zDSC04260.jpg

マスタ「というわけで、ノア・・・これから軽い試験を受けてもらおう」

ノア「試験?」

マスタ「目の前にいるのは武士型MMSナデシコ、二つ名は『ゼロ・ファイター』の異名を持つランカー神姫だ」


zDSC04273.jpg

ナデシコはじっとノアを見つめる。

ナデシコ「・・・・」


マスタ「バトルロンドでは『ゼロ・ファイター』との近接格闘戦を禁ずるとの命令が出ているほどの白兵戦に特化した武装神姫だ」

zDSC04271.jpg


ノア「・・・・」

マスタ「こいつと戦ってもらおう」

ノア「おもしろいね」

マスタ「だろう?」

zDSC04263.jpg

マスタ「ルールは無用。何をしてもいい、勝ち負けもどうでもいい、お互い眼前の敵を攻撃せよ」


シャロン「シンプルー」

セイヴァー「攻撃せよって・・・」

カノーネ「・・・・・・・・・」

zDSC04264.jpg

シャロン「セイヴァーはどっちが勝つと思う?」

セイヴァー「・・・互角かな?」

シャロン「カノーネは?」

zDSC04267.jpg

カノーネ「くだらねえ」

シャロン「なははは、そうだよねーくだらないよねーーー」

セイヴァー「くだらない戦いなんてない、戦いなんてみんなくだらないものだよ」

カノーネ「何が試験だ・・・どっちが勝っても負けても後味悪いぞ」

シャロン「順位ですよ」

セイヴァー「順位?」


シャロン「物事には順番があるんです。それをはっきりさせないといけないのが社会ってものの仕組みってことでっすよねー」

カノーネ「シャロン、あんまり余計なことばっかくちゃべってるとなァ・・・今に痛い目みるぞ」

シャロン「は・・はひ・・・」


zDSC04261.jpg

ナデシコ「じゃあ、はじめるかァ・・・準備はOK?」


zDSC04262.jpg

ノア「・・・・いつでも?・・・私にヨーイ・ドンの合図はいらないわよ?


つづく
[ 2010/11/13 01:20 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

THE-O 

黒歴史 10

ジ・O

ちょこっとアレンジかけていますが、まあ普通にジ・O が描きかったんでー

重MSってかっこいいよねードムとかゼク・アインとかサザビーとかクシャトリアとかジオン系の重MSが好きです。

マイナー所ではセプテムとかクラウダとかー



武装神姫でもこういう重MSチックなMMSをいろいろ作っているんですが・・・需要があんまりなさそうな気が・・・


[ 2010/11/11 23:19 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

重装甲戦艦型MMS 「ダニエラ」 

zDSC02897.jpg


カタリナ社製MMS  重装甲戦艦型MMS 「ダニエラ」 SSSランク 二つ名 「バトル・シップ」

オーナー名「堀田 弘一」 ♂ 34歳 職業 水道局員

主兵装

MKS40 2mm砲 2門 2連装ターボレーザー・キャノン 2門 レーザー機関砲 8門 大型ミサイルランチャー 4基 VLS 4基 爆弾、巡航ミサイル他



防御力、火力、耐久力、探査能力、搭載能力、巡航性能などあらゆる点で高い完成度を持つバランスの取れた戦艦型神姫、ヴィクター?級の24番艦。


2034年ごろに進水した中堅のSSSランカー神姫。数多くの神姫センターに出没しては艦砲射撃やミサイル攻撃、爆弾を搭載して爆撃を行ったりして地道な支援攻撃が得意。

特にこれといって何かあるわけではないのだが、戦術や戦い方はいつも無難であたり障りのない堅実なマニュアルどおりの実際の戦艦を参考にした運用法で戦うのでバトルロンドで対峙した場合、対処方法に困る。
「正攻法」でいつも攻撃するので攻撃パターンは読みやすいのだが、本人はあまり気にしていない。ダニエラ自身の性格はまじめでコツコツとマスターから与えられた指示を淡々とこなす。

まるで作業でもするかのように、段取り良く淡々と遠距離から的確な砲撃や戦術は、非常に多くの武装神姫から恐れられ、奇をてらった行動や派手な行動は一切行わず、「マスターから与えられた指示」を黙々とこなす。




zDSC02901.jpg

主砲のMKS40 2mm砲は信頼性、安定性に優れた主砲で、遠距離からの艦砲射撃は高い火力を有していた。

ダニエラは主にこの主砲で、遠距離からレーダーで相手を捕捉しアウトレンジから的確な艦砲射撃で敵を撃破することに長けていた。弾種は鉄鋼弾から榴弾、焼夷弾まで数多くの弾を状況によって選択し攻撃していた。

他のSSSクラスの神姫からは「まじめな戦艦型神姫ほど手強い神姫はいない」「普通に強いから困る」「正攻法が一番強い」「トラウマになる艦砲射撃」などそれなりに評価は高いが・・・一方で

「当たり前のことしかできない」「マニュアルどおり」「おもしろくない神姫」「没個性神姫」「戦いは仕事じゃない」などあまりにも普通の戦いしかできないダニエラを馬鹿にしたり凡庸であるといった評価も多い。

ダニエラは自分のことを特別なランカー神姫だという思い上がりなどはなくただ、マスターからの指示を行っているだけとのこと。

zDSC02959.jpg

オーナー名「堀田 弘一」 ♂ 34歳 職業 水道局員

堀田の趣味は艦船模型を作ることで、特に戦艦が大好きだったのでカタリナ社製の高価な戦艦型神姫を思い切って購入。
ダニエラに「艦長」と呼ばせていつもニヨニヨしているが、堀田自身もまじめな性格で実際の戦艦の運用法や戦いの戦術などを教えており、無難な戦術はオーナーゆずり。

主に城東区の神姫センターで根城にしているが、特にこれといってホームセンターはない。



[ 2010/11/11 00:19 ] ランカーMMS | TB(0) | CM(0)

右手 

黒歴史 3

大学生のイラストコミッククラブにいたときに描いたイラストが出てきたので紹介します。



「右手」 

私の右手はなんかおかしい。



鉛筆で描きました。

アンケートではそれなりに人気だったけど、OBさんにHなのはいけないと思いますと注意されました。

今見てみるといろいろバランスおかしいですねw


[ 2010/11/09 23:43 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

大型航空母艦型神姫 建造中 

zDSC06350.jpg


大型航空母艦型MMS開発計画 


2040年代のバトルロンドでは、航空母艦型神姫は事実、最強の武装神姫となった。それまでバトルロンドで無敵といわれた戦艦型MMSは対艦装備を満載した航空機型MMSの攻撃に太刀打ちできないことが実証され、以後は航空母艦搭載機型MMSによる制空権の確保が、バトルロンドの最重要課題となった。

そこでカタリナ社は従来の空母型神姫を超える大型の航空母艦型神姫の建造をはじめた。
要求されるスペックは以下の通り

全長 750mm 全幅300mm
主機 素粒子エンジン 4基
主兵装備 短SAM 4基 連装機銃 3基 2mm単装砲 2基 大型対艦ミサイル 2基 
標準搭載機 戦闘機型MMS 25機 ヘリ型MMS 3機 

というわけで建造中の航空母艦型MMSです。
作成中の参考資料として世界の艦船を見ながら現用の強襲揚陸艦のような軽空母ぽいシルエットにしています。

甲板をもうちょっと削ってシャープにしようと考えています。また実際にヘリを飛ばせるように艦載機にインドアヘリのラジコンを搭載させました。対潜哨戒用といった感じで、リアルで甲板から飛行させることが可能です。甲板には発着用のHマークを描くつもりです。また甲板にフックやロープを取り付けて落下防止装置とかもつけようと考えています。本物の空母とまではいきませんが、現実にある装備や儀装をそろえていきたいと思います。対空防御用の砲塔として砲台型神姫を砲座にする案を考えています。

艦載機はとりあえず今持っている神姫で考えていますが、ちゃんとそろえたいですね。ホーネットのような戦闘攻撃機とか早期警戒機とか。内部には乾ドックがあるので小型揚陸挺とかホバークラフトとか仕込みたいです。

作っていて思ったんですが・・・ちょっと寸ずまりな感じも・・・・色は全身艦艇色に使用と思います。艦本体は最初はゼブラ迷彩にしようかと考えていましたがあまりにもマニアック、派手すぎるのでやめました・・・

zDSC06351.jpg

zDSC06352.jpg

zDSC06354.jpg

zDSC06355.jpg

zDSC06360.jpg

zDSC06361.jpg

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < まーたはじまった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


ZDSC06473.jpg

ZDSC06475.jpg

ZDSC06478.jpg

ZDSC06490.jpg

ZDSC06494.jpg

ZDSC06507.jpg


        ____   
       / \  /\    空母は現代において世界最強の兵器だ!!(キリッ)
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    
    |      |r┬-|    |      
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


     ___   つまり・・・
            / ⌒ '' ⌒\  
          / ( ● ) (● )\         空母をモチーフとした武装神姫は
        / :::::⌒     ゝ⌒:::::\    (⌒)   
        |     `ー=-'     |   ノ ~.レ-r┐、
        \            /  ノ__  | .| |
.     , ⌒ ´ \      ̄  ´ ! 〈 ̄  `-Lλ_レレ
    /  __    ヽ       |   ̄`ー‐---‐‐´
.    〃 ,. --ミ    ヽ     i   |/ハ /
   ji/    ̄`     ヽ    |
             ___
            / ノ '' ⌒\
          / ( ● ) (● )\  世界最強ってことだよなァ?
        / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\  
        |      ト==ィ'     | 
  _,rーく´\ \,--、  `ー'    /  
. ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /     ー  ´ ! ` ー-、
 { -! l _」_ノ‐′/ ヽ        |    ∧
. ヽ ゙ー'´ ヽ  /   ヽ       i   |/ハ
 `ゝ、  ノ ノ     ヽ     |
             ___  
            / ヽ '' ノ\  
          / ( ● ) (● )\  
        / :::::⌒ 、_ ゝ⌒:::::\    (⌒)     だろっ?
        |       -      |   ノ ~.レ-r┐、
        \            /  ノ__  | .| | 
.     , ⌒ ´ \      ̄  ´ ! 〈 ̄  `-Lλ_レレ
    /  __    ヽ       |   ̄`ー‐---‐‐´
.    〃 ,. --ミ    ヽ     i   |/ハ /
   ji/    ̄`     ヽ    |


             ___
            / ノ '' ⌒\  
          / ( ● ) (● )\
ドヤーーーーー / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\ ーーーーーーー!!!!
        |      ト==ィ'     |
  _,rーく´\ \,--、  `ー'    /
. ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /    ー   ´ノ ` ー-、
 { -! l _」_ノ‐′/\― 、  ,?/_|    ∧
. ヽ ゙ー'´ ヽ  / フ \     /ヽ     /ハ
 `ゝ、  ノ ノ  \   ヽ  / /


武装神姫の飼い方 その1  武装神姫って何? 

zDSC04945.jpg


最近はMMSブームもあって、何か神姫を飼ってみたい、神姫に癒されたい、という方が増えてきました。 皆さんはどうして神姫を飼おうと思うのですか?

犬猫、生き物に比べて手間やお金がかからないからですか?ペット不可のマンションでも飼えるから?小さい子のいる家庭でも大丈夫だから?

神姫だって飼うとなれば、毎日世話が必要です。病気(ウイルス)にもなるし、神姫センターに行ったらお金もかかります。ちゃんと世話をしてあげられますか?病気(ウイルス)になったりバトルロンドで壊れちゃっても修理で神姫センターに連れてゆけますか?

神姫を飼うという意味ではハムスターや犬や猫と同じ。同じ地球に住む大切な仲間に変わりありません。おもちゃのように軽い気持ちで買って、飽きたからと捨てるようなことは絶対にしないで下さいね。

一度飼ったらその子が天寿をまっとうするまで責任を持って飼う。あなたにとっては沢山あるお気に入りの中の一つでも、その子にとって、飼い主、オーナーさんが全てです。幸せに生きるのも、地獄に落とされるのもあなた次第。これだけは絶対に忘れないで下さいね。

神姫との生活から優しさや命の大切さなど学ぶ事はたくさんあります。「こんなはずじゃなかった」「こんなに大変だと思わなかった」「知らなかった」と言う前に飼い主としての心構えをしっかりして、神姫との楽しい生活を送ってください。


武装神姫が最初に紹介されたのは2025年ごろ。実験用の超小型思考ロボットとして、コミュニケーションの研究のために開発されたのが始まり。ペットとして人々に広く親しまれるようになったのは2030年代前半で、もっと広まったのも2030年代中半からのことです。

このカテゴリーでは神姫を飼うための初歩的な情報を提供しています。みなさんの神姫マスターのお役に立つことができれば幸いです。


zDSC04610.jpg

zDSC04864.jpg

zDSC04951.jpg

2030年発売

武装神姫の基本仕様


・ 構成

武装神姫はの最小構成は基本的に以下のパーツで構成され、起動後のパーツの取り外しには神姫の停止を伴う。


・CSC

Core Setup Chipの略。
多数存在するCSCのうち三つを選択しセットする。(同種のCSCの複数セットが可能かは不明)
CSCの組み合わせによりコアユニット、素体の基本の性格、能力に対し固体ごとの個性、差異が生じる。
このCSCは非常に頑丈で滅多なことでは壊れることはなく、2035年からはカタリナ社のサーバーにデータ保存されることによって不慮の事故があってもある程度のバックアップによって修復されることが可能となった。

・コアユニット(頭部)

頭部に内蔵されるパーツ。
コアユニットの種類により基本的な性格が決まっている。
これとCSCの組み合わせにより性格が決まる。

・素体(胴体部)
頭部以下、四肢も含めた胴体部
これとのCSCの組み合わせによりある程度の能力が決まる。
このパーツ(胴体部)にバッテリーが内蔵されているが、最近は武装の大型化もすすんでおり外部出力による大型ジャネレータやバッテリー化が進んでいる。

・オプション

・クレイドル
内蔵バッテリーの充電、データ整理、PCとの通信に用いられる非接触式充電通信装置。
神姫は一日一度このクレイドル上で充電、データ整理のために「眠る」のが基本であるが、武装神姫の中には自らをクレイドル装置を備えている大型の神姫もいる。大型の母艦的な神姫、航空母艦型神姫や戦艦型神姫、輸送艦型神姫などは他の神姫を収納、充電設備を備えており、自身も数週間、充電を必要としないなど特殊な神姫も多々いる。


・武装パーツ

主に外装や装甲の役割を果たしたり推進装置や火器類などさまざまな武装があるが、単なる服など多種多量な物があり、公式で発売されているものや非公式のハンドメイドの物などがある。

・神姫の仕様(ソフトウェア)

神姫は起動時にオーナー登録をする。
これはMMS国際法により定められている。
オーナーは必ず個人であるが、場合によっては法人や組織、会社などに登録されていることがある。
神姫一人に対するオーナーは一人である 逆に一人のオーナーに対して神姫は複数登録できる。
この結びつきは絶対的なものであり、神姫はオーナーを変えることが出来ない。


・流通

神姫センター

全国主要都市に点在する「MMS?Automation 神姫」を扱う専門店。
神姫、武装パーツの購入、修理を行うことが出来る他、武装神姫バトルを中心としたアミューズメント筐体も設置されている。神姫以外にもゲームセンターと合併したり遊園地や公園などど合併し一緒にやっているところが多い。

MMSショップ

神姫、武装パーツの購入、修理を行うことを専門としている。各神姫メーカーがスポンサーとして支店として出張している場合が多い。携帯ショップと提携して共同経営していたりしている場合が多い。

大型家電量販店

主にテレビ受像機、パソコン、オーディオ機器などの家電製品を多く仕入れて安く売ることを基本路線とする大型小売店である秋葉原や日本橋(大阪)の電気街を発祥とする電器店やオーディオ店が大型化し、チェーン展開していったのが始まりである。1980年代以降は新宿駅や池袋駅周辺に拠点を置くカメラ販売の量販店が「カメラ店」の枠を超え生活家電をはじめAV機器、パソコン、携帯電話などの販売も手がけるようになった。1990年代以降は電気街に代わってカメラ系の大型量販店が相次いでターミナル駅に店舗を構える一方、郊外では多数の駐車場を併設した店舗網を持つチェーンストアが規模を拡大していった。2030年代には神姫、パーツの購入、修理を取り扱い世の中の神姫の一般家庭の神姫はほとんどこの大型家電量販店で購入されている。
競合他社との販売競争のため、他店と比較して一円でも安い売値を客に提示するが型遅れの古い商品をいつまでも展示せず、早めに売り切ってしまうため、修理や品揃えなどの点ではMMSショップや機械工具商には劣る。

機械工具商

第二次大戦後の復興期に生まれ、全国各地の工場に出入りしている工具商社のこと、基本的には電動工具や空油圧機器など、小物の機械の販売が得意の商社で、小回りを利かせる地味な営業がうまい。営業マンは、工場の購買へ毎日休まず出向き、難しい注文にも快く応じており。工場では、メンテナンスに欠かせない購入品が生産現場からたくさん出る。成長期の工場ほど、購入品の請求が多種多彩だ。単品注文も多く、中には、設計図面をもとに製作の依頼先を緊急に探すような特注品の注文がある。そんなノウハウを生かしてMMS業界でも相当のシェアを有しており正規品の神姫よりも特注の神姫の発注や整備、パーツの購入、修理が可能。

もちろん大手の神姫メーカーとも契約しており事情をよく心得た彼らは、現場とメーカーの間に立ち、技術上の難題も解決して約束通りに納入する。やがて、購買の厚い信用のもとで、取り引きの巾を拡げて地歩を築いた。
単品の積み重ねでも、安定したビジネスに育てば採算に合う。改造と言っても違法改造ではなく、メーカーと共にハンドメイドの特注の神姫を製作するので違法改造ではない。


まとめると・・・

値段に強いのは大型家電量販店で、納期やサービス保障、ソフトウェアに強いのはMMSショップ、専門性や改造、ハードウェア、修理に強いのは機械工具商社

どちらも得意、不得意があるので、神姫のことに詳しい神姫オーナーはそれぞれの長所を生かした神姫の購入方法やメンテナンスをしている。


神姫を購入するには上記の3タイプからの購入がオススメである。

大型家電量販店のメリットはとにかく安い。

MMSショップは信頼性が高い。

機械工具商は自分にあった個性的な神姫が手に入る。


初心者はMMSショップで購入することが多く、ちょっと慣れた神姫オーナーは大型家電量販店で、玄人の神姫オーナーは機械工具商で購入することが多い。

[ 2010/11/07 20:55 ] 武装神姫の飼い方 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 318 


武装神姫 「真零」 第18章 「小競り合い」

zDSC00760.jpg

ベダノアとマリオンがペアになって向かいのデボラとジャネットを牽制するように編隊を組んで飛ぶ。

ベダノア「アッ!!!!このヤロウ!!真似すんな!!」

マリオン「バーカーバーカーバーカ!」


デボラがナギナタを振りまわしてキレる。

デボラ「クソッタレが!!ウガアア!!」

ジャネットがたしなめる。

ジャネット「デボラ!!挑発に乗るな!同航戦闘だ!高度に注意しろ!」

zDSC00761.jpg

ウオンウオンオンオンオン

ベダノアがゆっくりと大回りで旋回する。

ジャネット「真正面から来るぞ!!」

zDSC00762.jpg

ベダノア「いい度胸してやがるぜェ!!チキンレースだ!!!乗るかァ!?マリオン」

マリオン「あったりめーだろ!!ガーリオンごときにビビってたまるか!!」

zDSC00763.jpg

グオオオオオオオン!!


ベダノアがカキンと手に持った機関銃の安全装置をはずす。

ベダノア「真正面からぶち当たるぞ!!」

マリオン「ヘイヘイヘイ!!」

デボラがヒートナギナタをひゅんと振るう。

デボラ「薙ぎ落としてやる!!」

ジャネット「旋回に注意ィ!」

zDSC00764.jpg

ズンドドドドン!!ババリバリ!!

お互いに一斉に持てる火器をぶつけ合う。

デボラがレールガンをバカスカ撃ちまくり、マリオンは機関銃を撃ちまくる。

激しい銃砲撃戦闘


zDSC00765.jpg


だが、お互いにたくみな回避機動や防御機動で撃ち合った弾のほとんどは当たることなくはずれていく。


ベダノア「ファーーークッ!!!!!!」

デボラ「クソがッ!!よけんじゃねえ!」

マリオン「あたらねえーーーーー」

ジャネット「チキンヤロウが!!!もっとよってこいや!!」


zDSC00767.jpg

ユーリ「何をやっとるんだ?あのバカ共は?」

ユーリは2機のガーリオンに追われながらもちらりとベダノアとマリオンの2機の戦闘を見る。

フラヴィ「まてええーー!!」

カリーヌ「はあはあ、逃げるな!!戦え!!」


全速力で逃げに徹しているユーリを追いかけるフラヴィとカリーヌ。

zDSC00768.jpg


バトルを観戦している神姫たちはくちぐちに言い合う。


神姫1「なんだ、このバトルwww」
神姫2「まだ誰も被弾してないし、撃墜されていない」
神姫3「お互いに経験もスペックも拮抗しているし、なんか牽制ばっかりだな」
神姫4「グダグダすぎるにもほどがある・・・」
神姫5「なあ、こいつらって強いの?」
神姫6「弱くはないな、でもめちゃくちゃ強くもないが・・・まあ中の上くらいだな」
神姫7「嘘付け!こいつらメチャ強いぞ!!この間、SSクラスのランカー神姫の戦艦型を平気でブチ落としてたぞ!」
神姫8「それ逆じゃね?こいつらと一緒に随伴していた戦艦型神姫が落とされたんだろ?」
神姫9「戦ったら一番分かりやすいと思うの!」
神姫10「100パー負ける自身あるわ・・・自分が」
神姫11「引き撃ちバッカwwチキンだな」
神姫12「引き撃ちが多いのはベテランの証拠、素人神姫はバーチャルでオナッとけや」
神姫13「はいはいオレ最強房でましたよ」
神姫14「力のない弱い奴ほどよく喚く」
神姫15「なぶるぞ!ゴラァ」
神姫16「はーーーーぶっ殺してェーーーーーーー」
神姫17「ハラ減ってきた」
神姫18「グダグダグダグダーー」
神姫19「これ終わるのか?」
神姫20「秋田ーーーーー」


つづく
[ 2010/11/07 19:20 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 317 


武装神姫 「真零」 第18章 「小競り合い」

zDSC00752.jpg

グオオオオン

神姫の視点で神姫センターの画面が写される。


天と地が逆転しグルグルと廻る。自分がどこにいるのか何をしているのかさえ一瞬分からなくなる。

zDSC00753.jpg


それを見ていたオーナーの一人が頭を抑える。

オーナー1「酔った・・・」

神姫A「これが神姫の視線だよ?昔、ライドシステムとか神姫と人間を同調させて一緒に戦うとかふざけたシステムがあったけど、廃止された理由がこれだよ」

神姫B「神姫を舐めたシステムだったね、人間なんて戦いには邪魔なだけだよね、おとなしくすっこんでいろってことさ」


zDSC00754.jpg


ズッドドドドド!!

ユーリーが機関砲を撃つ。


フラヴィがナギナタで機関砲弾をはじき飛ばす。

フラヴィ「くうう!!」

zDSC00756.jpg


ベダノア「うわあーーー助けてくれーーケツにつかれたァ!!!!」


ベダノアが全速力で逃げまどう、それを追い掛け回すデボラ。

デボラ「この!!チョコマカ逃げやがって!!まてやコラァ!!!」

そんなデボラを落とそうとこっそり後ろにつくマリオン

マリオン「後ろがお留守だぜ、敵を追い掛け回すことに必死になってるんじゃねーよ」

さらにマリオンの後ろにジャネットがつく。

ジャネット「オマエもな」

zDSC00757.jpg

ベダノア「おい!!マリオン!!ケツにつかれているぜ!!」

マリオン「は?あーーーーー!!!このヤロウ!!いつの間に!!」

デボラ「うわっいつの間に後ろに!!」

ジャネット「デボラ!!そこを動くな!!囮になれ!!」

デボラ「めちゃくちゃいうな!!」

マリオン「曲芸飛行やってるんじゃねーんだぞ!」

串団子のように数珠繋ぎで飛行していたが、

zDSC00759.jpg

パンとはじけるように編隊を崩しバラバラに散らばる。

デボラ「ぶち落としてやる!!」

ベダノア「ヤロウ!!」

ジャネット「あぶねえ!」

マリオン「うはっ!」


つづく
[ 2010/11/07 18:41 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 2 

zDSC04241.jpg


カノーネ「おい、ナデシコどうする?」

ナデシコ「ああん?」

こそこそとカノーネがナデシコに相談する。


zDSC04242.jpg

カノーネ「オレもナデシコやオレになんの話も相談もなくいきなり新しく神姫を増やすってことはどうかと思うけど・・・いきなり不遜な態度を取るのも大人の神姫としてどうかと思うんだ」

ナデシコ「・・・オマエ、妙なところでなんかマジメだよなー」

カノーネ「うるせー」

zDSC04243.jpg

ナデシコ「・・・あいさつはするさ」

カノーネ「オマエ流のやり方でか?」

ナデシコ「・・・・・・・ふん」


zDSC04246.jpg


ナデシコ「オレに悪役になれってそそのかすのか?自分の手は汚したくねえってその考え方どうかと思うぜ?」

カノーネ「バーカ、オレがそっちの役になったほうが自然でいいだろ?ヤーさんはいつも2人組みだろ?脅し役と調停役って奴だ」

ナデシコ「お前はやっぱ悪人だ」

カノーネ「いまさらだな」

ナデシコ「だが、俺たちよりもっと上の悪人のヤロー2人がいるぜ、気に喰わねえ・・・ヤロウ、挑発してやがる」

カノーネ「な、なんのことだ?」

ナデシコ「だまって見てろや、カノーネ」

zDSC04249.jpg

ノア「ねえねえ?そこの2人さんは?」

カノーネ「ああ・・・すまないな、オレの名前は」


zDSC04250.jpg

カノーネの台詞を割り込んでナデシコがノアの前に振り向く。


ナデシコ「武装神姫だな」

ノア「・・・なんのことです?」

ナデシコ「とぼけんじゃねーよ、てめえ・・・ちょっとでも妙なことしやがったらその首かっ飛ばすぞ」

ナデシコがギロリと睨む。

カノーネ「ちょ、ちょっとナデシコ!」

セイヴァー「ナデシコ!!!い、いきなり失礼だよ」

ナデシコ「・・・・・・・ケツにカロッテ1挺、足に飛苦無2本!!こっそり隠してオレが隙を見せたら、全員首を狩ろうとしていただろう?オマエ・・・」


ノア「・・・・・・・」


セイヴァー「え?」

シャロン「は?」

セイヴァーとシャロンは眼をぱちくりさせる。


ニコニコしていたノアの眼がすっと冷たくなる。


ノア「それで?」


ナデシコ「このヴォケマスターに言われてるんだろ?俺たちが隙を見せたら殺していいって」

マスタが焦る。

マスタ「ちょ、ナデシコ!いきなり何を言ってるんだ?さ、さ、さっぱりわからな・・・」


zDSC04251.jpg

ナデシコ「 滅殺師・・・・SSクラスのランカーMMS、聞いたことぐらいはあるだろう?」

セイヴァー「滅殺師?殺し屋、暗殺者、アサシン・・・パープルデーモン、ええと確か紫色の暗殺を得意とするランカー神姫でしたっけ?なんかあまりにも残虐な手口で戦うおっかない神姫でした・・・け・・・」

カノーネ「あ・・う・・・あ・・・ま、まさかァ!!」

ナデシコ「オレの友達がな、バトルロンドでそいつにブチ殺されてんだよ・・・」

zDSC04254.jpg

カノーネ「おい、マスター!ちょっとマジかよ?」

マスタ「・・・・・・・・いやあ、さすがだなあ・・・・ナデシコは・・・多分、気が付くとは思っていたがな」

セイヴァー「ど、どどいうこと?」

ナデシコ「オレらのマスターだぜ?敵を欺くにはまず味方からっていうだろ?最初の時点でピンときたな・・・俺らになんの話しもなくいきなり神姫をつれてきた。そしてコイツはニコヤカに挨拶しながら銃をすぐに速射できるように構えてる・・・・・・・・・

舐めるなよ・・・・」


zDSC04255.jpg

ノア「さすがね・・私もあなたが最初から気がついていることは知っていたわ・・・それでどうするの?」


ナデシコ「うまい嘘ってのはな、半分嘘で半分、本当のことをまぜることだ・・・・・・オマエ、捨てられたってのは本当だろう?」

セイヴァー「な・・ナデシコ」

カノーネ「セイヴァー!黙っていろ」


ノア「・・・・・・」

マスタ「ああ、本当だ。ノアはマスターに邪魔になったから売られちゃった神姫ってのは本当だ。理由はまあいろいろあるんだがな」

ノアはすっと腰に手を伸ばそうとする。


ちゃき・・・


ナデシコが腰にある日本刀に手を添える。

シャロン「あわわわ・・・」


ノア「その距離じゃあ、抜いても私のカロッテの方が速いわよ」

ナデシコ「試してみるか?」

マスタ「まあ、待て・・・あわてるな2人とも・・・ふふふ」


つづく
[ 2010/11/07 00:11 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。