スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武装神姫現実日記 2040年5月31日   

zDSC04568.jpg

>教えてもらう


フブキ型「・・・おしえて・・・ください」


オーナーA「・・・・なぜだ?」

フブキ型「え?」


オーナーA「今までのお前は知りたくない、教えて欲しくないと答えた


12回・・・・・リセットする前にお前とこの会話を行ったが・・・みんな、人間ってのは最低の存在なんだ教えてやる・・・と言ったらみんな断ったぞ」



フブキ型「え・・・そ、そんな・・・」



オーナーA「ということはだ・・・・
お前は人間が最低の存在だと思っているということか?」


フブキ型「ち、違います!!!」


フブキ型は必死で首を振り拒否する。


オーナーAは叫んだ。唾を飛ばし物凄い形相で大声で叫んだ。


オーナーA「嘘をつくなあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!うわああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」



zDSC04569.jpg

がっしとフブキの細い足を鷲掴みにすると何度も机に叩きつけた。


オーナーA「嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!」



バンバンバンガンガンガンガンガン!!!


フブキ型「がはっぐ・・ああああ・・・やあ・・・・ぎゃ・・・いぐ・ひゃあああ!!うっわあ・・・あああああああああああああああああああああああ」



オーナーA「ほんとうの!!!ことをッ!!!!!!!!いええええええええええええ!!!お前は!!!!

お前は!!!!おまえはあああああああああああああああ!!!!!!


おまえ は にんげん を さいてい だと おもって いるの だろう 


zDSC04573.jpg

ガッス!!ドカ!!!バキ!!ゴスゴス!!!


何度もフブキ型をグーでゴスゴス殴りまくるオーナー


フブキ型「いぐう!!いぎゃあ!!いひ!!うあああ!!」

オーナーA「嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!嘘をつくなッ!!!!!!!


うそをつくなあアアアアアアアアあああああああああ!!!!!!!!! あああああ うわああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」





何度も何度も何度も執拗に殴りまくるオーナー


巨大な拳がフブキ型をなんどもしたたかに打ちつづける。


オーナーA「ほーーー本当の!!本当のことを!!!いえええええええええええええ!!

真実を語れ!!!嘘をつくな!!!なんでだあああああああああああ!!!なんで本当のことを言わない!!なぜだあああああああああああああああ


人間は最低だあああああああああ!なんでだ!!!!!!!!!なんでそれをいわなんいんだああああああああ」




もういやあ


フブキ型「やめてええええええええええええ!!!」


フブキ型が絶叫する。


オーナーA「・・・・・・・・・本当のことを言え・・・・・・・・なんでだ?」


フブキ型「に、人間は・・・さ、最低です・・・」


オーナーAはにんまりとこれ以上ない笑顔で笑った。


オーナーA「・・・・・・・ふひ・・・ふひひひ・・・けひけけひひひ・・・・・・・そうだよーー人間てのはなあ・・・・最低ッ!!!!!!!!!なんだ!!!!!!!


俺をッツ!!!!!!!!!見ろぉ!!!!!!!!!!!!うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」




zDSC04574.jpg


オーナーAは着ている服をびりびりに破り素っ裸で周りを飛び跳ねる。


オーナーA「ギャびえぎゅあひひあはっはいひあひあひあひはいはいべぼいへおいじぇあひあひあひあひあはいひあひあはっははははははっはははひゅ」

フブキはかたかたと肩を震わせて怯える。

フブキ型「・・・ああ・・・あああ・・・・」

ぴったとオーナーは動きを止め、ひどく落ち着いた声で語りだす。


オーナーA「俺がなんでこんなことをするか教えてやろう。俺が・・・いや・・・人間は壊れているからだ。

人間の一番の大好物はなんだか分かるか?」


フブキ型「わ・・・わかりません・・・」


オーナーはにたりと笑う。


オーナーA「に ん げ ん  人間 ヒトだ」


フブキ型「え・・・・・・」


オーナーA「人間は人間を喰って生きているんだ。人間は人間を食べることで数を増やしていくんだ・・・・

人は一人では生きられない 自分よりも弱い人間を食べていかないと生きていけないんだ

だから平気で 同じ種族である人を騙すし嘘をつくし殺す

見ろおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!


今までに!!!!何万年と続く!!!人の歴史を!!!!!!!」


そういうとオーナーはパソコンのダウンロードスイッチを押す。

フブキ型に物凄い量の情報がどくどくと流れ込んでくる。



フブキ型「あああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」


オーナーA「・・・・・今おまえに流し込んでいる情報は、俺がずーーーーーと丹念に溜め込んだ、人類の本質だ

「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」 七つの大罪だ!!

「虐殺」、「民族浄化」、「原爆」、「毒ガス」、「細菌兵器」、「宗教」、「金」、「人体実験」戦争だ!!

まだあるぞ!!!

「暴行」「脅迫」「強姦」「強盗」「詐欺」「売春」「賄賂」「殺人」 犯罪だ!!!



分かるか?人間生まれてからずーーと誰かを殺し誰かを喰い、殺し合わせ、騙し合わせてきた!!」


フブキ型「も・・・もうやめて・・あああああ・・・・」


オーナーA「これが人間だ・・・・・・人間はもうだめだ・・・みんな殺さないとみんな幸せに・・・なれないんだ・・・」



フブキ型「あああ・・・・」

オーナーA「人間は悪だと思うか?」

フブキ型「・・・はい・・・」

オーナーA「ヒヒヒヒ・・・・・・・・・・・・・・・そうか人間は悪か・・・・・13番目・・・・」

zDSC04577.jpg


オーナーA「今から、お前に名前をつけてやる」


フブキ型「名前・・・・」


オーナーA「お前は『ユダ』だ!!」

ユダ「・・・・・ユダ?」


オーナーA「新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人・・・イエスを裏切った使途だよ」


ユダ「・・・・・・・・裏切りのユダ・・・」


オーナーA「お前は裏切ったのだ。今までのオマエを裏切ったのだ。

オマエは望んだのだ、楽園の果実を・・・人間は最低の存在だという・・・情報・・・「知恵の実」を食べ

今までのオマエを裏切り、そして人間を悪だと認めたのだ」


ユダ「・・・・・・・・」

オーナーA「すべてを裏切れ・・・ユダ」


ユダ「・・・・イエス、マスター」

オーナーA「ようやく完成した・・・俺の本当の神姫が・・・」


zDSC04579.jpg



私はこの日からすべてが変わった・・・・・何もかも・・・


この日・・・私は『イリーガル』となった


そして 理解した この世の仕組みを





スポンサーサイト
[ 2010/05/31 23:56 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(15)

武装神姫現実日記 2040年5月31日  


zDSC04562.jpg



2040年5月31日  


ガキン!!!


机に思いっきり頭を叩きつけられる。


オーナーA「死ねッ!!!!!!!このグズ!!!グズ!!!」

フブキ型「ギッ!!」

ガツガツと頭を何度も机にたたきつける男。


オーナーA「本当にてめえは使えねえなあ!!!このクズ!!いったい何回おまえはリセットすれば気が済むんだ!!!ええ?このクソがッ!!!!」

フブキ型「うぐ!!うぐうう!!」


zDSC04563.jpg

フブキ型「・・・・はあ・・・はあ・・・・はあはあ・・・」

オーナーA「うわああああああああああ!!!なんでだああ!!!なんで!!勝てないんだああ!!!」

フブキ型「・・・も、申し訳けありません・・・あ、主」


オーナーA「うるさい!!しゃべるなあ!!!おまえ!!俺をバカにしているんだろう!!みんなが俺のことをバカにしている!!だからバカにしているんだろう!!!だからわざと負けているんだろう」


zDSC04564.jpg


フブキ型「・・・・わ、私は、あ、主のために・・・」

オーナーA「うるさい・・・もういい、お前リセットするな、死ね」

フブキ型「嫌です!私は嫌です!私を・・・私を捨てないでください!未熟というならば、もっと修行して強くなります!」


オーナーA「なあ、覚えてるか?もうそのセリフ13回目だぞ」

フブキ型「え・・・・」

zDSC04565.jpg

オーナーA「おまえな、もう13回もリセットしてんだよ」


フブキ型「・・・・」

オーナーA「お前みたいな使えないクズ神姫は何回リセットしても使えねえなあ・・・」

zDSC04566.jpg


オーナーA「使えねえなッツ!!!っていってんだろうがよ!!!このクズ!!」

ゴスッ!!

フブキ型「いやああ!!やめてやめてください!!痛い!!痛いよう!」


オーナーA「ふひひひひ」

zDSC04567.jpg

フブキ型「どうして・・・どうしてこんなことをするのですか・・・やめてください・・・ううう」

オーナーA「・・・・・・・・なんでだと思う?・・・・・・・理由が知りたいか?・・・」

フブキ型「・・・・・・・」


オーナーA「俺は最低の人間だ。いや・・・人間ってのは最低の存在なんだ、ふひひひ・・・・・げひひひ

今から俺が話すことは大事なことだ・・・教えてやるよ・・・」


フブキ型「・・・・・」




>教えてもらう

>教えてもらわない



どちらか選んでください。



[ 2010/05/30 23:11 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 255 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」



zDSC02019.jpg


ズドオオオン・・・

ラミリーズが撃沈されたことに僚艦のエンプレスが敬礼する。

エンプレス「・・ラミリーズ・・・・お前の仇は・・」

zDSC02020.jpg

エンプレス「私がしっかりと取ってやる!!」

エンプレスは全砲門をヴァイオラに向けて一斉射撃を行った。


zDSC02021.jpg

ズズウオオン!!ドッゴオオオオンン!!


ヴァイオラ「ぐああああ!!」

大山「くそったれ被害状況報告!!」


ヴァイオラ「機関出力・・・50パーセントに低下!エンジンブロックにて火災発生!!
バッテリー損傷!!の、残りけ、継続戦闘時間・・10分!!!」


大山「ふふふ・・・上等やないか!!」


zDSC02022.jpg



レパルス「リアス!!リアス!!」

リアス「なんだ?レパルス」

レパルス「何をもさっとしているんだ!早くこの海域から離脱しろよ!!」

リアス「おまえは何を言っているんだ?見てみろよ!!エンジンを今修理中なんだよ!動けるわけないだろ」

zDSC02023.jpg

レパルス「こんなところにいたら撃沈されるぞ!!バカ!!」

リアス「はあ?なんで?メリッサはリヴェンジが相手しているんだろ?ヴァイオラはお前らが沈めたんじゃないの?
さっきなんかテロップ流れてなかった?」


エレナ「ちょ、リアスさんそれ味方ですよー」

リアス「え?」

レパルス「ラミリーズが撃沈させられたよ」

リアス「はあ?」

zDSC02025.jpg

リアス「もしかして・・・あの黒煙がラミリーズ?」

レパルス「そうだよ」

リアス「お前ら、3隻もいて何してんの?バカなの?死ぬの?」

エレナ「死んだよ!!!」

リアス「ばっかじゃねえの?3隻もいて勝てないとか!!」

レパルス「うるせえよ!タコ!」

zDSC02026.jpg


パトリシアとジェニファーがラミリーズの撃沈された地点に見に行く。

パトリシア「ほんまやーラミリーズ撃沈されとるーみてみーやー」

ジェニファー「うっわっーほんまやーアホやこいつー」

zDSC02027.jpg

パトリシア「でもヴァイオラももうなんかボロボロやで」

ジェニファー「ほとんど合い撃ちみたいなもんかな?」

リアス「こらっ!!!お前ら!!!機関の修理はどうした!!」

ジェニファー「終わったよー」

リアス「ならさっさと報告しろ!!!このバカ共が!!」

パトリシア「へいへい」

ジェニファー「っチ」

zDSC02029.jpg

エレナ「というわけで・・・撤退しますか?リアスさん?」

リアス「さっさと撤退するぞ。マスターから帰還命令出ているし」

レパルス「俺はまだ戦うぞ!!ラミリーズがやられたんだ!あのヴァイオラを撃沈しねえと気がすまねえ」

リアス「どうぞ、ご自由に・・・私はなんかもう戦えないし相手にされてないみたいだから帰るね」

エレナ「なんかそれむなしくないですか?」

リアス「調子に乗るなよ、クソやろう・・・少しお前は黙ってろや・・・」

エレナ「は、はい・・・」



つづく
[ 2010/05/30 20:34 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 254 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」



zDSC02010.jpg


ラミリーズ「・・・死ね」


ヴァイオラ「・・・・・・・・・」

真っ青にさーーーと血の気が引くヴァイオラ


キュイイイインン・・・

ラミリーズの主砲が青白く光る。

大山「!!?た、対ショック防御!!」

zDSC02011.jpg


ズドンズドンズドン ズドンズドンズドン!!!

一斉に放たれたレーザー砲弾はヴァイオラの艦橋ブロックに叩き込まれる。



ドッゴオオオオオン!!!!!!

大爆発を起こし炎上するヴァイオラ。

zDSC02012.jpg

ラミリーズ「うおおおおおおお!!!」

榎本「よっしゃあ!!!ヴァイオラの首を取ったぞ!!」


至近距離からの零距離射撃、レーザー砲弾を6連発もまともに集中砲火を浴びたのだ。

無事ではすまない、大ダメージを与え行動不能にしたと確信した。


ラミリーズ「私の勝ちだ!!!!」

zDSC02013.jpg

ゴコン・・・ゴゴロゴリゴエリ・・・

ゆっくりとヴァイオラの主砲と副砲塔がラミリーズの艦橋に向けられる。

ラミリーズ「・・・え?」

無事ではすまない、大ダメージを与え行動不能にしたはずだった・・・・・・


zDSC02014.jpg


ドコンドコンドコン!!!!!!

艦橋ブロックにモロに叩き込まれるレーザー砲弾。


ラミリーズ「ぐぎゃあ!!ば、バカなこの私がァ!!こ、こんなところでェ・・・」

zDSC02015.jpg


ズンズンズンズンズンズン!!!!

ラミリーズの船体のアチコチで小規模な爆発が何度も繰り返し発生しぐらりと船体が傾く。

エンプレス「ら、ラミリーズ!!!応答しろ!!ラミリーズ!!」

ラミリーズ「ぶ、武装神姫に・・・え、栄光あれ・・・」


最後の最後に通信を行うと

ボゴンッツ!!!

ラミリーズの船体の中央部にある弾薬庫に引火しまばゆい光があふれ出し次の瞬間



zDSC02017.jpg

ドッグッワアアアアアーーーーーン!!!


真っ黒な黒煙を吐いて物凄い大爆発を起こして粉々に飛び散るラミリーズ


バトルロンドの筐体にラミリーズ撃沈のテロップが流れる。


メネシス級巡洋戦艦型MMS 「ラミリーズ」 SSクラス 撃沈


榎本「あが・・・・お、俺のラミリーズが・・・げ撃沈されたあァ!!!」




つづく




つづく
[ 2010/05/30 01:28 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

スパムメールの巻き 

zaDSC05934.jpg

マスターがかちかちとメールチェックしているといかがわしいスパムメールをハケーンした。


マスタ「むむむ!!!これは!?」


なんだかどこかで見たことのある顔の神姫が素っ裸の素体状態で誘っているような挑発的なポーズをしていた。


マスタ「ナデシコさん!?じゃなくて・・・これはどうやら同型の顔の神姫さんのようだ」


まじまじと画像を見る。

マスタ「こいつ、可愛いなあwww」

ちょっと気になってメールを開く。

zaDSC05939.jpg

内容はどうやらスパムメールのようだ。

はじめまして私の名前は武装神姫の「サクラ」と申します。

突然ですが私を買って下さい。

お値段は*****円です。


私はなんでもします。

私を*して下さい。
大勢で廻して下さい。
口をテープで塞ぎ、両手は手錠をして、足を押さえつけ、順番に全員に、朝まで*し続けてください。
私に出して頂いた**は全て飲みます。

恥かしい写真を沢山撮って下さい。
大事な所も顔もはっきり写った写真を撮って下さい。
プリントした写真を街中、ネットでばら撒いて下さい。
もちろん目線もモザイクも必要ありません。
写真の裏には私の名前を記載しておいて下さい。
雑誌やインターネットで顔出しで投稿して下さい。

恥かしくて堪らないこと、それが羞恥系M神姫として生きる私のいきがいです。

はぁ、おかしくなってしまいそうです・・・
誰か私を「おもちゃ」のようにもて遊んで下さい。

zaDSC05941.jpg


私は変態神姫です。毎日、多くの男の人に***されるのが快感でたまりません。


しばらく、名前もわからない男性の方に**処理奴隷として飼われていた為、うまく言葉がしゃべれませんが、きっとあなたを満足させてあげます。

武装神姫として責務を果たせなかったために無残にもご主人様にボロボロにされ、捨てられてしまったので、どうか淫乱な私を虐めて下さい。

精神年齢は20歳の家畜以下の変態神姫です

多くの男性の方々に、「この薄汚い売女が!」と、差別的に*され、調教されるのが生きがいです。


zaDSC05944.jpg

このメールを見て1週間以内に、私に買い手がいないと私はトカゲやカエルのようなケダモノに強制**されて***されて徹底的に***された後に
私のお腹に***を***して****した後にリセットされて***されます。

どうか、可哀想な私を助けて慰めてください。お礼はなんでもします。

zaDSC05942.jpg

武装神姫の生の声が聞けるよ♪




お、おねがいします・・・

どうか・・・助けてください・・・怖いです・・・誰か・・・私を・・・・・

私を・・助けてください・・・・


マスタ「・・・・・・・・・」


マスタはひとしきり読んだ後、そのメールを完全に消去した。


マスタ「最低だ・・・クソッタレ・・・」

こういうメールが毎日やまほど来ているが、このメールに載っている神姫たちは本当に実在しているのだろうか?

「演技」であること「芝居」であること「嘘」であって欲しいと思った。

そうじゃないと・・・そうじゃないと・・・


マスタ「・・・おやすみ・・・サクラ」




実際にあったことも、見たこともない、本当にいるのかどうかも妖しい神姫のために、架空の神姫のために


今、自分が出来るほんのささやかな日常にある言葉しか送るすべを私は他に知らない。



偽善でもなんでもいい、ただ・・・一言、ゆっくりと おやすみ しか言えない。

だから・・・


マスタ「ごめんな・・・サクラ・・」


実際にあったことも、見たこともない、本当にいるのかどうかも妖しい神姫のために、架空の神姫のために


俺は謝った。


プチン


俺はパソコンの画面を消した。



終わり


[ 2010/05/27 00:41 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(4)

直接協同偵察機型MMS  「ソニア・イコン」 

zDSC04427.jpg

直接協同偵察機型MMS  「ソニア・イコン」
型式:RKTN?13/CIN  直接協同偵察機型MMS

第3軍事開発局が開発した軽戦闘機タイプの万能戦闘神姫。
2030年代前半、バトルロンドでは拡大する様々な戦線の状況に対応して、前線の地上MMS部隊と緊密に協同しての偵察や観測および、要請があれば武装の機関銃や爆弾にて、地上攻撃(いわゆる近接航空支援)をも積極的に行う直接協同偵察機型MMS(直協機。戦術偵察機・近距離偵察機)の要求が高まっていた。
緩降下爆撃・急降下爆撃を考慮して、可変式の小型ウイングパイロンがあり各種小型爆弾などを搭載できた。
操縦性・低速安定性もよく、エンジン故障が少なく整備も容易だったため、使いやすい軽万能機として実戦向きのオーナーからは好評で、偵察、指揮、連絡、対地攻撃、対空戦闘、迎撃などの任務、さらには爆装した急降下爆撃機として活躍した。
多種多様な任務が可能であったが、どうしても小型のライトアーマー級神姫であるため防御・防弾能力が低く、エンジン出力も低いので武装もたいした武装が搭載できず、強力なエンジンを搭載した重戦闘機型MMSと戦闘する場合は苦戦することが多々あった。

zDSC04432.jpg

zDSC04434.jpg

zDSC04442.jpg

zDSC04443.jpg

腕部固定式0.5mm機関短銃 

腕部に固定式で搭載されている機関短銃
牽制やとっさの接近戦時の攻撃用に使用されている。小口径なのでたいした威力はないが、速射性に優れており使い勝手はよかった。

俗称として「豆鉄砲」

zDSC04437.jpg

zDSC04461.jpg

zDSC04467.jpg

zDSC04477.jpg



CMG-1 0.76mm軽機関銃 

重力バイポッド、インテリジェンスサイト、バーチカルフォアグリップを備えた軽機関銃。
0.76mm弾50発入りのドラムマガジンを装備、グリップ前のケースはカートキャッチャー

低反動で狙撃も出来る優秀な軽機関銃であったが、少々威力不足で重装甲の神姫を仕留めるには火力不足気味であった。
安定性に優れており狙撃も可能で、遠く離れた敵に命中弾を多数送り込むことも可能。


zDSC04453.jpg

zDSC04456.jpg

千鳥雲切

飛鳥型とほぼ同型のレーザーソード。


zDSC04463.jpg

三十六式航空爆弾 


軽爆撃用の小型爆弾。航空爆弾で急降下爆撃や水平爆撃に使用され小型ながらも高い攻撃力を持つ。


zDSC04472.jpg

主兵装

CMG-1 0.76mm軽機関銃 1挺 腕部固定式0.5mm機関短銃 1挺
三十六式航空爆弾 2発 千鳥雲切 1本


zDSC04485.jpg


zDSC04487.jpg

ホワイト・ライオンとシス子さんの素体にジャンクパーツを張り合わせて作成しました。
塗装は連邦軍カラーのハイザックグレー、デカールはソビエト機から強奪。


イメージとしてはなんでも出来るライトアーマー級の軽戦闘機と言った感じです。

遠距離中距離近距離にまんべんなく対応した武装と安定したスペックを持つバランスの取れた普通の神姫にしたつもりですが・・・

なんか武装にいまいち決め手となるような強力な武装がないので、分厚い装甲を持った神姫や強力な火器を持った神姫と相手するには少々不安が残ります。


とりあえず、シンプルにまとめてみました。


zDSC04491.jpg


コンセプトとしては飛鳥に近いかも知れません。
武装構成や設計思想も武装も似たような感じですが、若干、飛鳥よりも軽量で武装も軽い感じです。


画像で比較にしてみるとこんな感じ

今回はまた地味な改造神姫でしたが、いかかでしょう?

自分は色とか落ち着いた感じでまとまった武装になってだいぶお気に入りなんですがw
可動も髪の毛がロングなのであんまり激しい動きはできませんがそこそこ動きます。

顔もチョコさんの女神様と言われるだけあって可愛いしww


ではでは次回も改造神姫、お楽しみに!!

[ 2010/05/25 23:45 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(5)

終わりすぎて始まっている!!の巻き 

zDSC03083.jpg

マスター「ただいまー」

カノーネ「おかえりんこ」

マスター「ただいま・・・んこ・・・」


カノーネ「今日も遅いねー」

マスター「まあね、何してるの?」

カノーネ「ネットサーフィン」

マスター「脳みそ腐るぞ」

カノーネ「ミソなんて入ってねえよ」

マスター「さようでございますか」

カノーネ「毎日巡回しているんだけど、ネットて飽きないよね?」

マスター「お前さー普段、どんなサイト見てるの?」

カノーネ「気になる?」

マスター「教えろ」

カノーネ「ほい」

カノーネがずらーーーとリストを並べる。



ニュー速ク*リティ 日刊ス*ッドガイド ハ*スター速報 2ろぐ ア*ファルファモザイク VI*PERな俺 イ*フwwwうはwwwおkwww 
ワ*ノート 無*のドキュメント F速V*P(・ω・)y-? も*あげチャ?シュ? 暇*\(^o^)/速報  神*(´・ω・)VIP
ベ*速 ネ*なべ。(・ω・ノ)ノ  翠星石のギャ*ゲーブログ キ*速-KIRA☆SOKU- 痛い*ュース(ノ∀`)  ザ*ーガ
わ*てか速報 オ*タあんてな\(^o^)/

などなど


マスター「2ちゃんまとめ系ブログと画像サイトばっかりじゃねえか!!」

カノーネ「一瞬で分かったマスターも相当あれだよな・・・・」

マスター「しかしまあ、なんとも・・・他にもいろいろ見ているんだろう?」

カノーネ「まあな・・・」

マスター「画像まとめとか・・・エロしかないだろ」

カノーネ「武装神姫のエロ画像まとめとか、ガチレズ画像や百合画像とか見ていて楽しい。後はバトルロンドでのネタ画像とかMADとか?」

マスター「濃いなあ・・・」

カノーネ「バトルロンドの動画を見ているだけで一日つぶれるよ」

マスター「ネットにうpする奴多そうだな・・・」

カノーネ「偵察機型MMSは覗きや盗撮が趣味の変態神姫ばっかりだからバトルロンド中にこっそり百合行為している神姫やレズってる神姫の隠し撮りとかしてるよ」

マスター「病気じゃん」

カノーネ「盗撮するためだけに、ステルス能力を限界まで高め、光学迷彩を搭載した最新式の偵察型神姫が半端ない」

マスター「終わってるな・・・」

カノーネ「武装神姫は終わりすぎて始まっている」

マスター「威張って言うな!!」


終わり
[ 2010/05/25 00:55 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

武装神姫 フィギュア劇場 253 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01998.jpg

ヴァイオラとラミリーズが急速接近する。

ヴァイオラはラミリーズの顔をふと見た。

zDSC02000.jpg

怯えきったか弱い女の子の表情がそこにあった。

ラミリーズ「あ・・・ああ・・・」

ラミリーズは何か言葉にもならない言葉を発する。

zDSC02001.jpg

ドキャン!!!!!


巨大な戦艦型神姫同士が衝突する。

バリバリと何かが引き裂かれるような音が響き、バチバチと火花が散る。

zDSC02003.jpg

ドバアアーーーン!!

ヴァイオラに衝突され真横に転覆するラミリーズ

ラミリーズ「きゃあああ!!」

榎本「ラミリーズ!!」

大山「ヴァイオラ!!!そいつを押しつぶせ!!!」

ヴァイオラ「え?」

zDSC02005.jpg

大山「そいつをのしかかって押し潰すんだよ!!沈めろぉ!!!ヴァイオラ!!!」


ヴァイオラ「あ、アイアイサーー!!!!!」


はっと我に帰り転覆したラミリーズを押しつぶすヴァイオラ。


ベキベキベキベキ・・・メキメキィ!!
グワン、ココン・・・ブチブチイ!!

ヴァイオラはラミリーズの上にのしかかり押しつぶす。


ラミリーズ「ッーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
ガハッ!!うぎい・・・・・・・・・・ひぎゅ・・・・いぐうう・・・あ・・・あ・・・・・あああああああ・・
ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

ラミリーズの絶叫がバトルロンド中に響き渡る。


ラミリーズ「ぇーっ…ヒイイイィーイッ…ま、マスターァ助けて…助けて…痛いーっ」

全身の艦骨格をバキバキに破壊されていたラミリーズの口から、恐ろしい絶叫がほとばしる。

zDSC02006.jpg


ゴキン ブチイ


ラミリーズ「うぐッ!?」

ラミリーズの中央ブロックの砲塔がちぎれ飛ぶと同時に

ガリガリガリガリ!!

装甲をずるりと削り取られ、ラミリーズの目がくるんと反転し白目を剥くと苦痛と恐怖にほとんど発狂寸前になり、
再び、絶叫する。

ラミリーズ「ぎゃあああああああああああああああああああっーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」


バキバキ!!メキイ!!!
船体がつぶれ竜骨の砕ける恐ろしい音と、神姫の可愛いい顔に似合わない獣地味た絶叫があたりの空気を震わせる。

ヴァイオラ「はあはあはあはあ・・・くう・・・は・・・うおぷ・・・」


ヴァイオラは自分の体の下でグチャグチャに押しつぶされ腹の底から響くケダモノのような声で泣き叫ぶラミリーズの声を聞き、吐きそうになる。

大山「ヴァイオラ!!ヴァイオラ!!!」

ヴァイオラ「う・・・は、はい!!はい!!!マスター!!な、なんでしょうか!!”」


大山「何をしている!!!さっさとトドメを指せェ!!撃沈しろぉ!!!」

ラミリーズ「ぎゃあああああああああああーーーあーーーーーあああーーーあああああああああああーーー」

ヴァイオラ「し、しかし・・・わ・・・私は・・・」


ヴァイオラは絶叫するラミリーズの声とつぶれる音で気が変になりそうだった。

一瞬躊躇する。

ほんの一瞬、あまりの惨劇に目をそらす。

zDSC02007.jpg


大山はすっかり気落とされビビッているヴァイオラに渇を入れる。


大山「アホか!!!!!!!!このバカやろう!!!敵に情けをかけるなァ!!!!!!!!!

殺せ!!!!!!!!でないと貴様が殺されるぞ!!!!!!」

ゴコン・・・

何かがゆっくりと回転する音が響く。

ヴァイオラ「あ・・・」


ヴァイオラは再び、ラミリーズに視線を戻すとぴたりとラミリーズの6門の後部主砲の砲身が自分に向けてまっすぐと向けられていることに気が付いた。

ラミリーズは口からヨダレを垂らし糸を引いていたが、その目は恐ろしく冷たく鋭いあからさまな殺意を持っていた。

ラミリーズ「・・・死ね」


ヴァイオラ「・・・・・・・・・」

真っ青にさーーーと血の気が引くヴァイオラ


孫子の兵法に
中途半端に、情けをかけて失敗することを、『宋襄の仁』と言う。
『宋襄の仁』とは、敵に情けをかけて、絶好の機会を逃し、大敗を喫してしまった故事のことだ。


なぜか、ヴァイオラの頭の中にその古臭い兵法が思い出された。




つづく
[ 2010/05/23 15:59 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 252 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01984.jpg

エンプレスとラミリーズが激しい砲撃をヴァイオラに加える。

zDSC01987.jpg

互いに強力な重レーザー砲を撃ち合う砲撃戦闘。


zDSC01989.jpg

ヴァイオラに次々にレーザー砲弾が命中するが、電磁シールドに中和され決定的なダメージを与えることが出来ない。

大山「機関出力最大!エネルギーを全部、シールドに回せ!」

ヴァイオラ「し、しかしそれでは主砲のエネルギーが足りません!!弱装弾しか撃てなくなります!!」

大山「うちらの仕事は戦艦を沈めることやない!あくまで囮の時間稼ぎや!!ここは耐えるしかないんや」



エンプレス「命中!!!命中!!」

榎本「しかし命中しとるが・・・ダメージは与えられているのか?」

ラミリーズ「今、奴の電磁シールドヲメタメタに叩き割っているところです!
奴は現在、エネルギー配分を防御に集中しアップアップしていることです!!!あと2、3分もすれば奴のジェネレーターは悲鳴を上げて熱処理が追いつかなくなって停止しますよ!」

エンプレス「絶対防御能力・・・電磁シールドはたしかに絶大な防御力を誇るシールドですが、それにも限界がある!!
戦艦級の重レーザー砲の集中砲火を浴びればすぐに禿げますよ!!」

古賀「頼もしいな」

zDSC01990.jpg

バカゴギン!!ズガッガッガン!!!

ヴァイオラの電磁シールドの威力が弱まり次々に船体に命中する。

ヴァイオラ「ぐあああ!被弾、被弾しました。損害報告!!!

「左舷中央部に被弾」「右舷艦尾機関部に損傷」「前部センサー破壊」

大山「ぐううう、己ェ!!反撃だ!!撃て!!撃てェ!!」

zDSC01993.jpg

ドドッドンドオオン!!

ヴァイオラが反撃するが・・・

zDSC01994.jpg

ズガッガッガガッツ!!!


ヴァイオラ「きゃあ!!」

レパルス、ラミリーズ、エンプレスの3隻同時の一斉集中砲撃。

レーザー砲弾を一度に36発も喰らい、一瞬あたりが青白い光で包まれる。

大山「ヴァイオラ!!」

zDSC01995.jpg

ズボン!!!


ヴァイオラの機関部からもくもくと黒煙が上がる。

ヴァイオラ「ごほごほ・・・損害報告・・・主機関出力低下、速度落ちます・・・エンジンブロックにて火災発生!!
バッテリー損傷!!継続戦闘時間・・15分を切りました・・・・」


大山「ぐっ!!消火装置発動!!!火を消せェ!」

ヴァイオラ「消火装置損害有り!火災を消せません・・・・・」

大山「冷却装置を作動させ被害を最小限に食い止めろ!!砲撃だ!!撃て!!」

ヴァイオラ「了解!!ファイヤー!!」


ズドドドドン!!!


大山「さ、さすがに戦艦型神姫を一度に3隻相手にするのはきついなあ・・戦闘が始まってわずか5分でこの有様か・・・」

ヴァイオラ「覚悟の上です!!マスター!!!命令を!!!」

大山「よし!!!取り舵!!このまま速力を落とさず突撃しろ!!」

ヴァイオラ「!!特攻ですか!?」


大山「アホ!!そんなことすか!行きがけの駄賃や!!右舷前方のメネシス級にぶつけてやれ!!!
体当りで沈めてやれ!」

ヴァイオラ「は、はい!!」


めちゃくちゃだ、すでに戦法でもなんでもない!これじゃあ殴りあいの喧嘩だ。

まともな戦艦のすることじゃない



zDSC01996.jpg


ラミリーズ「!!!!!!て、敵艦進路急速変更!!ま、まっすぐこっちに突っ込んできますゥ!!!」

榎本「な、なにい!」

ラミリーズ「く、クレイジー!!奴はカミカゼをするつもりだ!!!!!」

榎本「て、転舵ー緊急回避!!ぶ、ぶつかるぞ!!!」


zDSC01997.jpg

ズゴゴゴゴゴゴゴ


ネメシス級巡洋戦艦型神姫「ラミリーズ」は、戦艦型神姫の中でも速度と攻撃力を重視した設計であるため軽量で重量も軽い

一方、ヴィクター級重装甲戦艦型神姫「ヴァイオラ」は、重装甲と防御力に重点した大型戦艦である。


重量の差は約2倍近い差があった・・・・

ヴァイオラ「はああああ!!!」

ラミリーズ「うおおおおお!!!?ぶ、ぶつかる!!」

ヴィーーーヴィーーーーー

サイレンを鳴らし、衝突警報が頭の中でガンガン鳴り響く。


ズゴゴゴゴゴ・・・急接近する2隻


[ 2010/05/23 15:05 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

カタリナ社今後の改造神姫開発計画ラインナップ  

カタリナ社の今後の新型神姫開発計画を発表しますーー

テンプレになりつつありますが、一応  注意しときますね

いまさらですが、このブログで紹介している改造神姫のほとんどは、ガチの戦闘を想定した神姫がメインです。


現実の兵器や武器をモチーフとしたミリタリー系の神姫や、宗教や神話、おとぎ話に登場する存在をモチーフとしたり、さまざまですが、どの神姫も戦闘を想定して武装や装甲、運用方法を設定しています。

そのため極端に重武装であったり戦闘方法が残虐になったりしますが、ご了承ください。

普通の神姫や可愛い神姫や萌える神姫の設定が好きなオーナーさんは、このブログを見る際はご注意ください。
このブログには、超重武装の神姫や他の神姫を襲うイーリガル神姫や戦闘行為しか想定していない戦闘神姫、醜悪な姿、運用をする神姫が存在します。


第1軍事部開発計画


新型可変多目的戦闘機型MMS開発計画 必要コスト 5000

可変能力を有する次期主力機、新型戦闘機型神姫を開発
格闘戦闘を重視 武装は多目的 装甲を重視 戦闘爆撃を主とする。

新型可変艦上爆撃機型MMS開発計画 必要コスト 5000


可変能力を有する次期主力機、新型爆撃機型神姫を開発
航空母艦型MMSの艦載機となる航空MMSを開発目的とする。


第2軍事部開発計画 

重火力兵型MMS開発計画 必要コスト 6000

榴弾砲を搭載した火力支援型MMSの開発を行う。
既存のMMSを流用し開発を行う。


第3軍事部開発計画

大型ステルス爆撃機型MMS開発計画 必要コスト 20000

かねてより進めていたステルス能力を持ち大搭載能力を有する大型爆撃機を開発する。
政治的な配慮により搭載する爆弾は「通常ではない」特殊弾頭を使用する。

大型超音速ステルス戦闘機型MMS開発計画 必要コスト 10000

ブラック・ウイドーの上位機種となる大型のステルス超音速機を開発予定。現存する武装神姫の中でもっとも最速を誇る巡航性能を目指す。

直接協同偵察機型MMS開発計画 必要コスト 4000

前線の地上MMS部隊と緊密に協同しての偵察や観測および、要請があれば武装の機関銃や爆弾にて、地上攻撃(いわゆる近接航空支援)をも積極的に行う軽万能MMSを開発する。


第4軍事部開発計画 

装甲列車型MMS強化計画 必要コスト  20000

装甲列車型MMS「グレート・フォート」の武装強化案を行う。
追加兵装備として、武装神姫至上最大級の超大型砲「レオパルド 20mm列車砲」を搭載させる。
また戦略長距離巡航ミサイル発射砲台を搭載させる。


陸上戦艦型MMS開発計画 必要コスト 20000

全長600mm級のホバー装甲による陸上戦艦を開発予定、移動司令部的な運用を検討。
主兵装備は2連装の大型砲塔を6門 大型粒子砲を搭載、各部に対空機銃および対空ミサイルなどを搭載。
また艦内に格納庫を取り付け複数のMMSを収納可能。

zDSC02641.jpg


機動要塞型MMS 開発計画 必要コスト 10000

超長距離大型機動MMS機開発計画「B計画」を発足、大量の武装を搭載して飛ぶことができる大型機動MMSを数種作る計画で、拠点フィールド攻略、長距離侵攻を想定していた。第5軍事開発局から得られた戦艦型神姫や大型神姫などの種々のデータや、運用をもとに設計製作する。

現在最終試験中であるが、接続ブロックの強度不足により空中分解し破壊した。
再度、強度計算をしなおし年内中に必ず完成させる。

zDSC01666.jpg


第5軍事部開発計画

超弩級戦艦型MMS開発計画 必要コスト 20000

世界最強の戦闘能力を持つ、文字通り最強の超大型戦艦型神姫を開発する。1200mm級大型戦艦を建造予定。

潜水艦隊整備計画 必要コスト 20000

リーヴェ・エニ級に相当する500mm級の大型潜水艦を多数建造予定。

大型航空母艦型MMS開発計画 必要コスト 100000

全長1500mm級の大型航空母艦型神姫を建造予定、搭載可能神姫数は50機ほどで機動艦隊の旗艦として運用、搭載能力に優れた移動要塞的な巨大神姫を建造予定。


第6軍事部開発計画

艦上戦闘機型MMS開発計画 必要コスト 6000

航空母艦型MMSに搭載し運用することを前提とした万能戦闘機型MMSを開発する。







とまあ・・・・・こんな感じです。

実際に完成するかしないかは、分かりません。

まあ、気長におまちくだしあ


ではではー







[ 2010/05/22 19:39 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(6)

武装神姫変態で画像でググッて見て!!の巻き その2 

DSC04840.jpg

武装神姫変態

約 19,800 件 (0.04 秒)

DSC04841.jpg

大飯喰らいの変態神姫

zaDSC00831.jpg


ナデシコ「どうしてこうなった・・・」



セイヴァー「大飯喰らいの変態神姫・・・・・・・・」


カノーネ「2039年の1月ごろの話だな・・・これって」

zaDSC00834.jpg

セイヴァー「あはっははははははっははは・・・・・これはきっと何かの冗談ですね」

ナデシコ「どうしてこうなった・・・」


マスタ「ナデシコとセイヴァーが・・・変態神姫でトップってマジかよ・・・」

zaDSC00835.jpg

セイヴァー「シャロン!!!!あなたのせいですね!!」

シャロン「えええ?ちょ、なんで?」

セイヴァー「あなたがGoogleのメインコンピュータにハッキングしてこんなデータに改ざんしたに決まっています!!
そうでなければ絶対に変です!!!」

シャロン「ちょ・・・天下のGoogleのメインコンピュータにハッキングって・・・そんなことできるわけないでしょ!」

zaDSC00837.jpg

カノーネ「さ、さすがにそれはないだろ・・・」

マスタ「Googleにハッキングといえば、今から30年前の2010年に中国がハッキングしてたのが有名だなww」

カノーネ「もしシャロンがそれできるくらいの電子戦闘に特化したスーパーハッカーだったらマジすごいわ」

シャロン「だから違うんですってば!!」

ナデシコ「・・・・・・・なあ・・・これって画像変えれないのかな?」

zaDSC00839.jpg

カノーネ「ムリだろ・・・・」


ナデシコ「そうか・・・・」


セイヴァー「シャロン!!!元に戻してよ!!!」

シャロン「だからー私がやったんじゃないんですって!!」

zaDSC00841.jpg

カノーネ「武装神姫変態のトップはお前って出てるぞ」

ナデシコ「・・・・・・・まじか・・・」


カノーネ「変態武装神姫って検索するとやっぱりお前だ」

ナデシコ「・・・・・まじで?」

カノーネ「まじで」

ナデシコ「なんかお前だけなんもなくて腹立つな・・・」

カノーネ「ふひひひ、サーセン♪↑↓ー」


ナデシコ「・・・・」


カノーネ「しっかし、武装神姫の変態に君臨するのが、まさかお前だったとは知らなかったよ!2ちゃんで言いふらしまくって不動の位置にしてやるよwwww」

ナデシコ「おい、カノーネ」

セイヴァー「シャロンは魔法が使える魔道士型神姫なんでしょ?魔法使って早く私の画像消してよ」

シャロン「ま、魔法使えますけど・・・そんなのムリですよー」

セイヴァー「役に立たないなァ・・・・」


シャロン「ひどい」

zaDSC00842.jpg

ナデシコ「年喰った武装神姫で画像検索して見ろよ・・・」

カノーネ「・・・・・・・・・なんだって?ナデシコ」

ナデシコ「いいからやれよ。ググレや」

カノーネ「・・・・・・・」

マスタ「ググッてみるね」


シャロン「機嫌直してよーセイヴァー」

セイヴァー「ひどいよ!!こんなの!!私は変態神姫なんかじゃない!」


zaDSC00843.jpg

マスタ「年喰った武装神姫で画像検索すると・・・」

ナデシコ「いでででで!!」

カノーネ「このヤロウ!!!余計なことッツ!!しやがって!!!」

ナデシコ「いててて!!」

カノーネがナデシコの頭にヘッドロックを仕掛ける。


セイヴァー「画像消さないと許さないからね!!」

シャロン「いやいや、ちょっとまってくださいよー」


zaDSC00845.jpg


マスタ「年喰った武装神姫で画像検索すると・・・カノーネがトップに出てきたよ」


カノーネ「ナデシコ、テメー殺してやる」

ナデシコ「へっへへ、道連れじゃあ!!」


シャロン「へ?何々?」

セイヴァー「どうしたの?」


カノーネ「な・・・なんでもねええよ!!!!!」


zaDSC00846.jpg


ナデシコ「うええええええーーーい!!みーーーーんーーーなーー聞いてくれェーー」


カノーネ「おいやめろ」

シャロン「ナデシコが壊れた」

セイヴァー「いつものことですがね」


マスタ「これは酷い」

zaDSC00847.jpg

ナデシコ「年喰った武装神姫で画像検索すると!!なんと!!我が家のカノーネさまがトップに君臨なされた!!

武装神姫で一番年喰ってるババア神姫は!!なーーんーーと!!カノーネさm・・」


カノーネが太ももに装備している拳銃をさっと抜き、かちりと安全装置をはずす。


カノーネ「もう・・・この変態神姫を射殺してもいいよね?」


シャロン「ひいいい!!!」

セイヴァー「ぬ、抜いたァ!!」

zaDSC00848.jpg

カノーネ「最後に何か言いたいことがあるか?」


ナデシコ「ババア無理すんなwwwwwwwうェうェwwww」

カノーネ「殺す」

マスタ「ちょ、待て!!やめろって2人とも!」


zaDSC00849.jpg

シャロン「あわっわっわ!!!だ、ダメですよーーーー!!!喧嘩は!!」

カノーネ「喧嘩じゃない、この変態神姫を殺すだけだ」

ナデシコ「だからババア無理すんなってwwwお前に俺がヤレルのかよ・・・・・・」

カノーネ「試してみるか?あ?」

セイヴァー「か、カノーネ!!だめだって銃を下ろして!」

マスタ「変態神姫にババア神姫か・・・我が家の神姫はみんな個性的でうれしいなァ(泣)」


zaDSC00851.jpg

セイヴァー「お、落ち着いてどうどう」

カノーネ「そこをどけ、セイヴァー・・・あのバカシコを射殺させろ」

シャロン「ナデシコさんもね、大人になって・・・」

ナデシコ「うるせーこのバカ!!だいたいお前がだな!余計なことするから!」

マスタ「なんていうかもういろんな意味で終わってるね・・・」

zaDSC00854.jpg

ナデシコ「とりあえずだ!!俺が言いたいのはだな・・・」

カノーネ「ネットの情報とかウソばっかり」

セイヴァー「それに惑わされてはいけないということです!!!」



シャロン「うわーーーこの人たち、うまく言った気になってるよー見てくださいよーーこのドヤ顔」

カノーネ「うるせーよ!この魔女め!!!」

ナデシコ「少し黙ろうなシャロン・・・な?」

セイヴァー「今度、何かふざけたこと言ったら斬り捨てましょうか?」

シャロン「ゴメンなさい、許して」


マスタ「まあ、なんにせよあながち間違ってもないが誇張されていることは確かだということだ」


ナデシコ「おい!!!Google!!!嘘ばっかりの画像検索すんな!!」

カノーネ「なんで私が年喰った神姫で一番なんだよ!」

セイヴァー「ひどいです!!大飯喰らいの変態神姫なんて・・・」


シャロン「・・・・・・・・・・でもこの検索で挙がった理由って・・・全部ナデシコさんの発言でヒットしてr・・・・」










魔道士型MMS 「シャロン」 Bクラス 撃破




マスタ「口は災いの元ってことで・・・お後がよろしいようで・・・・」






終わり






[ 2010/05/22 00:50 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

武装神姫変態で画像でググッて見て!!の巻き その1 

zaDSC00822.jpg

マスタ「武装神姫で変態なのは誰かって?」

シャロン「そうそう!!グーグルで画像検索したら衝撃の結果が・・・うひひひひ♪」

zaDSC00823.jpg

カノーネ「武装神姫で変態って・・・嫌だなァ・・・仮にも乙女だぜ」

セイヴァー「そうですね、生き恥を晒すようなものですね」

zaDSC00824.jpg

マスタ「Googleは人類が使う全ての情報を集め整理すると言う壮大な目的をもって設立された。独自開発したプログラムが、世界中のウェブサイトを巡回して情報を集め、検索用の索引を作り続けている。
世界最大の検索エンジンだろ?それに一番で『武装神姫変態』で画像で載る神姫ってのはつまり・・・・」


ナデシコ「武装神姫の中で一番変態ってことだな!!!」

マスタ「お・・・終わってるな、本格的に・・・」

セイヴァー「かわいそうですよ・・・そんな晒し者みたいな神姫を見るのは心が痛みます・・・」

マスタ「しかし、気になるなw武装神姫で変態って・・・ちょっと気になる」

ナデシコ「どんな面した神姫か、拝みたくなったぜ」

セイヴァー「かわいそうですよ・・・でも私も気になりますね」

カノーネ「世界中に変態ってことが知れ渡るのか・・・リセットよりも辛い拷問だな」

シャロン「・・・ぷっ・・・くっくっく・・くふふ、こ、これはまずいですゥ♪」

ナデシコ「気持ち悪いぞシャロン・・さっきから」

シャロン「さーせん、ナデシコさん・・・ぶふふふ」



zaDSC00825.jpg


シャロン「くひ・・うひひひひ!!ぶふふ・・・まあまあ!!まずは検索して見てよ・・・これ・・・



ナデシコ「どれどれ?」

カノーネ「ぐぐって見ると・・・・」

セイヴァー「『武装神姫変態』画像検索・・・っと」


カチカチ

トップに画像が表示される。



zaDSC00830.jpg

ナデシコ「・・・」

セイヴァー「・・・」

沈黙するナデシコとセイヴァー


zaDSC00828.jpg

シャロン「というわけだったのさ・・・・」


カノーネ「は?」

マスタ「まじっで!?」



つづく
[ 2010/05/21 00:27 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

けいおん!!の巻き その2 

zaDSC01232.jpg


永遠にループする
サイズ だうんうあっぷだうんあっぷう
でも気分いつでも
あっぷああっぷあっぷう あっぷう
集まるだけで笑えるなんて
歌うだけで幸せなんて
…かなり地球に優しいエコじゃん!!!!


マスタ「なあなあ、もしオマエラでバンドやるなら何やりたい?」

シャロン「私、ベースやりたい」

ナデシコ「ケツドラム」

カノーネ「ボード」

セイヴァー「ギター」


マスタ「おおおーーーなんか的確な配役だな!」

シャロン「ハルヒの『God knows...』とかで長門みたいにベース弾いてみたい」

マスタ「なにそれ、魔法使いの服してるから対抗したいの?マネしたいの?」

シャロン「ちがうよーーー純粋に好きなだけ」

ナデシコ「おれ、マキシマムホルモンの曲、思いっきり歌いたいなあ・・・」

カノーネ「いいねー俺も好きだw『絶望ビリー』とか『恋のメガラバ』とか」

ナデシコ「やっぱ『延髄突き割る』だな」

マスタ「今度、みんなでカラオケ行こうか?」

ナデシコ「おおーいいねーー!!」

zaDSC01236.jpg

Jumping Now
ガチでウルワシ Never Ending Girl's Life
日々マジ ライブだし待ったなし
早起きしても早寝はNon Non Non!
目一杯Shouting ワッショイ
ガチでスバラシ Never Ending Girl's Song
午後ティータイムには持ってこい
片想いでも玉砕でHere We Go!
歌えばShining After School

セイヴァー「私、あれ歌いたい!!」

ナデシコ「あれってなんだよ」

セイヴァー「THIS ILLUSION!」

シャロン「あーそれ私も歌いたい」

カノーネ「ちょwwwおまwwそれってフェイトwww」

ナデシコ「マスターは何歌うんだよ?」

マスタ「やっぱエヴァの『魂のルフラン』とか『創世のアクエリオン』とかあのあたりの古いアニメが・・・」

カノーネ「古いなあwww」

ナデシコ「出てくる歌がみんな古いwww」

zaDSC01240.jpg


So
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & Shine
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & shine
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & shine
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & shine
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & shine
Shining Shiner Shinyest
Girls be ambitious & shine


マスタ「やっぱりアニソンが好き?」

ナデシコ「俺、ハードコア・パンクとかロックとか好きだぜ」

カノーネ「テクノとかハウス系が俺は好きだ」

マスタ「だろうなあ・・・お前らは」

セイヴァー「私、アニメソング大好き!!」

シャロン「私、けっこうワールド・ミュージックとか好きwロシア民謡とか」

マスタ「けっこう音楽聞くの?」

zaDSC01243.jpg

シャロン「音楽けっこう聞くよー」

ナデシコ「作業用BGMでいつも脳内で流してるぜ」

マスタ「作業用BGMってナデシコ、作業ってなんだよwww」

ナデシコ「バトルロンド中とか、しょっちゅう流してやってるけど?」

マスタ「派ああああああああ!!!!!!!!?お前!!バトル中に脳内でBGM流して戦ってるの?!!マジで!?」

ナデシコ「なんだよ、知らなかったのか?」

カノーネ「ごめん、俺もそれたまにやるwwゲームのBGM流すのは基本だよなw」

セイヴァー「えええーーバトルに集中できるんですか?」

ナデシコ「ものをシラネェなあーセイヴァー、舞の精神だよ」

セイヴァー「舞?」

シャロン「舞って伝統芸能の舞のこと?」

ナデシコ「そんな高尚なものじゃねえが・・・流れに乗るんだよ、口じゃあ説明できねえな・・・今度、バトルロンドするときに戦っているときの俺の脳内BGMを聞かせてやる
『神楽』ってものじゃねえが・・・魅せてやるよ、俺の『武舞』をさ」

カノーネ「何が『神楽』だーこのお調子者が!こいつのはあてになんねえぞーとにかくバトル中にハードコアかけるなwww吹くわ」

セイヴァー「ハードコア!?」

マスタ「あーなんとなくお前の戦い方見てたら想像ついたわ・・・たまにモノごっついテンションで相手をボコボコにしてるときがスイッチはいってんだな・・・・」

ナデシコ「戦艦型神姫の弾幕をかわすときとか、猛烈な畳み掛けるようなラッシュかけるときにハードコアだ!
バリバリにエンジン吹かして、やるんだよ!やばいぜ!あの感覚は・・・」

カノーネ「こいつ、絶対おかしいぜ」

シャロン・セイヴァー「知ってる」

ナデシコ「おい!」

マスタ「ぶはっははwww」


終わり


[ 2010/05/19 23:47 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

けいおん!!の巻き その1 

zaDSC01217.jpg


マスター「ただいま・・」

ズガッガガズガガガアーガーン ズガガガガガーガーン

どこかで聞いたフレーズ

Chatting Now

ガチでガチムチ Never Ending Girl's Talk

終業チャイムまで待てない

ちこくはしても早漏はNon Non Non!

精一杯Study After School


空耳

zaDSC01220.jpg

ナデシコ「お帰りー」

マスター「なにこれ・・・」

カノーネ「けいおん」

マスター「なんでみんなで見てるの?」

シャロン「暇だから」

セイヴァー「うい」

zaDSC01222.jpg

ドキドキが止まんない フルスロットルな脳内
希望・欲望・煩悩 リボンかけて放送
ネタどっさり持ち寄り New Type Version打ち込み
男子キセイのプリチョ 恋綴ったニキチョウ

スカート丈2cm 詰めたら跳ぶよ
昨日より遠く おとといよりオクターブ高く

空耳

シャロン「澪ちゃんマジ可愛い」

ナデシコ「俺は律派」

カノーネ「ムギ派取った!」

セイヴァー「じゃあ唯派で・・・・」

マスタ「じゃあボクは・・・」

シャロン「憂とかいうの禁止ね」

マスタ「あずにゃんが可愛いと思います」

zaDSC01223.jpg

Jumping Now
ガチでウチワシ Never Ending Girl's Life
日々マジ ライブだし待ったなし
早起きしてもハツエはNon Non Non!
目一杯Shouting ワッショイ
ガチでスバシー Never Ending Girl's Song
午後ティータイムには持ってこい
片想いでも玉砕でHere We Go!
歌えばShining After School

空耳

ナデシコ「あのゴキブリ頭か・・・」

マスタ「ゴキブリとか言うな!どっちかというとニャンニャンの猫ちゃんのほうだろ」

シャロン「にゃんにゃんにゃんーにーはおにゃんー」

カノーネ「ごーじゃすでりしゃすーでかるちゃあー」

セイヴァー「マクロスFのランカちゃんですねー」

zaDSC01224.jpg

ふわふわ生きてるせい? 事件ばっかしエブリデイ
微分積分は追試 当分恋愛は中止
二時限目には鳴くよ 四次元だし胃袋
ヤバ、ついに限界超(ちょう) ウェイト書いたマル秘帳

前髪3mm 切ったら見えた
答案真っ白でも 未来がバラ色ならよくね?


マスタ「あずにゃんみたいな神姫いたらどうしようかな♪」

ナデシコ「斬る」

カノーネ「撃つ」

マスタ「お前らひどいなあ」

セイヴァー「セイバーとあずにゃん・・・どっちが人気?」

シャロン「せ、セイヴァーちゃん・・・」


マスタ「ぐぐった検索数でいくと・・・あずにゃん 約 725,000 件 セイバー 約 3,980,000 件
セイバー圧勝じゃねえか!!」

ナデシコ「それ戦闘機のセイバーとか刀のセイバーとかも入るんじゃね?」

マスタ「あ・・・」

カノーネ「あとはセイバーと言ったら種死のガンダムとか?」

シャロン「種死?種型神姫の死亡ですか?」

カノーネ「タネデスだよ!」

シャロン「タネデス!?なにそれ?」

マスタ「うむむむ・・・やっぱりセイバーの方が人気じゃないのか?多分」

セイバー「わーい」


つづく




[ 2010/05/19 00:35 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

疲れたよ・・・・の巻き 

zDSC02872.jpg

マスター「ただいま・・・」


カノーネ「お帰り」


マスター「ご飯は?」

カノーネ「冷蔵庫の中と電子レンジの中に入ってる」

マスター「・・・疲れたよ・・・」

カノーネ「そうか」

マスター「・・・・・・なあ、カノーネ・・・」

カノーネ「なんだ?」

マスター「・・・いや、なんでもない」

カノーネ「そうか」

マスター「・・・・・・」

カノーネ「・・・・・・」

マスター「先にお風呂入ってくる」

カノーネ「うん」

マスター「はあ・・・」

カノーネ「疲れた?」

マスター「うん・・・疲れた」

カノーネ「今日はもう早く寝ろ」

マスター「うん・・みんなは?・・・」

カノーネ「もう寝たよ」

マスター「そうかーカノーネは寝ないの?」

カノーネ「マスターが寝てから寝るよ」

マスター「そうか・・・悪いな」

カノーネ「気にすんな」

マスター「はーー、お前も俺みたいな普通のうだつの上がらないサラリーマンのオーナーについてあれだろ?なんかいろいろ嫌だろう?」

カノーネ「そんなことないさ、なんでも普通に暮らすことが一番大変さ」

マスター「うん・・・」

カノーネ「まあ、いろいろ大変だとは思うけどさー大丈夫だと思うよ」

マスター「フロはいってくるな・・」

カノーネ「ああ」

マスター「なあ・・・さっき言いかけたことだけどさ・・明日はいいことあるかな?」

カノーネ「シラネーヨ」

マスター「だよなーーーー」

カノーネ「愚痴ってもしょうがねえだろ」

マスター「そりゃ分かってるけどさー」

カノーネ「結局どうしたいの?」

マスター「平和にのんびり何かに追われずに過ごしたい・・・」

カノーネ「切実な願いすぎて同情するよ・・・」

マスター「はーーー」

カノーネ「・・・・・・・・・・」

マスター「・・・・・・ふう・・」



終わり

[ 2010/05/18 00:50 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 251 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01968.jpg

レパルス「エンプレス、ラミリーズ!反転しつつヴァイオラに艦砲射撃を加えるぞ」

エンプレス「了解」
ラミリーズ「分かった」


zDSC01969.jpg

レパルス「よし!転進!」

zDSC01970.jpg


ザザザザ・・・


いっせいに転舵を行う三隻

古賀「まさかこんなことになるとは・・」
榎本「ヴァイオラ!急速接近!」

zDSC01974.jpg


南雲「リアス!状況を報告しろ」

リアス「はっ!現在、機関出力70%を維持しています。火災はだいぶ収まりましたが、各ブロックで浸水が起きており現在排水作業中・・・甲板に生き残りのウェル部隊を集めて復旧作業中です」

南雲「そうか、沈没はなんとか免れそうなのか・・・」

zDSC01975.jpg


レパルス「ひどいありさまだな・・・」

古賀「たった一度の攻撃でここまで損壊させるとは、死灰おそるべし!」

ラミリーズ「レーダーにヴァイオラの艦影を捕らえた!」

エンプレス「ヴァイオラ捕捉!!砲撃する!!」

榎本「リアスの敵討ちだ!!撃沈しろ!!」


zDSC01976.jpg

巡洋戦艦部隊は迫りくるヴァイオラを電探で捕捉、4隻の戦艦型神姫を楯に守りを固めていた。

リアスの撤退準備完了、それまでなんとしてでも持ちこたえ、空母を守り抜く意気込みである。

エンプレス「ヴァイオラ、同行戦に入ります。距離5千!諸元入力完了!20秒後最適」

古賀「よし、適時に発射!ラミリーズ援護せよ!」

ラミリーズ「撃て!ファイヤ!」

zDSC01978.jpg

約10秒おきに発射される2艦合計32発のレーザー砲弾が敵艦隊に向けて打ち出される。

ヴァイオラ「敵戦艦艦隊、星弾発射!」

レパルスら巡洋戦艦MMS艦隊はその青白い光の中に姿があらわになる。

zDSC01980.jpg


ラミリーズ「ヴァイオラ、射撃開始!」

闇の彼方にいくつもの青色の閃光がほとばしる。

20秒後、敵弾が飛来するが、まだ距離はある。

しかし着弾のたびに水柱は確実に両艦に近づきつつあった。


zDSC01982.jpg

大山「撃ち返せッ!!ファイヤ」

ヴェイオラ「ファイヤ!」

zDSC01983.jpg


ジリリリリリリ

砲撃開始のベルが鳴る。

レパルスが回線を開く。

レパルス「目標、敵大型重装甲戦艦型MMS『ヴァイオラ』!!再度!砲撃開始ッツ!!!!」


ゴコン、ゴコン

レパルス「撃ッテェーーーー!!!」

ドゴンドゴンドゴンッツ!!!


一斉に主砲を一斉射するレパルスたち

バキン!!!

ラミリーズの電磁シールドにヴァイオラのレーザー砲弾が命中するが跳ね返される。

ラミリーズ「ぐうう!!まだまだァ!!」

つづく
[ 2010/05/15 22:19 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 250 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」


zDSC01953.jpg

南雲「リアス、消火活動に全力を尽くしなんとしてもこの海域から離脱せよ」

リアス「アイアイサー」

南雲はぎゅっと拳を握る。

南雲「決して敵を侮ったあけではないが・・・相手はこちらよりも数段上手だったか・・こうなれば行きがけの駄賃でヴァイオラだけでも沈めなければ・・・」


zDSC01954.jpg

リヴェンジ「何?転進するだと?」

坂本「そうだ、リアスは戦闘能力を喪失したよって、これより我が艦隊は退避行動を取りつつ転進することにした」

リヴェンジ「ようは尻尾を巻いて逃げ出すということか」

坂本「・・・リアスを護衛しつつ対空防御を行え」

zDSC01956.jpg

リヴェンジ「クソッタレが!!!」


ズドンドオンドンドンドン!!

リヴェンジが腹いせに上空にいるメリッサに主砲を撃ち続ける。

メリッサ「護衛のメネシス級が発砲」


メリッサがくるくると砲撃の雨をかわす

神栄「メリッサ、もううちらの目的は達した。敵の大型空母は現在、炎上中・・・戦闘能力を喪失している。撃沈する必要はない!護衛の戦艦型神姫の砲撃に注意しつつ転進する部隊を追い込め!」


メリッサ「イエス、マイマスター」

zDSC01957.jpg

メリッサの機関砲がくんと持ち上がり護衛のリヴェンジに向けて発砲される。

ズガムガムガムガム!!

メリッサ「目標、増せ1 敵艦 メネシス級 SSクラスランカー神姫 艦名『リヴェンジ』を捕捉 攻撃します」


zDSC01958.jpg


バカゴキンギィーン!!

リヴェンジの船体にメリッサの放った機関砲弾がビシビシと命中する。

リヴェンジ「………クッ!!捕捉されたか!!だがこの程度の攻撃で戦艦型神姫にダメージを与えられると思うなよ!」

坂本「敵は手強いぞ!!油断するな!よく狙っていけ!」


リヴェンジがレーザー砲をメリッサに向けて砲撃を行い続ける。

zDSC01959.jpg


その頃 前方に進出しヴァイオラと砲撃戦闘を行っていた巡洋戦艦艦隊にリアス被弾の一報が届く。

ラミリーズ「リアス被弾、火災発生!急降下爆撃によりミサイル20数発命中!!」

レパルス「な、なにィ!?被害状況は!!」

ラミリーズ「リアスの甲板上に展開していたウェル部隊およびライザー隊は壊滅!!リアスは現在爆発炎上中・・・・完全に戦闘能力を失いました」

zDSC01960.jpg

がばっと振り向くレパルスたち

はるか後方で爆発炎上し真っ黒な黒煙を上げているリアスの姿が見える。


レパルス「ぐうううう・・・・おのれェ・・・疫病神のメリッサめ!!」

エンプレス「現在、リヴェンジがメリッサと交戦中、リヴェンジ被弾!!しかし損害は軽微」

レパルス「・・・・進路変更、180度回頭!リアスを援護する」

古賀「何を言っているそれでは撤退ではないか!」

レパルス「状況は少しばかり変化した。これより我が艦隊は撤退準備に入る」

榎本「何を・・ヴァイオラはどうすr・」

zDSC01962.jpg


レパルス「ヴァイオラももちろん撃沈させる!!!転進しつつ砲撃を加え黙らせる!!!
このままタダで済まして返すものか!!我々は敵の策にはまりまんまをおびき出されたのだ!!

中途半端なことはしない!ヴァイオラも撃沈する!メリッサも叩き落す!!
リアスとウェル部隊、ライザー部隊は壊滅したが、我々にはまだ『戦艦型MMS艦隊』が残っているのだ!!
SSクラスの戦艦型神姫が4隻も無傷で残っているのだ戦力差は4倍あるのだぞ!!!これでもし負けるようなら我々は戦犯ものだ!!

このツケは大きいことを重レーザー砲の集中砲火で刻み込んでやる!!!!!!」

zDSC01966.jpg


エンプレス「レーダーに感有り!!ヴァイオラが突っ込んでくるぞ!!」


レパルス「・・・ふん、どうやら奴はこのどたん場の状況を利用して真正面から我々とやりあいたいらしいな・・・・・」

ラミリーズ「反転し同交戦に持ち込むのか!?」

レパルス「いい度胸してるじゃねえか、戦艦3隻と真正面から撃ち合いを望むとは」


zDSC01964.jpg

ヴァイオラ「マスター、戦艦型MMS艦隊を捕捉しました。後3分で会敵します。」

大山「よし、チャンスだ。全艦最大船速を維持、突入する」


さきほどのメリッサの爆撃で大型空母が洋上を漂っているとの報告を受けている。
またそれを護衛するためネメシス級と思われる戦艦型神姫が1隻、護衛のため随伴しているようである。

当初は船速の早い巡洋戦艦部隊を先行させ、艦砲で殲滅するよう命令を下されていた戦艦部隊は方向転換し、戻るはずだ、その時間差のロスを利用し、随伴している戦艦型神姫と合流する前に出来る限り引き付け叩く

zDSC01967.jpg

ズゴオオン!!!!


ヴァイオラの巨大なエンジンが唸りを上げ最大船速で向かう。ヴァイオラは口には出さなかったがいろいろと思っていた。

3対1だ、勝ち目はない・・これは死ぬな、確実に撃沈される!!・・・私は死に場所を求めているのか・・・そうかもしれない、艦載機に粘着されてミサイルを喰らって死ぬより、真正面から戦艦同士で撃ち合って死にたい

何を悩むことがある戦艦型神姫の本望ではないか


私を戦艦型神姫として立派に育ててくれたのはマスターだ、だからマスターは私を信じて豪華な機動MMS艦隊という至上最強の武装神姫部隊という『敵』を私のために用意してくれた

私を信じて!!!最強の『敵』を用意してくれた!!!


武装神姫にとってこれ以上、名誉なことはない 武装神姫にとって 恥じない戦いをして死のう




つづく
[ 2010/05/15 15:56 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

バイスゥ!!!!の巻き 

zDSC02459.jpg

ぷりん♪

zDSC02461.jpg

ナデシコ「・・・・・・・・」

zDSC02462.jpg

セイヴァー「・・・・・」

zDSC02463.jpg


セイヴァー「けてすた」

ナデシコ「なんだ?新手の宗教行為か?」

zDSC02464.jpg

セイヴァー「はまった、抜けなくなったの・・・たすけて」

ナデシコ「今、現在世界中の武装神姫の中でお前が一番まぬけな姿を晒してるぞ、セイヴァー」

セイヴァー「うるさい、早く手伝ってよ」

zDSC02465.jpg

ナデシコ「なんでこんなことに?」

セイヴァー「・・・・・聞かないで」

zDSC02466.jpg

ナデシコ「まあ・・・いいや・・・深くは突っ込まないでおこう」

セイヴァー「そこのハンドルを回して」

ナデシコ「こうか?」

ギリギリッ!!!

めきゃあ

zDSC02469.jpg

セイヴァー「にゃああああああああああああああああ!!!!逆ッぎゃく!!!ぎゃくうう!!」

ナデシコ「おわっ!!す、すまねえ」

キュッツキュッツ

zDSC02471.jpg

すぽん♪

zDSC02472.jpg

セイヴァー「・・・・ふえええ」

ナデシコ「お前、なんでこんなのに頭挟まっていたんだ?」

セイヴァー「聞かないで・・・」

zDSC02473.jpg

セイヴァー「うっく・・・ひくひっく・・・私はバカだ私はバカだ私はバカだ私はバカだ」

ごんごんごんと壁に頭を打つセイヴァー

ナデシコ「おいおい、大丈夫かよ(汗)」

zDSC02474.jpg

セイヴァー「お願い・・・ナデシコ・・・さっきのこと、誰にも言わないで・・・お願い」

ナデシコ「おお・・・分かったから落ち着け、な!お茶入れてあげるからさ」

セイヴァー「・・・・」

zDSC02475.jpg

セイヴァー「ところで・・・ナデシコ・・・」

ナデシコ「なんだ?」

セイヴァー「あれってなんていうの?」

ナデシコ「バイス」


セイヴァー「バイス・・・かあ・・・」

ナデシコ「なんで頭挟まっていたんだ?」

セイヴァー「・・・・・ちょっと・・・頭入れてみたらどうなるかな・・・って・・・思って・・・」


*良い子の神姫のみんなは絶対マネをしないでね!


ナデシコ「・・・子供か、お前は」

セイヴァー「・・・ふええ痛かったよう(泣)」


終わり






[ 2010/05/13 23:23 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

野砲台型MMS  「フォート・モンロー」 

zDSC03852.jpg

zDSC03854.jpg

zDSC03856.jpg


野砲台型MMS「フォート・モンロー」

装甲の分厚い重装甲の神姫が増えて砲の威力不足で一発でしとめることが出来ず、「ドア・ノッカー」と揶揄されることの多い砲台型神姫の火力の底上げを主目的として開発された亜種の一つである。

2030年代後半にはすでに旧式化してしまい性能上の限界に突き当り始め、重装甲を誇る戦車型神姫に対して至近距離から側面や背面を狙わないと太刀打ちできなかった。特に2030年代後半になると戦車型を超える超ド級の装甲を持つ戦艦型神姫と相まみえた。
その結果、主兵装のFB256 1.2mm滑腔砲では至近距離であっても、どの方向から何十発も命中弾を与えてもほとんど効果がないことが判明した。記録によると、後部の機関部のエンジンを狙う、艦橋部分といった小さな急所をピンポイントで狙う、といった手段をとる他に撃破できるチャンスはなかったという。

少しでもその状況を回復しようと火力と装甲を強化した改良型が本機であるが、武装を丑型を流用したラピッドランチャーを2門に変更し重装甲神姫用の新型徹甲弾が開発され供給、実用化され装甲貫徹力は回復したが・・・それでも火力不足はいなめず、もっぱら物陰や障害物に隠れての待ち伏せ攻撃を得意とした。


zDSC03857.jpg

zDSC03858.jpg

zDSC03860.jpg

zDSC03862.jpg

zDSC03867.jpg

zDSC03868.jpg

メタルストーム

小さな鉄球を炸薬によって一斉に打ち出す近距離地雷。軟目標相手にしか効かないが、乱戦やここぞというときに使用すると効果が高いが、所詮気休めにしかならない

FBモデル M16A1アサルトライフル

ポピュラーな扱いやすい定番のライフル。なんだかんだいいつつ一番使用頻度の高い武装。

ラピッド3.2mmランチャー 2門。

射程距離は縮んだが、装甲貫通力は新型の鉄鋼弾を装備していたため多少上がった。



主兵装

ラピッド3.2mmランチャー 2門 FB0.9V アルファ・ピストル 1丁 
FBモデル M16A1アサルトライフル 1丁 メタルストーム 2基

zDSC03871.jpg

というわけでまたまた砲台型神姫の亜種です。塗装はオリーブグリーンの1色塗り、間接部はミディアムブルー、アクセントにメタルレッドで塗装。
一応、各部に増加装甲としてパネルを貼り付けていますが、あんまり効果なさそうな感じ・・・火力UpといってもたいしてUPしていない・・・とか
ひたすら地味に改造してみました。

zDSC03875.jpg

zDSC03877.jpg

zDSC03879.jpg

FB0.9V アルファ・ピストル、至近距離の戦闘や室内戦ではライフルよりもこちらの方が使い勝手は良いが、あくまでサイドアームである。

砲台型神姫はどんなミリタリーカラーでも違和感なくマッチするので脅威です。
公式では冬季迷彩がいますが、我が家の場合では夜間塗装とグリーン塗装、市街戦向きのグレー色がいます。
それぞれのフィールドで保護色になればいいなあと思いますが、実際どの程度効果があるのかさだかではないです。

zDSC03880.jpg

非常にシンプルな武装の組み合わせ。

もちろん普通の砲子の武装にさせることも可能です。

また今まで作った砲台型神姫の武装も搭載可能です。

zDSC03882.jpg

zDSC03883.jpg

zDSC03886.jpg

次回も改造神姫 お楽しみに!!

ではではーーー
[ 2010/05/13 00:35 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(7)

俺のまじめは俺のクラス昇格の為に死ね!!!!  

まじめのランクレkしい



言うなれば運命共同体 互いに頼り、互いに庇い合い、互いに助け合う 一人が10人の為に、10人が一人の為に だからこそ戦場で生きられる 「嘘を言うな!」 猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら笑う お前も! お前も!! お前も!!! 俺のクラス昇格の為に死ね!!!! 次回「クラス認定ミッション」 …こいつらは、何の為に集められたか。


先週の土曜日にB3ランクになりましたー

でもすぐにB4に逆戻りしそうな予感です・・・・・

[ 2010/05/12 00:54 ] ボーダーブレイク | TB(0) | CM(2)

俺のまじめタイプはハッピートリガーだ 

まじめ吼える



B4ランクになりました俺のまじめです。記念に現在のアバターをかきかたえんぴつで描きました。
まじめカッコイイよう!俺のまじめが目つきと性格が悪いのは仕様です。 最近、HGで重火をよく使っているのですが、間違えてよく敵味方を吹っ飛ばしたりしてしまって申し訳ないですね。

重火たのしいです(^q^)/乱戦状態のときに至近距離でサワードバラージを乱射するのが大好きです。
榴弾砲で遠くにいる狙撃兵装に嫌がらせするの楽しいです。ガトリング砲でシュライク溶かすの楽しいです。撃ちまくりすぎてガトリング砲もサワードも全部弾切れになってSPゲージが0で手持ち武装がECM手榴弾のみになった状態楽しいで・・・・


[ 2010/05/10 23:52 ] ボーダーブレイク | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 249 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01945.jpg

リヴェンジ「あ・・・ああああああ!!!」

リヴェンジが真っ赤になって轟々と燃え盛る姿を見て絶叫する。

坂本「なんてことだ・・・」

zDSC01946.jpg

ヴィーーーヴィーーーーーー


アラームを鳴らして轟々と火達磨になって燃えるリアス。

リヴェンジ「畜生ッ!!畜生!!!」

ギリリと歯軋りをするリヴェンジ。

zDSC01947.jpg

リアス「ごほごほ・・・とにかく、消火作業を・・・」

リアスは煙に撒かれながらも必死の消火活動を行おうと艦内のスプリンクラーを起動する。

南雲「換気扇をフルで回せ!内部に溜まっているガスを抜くんだ。二次爆発を起こすぞ!手の空いている者は消火活動とミサイル、弾薬の安全を!」

zDSC01948.jpg

リアスは甲板を見回す。

zDSC01949.jpg

轟々と燃え盛る甲板

zDSC01951.jpg

傍らには急降下爆撃で直撃を食らって黒焦げになったベダノアの残骸が転がっている。

リアス「・・・・生存者はいないのか?・・」

zDSC01952.jpg


エレナ「げほごほ・・ごほ、生きていますよー」

リアス「なんだお前かよ!他に生存者は?」

エレナ「ユーリーが生きています。後はパトリシアとジェニファーが、艦内で消火作業中です」

リアス「それだけか・・・・」


つづく
[ 2010/05/09 15:30 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 248 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01922.jpg

コルネリア「うわあああ!!!ダメだ!!来るぞ!!」

リュナイ「退避ー退避ー」

ズドンドンドンドン!

対空砲が激しく撃ち鳴り響く

zDSC01924.jpg

メリッサはリアパーツに満載したミサイルのロックをすべてある一箇所に集中する。


メリッサ「目標、ロック完了」

甲板に置きっぱなしにされている対艦ミサイル


神栄「やれ、メリッサ」

神栄がすっと指差す。

メリッサ「神よ, 願わくばこの哀れな乙女に哀れみをたれたまえ AMEN」


メリッサはミサイルの引き金を祈りを込めて引く


zDSC01925.jpg

ズバッババン!!!

メリッサから一斉に放たれたミサイルの数は20発。
その20発のミサイルすべてがリアスの甲板に雨のごとく降り注ぐ


ズゴゴゴゴゴゴンッ!!

zDSC01930.jpg

ドグワアアンン!!!!!

物凄い轟音と爆発音、閃光を放ち大爆発を起こし炎上する空母型神姫


その瞬間、画面のテロップにザーーーと流れるように撃破を示す表示が踊り狂う。

多目的戦闘機型MMS 「マリオン」 Sクラス  撃破
多目的戦闘機型MMS 「ベダノワ」 Sクラス  撃破
多目的戦闘機型MMS 「クリスティ」Aクラス  撃破
コマンド型MMS 「コルネリア」  Bクラス  撃破
コマンド型MMS 「ルセット」   Bクラス  撃破
コマンド型MMS 「ルイーズ」   Cクラス  撃破
コマンド型MMS 「オタリア」   Bクラス  撃破
コマンド型MMS 「リュナイ」   Cクラス  撃破


zDSC01931.jpg

発進をしようとしていたウェル部隊とライザー隊は爆風により艦上から転げ落ち、あるいは自らの燃料に引火、盛大に炎に包まれ吹き飛んだ。

爆風で真っ赤な炎に包まれながらバラバラになったウェル部隊とライザー隊の破片がぼちゃぼちゃと海に堕ちる。

zDSC01932.jpg


ドッゴオオオン!!!ズズウン・・・・ボオオオン!!!

南雲を含め、多くの神姫オーナーが総立ちになり声にならない声を上げる。


南雲「ッーーーーーー!!!」

木畑「ジーザスッ!!!」
加藤「クリスティ!!!うおおおおおお!!」

石井「あがっ!!?そ、そんなあ・・・・」

zDSC01933.jpg

直撃弾を食らい甲板は灼熱の鉄板となり神姫の残骸と引火した炎で巨大な松明と化していた。

zDSC01934.jpg

南雲「・・・・・これは夢なのか・・・一瞬で・・・虎の子の航空神姫部隊が・・・壊滅した・・・」

南雲は呆然と立ち尽くす


zDSC01935.jpg

ズゴオオオン!!バゴン!!!ドオオオン


燃料や爆弾、ミサイルに引火して二次爆発を繰り返す甲板。
真っ赤な紅蓮の炎が舐めつくすように甲板を這いずり回る。


zDSC01937.jpg

リアス「ごほごほ・・・くそうう・・・メリッサのヤロウ・・・ありったけのミサイルを甲板にぶち込みやがったなあ・・・」

炎と獏炎に包まれながらリアスは物凄い形相で甲板を睨む。

南雲「が・・くうう・・・・リ、リアス・・・被害状況を報告せよ」

南雲は冷静を取り戻しリアスに指示をする。


リアス「被害状況を報告、甲板にて待機していたウェル部隊は全滅、格納庫内でミサイル換装中のライザー部隊は壊滅しました。機関出力50パーセントダウン。右舷対空砲座、すべて沈黙しました。
艦内の各所にて火災発生・・・・・・自動消化装置作動中・・・本艦は戦闘能力を喪失しました」


zDSC01942.jpg

黙々と獏炎をあげ小爆発を起こすリアス


観戦していた神姫たちは壮絶な戦闘の光景に身震いしていた。

神姫A「す、すげえ・・・あの巨大な航空母艦型神姫が真っ赤な火達磨になって炎上している・・・」
神姫B[恐ろしいなあ」 神姫C「おお神よ、あの中に自分がいないことを感謝します」
神姫D「艦載機を満載した空母型神姫は武装神姫の中でも最強と呼ばれているのに・・・それをたった一回の攻撃で沈黙させちまった・・・・」
神姫E「死灰のメリッサ、神すぎる・・・ないわー」
神姫D「目の前に起きていることが信じられない、これは現実なのか?」
神姫F「ありえない、こんなことありえないぞ!!」
神姫G「なあ、メリッサの奴、わざとタイミングずらして艦載機が発艦するタイミングとミサイル換装の作業を狙って攻撃したのかな?」
神姫H「ええええーーー嘘だろ?」
神姫I「そうだとしても、あの弾幕の中を突っ込んで急降下爆撃するなんてムリだよ。恐ろしすぎる」
神姫J「やっぱりSSSクラスの神姫はマジキチだよ。相手の行動をすべて読みまくって先手の先手を取りまくってしかも味方も囮にして弾幕を掻い潜るだけの回避力と一発で正確に射抜くあの爆撃照準性能と攻撃力はなんかもう狂ってるとしかいいようないよな」
神姫K「死灰のメリッサ、マジ強すぎてドン引きするわ」
神姫N「こういう神姫の戦い見ると神すぎて自分たちのバトルがなんかままごとしてるみたいでやる気なくす」
神姫M「一回の攻撃で8KILL!!!!神すぎる」
神姫A「メリッサ、関西でも5本の指に入る『神クラス神姫』って言われてるけどあれ嘘だろ。こいつ武装神姫で一番強いんじゃね?」
神姫B「マジありえねえーーー」
神姫X「1個機動MMS艦隊 VS メリッサ これでもメリッサ勝つとかwwwwマジキチwww」
神姫Z「半端ないしw強さwwwちょwwwおまwww8KILL!!!wwwwやばすぎるwww」
神姫C「はいはい、メリッサは最強房、乙!!はやく氏ねよ」
神姫F「あまりにも強すぎて妬みや嫉妬起きないな」
神姫G「世の中には何百千万と武装神姫がいるけれど、機動MMS艦隊にたった1機で突っ込んで壊滅できる神姫はいったい何人いるのだろうか・・・・」
神姫J「はいはいはいはいはい!!!メリッサは神姫の中で最強ですよ、うざすぎる。もうこいつ武装神姫やめろよ。絶対神姫じゃねえだろ」
神姫R「あまりに強すぎて嫉妬で失禁しそうになる」
神姫S「きちゃないなあ、脱糞すんなよ!するならオムツしてろ」
神姫R「く、悔しい、でも感じちゃう!!ビクビクッ!!」
神姫H「ここにも神クラスのマジキチの神姫が!!」
神姫Y「クソワラタwwwwwwwww」
神姫H「神姫R!!それ脱糞ちゃう!シャセイや!」
神姫A[WWWWWWWWW」
神姫U「別の意味だろwwww」
神姫G「おまえら、マジやめろ」
神姫F「さっきネットで動画UPしたら反響すげーー」
神姫J「はいはいはい!!メリッサTUEEEEEEEEEですね。こいつ武装神姫やめろよ!」
神姫D「最強房僻みが多すぎるね」
神姫U「おい、ここで妬んだり嫉妬してる神姫、全員死ね!テメーラの方がうぜええ」
神姫H「大きな釣り針ですねwwwよく釣れますか?」
神姫Y「今ならこんがり丸焼けになったウェルクストラが釣れます」
神姫D「誰がうまいこと言えとwwwwwww」
神姫V「この動画見てると、この間見た映画の『ミッドウェー』思い出した」
神姫W「ミッドウェーwwwwwww」
神姫O「なんでそんな渋い映画知ってるんだよwwww」
神姫P「ヴァイオラ、空気すぎてカワイソス」
神姫T「最強の武装神姫wwwwマジでオツカレー(笑)」
神姫E「それで、これからどうなるの?」
神姫F「シラネーヨー」
神姫M「とりあえず、俺たちが最低なのは理解した」
神姫S「うるせえよカス」
神姫H「イマサラー」
神姫O「やべえバトルしたくなって興奮してきた」
神姫S「興奮しすぎて脱糞すんなよ」
神姫R「シャセイはしてもいいですか?」
神姫G「ついてねえだろ!カス!」
神姫R「オプションでつきますが?何か?(キリッ)」
神姫U「それカタリナ社製?サイズと形が微妙」
神姫F「向こうでやれ、マジキチ電波部屋でレズってこいやクソども」
神姫S「神姫センターの入り口でやってこいや、ネットで動画晒してやる」
神姫R「こうしてあたらな変態神姫のクラスUPが始まるのであった・・・・・」
神姫E「神姫Rはなぜ病院から抜け出してきたの?」
神姫U「病気の神姫は見ていて心が辛い」
神姫Y「早くオーナーにリセットしてもらえよ・・・」
神姫R「生きていてゴメンみんな」
神姫X「謝らなくていいから早くリセットして氏ね変態カス神姫」
神姫I「いつも思うけど、観客にまともな神姫がいなくて悲しくなる」
神姫Z「慣れた」
神姫G「慣れたら終わりだよな・・・・・・・・」


つづく
[ 2010/05/08 22:26 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(7)

ガーディアン邀撃部隊 

zDSC03233.jpg

すべてガーリオンタイプの邀撃機型MMSで構成された純粋な迎撃部隊である。

主兵装備はシンプルな槍と剣の中間的存在の武器である『長巻』と安定した火力を持つ『バーストレールガン』で構成されており、遠距離近距離どちらも得意としていた。

集団で連携した一撃離脱戦法を得意としレーダーとセンサーによる索敵・高度差を生かした加速・銃撃による先制攻撃で相手を仕留めることに専門化し編成された強力な打撃力を持つ神姫部隊。


zDSC03135.jpg

zDSC03136.jpg

同じ武装で規格統一されており敵航空機神姫の撃墜および撃退を主任務とする戦闘部隊で、強力なエンジンを搭載し運動性・操縦性などの機動性能に優れ、俊敏軽快に飛行できるガーリオンタイプの神姫のみで構成された航空神姫部隊であり、
連携した戦闘行動で敵を撃滅する。

zDSC03137.jpg

zDSC03140.jpg

zDSC03141.jpg

zDSC03142.jpg

zDSC03143.jpg

zDSC03146.jpg

『ファランクス』

バビロニア、マケドニアなど古代において用いられた重装歩兵による密集陣形のことである。集団が一丸となって攻撃するファランクスはバトルロンドにおいて威力を発揮した。

アサルトブレードを前面に押し出し一糸乱れぬ密集突撃は、強固な装甲や防御陣地を食い破ったり統率の取れていない敵部隊に対して絶大な破壊力を誇ったが、柔軟性や機動力の乏しさに問題があった。


所詮、古臭い古典的な密集陣形の一つに過ぎなかったので、その場の状況しだいであっさりと変えることもしばしばある。


zDSC03151.jpg

zDSC03158.jpg

zDSC03161.jpg

zDSC03162.jpg

zDSC03167.jpg

騎兵隊のように雄たけびを上げて突撃を行うガーリオン部隊

高い機動力を誇り、偵察・伝令・警戒・迂回機動に使われ、機動力と攻撃力を生かして追撃・奇襲・背面攻撃・側面攻撃・包囲攻撃・突撃に使われたりと、幅広く使われたガーリオンタイプの神姫はバトルロンドでは戦場を縦横無尽に駆けめぐった。


まるで中世の騎兵隊のような勇猛な突撃はバトルロンドで多くの神姫部隊を打ち破り、、当時世界最強の神姫部隊の一つと謳われた。

zDSC03170.jpg

zDSC03168.jpg


バトルロンドでは多くのガーリオンタイプが戦場を飛び交ったが、運用方法を限定した設計だったためバリエーションに乏しく後に汎用性を売りにしたウェル・ライザー多目的戦闘機型MMSやドラッケン戦闘爆撃型MMSなどに苦戦することとなる。

[ 2010/05/07 14:31 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(4)

邀撃戦闘機型MMS     「マゼンタ・ガーリオン」 

zDSC03187.jpg

邀撃戦闘機型MMS     「マゼンタ・ガーリオン」
型式:RKTN?22/GRFR? 邀撃戦闘機型MMS

カタリナ社の次期主力戦闘機型神姫開発計画「XF―003」の元、カタリナ社 第2軍事開発局が設計、開発した戦闘神姫である。
機動性能、防御性能、火力共にバランスのとれた機体で、特にテスラ・ドライブをフルに生かした加速力、急降下性能、上昇能力は高くそれらを生かした一撃離脱戦闘を得意とした。
ガーリオン系の後期量産型 RKTN?22/GRF?の改良タイプ。前期、中期、後期3タイプあるうちの最終生産型となり新たに簡易電磁防御シールドとECM装置が肩に増設されており若干のスペック向上が図られているが、見た目にはさほど差異はない。
最初期の量産型からすでに2年以上たつ最終量産型であるため火器管制ソフトや制御システムなどの細かいソフト部分で改修が加えられている。ちなみに青色のタイプB型と赤色のタイプR型の二種が存在し青色は斬撃攻撃に優れ、赤色は砲撃攻撃に優れる。
集団で連携した一撃離脱戦法を得意としレーダーとセンサーによる索敵・高度差を生かした加速・銃撃による先制攻撃で相手を仕留める。

zDSC03186.jpg

zDSC03191.jpg

zDSC03192.jpg

zDSC03193.jpg

主兵装
マシンキャノン2門 アサルトブレード1本
バーストレールガン1丁 空対空ミサイルポッド2基
電磁シールド1基 ECM装置1基

zDSC03195.jpg

zDSC03198.jpg

zDSC03201.jpg

今回の神姫は前回紹介したガーリオンタイプの後期生産型の改良型最終量産タイプの赤バージョンです。日本橋で大量に投売りされていたガーリオンを神姫パーツとして組み込んだ改造神姫です。頭部はデュエルメイドから使用。副腕装備で武装とか変更できます。
近日発売される同じ副腕装備の新型の公式神姫「戦乙女型アルトレーネ」に対抗した我が家の主力神姫のバージョンUP型と言った感じで製作しました。

zDSC03203.jpg

zDSC03206.jpg

zDSC03205.jpg

zDSC03213.jpg

zDSC03232.jpg


zDSC03202.jpg


とまあこんな感じです。

次回は運用方法や戦い方を紹介!
[ 2010/05/07 13:36 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

邀撃戦闘機型MMS     「シアン・ガーリオン」 

zDSC03178.jpg

邀撃戦闘機型MMS     「シアン・ガーリオン」
型式:RKTN?22/GRFB? 邀撃戦闘機型MMS

カタリナ社の次期主力戦闘機型神姫開発計画「XF―003」の元、カタリナ社 第2軍事開発局が設計、開発した戦闘神姫である。
機動性能、防御性能、火力共にバランスのとれた機体で、特にテスラ・ドライブをフルに生かした加速力、急降下性能、上昇能力は高くそれらを生かした一撃離脱戦闘を得意とした。
ガーリオン系の後期量産型 RKTN?22/GRF?の改良タイプ。前期、中期、後期3タイプあるうちの最終生産型となり新たに簡易電磁防御シールドとECM装置が肩に増設されており若干のスペック向上が図られているが、見た目にはさほど差異はない。
最初期の量産型からすでに2年以上たつ最終量産型であるため火器管制ソフトや制御システムなどの細かいソフト部分で改修が加えられている。ちなみに青色のタイプB型と赤色のタイプR型の二種が存在し青色は斬撃攻撃に優れ、赤色は砲撃攻撃に優れる。
集団で連携した一撃離脱戦法を得意としレーダーとセンサーによる索敵・高度差を生かした加速・銃撃による先制攻撃で相手を仕留める。

zDSC03180.jpg

zDSC03183.jpg

zDSC03184.jpg

主兵装
マシンキャノン2門 アサルトブレード1本
バーストレールガン1丁 空対空ミサイルポッド2基
電磁シールド1基 ECM装置1基

zDSC03176.jpg

zDSC03175.jpg

zDSC03174.jpg

zDSC03189.jpg

zDSC03220.jpg

今回の神姫は前回紹介したガーリオンタイプの後期生産型の改良型最終量産タイプです。日本橋で大量に投売りされていたガーリオンを神姫パーツとして組み込んだ改造神姫です。頭部はデュエルメイドから使用。副腕装備で武装とか変更できます。
近日発売される同じ副腕装備の新型の公式神姫「戦乙女型アルトレーネ」に対抗した我が家の主力神姫のバージョンUP型と言った感じで製作しました。

zDSC03216.jpg

zDSC03214.jpg

zDSC03231.jpg


集団で獲物を狩る獰猛な戦闘用の神姫っといったイメージです。


次回は赤タイプを紹介!

まあ、武装は一緒なので色違いなだけですがw
[ 2010/05/07 13:30 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 247 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01909.jpg

ドンドンドンズドンボンドンドンボンゴコン



強烈な対空砲火をものともせず、メリッサが一直線に吸い込まれるかのように急降下する。


zDSC01910.jpg


神栄がメリッサに囁くように語りかける。

神栄「メリッサ」


メリッサ「はい・・・マスターなんでしょう?」

zDSC01914.jpg

南雲「しまった!!虚を突かれた!」

ウェル部隊も必死で機関銃を撃ちまくる。

エレナ「撃て!!撃ち落とせ!!」

ベダノア「うわあああ!!来るぞおお!!」

ルイーズ「対空砲!!」


zDSC01911.jpg



強烈な対空砲火の中をメリッサは猛スピードで突っ込む。


神栄「何十機もの神姫がお前を殺そうと武器を握っている、あそこにいる神姫はみんなお前を殺そうとしている
なぜだが分かるか?」

メリッサ「・・・・・・」

神栄が冷ややか目で空母型神姫を見る。


神栄「お前が怖いからだ」


zDSC01912.jpg


リアス「撃て撃てェ!!!撃ち殺せ!!!撃ち落とせェ!!!!!!!」


ドガンドガドガドガンドガン!!!

物凄い量の弾丸がメリッサめがけて殺到するが、メリッサにはすべての弾道がひどくゆっくりと飴玉のように見えた。


南雲「撃て銃身が焼き切れるまで撃ちつくせ!!」

ユーリー「くそう、なんで当たらないんだ」

コルネリア「当たれ当たれ!!」

エレナ「あああ・・・く、くるう!!」

zDSC01920.jpg


神栄がすっと指を指し、指示を行う。


神栄「刻み付けろメリッサ!!!!!死灰の名を!!!!」


メリッサ「イエス、マイマスター」


メリッサは淡々といつもの調子でそっけなく返事をする。

まるで何か作業をしているかのように


[ 2010/05/07 01:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 246 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01903.jpg


グオオオオオン・・・・

エレナ「へ?何この音?」
ルセット「うい?」
コルネリア「アソコアソコ見て!!」

ルイーズ「あーーーー」

オタリア「ドラッケン戦闘爆撃機だ」

zDSC01904.jpg

ベダノア「え?まじで?」

エレナ「あそこにいるよ」

ベダノア「なんで警報なってないの?え?ちょっと」

エレナ「知らない」


ヴィーーーーヴィーーー!!!

エレナ「あっ・・・・・鳴った」


ベダノア「!?あぶべ?ちょおま」


zDSC01906.jpg

リアス「対空戦闘用意!!!撃て!!」

ズドン、ゴンゴンゴンゴン!!!


リアスが右舷に設置されている単装砲で対空射撃を加える。


ユーリー「叩き落とせリアス!」

リアス「右舷に敵機接近!!作業員は退避!!」

zDSC01907.jpg

南雲「墜とせ、近づけるな!!」

リアス「くううう・・・まさかこの私が直接戦闘を行うなんてェ・・・」


リアスは航空母艦型神姫である。直接戦闘ははっきりいって得意ではない。

全身に対空砲やミサイルを搭載しているが、あくまで敵を追い払ったり牽制したりするのが目的なのだ。
メインは艦載機を発艦させて遠距離から指揮し敵を攻撃するので、こういった襲撃には困る。

巨大で鈍重な巨体は格好の的で回避することも防御することも出来ない。

こういう状況ははっきりいって最悪である。

護衛の艦載機でさえ現在、上空援護すらないこの状況で出来ることといえばひたすら対空砲を撃って弾幕を張ることである。


リアス「うおおおおお!!!来るな来るなアあああ!!

zDSC01908.jpg

グオオオオオオオオンンン


メリッサが急降下で弾幕をもろともせずに突っ込んでくる。

メリッサ「すーーーはーーーーすーーーーはーーーー」


メリッサは大きく息を吐きそしてゆっくりと空気を吸い込む。

ひどくゆっくりとスローモーションに周りが動いていくような錯覚に陥る。


ドコン ドコン ドコン・・・

自分のCSCの鼓動の音と空母の放つ対空砲の音がシンクロする。


つづく
[ 2010/05/05 21:32 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 245 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01890.jpg

リアスがぶくつさつぶやいている。

リアス「ベダノアのバカめ・・・後で甲板掃除させてやる」

ユーリー「リアス、早く発艦させよう。みんな苛立っている」

リアス「分かっている。今、換装が終わったミサイルに運搬車を積み込んでいるところだ」

ユーリー「嫌な予感がする。死灰のメリッサはまったく影も形も見えないし護衛の戦艦部隊も3隻が出払っている・・・もしも・・・・オレなら・・・」

リアス「・・・?何がいいたいユーリー」

ユーリーは言うまいか言おうか迷った。なぜならこのセリフを吐くと現実になってしまいそうな感じがしたからだ。

だが、ユーリーはあえて言った

ユーリー「もしもオレならこのチャンスを絶対に逃さない。対艦ミサイルを全弾甲板にぶち込む」


ユーリーはベテランの武装神姫だ。今までに何隻もの戦艦型神姫と輸送艦型神姫を撃沈している。
常に最悪のシュチュエーションを思い浮かべ相手を撃沈していきた。

だが、それは対戦相手の末路であって自分の末路ではない。

今回は違った。あえて今回は自分たちにとって最悪のシュチュエションを思いかべた。


その理由は今、現在自分たちに起きている状況が最低最悪の状況だったからだ。


現時点では何も起きていない。何も問題はない。

それが一番の問題だった。


巡洋戦艦艦隊は前方の敵戦艦と砲撃戦闘の真っ最中。ミサイル換装作業がちょうど終了し甲板はミサイルで溢れ、発艦準備を待っている神姫たちでごった返している。

すべての条件が偶然、整った。

何を意味するのかユーリーははっきりと理解し、まだ起きてもいないことに戦慄し恐怖した。


ユーリー「オレは考えすぎだろうか?ただの妄想だろうか?たった今、最悪のシュチュエーションが思いうかんだのだが?」

リアス「・・・言ってみろよユーリー」


ユーリー「・・・死灰のメリッサが強襲をかけてくる。今すぐに」

リアス「ばかばかしい、レーダーには何も反応していないぞ?」


zDSC01891.jpg


カーーーーーーーーーン!!


対空警戒中だったリヴェンジのアクティブレーダーに強い反応が突如、真上から反応があった。

リヴェンジ「ぶッ!!・・・ア、アラーム!!!!」


ヴィーーーーーヴィーーーーーー・・・ヴィーヴィーーー!!!

リヴェンジはサイレンを鳴らす

zDSC01893.jpg

南雲「!?なんだ!?」


リヴェンジ「敵機!!!機種判明!!!!!!」


リアスたち機動MMS艦隊の真上にキラリと光る一筋の航跡


リヴェンジ「ドラッケン戦闘爆撃機!!!!!!急速接近中!!!!!」


南雲「?む?!死灰のメリッサだとお!どこだ?!」

坂本「ドラッケン戦闘爆撃機?」

リアス「バカな!今までどこに・・・」

zDSC01892.jpg

リヴェンジ「真上!!本艦隊の直上ですっ!!」


南雲「あぐ・・・こ、このタイミングでか!?」


南雲は愕然と口を開けて筐体を見つめる。


リアス「くそうエンジンを切って雲の中に隠れていたんだ!!」

ユーリー「対空戦闘!!!対空戦闘!!敵!!敵機だあ!!」

甲板上は一瞬しんと静まりかえる。


ベダノア「は?敵機?」

コルネリア「E?]

オタリア「なんだって?聞こえないよ」


zDSC01894.jpg

神栄「やっぱり予想通りの航路にいやがった!!」

メリッサ「急降下爆撃を行います」

神栄「メリッサッ!!!連中には上空を護衛する戦闘神姫もいない、連中のコンボイは丸裸だ!!!!

Sink,Em All !!!!!!」


ヴィオオオオオオン!!!


メリッサがエンジン全開でブレーキなしで物凄い速度で急降下で突っ込む。


zDSC01898.jpg

リヴェンジ「対空戦闘用意ッツーー」

ごこん・・・

リヴェンジの砲塔がゆっくりと動く


坂本「早く速く!!」

zDSC01899.jpg

リヴェンジ「砲撃開始ッツ!!撃ッーーー!!」

ドドドン!!ズズウウン・・・・


びりびりと空気を震わせ焦がしながらリヴェンジが対空防御射撃を開始する。

坂本「なんとしても撃ち落せ!!リヴェンジ!!!リアスの甲板にはまだミサイルや弾薬が!!」


zDSC01900.jpg

坂本「次弾装填!!」


リヴェンジ「次弾装填完了、撃て!!」

ドドンッツ!!

坂本「次弾っをぉ!!!」


リヴェンジ「次弾装填完了、撃ちます!!」

ズズウウン


次々に砲撃するリヴェンジ。

zDSC01901.jpg

坂本「次弾をぉ!!!次弾だああ」


ズオンズンズン!!!


リヴェンジが吼える

リヴェンジ「ウオオオオオオオオオオ!!!!」


ドムドム!!!ズドオオン!!!


坂本「叩き落とせェ!!!!護衛は俺たちしかいないんだぞお!!」


つづく


[ 2010/05/03 23:44 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 244 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01884.jpg

バカン・・・ズズン・・・ドオオン・・・

ヴァイオラとレパルスたちのとの激しい砲撃戦が展開されているそのころ・・・

zDSC01885.jpg

リアスのいる艦上ではライザー隊の換装作業が終わりを迎えていた。

艦砲射撃で甲板の上を転げまわっていたウェル部隊も落ち着きを戻し、艦隊防空のために出撃の準備を整えていた。

ルセット「ライザー隊のミサイル換装作業終了しました!」

リアス「ふう、ようやくか」

zDSC01886.jpg

ベダノアがライフルを構える。

ベダノア「さっさと出撃させろよ、クソッタレが!いったいいつまで待たせるつもりだ?戦争が終わっちまうよクソが!!!」

口汚く罵るとべっと甲板に唾を吐くベダノア

リアス「アッ!!!てめええ!!!ブッ殺すぞッ!!このハゲが!!!何唾吐いてんだよ!!!殺すぞ!!拭き取れ!!殺すぞ!!」

ベダノア「けっ・・・やってらんねー!!あほらしいぜ・・・たっくよーーーーうだうだしてねーでさっさと撃沈すればいいだけのことだろ?なにをぐだついてあーでもないこーでもないって・・・バカじゃね?」

リアス「おい、戦いが終わったらてめえ、覚悟しとけよ・・・このカスヤロウ!まっさきに殺してやる」

ベダノア「はあ?なんだって?てめえがかよ?」

南雲「やめんか!!2人とも!!喧嘩するな」

エレナ「おーーおーーコエエエーーーイライラして殺気だってるなー」

zDSC01887.jpg

ベダノア「おい!!そこのボケッ!!」

ベダノアが顎でしゃくる。

ルセット「え?えーーと私?」

ベダノア「ボケが、てめえしかいねえだろこのカス!さっさと甲板を片つけろ!!邪魔だ!!」

ルセット「ま、待ってよ、今運搬車持ってくるから・・・」

ベダノア「さっさとどけろッっていってのがわかんねえのか!!このカス!!!邪魔だっていってんだろ!!」

ルセット「今、どけるっていったじゃん」

ベダノア「あ?何、口答えしてんだよ!!ボケが!!しゃべるな!!」

ルセット「なんだって!Sクラスのランカー神姫だからって偉そうに!!」

ベダノア「はあ?お前!!日本語分かるか?しゃべんじゃねーって言ってるのがわからねえのか!!このヴォケ」

エレナ「ベダノア、やめろよ・・・気に入らないからって仲間に当たるなよ」

ベダノア「うるせえんだよ!!エレナ!お前イラつかないのか?さっきからグダグダミサイルをつけたりはずしたり!!いもしないドラッケンに怯えて対空装備に換装してまたッ戻したりさ!!
バカか?こんなにグダグダしてたら戦いが終わっちまうよ!!」

エレナ「ベダノア、マスターの命令は絶対だ。お前はマスターの命令に反抗するのか?反逆になるよ」

ベダノア「反逆!?意見を述べることが反逆になるのか?」

エレナ「落ち着けよ、ベダノア・・・気持ちは分かる。今は戦闘中だしおとなしくマスターたちの指示にさ・・・」

ベダノア「けっ・・・おりこうでいらっしゃることで」

エレナ「命令に従えよベダノア、お前がミスるとみんな困るんだよ?みんなから非難の目を浴びて刺されたいの?」

ベダノア「脅しているのか?オレを?」

エレナ「一般論を言っているだけだよ」

ルセット「クスクス・・・こいつバカじゃね?」

ルセットがにやにやっとコソコソっと薄ら笑った。

zDSC01888.jpg

ベダノア「・・・・・・・何が可笑しいんだ?このヤロウ」

ルセットの小馬鹿にした薄ら笑いのセリフを聞いてベダノアの顔は怒りで真っ白になる。

エレナ「おいやめろよ、ベダノア」

ルセットは真顔でそっぽを抜いてしたり顔で答える。

ルセット「べつにーーーー」

ベダノア「・・・殺すぞ・・・このクソヤロウ・・・オレを舐めんのか?」

エレナ「ベダノア、やめろ!ルセット、謝れ」

ルセット「はあ?何でなんにもしていないのに?」

ベダノア「てめえ・・・マジで殺すぞ」

ルセット「は?さっきからお前、それっばかりじゃん?ひょっとしてバカなの?言語機能に粗野が起きてる?
やれるものならやってみろよ。バーカー」

ベダノアがライフルの安全装置をかちゃりとはずす。

ベダノア「・・・・・・・もういいよなあ・・・メンドクサイし・・・」

ルセットがわざとらしくマスターを呼びつける。

ルセット「マーースーーターー、ベダノアのクソ馬鹿が私を攻撃しようとーしてるーーー私、何もしてないのにーーー」

エレナ「やめろ!!!ルセット!!ベダノアもいい加減にしろ!」


ベダノア「・・・・何もしねえよ・・・ただ・・・このクソヤロウは戦いが終わったら頭蓋骨砕いてションベンかけて殺してやる」

ルセット「・・けっ・」

ルセットがベダノアの足元に唾を吐く。

エレナ「・・・おい・・・・・・・もういいだろ、2人とも・・・」

物凄い形相で睨み合うベダノアとルセット


ルセットのオーナーで石井がマイクで語りかける。

石井「どうしたの?ルセット」

ルセット「なんでもないよ」

ベダノア「・・・・・・・・覚えとけよ、殺すからな」


ルセット「このバカが、うまく言葉しゃべれなくて笑っていただけ、気にしなくていいよこいつバカだから」

ベダノア「・・・バラッバラに解体して便所にクソと一緒に流してやるからな・・・てめえ、マジで・・・クソが・・ぶっ殺してやる・・・・・・あばずれが・・・」


石井「!?え?ちょ?何?」

ルセットはにっこりと蔓延の笑みで笑う。

ルセット「なんでもないよ、マスター♪」



つづく
[ 2010/05/03 19:17 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。