武装神姫 フィギュア劇場 219 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01468.jpg

ぶすぶすと焼け焦げたベース
動く物はなくシンと静まりかえる・・・

zDSC01474.jpg

ガレキにわずかに振動が起きムクムクとp何かが起き上がる。

吉田「ん?」

吉田の筐体にルイーゼのライフが表示される。

吉田「ルイーゼ!?応答しろ!生きていたら応答しろ」

zDSC01478.jpg

ルイーゼ「いてて・・・オーナー?」

吉田「おおおー生きてるかー」

ルイーゼのアームが地面から伸びる。

zDSC01480.jpg

ルイーゼ「な、なんとかね・・・ミサイルが放たれた瞬間、後ろの壁が倒れて盾になったんですよ・・・他の皆さんは?」

吉田「全滅したよ・・・生き残っているのはオマエだけだ」

ルイーゼ「そうですか・・・」

zDSC01481.jpg

よたよたと立ち上がるルイーゼ
片腕を失い、武器も破壊され戦闘能力は残っていない

ルイーゼ「夜帝は?」

吉田「帰ったよ、あのヤロウさんざん暴れまわったら用が済んだのかお帰りなさったよ」

ルイーゼ「手も足も出ないとはこのことですね」

zDSC01484.jpg

ルイーゼはあたりをきょろきょろと見回す

ルイーゼ「あーーあーー派手にやられちゃってるー」

吉田「ケルナもマックスもみんなやられたよ」

ルイーゼ「ふう・・・私が生き残ったのは単に運がよかっただけですね」

吉田「このフィールドではもう生き残っている神姫は君だけだ」

ルイーゼ「・・・・そのようですね」

zDSC01486.jpg

ルイーゼ「オーナー、やっぱり夜帝は強いです・・・・私たちではまったく相手になりませんでしたね」

吉田「そうだな、残念だ・・・・数そろえたからってなんとかなるもんじゃないな」

ルイーゼ「とにかく火力とスピード、探知能力のレベルが違います。相手は一撃離脱に徹した高速戦闘でこっちを完全に振り回してずーと相手のペースでした」

吉田「砲台型とか飛行タイプの神姫とかけっこういたのに、みんな真っ先にそいつら一撃で落とされてしまって何も出来なかったな」

zDSC01487.jpg

ルイーゼ「・・・ふふふ・・なんだか不思議な気分です」

吉田「どうした?ルイーゼ」

ルイーゼ「みーんな仲間が一瞬でやられてしまって私だけ生き残って・・・こうして立っているのですが・・とてもこうなんていうか綺麗なんです」

吉田「綺麗?」

ルイーゼ「真っ暗な空の闇と地面でくすぶり続けている仲間たちの神姫の残骸・・・さっきまであんなに騒がしかったみんながいなくなって、静かになって・・・イメージがすごくクリアです」

吉田「クリア?」

ルイーゼ「今なら分かる・・・・・・なぜ、夜帝が闇夜にまぎれて強襲してきたのかと・・・
私たちは遠足のようにはしゃぎ過ぎました。ここはバトルロンドです・・・
花火のように照明弾を打ち上げて大声で叫んだり無駄な弾を撃ったり、恐怖に駆られて仲間と寄せ合ったり
夜帝からすれば格好の的です」

吉田「た、たしかに騒ぎすぎたかも・・・」

ルイーゼ「『夜帝』か、夜のバトルロンドは彼女の世界だというのはあながち本当ですね」

吉田「はあ・・・やっぱり無理だったか、もうちょっと夜のバトルロンドになれないとなー」

ルイーゼ「夜行性の神姫」

吉田「なんだそりゃ?」

ルイーゼ「夜更かししてでもバトルロンドが好きな不良の神姫のことですよ」




第14章 夜行性の神姫


終わり





スポンサーサイト
[ 2010/02/28 21:56 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 218 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01454.jpg

パアアンンと照明弾が撃ちあがる。

神夜「本当にこいつら何も考えてないな・・・パカパカそんなに撃ち上げたら位置丸見えだろ・・・」


シュヴァルが敵神姫たちを完全に捕捉して、急降下で襲い掛かる。

シュヴァル「機銃掃射を行います、動く物はすべて破壊します」

すらすらと棒読みでシュヴァルはマスターに伝える。
素粒子砲の砲身が妖しく光り、ミサイルのロックを解除する。

シュヴァル「ファイヤ」

zDSC01460.jpg

ルイーゼ「!?ちょ、真上に敵野戦!!!!!」

ルイーゼが叫んだその瞬間。

目の前にいた砲台型神姫が素粒子砲の直撃を食らってバラバラに吹き飛び、ミサイルが頭上を飛び交い。
物凄い轟音と爆発音が鳴り響く

ドッツッガアアアンン!!!

zDSC01458.jpg


マジック・マーケット社製MMS社 サソリ型「ヘアリー」 Aクラス 撃破

オーメストラーダ社製MMS ハイマニューバトライク型「ケルナ」 Aクラス 撃破

カタリナ社製MMS  対空砲台型「キール」 Bクラス 撃破

グループ・ケイツー社製MMS 白忍者型「カエデ」 Bクラス 撃破

ケモテック社製MMS 犬型MMS「マックス」 Bクラス 撃破

カタリナ社製MMS  散弾砲台型「ノレン」 Bクラス 撃破


ずらーと敵神姫撃破の表示がバトルロンドの観戦席の画面に流れる。

観戦していた神姫たちから歓声が上がる。

神姫A「かけええwww大量撃破wwwwwww」 神姫B[6KILLってちょwwwwww」 神姫C「神姫がゴミみたい」 
神姫D「カタリナ社製ミサイルの直撃はマジ泣ける」 オーナー1「夜帝のミサイルと素粒子砲喰らってやられたらしょうがいないとしかいえない」 神姫E「すでに別ゲーwwwwww」
神姫F「大☆爆☆発☆」 神姫G「この距離から6キルwwwwないわーーー」 神姫H「神すぎる」 神姫I「マジぱねえええ」
神姫J「強すぎるだろ」 神姫K「夜帝はやっぱり最強だなwww」

zDSC01463.jpg

ドーーン、ズズン・・・ボゴンン!

シュヴァルは真っ赤に燃え盛るフィールドを悠々と飛ぶ。

夜帝を狙っていた「☆ライブハウスゴッド・クイーン☆ 常連メンバーで夜帝を倒そうYOチーム♪」は一瞬で全滅させられてもけのわからないことを口走る。

吉田「ぎゃあああああ!!!全滅ゥ!?まじかよ!?ええええーー」
林「うそーん」
海野「へ・・・・私の神姫何もしてないのに・・・・」
高崎「はいはい、やっぱりランカー神姫は化け物ですね」
ピーター「MAXッーーーーーーーNOOOOOOOOOOOO!!!!!!]
安野「ひえええ、何も出来なかった・・・あ、ありねない」
中川「集団で固まっているところにミサイルぶち込まれてアボーンwwwwww」
三好「くそう!!メチャ悔しい!!!なんもできひんかったし!!むきいい」
四條「カタリナ社製のミサイル凶悪すぎるわ」

zDSC01466.jpg


シュヴァル「マイマスター、敵神姫をすべて撃破しました。私の勝利です」

神夜はシュヴァルのデーターを見る。

神夜「ノーダメージか、さすが俺のシュヴァルだ・・・オマエこそランカー神姫にふさわしい」

シュヴァル「あまりにも敵神姫のレベルが低レベルすぎます、特に報告することもないので帰頭します」

神夜「ごくろう、今宵の地獄はここまでにしよう」


シュヴァルは勢い良く加速すると、夜の空に吸い込まれ消えていった・・・

シュヴァルの撃破した神姫のデーターが画面に映し出される。

カタリナ社製MMS  散弾砲台型「カリン」 Bクラス 撃破
フロント・ライン社製MMS 戦闘機型「イズナ」 Aクラス 撃破
マジック・マーケット社製MMS コウモリ型「フェル」Bクラス  撃破
オーメストラーダ社製MMS ハイスピードファイター型 「アルド」 Bクラス 撃破
マジック・マーケット社製MMS社 サソリ型「ヘアリー」 Aクラス 撃破
オーメストラーダ社製MMS ハイマニューバトライク型「ケルナ」 Aクラス 撃破
カタリナ社製MMS  対空砲台型「キール」 Bクラス 撃破
グループ・ケイツー社製MMS 白忍者型「カエデ」 Bクラス 撃破
ケモテック社製MMS 犬型MMS「マックス」 Bクラス 撃破
カタリナ社製MMS  散弾砲台型「ノレン」 Bクラス 撃破

戦闘時間 3分21秒 撃破神姫数 10機

zDSC01467.jpg

バトルロンドを観戦していた神姫たちがスコアを見てぺちゃくちゃとしゃべる

神姫A「やっぱりランカー神姫は化け物だわ」 神姫B「こんな神姫倒せる奴いるのかよww」
神姫C「やっぱ同じクラスのランカー神姫同士でないと話にならないんじゃないかな?」オーナー1「たとえば?」
神姫D「神姫センター京橋店の「メリッサ」とかは?」神姫E「いい勝負しそうだけど、夜だったら夜帝の方が強いと思う」神姫F「昼だったらメリッサかな?」
神姫G「南港にいた戦艦型神姫とかも強いよ、マジ半端ない」神姫H「どうだろうねーー」
神姫I「鶴見緑地にたまに現れる狙撃型神姫のええと・・・名前なんていったかな?」オーナー3「えええと・・・ジェンガ?」オーナー2「違う違う!!ジェンガじゃなくてドミノ!ワンシュータのドミノだよ」
神姫A「あーードミノさん、俺知ってる!ドミノさん強いよねー」神姫H「先手取ったらドミノさんが一番強いわ」
オーナー4「日本橋にいるシオンは?」オーナー5「あのメス犬か?ダメダメ!弱いよ」
神姫U「最強の神姫とか、そんなのいないしwww」神姫G「そうですよ、不毛ですね」

オーナー1「でも一番強い神姫って気になるじゃん」神姫F「うん、気になるけどたぶんそんなのいないと思う」
神姫G「状況とか天候とか地形とかによって強さって全然変わるしねー」神姫T「でもさ夜間の戦闘なら『夜帝』が一番強いと思う」


バトルロンドを観戦していた神姫たちは誰が一番強いのか不毛な談義に興奮して話していた。

神姫D「まあ、ぶちゃけるとSSSランクのランカー神姫たちって強すぎて公式のバトルロンドにも出れないし、無制限のバトルロンドでしか活躍できないからある意味可哀想だよねーーー」
神姫S「だってさーこの間ネットで見た公式大会の日本優勝者の神姫、たしかアーンヴァルタイプだったと思うけど、普通のそこら辺にいるSSクラスのランカー神姫に一撃で瞬殺して非難されてたよね」
神姫F「公式大会はSクラスまでしか出場できないのもおかしな話だよなwww強い神姫を決める大会なのに、本当に強い神姫が出れないんだもんなwwwwおかしいだろ」
神姫T「しょせん、公式のバトルロンドなんておままごとさーだってあいつらデータでバトルするんだぜ?」神姫L「まじでクズだな、どうせ厨房とか高房のガキ神姫しか出てないんだろwwwww」
神姫R「公式の非難しちゃだめだよwwあいつら必死で自分は強いって思ってんだから」神姫D「小学生の全国大会って考えたらいいんだよ公式なんて」
神姫F「町工場で働いている業務用の神姫が一番強いってマジ?」神姫S「民間警備用の現金輸送車に搭載されている戦艦型神姫はガチで強いよ。あいつら下手したら戦争に行ったことのある軍用神姫崩れだから」
神姫G「軍用神姫崩れが普通のバトルロンドでたら間違いなく死ぬwww」神姫A「物騒すぎてNG」神姫V「はい規制入りましたーーー」
神姫T「素性のよいおりこうさんの神姫しか公式は出れないんだよ」神姫W「仕事してないニート神姫とかよく公式出て威張ってるよね」神姫R「ニート神姫マジ市ね」
神姫G「俺たち業務用の神姫とか派遣神姫とか必死こいて毎日働いているのに、学生神姫とかニート神姫が公式とかで『私たちが強い!!キリッ』とか言うを軽く殺意覚える」
神姫J「まあまあ、こういう場末の神姫センターにはそういう神姫こないからいいじゃん」
オーナー2「お前らなんの話してんだよ」
神姫A「人間には関係ことだよ」


つづく
[ 2010/02/28 15:09 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 217 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01448.jpg

この戦いはネットでも多くの神姫とオーナーが観戦しており、掲示板に遠慮のない書き込みがずらーーーと並ぶ


神夜はいそいそと自分たちの戦いがどんな風に見られているのか気になって開いてみるが・・・・

内容は最低そのものだった。

すとらーふさん 23歳 神奈川県民 「はいオワタwwwwwwwwうえうえうえwwww」
派遣戦士さん 31歳 富山県民 「SSSランカー超ちゅええええ」
セイレーン型 17歳 名古屋市内在住 「バトル見て軽く吹いたw 相変わらずずっと俺のターンしたくてしょうがないのねwwこれだからステウスはキライなんだよ」
イルカ型 23歳 沖縄県在住 「↑定期的に湧くな、こういうバカ。 調子こいて吹く場じゃねえってのそれにステウスってなんだよ」
魔道士型 20歳 大阪府在住 「ステウス吹いたwwwwwwww」
サラリーマン 24歳 大阪在住「誤字脱字くらい見逃してやれよ」
騎士型 15歳 大阪府在住 「皆さん、喧嘩はやめて仲良く観戦しましょうよ」
天使型 19歳 広島県在住 「↑いい子ぶんな、カス」
騎士型 15歳 大阪府在住 「いい子ぶってなんかいません、みんな仲良くしましょうっていってるだけです」
こひるさん 27歳 奈良県在住 「↑そういうのがいい子ぶってるっていうんだよwwwwうぜえええ」
人魚型 25歳 長崎県民 「騎士型15歳の人気に嫉妬wwww」
魔道士型 20歳 大阪府在住 「ちょっとあんまり苛めないであげて!泣いちゃってるよう」
ウシ型 23歳 岡山県民 「まじでww泣いちゃってるのーーーーひゃっははっははオモシレーー」
廃品回収行業 46歳 奈良県在住 「うえうえへ、泣いちゃってる神姫ちゃんの涙舐め舐めしたいよう」
花型 18歳 神奈川県民 「↑気持ち悪いんだよカス!!殺すぞ」
悪魔型 29歳 群馬県民 「↑通報したwwwwwwwww」
キツツキ型 17歳 長野県民 「↑通報したよーー」
騎士型 15歳 大阪府在住 「みんな、ひどいです、どうしてこんなにも心が荒れているの?悲しいです」
天使型 19歳 広島県在住 「↑オマエまじでムカツクな、バトルロンドであったらギタギタにブチ殺してやるからな、何?いい子ぶってんだよ?マジ調子乗るなよ、俺さーオマエみたいな奴が一番嫌いなんだ。バトルロンドで必ず殺してやるからな」
かたつむり型 23歳 青森県民 「↑こいつ何なの?なにこの雑魚っぽい奴w」
まおちゃおんさん 24歳 仙台市在住 「今日も平和だニャ」
大学生 19歳 K大生 「↑どこがwwwwwww」
高校生 17歳 奈良県民 「確かに平和といえば平和」
メイド型 29歳 鳥取県民 「どーでもいいけど、誰もバトルのコメントしてなくて吹いたwwww」
さくらんぼ型 24歳 静岡県民 「↑この時間だし、真性の気持ち悪い神姫とオーナーしかいないだろ・・・・」
陸上自衛隊下士官 32歳 北海道在住 「言えてるwwwwww」
ダフ屋さん 35歳 東京都民 「早く泣いちゃってる騎士型ちゃん15歳の画像みたいなww」
かっぱ型 29歳 佐賀県在住 「↑気持ち悪いから早く死ね」
トラ型 21歳 福井県民 「ループって怖いね」
戦艦型 27歳 横浜市民 「おまえら関係ないコメントばっかすんな、うぜーんだよ」
天使型 19歳 広島県在住 「↑うぜーのはテメーだ、カスが」
犬型 22歳 愛媛県民 「↑おまえさっきからうっとしいすぎる、オマエが一番カスだってわかってるのか?このタワケ」
天使型 19歳 広島県在住 「↑メス犬が黙れよ」
戦艦型 27歳 横浜市民 「↑何?俺に喧嘩売ってんの?いいよ、いつでも相手になってやるよ、さっさとかかってこいや、この*********」
ドラゴン型 25歳 福島県民 「コメ荒れすぎだろ・・・・なんでいつもこうなるかな・・・・・・」
武士型 23歳 大阪府在住 「所詮、便所の書き込みだってwww気にするんじゃねーよ」
高射砲型 26歳 大阪府在住「このグダグダ感が妙に安心してしまう俺は間違いなく異常」
スピーカ型 23歳 仙台市民 「大丈夫ww俺もだwwwww」
エルフ型 24歳 土佐県民 「グダグダすぎるだろwwwwww」
天使型 19歳 広島県在住 「俺が一番強いんだよ!!カスが!!!舐めんなよ!!!コラァ!!」
種型 28歳 栃木県在住 「↑真性のクズ神姫」
爆撃機型 22歳 岐阜県民 「この天使型、アタマ大丈夫か?」
白夢魔型 21歳 茨城県在住 「電子ドラッグでもやってるのですかねwwwしつこいですねwwww」
騎士型 15歳 大阪府在住 「みんな、嫌いだ」


zDSC01449.jpg

神夜が生中継されているバトルのコメント掲示板を見てため息をつく


神夜「はーーーあーーーー・・・みんな、誰も僕たちのバトルを真剣に見ていないよ」

シュヴァル「気にしてはいけません、マイマスター!あの掲示板に書き込んでいる神姫たちはロクデモナイ神姫たちばかりです」

zDSC01452.jpg

シュヴァルは地上で慌てふためく神姫たちを見る。

シュヴァル「そんなことよりも残っている敵神姫たちをどのように処理しましょうか?」

神夜「なーーんかさ、誰もボクたちのせっかくのバトルを本気で見ていないって思うと急につまらなくなっちゃうたから、さっさと終わらして帰ろう・・・」

目立ちたがり屋で、飽きっぽい神夜は周りが自分に注目していないと分かると急に態度を豹変しだした。

zDSC01455.jpg

シュヴァル(マスターの悪いクセだ・・・飽きっぽいからな・・・」


シュヴァルは敵のいなくなった空を一回りしながら急上昇した。

シュヴァル「では、マスター!最後に急降下爆撃とミサイルによる空襲で終わらせます」

神夜「任せるよ」

zDSC01457.jpg

基地内では残った神姫たちがあーでもないこーでもないと慌てふためいていた。

マックス「NO!!」

カエデ「ま、ますたー!!降参しましょう!!もう勝ち目ないです」

安野「こらこら!!まだ何もしてないでしょ!!あんたは!!!」

カエデ「勝てっこないよ!!SSSクラスの神姫にバトル挑んだ時点でもう負けなんだよう」

ノレン「そんな情けないことよういうなーー!!」

三好「ほんまやで、どーすんね」

吉田「俺に聞くなよ」

キール「グダグダすぎる」

ケルナ「もう嫌だよ、私・・・・」


zDSC01456.jpg

ルイーゼが照明弾を打つ。

キュウウンンン・・・・・パアアンン・・・

ヘアリー「うわ、まぶしい!!」

海野「・・・・・・いまさーふと思ったんだけどさ・・・」

ヘアリー「何?」

海野「この証明弾ってさ、相手の位置分かるけど自分たちの位置もモロバレだよね・・・・・・・」

ヘアリー「・・・・・・・・・・」


ヘアリーはげんなりした顔で答えた。

ヘアリー「・・・うん、そうだね・・・」


ルイーゼ「あれ?夜帝はどこ行った?」

海野「しかも見失っているし・・・・」

ヘアリー「誰だよ、この作戦立てた奴!!!」

吉田「俺だけど?」

海野「よっちゃんかーーバカじゃないの?こんなの敵に自分たちはここにいますよーーーって教えているようなものじゃない!!!!」

吉田「で、でもさ!!夜帝のいる場所も分かるじゃない?」

海野「今、どこにいるのか把握してるの?」

吉田「してない」

ルイーゼ「夜帝・・・見つけられないよう」

海野「・・・・・・・・・」

ヘアリー「・・・・・・・・・」

吉田「お、俺のせいじゃないぞ」

ルイーゼ「私のせいじゃないよ」

ケルナ「・・・なんで私を見るの?やめてよ」

吉田「オマエたちがちゃんと把握してないから!!!こんなことに!?」

カルナ「ちょ、ヒドイ!!!」

ルイーゼ「ごめんなさい・・・・・・」

吉田「で、今どこにいるの?」

ノレン「照明弾がまぶしすぎて上を見れないよう」


吉田「・・・・・・」

海野「さいてー」




つづく
[ 2010/02/27 00:29 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

悪魔型強化開発計画 ? 



zDSC02218.jpg

zDSC02219.jpg

悪魔型を強化開発中です。

ブログの方では触手とランスをつけては?というアドバイスがあったのでやってみました。
また今回、ドールアイを使って義眼のような感じで怖くアレンジしましたが・・・
かなり不気味な感じになりましたww

ここからまだバランス調整とかするつもりですが、カラ^リングをどんな色にしようか悩んでいます。

案としては

? ピンクとパープル
? レッドと光沢ブラック
? イエローと光沢ブラック
? シルバーと光沢ブラック
? ネービーブルー一色
 

とかとかいろいろ考えているのですが、どの色がしっくり来るのか悩んでいます。
なるべく禍々しい感じにしたいですねー

名前とかもまだ決まっていないです。

ジャンクパーツはいろいろごちゃまぜ

zDSC02221.jpg

頭部にドールアイを埋め込みました。
角は山ヤギの角


zDSC02222.jpg

ゾイドの強化ブースターとシス子の十字架キャノンにジャンクパーツでデコデコとつけました。


zDSC02223.jpg

脚部はリボのグレンラガンのジャンク
ガンランスはモンハンから流用

zDSC02225.jpg

胸部はガンダムのジャンクパーツを流用。
ワイヤーカッター的なノリ

zDSC02219.jpg

アルミ線により眼球がぐりぐりとフレキシブルに動きます。
アルミ線は100均にて購入。

zDSC02234.jpg

素体はサード素体を使用。可動範囲が広いです。
椀部の装甲は黒子の脚部パーツの装甲をはずして取り付けています。

zDSC02232.jpg

zDSC02230.jpg

zDSC02229.jpg

ぐりぐりと動きます。

今回の改造は可動範囲を重視しいろいろなポーズやアクションが取れるようにしました。

zDSC02227.jpg

zDSC02226.jpg

zDSC02239.jpg

zDSC02237.jpg

見る角度によっていろいろ表情やイメージが変わります。

zDSC02236.jpg

現在、追加の武装と装甲を作っています。

カラーリングに悩んでいてあんまり進んでいません。

何色にしようかなーーー



[ 2010/02/25 22:28 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(6)

初音 ミク 描いてみたよー 

初音ミク

初音ミクです。

もうすでにコイツのキャラ説明はしないけどwww

ずいぶん前に2年くらい前に描いたイラストで
公式のイラストをトレースして自分風に線とかカラーをアレンジしてみました。

たしか友達に依頼されて描いた奴だったと思う。

初音ミクかわいいくて好きなんだけどねーーー

ぼくは変態さんなので、歌わせるよりも戦わせたり、啼かせたりしたいですね!!


ボーカロイドは歌わせるロボット。

武装神姫は戦わせるロボット。

どちらもか弱い少女を人間の欲望の道具にする背徳感たっぷりでいい感じですね。

何歪んでいる?私がですか?それともこの世界がですか?それとも両方ですか?

まあなんにせよ、どちらも偽りのお人形さんなので、純粋無垢な少女なのがたまらないですよね・・・



2036年には武装神姫やボーカロイドのような「嘘の擬似人格」「超高性能AI」を搭載した道具やお人形さんが一杯いて退廃した世界になって欲しいですねwww


まあ、すでにこの日本ではその兆候が始まっているような気がしますがwwwwwwww


[ 2010/02/25 00:09 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

我が家の砲台型神姫さんたち 紹介 簡易攻略講座 

zDSC01612.jpg

我が家にいるいろんな砲台型の神姫をざーーと紹介します。

いろんなタイプの砲台型がいますが、それぞれ運用方法とか戦い方とかまったく違うので知らずに戦うとえらい目に遭います。


zDSC01608.jpg

対空砲台型MMS「ヴィル・ヴィント」

メイン武装は対空機関砲 連射性能が高いが、すぐに弾切れを起こしたり、高高度の敵には当たらない。
背部にアンカーがあり、安定した射撃を行う際は地面に打ち込んで体を固定する。

zDSC01590.jpg

散弾砲台型MMS 「スラッグ・フォート」

メイン武装は散弾砲 近距離で抜群の威力を発揮する。遠距離でも弾種を変えれば広範囲に弾をばら撒くのでかなり脅威

DSC08953.jpg

高射砲台型MMS 「ツイン・カノーネ」

メイン武装は高射砲 非常に高い攻撃力と貫通力を持つが、連射できないのと機動力が低いのと接近戦にまったく対応できない。安定した砲撃や待ち伏せを行うときはトーチカモードに変形可能。

DSC01938.jpg

ミサイル砲台型MMS 「ナイキ・キュリー」

メイン武装はミサイル ミサイル・システムを搭載した砲台型で高い命中力と攻撃力を持つが、接近戦や敵に発見されたときにまったく対応できない。

DSC06625.jpg

弾道ミサイル砲台型MMS 「スキャッド・コフトツフ」

メイン武装は弾道ミサイル  超遠距離から山なりの弾道を描いて超大型のミサイルを発射できる固定発射型の砲台設備を持つ。武装神姫の中でも最高クラスの攻撃力と命中力、射程距離を持つが、敵に発見され攻撃されると逃げることも防御することも出来ない。

zDSC02337.jpg

重機関砲台型MMS 「ブローニング・ゼルノ」

メイン武装は重機関砲 高い連射性能と対地対空を問わない汎用性、凶悪なまでの制圧攻撃力を持つが重量が重いので機動性が低くまた、長時間の連続射撃を行うとオーバーヒートを起こしてしまう。

zDSC00935.jpg

砲台型MMS 「フォート・ブラッグ」

メイン武装は滑空砲 砲撃時は前方に脚部、後方にスタンドが展開し、銃座型に変形する。
砲台型のスタンダートモデルだが、砲の威力不足で「ドアノッカー」(ドアをノックするだけ)と揶揄されることも



ざっと紹介しましたが。それぞれに得意な距離と運用法と武装が違うので、支援用に使う場合や敵にいた場合はよく考えて行動しないと痛い目にあいます。


得意な距離別に分けるとこうなります。

近距離 

散弾砲台型MMS 「スラッグ・フォート」 対空砲台型MMS「ヴィル・ヴィント」

中距離

砲台型MMS 「フォート・ブラッグ」 重機関砲台型MMS 「ブローニング・ゼルノ」

遠距離

ミサイル砲台型MMS 「ナイキ・キュリー」高射砲台型MMS 「ツイン・カノーネ」

超遠距離

弾道ミサイル砲台型MMS 「スキャッド・コフトツフ」


どの砲台型神姫にもいえることですが、基本的に砲台型は機動力が低いです。攻撃時にはまったく移動できない種類もいます。攻撃するときはその隙を狙ったら効果的です。

しかし、注意しなければいけないのが近距離戦闘が得意な砲台型がいるので、不用意な突撃や近接戦闘を行うと返り討ちにあうので注意。

メインの武装をしっかりと見極めて攻撃すること。何が得意で何が苦手か把握しないと痛い目にあいます。


zDSC01614.jpg


一番厄介なのは複数の砲台型神姫でチームを組んでお互いの苦手な部分や射程距離をカバーし合っている場合です。

特に強固な陣地や高所に引きこもっている砲台型神姫は通常の何倍も厄介な神姫に早変わりします。

皆さんの神姫さんたちはもし、バトルロンドで遭遇した場合、どう対処しますか?

攻略方法、対処方法は神姫の数と組み合わせ、地形や気候天候条件、経験の差や状況により無限大にあります。

いろいろな場合を想定すると面白いかも?


[ 2010/02/24 00:38 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(6)

武装神姫 フィギュア劇場 216 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01435.jpg

アルドは手に持った機関銃をぎゅううと握ると夜帝めがけて引き金を強く引く。

アルド「うああああああ!!!このぉ化け物めェ!!!!!!!」

ドンドンドンドンドンッ


吸い込まれるように闇の中をはぜる曳光弾の一線

zDSC01436.jpg

神夜「シュヴァル!!そいつを落とせ!!」

神夜はぐりぐりっとタバコを灰皿に押し付ける。

シュヴァル「イエス、マイマスター」

シュヴァルはハイ・ヨー・ヨー で余った速度を上昇しあるどの銃撃を回避し、一旦速度を落としとそこから軽く降下しすれちがいざまに素粒子砲を一発放った。

ドカン!!

弾の速度よりも早くシュヴァルは速度を上げて自分が放った弾丸よりも早くアルドの横を通り過ぎた。

アルド「え?ええ?あれ?」

高崎「ば、ばか!!!アルド!!!ブレイク!!ブレイク!!時間差攻撃だ!!!正面にくるぞ!!!」

zDSC01437.jpg

アルド「へ?は?・・・意味が・・・わからな・・・」


ズッガガンッツ!!!

すこし遅れてアルドに直撃する粒子弾。


爆発炎上し粉々に吹き飛ぶアルド。

zDSC01439.jpg


オーメストラーダ社製MMS ハイスピードファイター型 「アルド」 Bクラス 撃破

高崎「お、俺のあ、アルド・が・・・」

ズズズンンウウウウウンン・・・・・・


青緑色の炎を上げてバラバラになって地面に墜落するアルド。


神姫D「ひええーーーお、おっかねええ・・・・」神姫E「時間差攻撃!!」神姫F「なんて機動」神姫G「一撃ですか・・・半端ないですね」
オーナー2「真正面から突っ込んで軽く上昇して速度調節して射軸をずらして一撃か・・・」オーナー3「あえて真正面から突っ込むことで敵を縛りつけたな」
神姫H「真正面から向かってくるから後ろを向いて逃げるわけにもいかないし、かといって攻撃しても抜群のタイミングで見切られて逆に攻撃されるのかー」
神姫J「すれちがいざまに一撃って・・・通り魔すぎる」神姫I「強すぎる!!ランカー神姫かっこいいい!!!」

zDSC01447.jpg

あっという間に迎撃に出た神姫たちがわずか数秒で叩き落とされたのを見て他の神姫たちは怖気づく。

ピーター「This is serious.!!!!!!」

マックス「It is too strong.・・・・・」

カエデ「ひ、ひいいいい!!!」

安野「そんなバカな!!たった数秒で3機の神姫が一瞬で撃破されるなんて!!」

ノレン「わうあうあうあ!!!ど、どないしょマスターァ!!」

三好「う、撃て!!撃ちまくれ!!近寄らせるな!!!」

zDSC01443.jpg

ぼうっと破壊された神姫の残骸の青白い炎の中に姿を表わす夜帝。


キール「ば、化け物め・・・・」

吉田はごくりとつばを飲み込む

吉田「は・・・はっはっはは・・・まさか、噂には聞いていたけど夜帝がこ、こんなに強いなんてなあ・・・」

ルイーゼ「オーナー!!指示を!!」

ケルナ「SSSクラスは・・・あまりにも強すぎて公式の神姫大会に出れないって聞いたことがあって・・・そんなの嘘だって・・・ずっと思ってたけど・・・

た、戦って納得したよ・・・こいつらはふ、普通じゃない」



キュイイイイインン・・・シャカシャカシャカ・・・

シュヴァルのレーダーが真っ赤に光って残っている神姫をすべて捕捉しロックオンする。



神夜「シュヴァル、ミサイルを全弾使用してもいい・・・さっさと終わらせて家に帰ってシャンパンでも飲もう」

シュヴァル「イエス、マイマスター」



シュヴァルのセンサーが真っ赤に光る。


zDSC01442.jpg


シュヴァルはエンジンの出力を上げると超低空で一気に残った神姫たちに向かって突っ込む。

シュヴァル「ミサイル全弾ロック解除・・・目標敵神姫集団・・・・」


神夜「ふふふ・・・贅沢だが、気に入ってくれるよな・・・カタリナ社製の思考性AIミサイルだ
高級品なんだ、喜んで受け取ってくれ遠慮はいらない、確実にプレゼントしてやれシュヴァル」

神夜はくるくると髪の毛を弄くって笑う。


つづく
[ 2010/02/23 00:02 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 215 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01427.jpg

ズゴオオオン・・・

後方でイズナがミサイルの直撃を喰らい大爆発する。

林「ちょ、ちょっと何!?今のは!!」


フェル「ミサイル?」

きょろきょろと辺りを見渡すフェル。遠くの方でチカリと何か光る。

フェル「んんー!?」

目を細めるフェル

zDSC01429.jpg

ズガン!!!ガガガッガン!!!

高熱の青白いエネルギー体が高速でフェルにぶち当たり真っ赤な炎を上げて爆発する。

フェル「うわああああああ!!!!」


マジック・マーケット社製MMS コウモリ型「フェル」Bクラス  撃破

一撃で爆発炎上し大破するフェル。

林「ふぇフェル!!!!」

何が起きたのか分からない真っ暗な空で一瞬何かが光ったと思った次の瞬間には大爆発を起こして燃え落ちる。

ギャラリーの神姫やオーナーたちはざわざわと騒ぐ。

神姫A「おいおい、まじかよ」神姫B「あの真っ暗闇で一撃で当てるかよ」
オーナー1「どんなレーダー装備してんだ」オーナー2「やっぱ夜帝は強いわ、ランカー神姫はみんな化け物だよ」
神姫C「ううーあんな正確で強力な攻撃どうやって対処すりゃいいいの?」神姫D「怖いようマスター」
神姫E「気がついたらドカンだもんな」神姫F「もう強いとかそういうレベルじゃないよね」
神姫G「レーダーとか大事だなってこの勝負見ると本当に思うよ」神姫H「まあ、仮にレーダーあっても倒せなきゃいみないけどね」
オーナー3「夜帝強すぎだろ・・・勝てる神姫いんのかコレ」オーナー4「ステルス機での一撃離脱攻撃? なんにせよ、まず敵としては出会いたくないですね」
オーナー5「チートすぎる」
神姫H「マスター・・・ぼくあんな神姫倒せないよう」神姫I「なんかこういうめちゃくちゃ強い神姫がいるとやる気なくす」
神姫J「SSSクラス半端ねえ」


zDSC01431.jpg

アルド「ひ、ひいい!!ま周りにいた神姫がみんなやられちゃったよう」

すっかり怯えきったアルドは機関銃を振り回して夜帝を探す。

高崎「落ち着け!アルド!ッあわてるな」

アルド「マスター!!マスターー!!や、夜帝はどこにいるの!!見えないよ!!」

ぐるぐると回るアルド

高崎「落ち着け!!」

zDSC01432.jpg

アルド「オオオオ落ち着け?って無理だよぉ!!ばか!
うひい・・・こ、怖いよう・・・マスターァ・・・」

キュウイイイン・・・ドドドド・・・パパッパパン・・・

はるか遠くの方で銃撃戦や爆発音が響く

高崎「アルド、大丈夫だしっかりしろ!!いつもどおりに戦えばいい」

アルド「い、いつもどおおりって・・さっき一瞬で2機の神姫が一発で撃破されたんだよ!
あ、ありえないよう・・はあはあ・・き・・気が狂いそうだ」

かたかたと機関銃を振るわせるアルド

zDSC01433.jpg

真っ暗な闇の夜

ときおり聞こえる神姫の声と銃撃音、星ひとつ灯らない真黒の世界

アルド「なにも見えない」

でも目の前に何かいるような感じがする。
冷や汗がたらりと流れる、本能がヤバイといっている動けない

高崎「どうしたアルド」

アルド「ま・・・マスターァ・・・目の前になにかいるよう・・・・」


高崎「それは幻覚だ!!しっかりしろ」

アルド「で・・・でも・・・」

パカン・・・キュウウウウン・・・

遠くで照明弾の上がる音が聞こえる。

zDSC01434.jpg


パアアアアアアンン・・・・・・・

真っ暗だった空が明るくなる。

アルドの目の前に黒い禍々しい化け物のような神姫が写る。

アルド「ッ・・・は・・・あ・・・・ああ・・」

CSCの鼓動がどくどくと脈打つ。

真っ赤なセンサーが私をじーーーと見つめている。

高崎「アルドぉーーーーー!!!!!」

マスターが私の名前を呼んでいる。

ゆっくりとひどくゆっくりと私の体が動く。

アルド「や、夜帝・・・・」

つづく
[ 2010/02/21 21:52 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 214 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01416.jpg

アルド「マスター!!夜帝は真正面からこっちに向かってきます」

高崎「バカめ!!これだけの神姫の集団に真正面から突っ込むなんて自棄になったのか?」

イズナ「夜帝を完全に捕捉しました。マスター!!機関砲撃ちます!」

四條「この距離じゃあたらないけど牽制くらいにはなるかな?」

イズナが機関砲を構える。

zDSC01417.jpg

アルド「こっちも夜帝を捕捉!機銃を撃つよ!」

高崎「まだだ!距離が遠い!」

アルド「撃たなきゃやられるよ!!マスター」

高崎「でも当たらない弾撃ってもしょうがないだろ・・・」


zDSC01419.jpg

シュヴァルのレーダーにアルドとイズナが捕捉される。

相手のレーダーもこっちを捕らえているようだ。

シュヴァル「敵機捕捉、敵もこちらを捕捉しています」

神夜「進路、速度このまま・・・・・ミサイルロック解除」

シュヴァル「ミサイルロック解除」

zDSC01420.jpg

神夜「よし、前方の飛鳥タイプに向けて長距離ミサイル発射!!ミサイル発射後、エンジン出力最大!!
一気に突っ込むぞ、前方の飛行タイプの神姫をすべて撃墜しろ

1航行戦闘でワンキルワンショットだ!!」

シュヴァル「了解」


ダンダンダンと前方から機関砲をまだらに発砲する敵神姫たち


シュヴァル「間合いが遠い!!!ミサイル発射!!ファイヤ」

真っ黒な闇にぱあと灯るミサイルの噴射炎


zDSC01421.jpg

イズナ「!?ミサイル発射炎を確認!!」

四條「か、回避っーーー!急降下して逃げてイズナ!」

イズナ「で、でもこの暗さじゃじ地面がみえなくてッ・・・・」

イズナは急降下しようと思ったが、まごまごと躊躇していたそのとき

zDSC01422.jpg

イズナの目の前にミサイルの真っ白い頭がずかっと割り込んできた


音よりも早いカタリナ社製の思考性超高性能重ミサイル。
武装神姫が搭載するミサイルの中でも抜群の性能を誇り、命中すれば戦艦型神姫の装甲さえ貫通するほどの強力無比な武装だ。


そのミサイルの鼻っ面が私の視界に写る。

イズナ「あっ」


ロックされたら最後、思考性AIを搭載した99パーセントの命中率のミサイルが地獄の果てまで追いかけてくる。

音速よりも早いそのミサイルの攻撃の前に回避する余裕も防御する暇もないと言われる。

zDSC01423.jpg

ドッグワアアンン!!!!!!

また、祈る時間も悲鳴を上げることすら許されないほどのすさまじい攻撃


フロント・ライン社製MMS 戦闘機型「イズナ」 Aクラス 撃破


四條「イズナ!!!!!!!」

zDSC01425.jpg

ドゴゴゴンンン・・・・・

真っ赤に染まりバラバラに爆発し四散するイズナ

四條「あ・・・ああ・・・そ、そんな」

四條はがっくりと肩を落とし呆然とモニターを見つめる。

四條「な、何も出来なかった・・・」

いきなり攻撃され一瞬で一撃で瞬殺された。
今までこんなことはなかった。イズナは決して弱い神姫ではない、持ち前の機動力で今までどんな攻撃もくるくると回避できていた。

四條ははっと思い出す


自分が今、戦っているのはSSSクラスのランカー神姫であることを

「夜の帝王」の二つ名を持つ「夜帝」であることを・・・・・・・・・

四條「も、もしかして私たちはとんでもない神姫を相手に戦っているのでは・・・・・・・」




つづく
[ 2010/02/21 02:02 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

機動要塞型MMS 開発計画 ? 

zDSC01665.jpg

zDSC01666.jpg

zDSC01669.jpg

機動要塞型MMS 開発計画 ?
機動要塞型MMS 「エア・フォート」

カタリナ社第4軍事開発局が開発中の大型航空兵器をモチーフとした超巨大MMS。
開発中のため詳しいスペック、武装などは一切不明。
カタリナ社は超長距離大型機動MMS機開発計画「B計画」を発足させた。これは大量の武装を搭載して飛ぶことができる大型機動MMSを数種作る計画で、拠点フィールド攻略、長距離侵攻を想定していた。第5軍事開発局から得られた戦艦型神姫や大型神姫などの種々のデータや、運用をもとに設計製作された。
主な運用方法は高高度を航行し圧倒的な量の武装でフィールドに存在する神姫をすべて無差別絨毯爆撃で徹底的に撃滅することを想定している。

名前の由来は「空中要塞」

主兵装

不明

zDSC01672.jpg

zDSC01676.jpg

zDSC01678.jpg

zDSC01679.jpg

zDSC01680.jpg

zDSC01684.jpg

zDSC01685.jpg

GNアームズを3機つなげて製作中です。
アーマードコアアナザーエイジで登場するあの巨大機動兵器をモチーフにしてフォルムを弄って行きます。

GNアームズの武装を取り付けてみましたが・・・重量過多で連結部分がばっきりと折れてしまって現在、重武装による重量問題を検討中・・・
これからさきいろいろ強度などを考えて補強工事を行います。
塗装もまだしていませんが、全身グレーの地味なカラーにします。

BGMはもちろん「アーマードコア2 アナザーエイジ」のOP曲で!!!

バトルロンドではグレネードをマシンガンのように乱射してミサイルを視界が真っ黒になるほど撃ちまくって接近したら大型アームで捕まれてバラバラに引きちぎられるような感じwwww

物陰に隠れるような卑怯者は障害物ごと粉砕www

まあ・・・妄想としてはこんな感じですが


とりあえず、我が家の神姫のなかでも最強クラスの神姫の1体にしたいですね。

現在我が家には

装甲列車型神姫 戦艦型神姫 航空母艦型神姫 潜水艦型神姫 といった大型の神姫がゴロゴロいるので新たに空中要塞型っといった感じでーー

陸・海・空でそれぞれ最強の軍団の旗艦となるような神姫にしたいですね




ではではー次回も改造神姫お楽しみに!!!!

ニコニコ動画って一日中見てても飽きないよね!!の巻き 

zDSC02477.jpg

2010年 2月18日 夜 12時


マスタ「ただいまーー」

シャロン・セイヴァー「おかえりー」

机の上を見るとシャロンとセイヴァーがパソコンの画面を必死で見ている。

マスタ「なに見ているの?」

シャロン「ニーコニコ動画」

シャロン「今日は遅かったねーおつかれーー」

zDSC02478.jpg

マスタ「はあ・・・」

シャロンに膝枕してもらいながらごろごろしながら画面を見ているセイヴァー

マスタ「セイヴァー、だらしないぞ・・・見るならちゃんと座ってみろよ」

セイヴァー「だってーシャロンの膝枕気持ちいいもん♪」

シャロン「ういー」

zDSC02479.jpg

何を見ているのかと画面を見るといきなり猛烈なピアノの弾幕が工事現場の音のようにズガッガガガと鳴り響いている。

マスタ「ぶは!!なんだこりゃ!!」

シャロン「東方ー」

マスタ「カオスすぎる・・・」


zDSC02480.jpg


マスタ「お前らさー俺がいない間ずーとこんな感じでダラダラしているの?」

シャロン「だって暇だもんねー」

マスタ「ナデシコとカノーネは?」

セイヴァー「ゲーセンに行ってる」

マスタ「さようですか」

zDSC02481.jpg

マスタ「セイヴァーとシャロンは行かないのか?」

セイヴァー「外寒いし、シャロンと一緒にごろごろしているの楽しい」

シャロン「ういー」

マスタ「ふーん・・・」

シャロン「次は何見ようか?セイヴァー」

セイヴァー「今日の神姫センターのバトルのライブ中継みる?」

シャロン「いいねーどこの神姫センターのバトルを見ようか?」

セイヴァー「この時間だと、なんば店か心斎橋店の神姫センターに夜帝がいるんじゃない?」

シャロン「夜帝?なんですかそれは?」

マスタ「SSSクラスのランカー神姫の二つ名だったような・・・この間雑誌に載っていた」

セイヴァー「カタリナ社製の夜間重戦闘機で、とっても強いんだよー私は戦ったことないけどなんでも関西でも1、2を争う強さだってさー」

シャロン「ナデシコさんなら勝てますかね?」

マスタ「おいおい、そんなにナデシコを買いかぶるなよwwそんなに強くないだろアイツw」

セイヴァー「うーん・・・そうかな?近接戦闘ならけっこう強いと思うけど・・・・ナデシコって」

マスタ「戦い方が全然違うよ、夜帝は一撃離脱戦闘を徹底した重戦闘機だ、ナデシコは格闘戦重視の軽戦闘機。
設計思想もまったく違うし運用法も違うからなかなか難しい戦闘になると思うよ

例えるならちょうど米軍のP?61と旧日本軍の零式艦上戦闘機かな?」


シャロン「マスターのたとえは全然意味不明です」

マスタ「えーええー」

セイヴァー「まあまあ・・・とりあえず・・・見てみましょうか」

zDSC01414.jpg

ブンと神姫センターのライブ画像が映る。

セイヴァー「おおおー出たーーー」

シャロン「これが夜帝・・・」

zDSC01404.jpg

マスタ「うわ、すごい数の神姫だwwみんな夜中なのにがんばるなwww」

セイヴァー「さてさて・・・どんなバトルを魅せてくれるのかゆっくりと観戦しましょうか」

シャロン「10対1ってすごいですね」

マスタ「冷蔵庫いってビール取ってこよ、柿の種ってまだあったけ?」

セイヴァー「戸棚の奥」

シャロン「さすがwwセイヴァー」

セイヴァー「うるさいなあ」



PCの画面で観戦モードに入る三人


夜はこれからだ。


終わり


[ 2010/02/17 22:48 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 213 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01404.jpg

シュポオオオンン・・・・キュウウウウウウウンン・・・・・・

上空高くをまっすぐ突き進む照明弾そして最高度に達しいと同時にまばゆいばかりの光を放った


パアアアアアアアアンンン

空を見上げるたくさんの神姫たち

フィールド中央の基地に少なく見ても10体の完全武装の神姫が集まっていた。

最初からチームを組んでいたようでチーム名はなんともあからさまな名前だった。


「☆ライブハウスゴッド・クイーン☆ 常連メンバーで夜帝を倒そうYOチーム♪」

参加神姫

マジック・マーケット社製MMS コウモリ型「フェル」Bクラス
オーナー名 「林 美恵」 ♀  22歳 職業 ライブハウス店員

マジック・マーケット社製MMS社 サソリ型「ヘアリー」 Aクラス
オーナー名 「海野 奈々」 ♀  19歳 職業 専門学校生

オーメストラーダ社製MMS ハイスピードファイター型 「アルド」 Bクラス
オーナー名 「高崎 信也」 ♂  24歳 職業 コンビニ店員

オーメストラーダ社製MMS ハイスピードトライク型 「ルイーゼ」 Aクラス
オーメストラーダ社製MMS ハイマニューバトライク型「ケルナ」 Aクラス
オーナー名 「吉田 翔太」 ♂  24歳 職業 工業技術者

カタリナ社製MMS  対空砲台型「キール」 Bクラス
カタリナ社製MMS  散弾砲台型「カリン」 Bクラス  *撃破されてリタイヤしています。
オーナー名 「中川 祐」 ♂  31歳 職業 ボイラー整備士

グループ・ケイツー社製MMS 白忍者型「カエデ」 Bクラス
オーナー名 「安野 明子」 ♀  27歳 職業 システムエンジニア

ケモテック社製MMS 犬型MMS「マックス」 Bクラス
オーナー名  「ジェームズ・ピーター」 ♂  28歳 職業 プログラマー

フロント・ライン社製MMS 戦闘機型「イズナ」 Aクラス
オーナー名  「四條 久美」 ♀ 20歳 職業 大学生

カタリナ社製MMS  散弾砲台型「ノレン」 Bクラス
オーナー名  「三好 政也」 ♂ 26歳 職業 うどん屋店員

zDSC01405.jpg


ピーター「Let's enjoy tonight♪」
安野「I also!!!!!」
マックス「Bowl bowl」
カエデ「もう、はしゃぎすぎよ!!ピーター、マックス」
ピーターはわくわくしながら身を乗り出して安野に抱きついてはしゃぐ
カエデははあーとため息を付く。

ピンと張り詰めたイズナの耳にぽうっと索敵用のセンサーライトが灯る。

イズナ「夜帝を完全に捕捉しました。マスター」

四條「よし、では飛鳥タイプの機動性を魅せてあげましょう。相手はカタリナ社製の重夜戦です・・・
攻撃力、装甲、速度はトップクラスの性能ですが、重武装のため横転性能やロール性能は劣悪です。小回りの効く飛鳥型ならドックファイトに持ち込んで攻撃すれば勝てます!!」

イズナ「はい!!」

zDSC01410.jpg


高崎「ふふふ、今日こそ夜帝を倒してやる!!そして俺がモテモテになるのだ!!」

アルド「意味不明ですよ・・・マスター」
アルドが突っ込みを入れる。

zDSC01406.jpg

キール「よくもカリンを・・・マスター!!カリンのあだ討ちです。あの夜帝を撃墜しましょう!!」

中川「もちろんだ!!今日はいつも一緒にいる常連たちと一緒だ。やっつけるぞーー」

カリンを撃破されあだ討ちを誓う二人。

zDSC01409.jpg

ノレン「うわーーーマスター、さっき、ボクと同型の砲台型が撃破されとるよ!!うわーーーどないするんや」

三好「びびんなやノレン!!大丈夫や!あいつはきっとオマエの身代わりになってやられたんだよ・・・」

ノレン「なんだーーそれーーー!?ボク大丈夫かいな」

三好「しらーん」

頼んでもいないのに漫才を始める2人、関西人である証拠だ。

zDSC01414.jpg

シュヴァルを青白く照らす照明弾。

シュヴァル「敵神姫部隊確認!!!マイマスター!!あのチーム名を見ましたか!?」

神夜「見たもなにもそのまんまじゃないかシュヴァル」

神夜は苦笑する。

シュヴァル「敵は私との戦いを望んでいます!!数は10機!!」

神夜「10対1か・・・どうする?サレンダーして逃げるか?相手は10倍だ、逃げても恥にはらないよ」

くすくすと笑いながらくるくると髪の毛を弄るマスター。すうーーと息を吸うとはーーと深くシュヴァルは息を吐いた


シュヴァル「・・・マイマスター、こんな話を知っていますか?

去年、南港にいる重装甲戦艦型神姫は一度に8体の神姫をノーダメで屠ったそうです。
そしてその神姫は傲慢にも己の二つ名を「最強の神姫」だと名乗った。自分の二つ名を力で持って照明したのです・・・

マイ、マスター・・・・・・・私の二つ名は?」


シュヴァルは氷そうなほどの鋭く冷たい声で問いかける。

くるくると髪の毛を弄っていた神夜の手がぴたりと止まる。


神夜「・・・・・・夜帝・・・夜を統べる帝王だ・・・夜はすべてオマエのモノだ、オマエの世界だ・・・」


シュヴァル「3分です、敵神姫たちは照明弾を打ち上げて私を捕捉したつもりでしょうが・・・・何を勘違いしているのやら、照明弾を上げたことにより、彼らの姿は丸わかりです。

あまりにもお粗末過ぎる作戦・・いやすでに作戦ですらないですね・・・・・・・・」

キュイイイイン・・・シャカシャカ・・・

シュヴァルのレーダーとセンサーが完全に敵神姫を捕捉する。

シュヴァル「自ら処刑の舞台を用意したのです、あさはかな浅知恵の代償は我がカタリナ社製の素粒子砲の喜砲と、重ミサイルの連弾によって殲滅することがもっともふさわしいいですね

なぜ、私が夜帝と呼ばれているのか・・・その二つ名をCSCにしっかりと刻み込んであげましょう・・・・・・」


つづく
[ 2010/02/16 23:43 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

グロザー T-32/Kj (カタリナ社仕様轟雷) 


zDSC02420.jpg

zDSC02427.jpg

zDSC02425.jpg

グロザー T-32/Kj (カタリナ社仕様轟雷)
32式1型轟雷をカタリナ社が改修しライセンス生産を行い、主力FAとしている機体である。

主な違いとして、低価格化の要求に応えるために性能を削って価格を下げため頭部は簡素なタイプに変更され、脚部の無限軌道走行システムはコストダウンのため撤去されており
また肩部装着の砲撃用サブセンサーも撤去されており数段スペックダウンしている。
火器管制ソフトや機体制御ソフトはカタリナ社製の製品に書き換えられており、武装などをMMSのも扱えるようにアタッチメントなどが変更されているなど、細かいところで改修されている。
全体的に性能的には他の轟雷シリーズに比べ明らかに劣り、特に武装面を強化した反動で機動力が低下しており、また命中率、安定性もひどく低下しており
装甲もコストダウンのために一部撤去されているなどとにかく安上がりに大量に作れるようにと、スペックよりもコストと量産性を重視されており、塗装もグレーのみの単色塗装という徹底振りだった。

zDSC02435.jpg

zDSC02436.jpg

zDSC02432.jpg

zDSC02437.jpg

数多くいる轟雷のバリエーションでももっとも粗悪で廉価型であり最悪の劣化型で、搭乗員のことをまったく考慮していない機体で評判は最低で
「弱電」や「棺桶まで安上がり」「コクピットミンチ製造機」「メイド・イン・カタリナ」「負け組み用」と呼ばれ酷評されたが
徹底して追及された低コスト性や量産性、手っ取り早く数を揃えることが出来ることや、数をそろえての物量作戦などではそれなりに使えたので、大量に量産され大量に破壊されて土に帰っていった。

zDSC02440.jpg

zDSC02442.jpg

zDSC02444.jpg

というわけで、設定どおりいろいろな細かい部分が撤去されたり粗悪に作ってみました。
多くの方がカッコイイ指揮官用とかエース用とか強化型とか作っているので自分はあえて、こういった最低の機体を作ってみました。武装は砲子の大砲を2門追加しました。

zDSC02447.jpg

zDSC02448.jpg

zDSC02450.jpg

武装はいろいろ取り外して換装が可能です。

ACの武装やMMSの武装、他のメカニックシリーズの装備などを搭載できます。

武装をすべて取り外すとかなりいかにもwwな量産型のロボットに見えます

zDSC02454.jpg

zDSC02456.jpg

色は前回作った『負け組みスティレット』と同じ色ですので部品の交換とか出来ますw
これも現在開発中の装甲列車型MMSに搭載して艦載機として運用します。

というわけでフレームアームズでした!!!

カッコイイと思ったら負けだ!!!カッコワルイと思わせたら私の勝ちだ!!!!

カッコイイのがカッコワルイ!!カッコワルイのがカッコイイのだ!!!

ピッカピカのスポーツカーのフェラーリやポルシェよりも薄汚れた営業車の白黒カローラやプロボックスの方が数倍カッコイイと思ってしまう俺は異端かなあ・・・・

[ 2010/02/15 22:42 ] 模型 | TB(0) | CM(6)

武装神姫 フィギュア劇場 212 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01390.jpg


シュヴァルが高速で夜空を駆け抜ける。

神夜「対空砲台型神姫とは厄介だな・・・下手に近寄ると蜂の巣にされちまう」

シュヴァル「マスター、しょせん相手は旧式の砲台型神姫の亜種です。臆病になることはありません」

zDSC01391.jpg


ポン・・・・キュウウウウウンン・・・・パアアンン

シュヴァルの後方で照明弾が灯り、黒い夜空にくっきりとシュヴァルの体を照らす。

シュヴァル「!!発見されました」

zDSC01392.jpg

キール「敵機発見!!」

中川「よーーし、対空戦闘開始ーー撃ち方はじめ!!!」

カリンは機銃を構え、散弾砲をシュヴァルに向けるとダンダンと散弾を撃ちまくった。
キールはリアパックに背覆った対空機関砲をぐるぐると回し連射した。

ダガダガダガダガダガッ!!

黄色に輝く閃光弾の線が空を埋め尽くす


zDSC01395.jpg

中川「撃て!!撃ちまくれ!!SSSランクのランカー神姫だぞ!落とせばヒーローだ」

キール「くそ、速すぎる!!!あたらない!!」

中川「それでも当てろ!!」

カリン「敵、反転して正面から突っ込んできます!!」


zDSC01396.jpg

ルイーゼ「!オーナー、正面の対空砲台神姫が夜帝と交戦中みたいです」

吉田「よーし、じゃあ僕らも行こうか」

ルイーゼ「他の神姫たちにもモールスを受信したようで中央のベースに集まってきているようです」

吉田「さて・・・どうでるかな?」


zDSC01397.jpg

ドン・・・・ボオオン・・ドンドンドン・・・

シュヴァルのはるか下で対空砲台型神姫の対空砲の砲弾が爆発する。

シュヴァル「敵砲台型、撃って来ていますがこの高度ではあたりません」

神夜「よし、急降下して機銃掃射だ。素粒子砲で敵の砲台型をつぶせ」


zDSC01398.jpg

シュヴァル「イエス、マイマスター!!」

グオンと機体を滑らせて急降下するとキールたちに砲身を向ける。

シュヴァル「素粒子砲発射!!!」


ぐぐっと照準をぴたりと合わせるとシュヴァルは引き金を引いた

シュヴァル「距離・・・300・・・250・・・200・・撃てッ!!!!!!」


ズバン!!!ズバッバン!!!

素粒子砲とは、粒子にエネルギーを付与し、これを射出する砲である。その運動エネルギー及び粒子自体のエネルギーを以て対象を破壊または消滅させる。レーザーと並ぶ指向性エネルギー兵器の一つで、いわゆる「ビーム砲」の一種だ。

神姫に搭載する武装の中でも強力な火器の一つであり、シュヴァルの砲は3.5ミリの口径を持つ戦車砲クラスの威力があった。

zDSC01399.jpg

パチパチっと遠くの地平線で何かが瞬いた。

カリン「ん?何か光っ・・・・」


ガガガッガン!!!

セリフをすべて言い切らないうちにカリンの体を高熱のエネルギー体が高速でぶち当たり真っ赤な炎を上げて爆発した。


ピーーー カタリナ社製MMS  散弾砲台型「カリン」 Bクラス 大破

キール「カリン!!!」

中川「くそう、一撃かよ!!!!」

キール「て、敵は素粒子砲を装備していますぅ!!?装甲を施した砲台型神姫が一発だなんて・・・」

中川「落ち着け!!やつの砲はカタリナ社製の3.5mm素粒子砲だ!!冷却に問題があるから連射はできないはずだ」

キール「マスター!!!その情報は古いです!!夜帝は改良タイプの冷却砲身付きの素粒子砲を持っています!!連射可能の改良型です」

中川「ええい、ぐちゃごちゃ文句言うな!!戦闘中だぞ」

zDSC01401.jpg

吉田「ルイーゼ、状況は?」

ルイーゼ「対空砲台型が一機、撃破されました」

吉田「早いよ」

カルナ「オーナー!!準備完了だよ、クラブハウスの神姫たちはみんな準備万端だ
いつでも戦える」

吉田「よーし・・・ルイーゼ!!!特殊照明弾発射用意ーーーこの日のために特注で頼んでいた秘密兵器を使うぞ

照明弾の照射時間は3分ッ、カップラーメンが出来上がるくらいの時間で夜帝をこのフィールドにいる神姫全員の集中砲火で叩き潰す!!」

カルナ「そんなにうまい具合にいくのかよ・・・・」

ルイーゼ「3分以内に夜帝を倒せなかった場合は?」

吉田「・・・・・・・・・・・夜の世界は奴の二つ名「夜帝」の名の通り、奴の世界だ・・・
優れた電子装備とレーダーと重火力を持つ夜間重戦闘機に各個撃破され餌食になるだろう。

3分が時間の切れ目だ。やるぞ!!!2人とも!!!」

カルナ「りょ、了解」

ルイーゼ「了解!!!では撃ちます!!」

カコン・・・ルイーゼの背中にすえつけてあった大型のグレネードランチャーが動き真っ黒な夜空に打ち出された


zDSC01403.jpg

シュポオオオンン・・・・キュウウウウウウウンン・・・・・・

上空高くをまっすぐ突き進む照明弾そして最高度に達しいと同時にまばゆいばかりの光を放った


パアアアアアアアアンンン

空を見上げるたくさんの神姫たち


マジック・マーケット社製MMS社 サソリ型「ヘアリー」 Aクラス
オーナー名 「海野 奈々」 ♀  19歳 職業 専門学校生

ヘアリー「!?照明弾!!」

海野「来たわね!!ヘアリー対空警戒!!夜帝が来るよ!!」

オーメストラーダ社製MMS ハイスピードファイター型 「アルド」 Bランク
オーナー名 「高崎 信也」 ♂  24歳 職業 コンビニ店員

高崎「アルド、準備はいいか?」

アルド「はい!!マスター」




ルイーゼ「しょ、照明弾!!!打ち上げ完了!!!」

吉田「よーし!!!やるおぞおおお!!!!!」


つづく
[ 2010/02/14 21:37 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

やっべーーー今日だけで6000円くらいボーダーブレイクしちぃまったwww 

zDSC02401.jpg

はい、今日は高校時代の友達と一緒に梅田に朝の9時からゲーセンに行って一日中ずーとボーダーブレイクしていましたよ。

無制限の連コ台があってねー・・・・そこでずーと調子に乗ってやっていたんですが、なんかもう恐ろしいことに・・・
しかもBランクに昇格して入水自殺とか手榴弾が跳ね返って自爆とかそんなんばっかで降格したりwww
そんでもってまたBランクに上がってそしてすぐ降格!!!
あはっははは・・・・
ちなみに、機体の組み合わせは現在、クーガー?型フルになっています。あんまり使っている人みませんね・・・
友達はシュライクフルです。B3クラスなので微妙にマッチングしない。

しかし、ボーダーブレイクは恐ろしく金の減るのが早いゲームです。

はまるとかなり危険です。でも狙撃とかで相手の脳天をぶち抜くのは楽しいです
重火の榴弾砲で塔とかプラントに群がっている敵をごっそりと吹き飛ばすのキモチいいです。
強襲のソードですれ違いざまに斬るのかこいいです。
支援の地雷でいろいろといやらしいトラップしかけるの楽しいです。

あーーー上の画像は今日、ボークスで買ってきたクガさんです。
とりあえず、自分が今使っているカラーにしようと思います。

全身グレーの地味な色に・・・・


いろいろカッコイイ色とかあるんだけど、自分は地味な色が好きですねーーー

[ 2010/02/14 01:42 ] ボーダーブレイク | TB(0) | CM(4)

新兵、傾注せよ!!ガイドブックだ!! 

zDSC02400.jpg

というわけでボーダーブレイクのガイドのブックです。
いろいろな画像やデータが載っていてボーダーは必見です。


この間の土日にB5クラスになりました。

ステージは第3採掘島 ?塔上の攻防?だったんですが・・・
なんかもういろいろとひどかったです。

いつも塔の上で狙撃でスナイプしていたので、地雷とか榴弾砲とか喰らいまくってすごくおいしいです(^q^)

仕方ないので強襲で行ったらなんかもう乱戦でめちゃくちゃww

明日も友達と一緒にボーダーに行くのですが、また結果報告しますー


ところでどーでもいいけど、この記事番号「666」です・・・・


不吉だ!!!サターン光臨するかな?

間違えてサターンロケット降臨とかwww

[ 2010/02/13 01:10 ] ボーダーブレイク | TB(0) | CM(0)

シャロンさんとおしゃべりしてみる!!の巻き 



マスター「今日は我が家の魔道士型神姫のシャロンさんといろいろおしゃべりしてみようと思います」

zDSC02515.jpg

魔道士型MMS 「シャロン」 Cクラス


シャロン「いろいろおしゃべりって困りますねーいきなり何かしゃべれって言われても」

マスター「まあまあ、普通に世間話でもいいからさー」

シャロン「だいたいなんで私なんですか?」

マスター「なんとなく近くにいたから」

シャロン「・・・・・・マスターって女の子にモテナイでしょう」

マスター「なんでいきなりwwwそんなことww」

シャロン「こういうときはですね、嘘でもシャロンが可愛いからだよとかさーーーいろいろ女の子をほめるようなことを言うでしょ?」

マスター「はいはい、そうですね悪かったですね」

zDSC02516.jpg

マスター「じゃあさ、シャロンはさ可愛いねとか綺麗だねって言われたら喜ぶの?」

シャロン「ううん、喜ばない」

マスター「はあー?」

シャロン「だって、私あんまりおしゃれとかそういうの興味ないもん」

マスター「ですよねー全身真っ黒な服着ててサービス精神のカケラもねんもんな、オマエ」

シャロン「他の神姫がおかしいんですよ。なんですか?へそだしたり短いスカートはいて足みせたり、ショートパンツ履いてオシリぷりぷりさせたりして・・・見せびらかすような服装ばっかりで・・」

マスター「オマエ意外とそういうところ硬派だな」

シャロン「はしたないですよ!!女の子が!!」

マスター「確かに言われてみれば、他の神姫ってけっこう露出高い服とか装備多いなあ・・・」

シャロン「私はそーいうのキライです」

マスター「ふーん・・・じゃあちょっと話変わるけどさーオマエって好きな異性のタイプとかあるの?」

シャロン「あー私、恋愛とかそーいうの興味ないですから」

マスター「へーなんで?」

シャロン「私、基本的に自分以外の他人って信じてないですから」

マスター「おおおーぶっちゃけ発言きたーーー」

シャロン「人を好きになるってことは、その人を信じるってことだと私は思うの」

マスター「ふむふむ」

シャロン「でね、家族に対する「好き」友だちに対する「好き」はあるんだけどね、恋愛に対する好きはまた違うの」

マスター「それは分かる」

シャロン「相手と話したい、一緒にいたい、一緒に遊びたい、良く思ってもらいたい、見たい、知りたいってのが恋愛のキモチだと思うんだけど

それって面倒くさいない?」

マスター「うわーーーぶっちゃけた」

シャロン「正直な話、私は現状の自分でなんか満足しているの、だから好きな人と一緒にいたいとか欲しいとか思わないの」

マスター「うんうん」

シャロン「ぶっちゃけると・・私、ずーと好きな人いなくてもいいと思ってる。別にさびしいって感じないしなんかどーでもいいやって」

マスター「分かったわ、お前がなんでおしゃれとか可愛い服を着たいとかそういう気持ちがないのか」

シャロン「つまりそういうことになるね」

zDSC02517.jpg

マスター「おまえってなんかあんまり女の子って感じがしないなあ・・・」

シャロン「そうだねーというかカノーネとかナデシコはけっこう女の子だと思うときがあるねー」

マスター「ううん、そうかな?」

シャロン「ナデシコなんかけっこう女の子だよー気の強い女の子って感じかな?」

マスター「ふんふん」

シャロン「セイヴァーはなんか子供だね・・・お菓子とかいっつもつまみ食いしてるし
カノーネは・・・やっぱり一番落ち着いているけどなんか行動とか考え方がおばさんくさい」

マスター「ひでええw」

シャロン「やっぱ、私が一番女の子らしくないかも・・・知れない?」

マスター「いいのかよwwそれで」

zDSC02520.jpg

シャロン「・・・・・いいんじゃないのかな?めんどくさいし、それに私のこと好きな人いないしー」

マスター「そんなことないよ、俺はけっこうオマエのこと好きだよ」

シャロン「どこが?」

マスター「その面倒くさがりなところとちょっと変わってるところ」

zDSC02526.jpg

シャロン「・・・本当に?」

マスター「おまえは俺のこと嫌いか?」

シャロン「い、いやあ別にキライじゃないけど、でも好きじゃない」

マスター「なあ、シャロン」

シャロン「なんですか?マスター」

マスター「俺も少し前はオマエと似たような感じの考え持っていたんだ。
確かにオマエのゆうとおり、誰かを好きになったりすることって面倒だしいろいろ大変だと思う
でも、なんか困ったときとかさ、つらいときとか悲しいときにあったときにそばに誰かいてくれると安心するじゃないか」

シャロン「・・・・・・それが私たちのような偽りの人形や存在でも?さびしくないですか?それって」

マスター「一番さびしいのは、やっぱり一人ぼっちでいることだと思うよ・・・」

シャロン「ふっ・・・マスターはーさびしがりやで甘えんぼさんですね、そーいうとこキライじゃないよ」

マスター「・・・ちょっとぶっちゃけすぎたかな?」

シャロン「うん・・・私もマスターもね」


おわり
[ 2010/02/11 23:06 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 211 

第14章 夜行性の神姫

zDSC01374.jpg


カルナのレーダーに妖しい影がちらりと写った。

カルナ「!!オーナー・・・11時の方向に反応有り・・・距離1300、速度600・・・ちらりとだけど反応が」

吉田「奴だな、よしカルナにルイーゼ、2人とも戦闘態勢に入れ」

カルナ「くうーーードキドキしてきた」

ルイーゼ「準備万端です」

吉田「よーし、やるぞおお」


zDSC01375.jpg

真っ黒な空を高速で航行する一つの黒い影

禍々しい鋭いフォルムに神姫サイズもある凶悪な大型のミサイルをぶら下げて悠々と高高度を飛ぶ神姫

カタリナ社製MMS 夜間重戦闘機型「シュヴァル」 SSSランク 二つ名 「夜帝」

オーナー名 「神夜 晃」 ♂  26歳 職業 ホスト


オーナーである神夜は自慢の銀髪をくるくると弄くりタバコを吸いながらモニターを見つめる。

神夜「・・・・・・なあ、シュヴァル」

シュヴァルは透き通るような声で即答する。

シュヴァル「なんでしょうマイマスター」

神夜「今日も魅せてくれるのかい?君の夜を・・・・」

シュヴァル「はい、今日もこの空の夜は私の世界です。このすべてを飲み込むような真っ黒な何もない世界に・・・
描きましょう。一瞬の戦いの煌きの閃光と輝きを・・・・・・・」


神夜「今日も・・・よい夜になりそうだ・・・」

シュヴァル「マイマスターにグッドナイトを」

神夜がすっと手を差し出し指示をする。

神夜「行け・・・シュヴァル、君はこの夜の空の帝王だ

魅せてくれ、君の力を」


シュヴァルのモニターセンサーがブンと真っ赤に染まる

シュヴァル「イエス、マイマスター」


zDSC01378.jpg

蛍光灯の近くで警戒する2機の砲台型神姫

カタリナ社製MMS  対空砲台型「キール」 Bクラス
カタリナ社製MMS  散弾砲台型「カリン」 Bクラス

オーナー名 「中川 祐」 ♂  31歳 職業 ボイラー整備士

キールのレーダーにちらりと機影が写った。

キール「!!敵機発見!!距離500!!マスター!!」

中川は夜食のおにぎりを頬ぼっていた最中でごほごほとむせながら2人に指示を行う。

中川「え!?な、ごごほごほ・・げっほ・・んぷ・・・な、なんだって?敵機だって?
対空戦闘用意ッツーーええい、機種はなんだ!?」

キール「分かりません、機種不明!!」

カリン「照明弾でも打ち上げますか?」

中川「うむ、照明弾上げろ!!」

カリン「了解」

カリンは砲身に照明弾を詰めると、ポンと乾いた音を発して真っ黒な空に打ち上げた。


zDSC01379.jpg


ポン・・・キュウウウウウウンンン・・・パアアアアンン


真っ暗だった夜空が瞬く間に明るく照らされる。

ゾッゴオオンッ!!!

高速でカリンとキールの真横をかっ飛ばすシュヴァル。

キール「うわあっ!?夜間重戦闘機!?」

カリン「あの機体は・・・・」

中川が手に持ったおにぎりをぼとりと落とす。

中川「カタリナ社製の夜間重戦闘機!!ブラック・セイヴァー!!!夜帝だぞ!!」


シュヴァルが横目でキールとカールを一瞥する。


シュヴァル「マイマスター、砲台型MMSを確認、AAGUN搭載の対空砲台型です」

神夜「よし、排除しろ」

シュヴァル「イエス、マイマスター」

zDSC01380.jpg

中川「カリン!モールス信号でフィールドにいる仲間に空襲警報を出せ!ポイントDにて敵夜間戦闘機発見、対空戦闘用意!!こっちも迎撃の航空神姫を出せって」

キール「敵野戦反転!!!こっちにきまーす」

中川「撃ち落とせ!!撃墜しろ」

キール「照明弾が落ちます!!次弾撃ちますか?」

中川「撃て!!奴を見失うな!!」

キール「了解」

カリンがモールス信号でフィールドにいる神姫に連絡をまわす


― ―・・― ― ―・・― ― ―・・― ― ―・・―

トントンツーツートントントンツーツー

中川「12時ぴったり!!出やがったな夜帝めっ・・・・今日こそ撃墜してやる」

キール「照明弾撃ちます」

中川「撃て!!」

zDSC01382.jpg

ポン・・・キュウウウウ・・・パアアンン・・・・


真っ暗な夜の空を明るく照らすが・・・夜帝の姿は見えない。

キール「敵機ロスト!!見失いましたァー」

中川「探せ!!!何をしているバカタレ!!」

カリン「マスター、各神姫に通達しました。準備万端です」

中川「よしよしーいいぞー後は奴が飛び込んでくるのを待つだけだ」

ゴオオオンン・・・・・・


シュヴァルのエンジン音がどこからともなく夜空に響いてくる


キール「奴は高高度を飛行中!!雲海がじゃまをして見えませんー」

中川「くううう・・・まだだ撃つなよ!!こっちが撃てば位置が丸分かりだ」

zDSC01383.jpg

シュヴァル「マイマスター、敵神姫からモールス信号の発信を確認しました。
内容は不明ですが・・・」

神夜「ふむ、どうやら僕らは相当嫌われているみたいだね・・・仲間を呼んだか・・あるいは・・・」

シュヴァル「レーダーには敵の迎撃機の反応はありません。あの砲台型神姫を先に叩きます」

神夜「よし、気をつけてな」

シュヴァル「イエス、マイマスター」

zDSC01385.jpg

ギュンといきよい良く加速し一直線に砲台型神姫に向かって反転するシュヴァル

高高度を雲海を隠れ蓑に見つからないように航行する

ポオオン・・・はるか下の空で照明弾が撃ちあがる

zDSC01387.jpg

シュヴァル「照明弾、確認・・・敵の位置を把握しました」

神夜「武装はミサイルを使うな、素粒子砲を使え!!」

シュヴァル「イエス、マイマスター」


つづく
[ 2010/02/11 00:36 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

妹も武装神姫オーナー 

ayaka.jpg

今日は私の妹2号の神姫を紹介です。

私の妹2号は神姫オーナーです。現在、高校一年生でバトルロンドを1年前からやっていたり、気がつくと机の上には武装神姫がいたりとか・・・

なんか、可愛い女の子とか男の子が好きみたいで・・・武装神姫もクラブの女の子の間では割と知名度あるみたいです。


そこで、妹2号にマイ神姫を描いてってリクエストしたらこんなイラストが帰ってきましたよw

バトルロンドではフブキさんと種子と花子、黒白子と白黒子、白子と黒子とハウリンとムルさまを育てているようで・・・

黒白子をイモリと呼んでいたりなかなか通ですねー

てか、俺より絵がうまいのでちょっとくやしいですねーーー

そしたらムルさまが妹の言葉を代弁して「雑魚め」ってwww描きやがったwww

むっきーーー!!!

改造とかそういうのはあんまり興味ないようで、普通に公式の神姫が好きなそうなんだとか

一番好きな神姫はムルさまらしい。妹の脳内では男ぶっている女の子らしい・・・・

脳内設定をしっかりと作っているあたりがなんとも・・・・・




さて・・・これからじっくりと尋問をはじめようか・・・ 

連邦軍制服尋問


UC:0079  2月8日・・・

サイド2宙域にてサラミス級巡洋艦の艦長だった私は乗艦をジオン公国軍の機動艦隊に拿捕された。

敵のジオンの豚どもはまさしく豚以下のクソヤロウだった。

海賊同然の下種な男の集団は私を安物のパイブ椅子にガムテープでめちゃくちゃに縛りつけると、私を舐めつけるな視線で低俗な本能丸出しのオスのセリフをたたきつける。

てな感じでつづきが気になる人は

以下いろいろと危険なので注意・・・





[ 2010/02/08 22:13 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

地球連邦軍女性士官制服!! 

連邦軍制服-gennga

唐突ですが、機動戦士ガンダムに出てくる地球連邦軍の女性士官の軍服を描いてみました。

私は制服大好きでして・・・

私服よりも制服とかをぴっちり着ている女の子とか大好きです。

セーラー服とかブレザーも好きだけど・・・やっぱり軍服がいいですね。

昔の戦争中の軍服、旧日本帝国の軍服とか旧ドイツの国防軍とか旧ソ連の政治将校とかあのたぐいが好きです。

ガンダムではジオンの服はあまりにも前時代的すぎてというか派手派手すぎてあんまり好きじゃないです・・・

軍服は地味でなけれヴあいかないのですよ。

そんなわけで私は連邦軍の一般将校の軍服を・・・

衣装はMS IGLOOの設定を参考に再現して描いてみました。

妄想設定として 地球連邦軍 士官 カタリナ・リナ少佐 24歳ってな感じで・・・

所属はサイド2駐留艦隊所属のサラミス級巡洋艦「オオサカ」とかそのあたりでww

まだ原画として仕上げただけですが・・・


色は地味なカーキにしようと思います。


ところでなぜ唐突に紹介したのかというと・・・

現在、仕事から帰ったり休みの日にちょくちょくこの女のマンガとかイラストを描いているからです。
同人誌というか・・・エロマンガてきなモノを描いているのですが・・・・

自分の悪趣味全開のかなり危険な話を描いているですが・・・皆さん興味あります?


戦争で捕まった女性士官とか、尋問とかみんぞくじょーかーとか、強制***とか、おれのめすにしてやるーとかとか




[ 2010/02/07 23:15 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 210 


第14章 夜行性の神姫

zDSC01360.jpg

夜のステージで繰り広げられる激戦

ステージのあちこちに点在している電灯を頼りに神姫たちが戦いを行う。

zDSC01362.jpg

マジック・マーケット社製MMS コウモリ型「フェル」Bクラス

オーナー名 「林 美恵」 ♀  22歳 職業 ライブハウス店員


フェル「へっへーーん、敵機撃破したよー美恵ー」

林「おつかれ、あいつは見かけたんか?」

フェル「あいつって夜帝のこと?」

林「うちのクラブでも噂になってんでー、なんでもあいつのマスターって超イケメンのホストって噂やでーー
超きになるやんかーもうーーー♪」

フェル「へーーーそうなんだーそいつは知らなかったなー」

zDSC01363.jpg

きょろきょろとあたりを警戒するフェル

フェル「まあ、夜帝のマスターが美系のイケメンだったとして・・・夜帝はあんまり会いたくないなー」

林「どーして!超カッコイイって噂なんだよー」

フェル「もう、美恵は相手のマスターのことしか頭にないの!!相手はSSSランクの超大物神姫だよ!私みたいなBクラスのザコなんか一瞬でやられちゃうよ・・・撃墜されるよー」

林「私もSSSクラスの美系のイケメンマスターに撃墜されたいwww」

フェル「だめだ、こりゃ」

zDSC01364.jpg

フェルは大きな翼でばっさばっさとフィールドを飛ぶ。蛍光灯の薄く青白い光がフェルを照らす。

フェル「でー美恵、夜帝にあったらどうすればいい?」

林「そんなの決まってるジャン♪倒しちゃえ倒しちゃえ♪」

いとも簡単に楽勝で倒せそうなノリにフェルは吹き出す。

フェル「ぶはw美恵のそういう軽いノリ大好きだけどさーーーもうちょっと作戦とかないの?」

林「んんーーーーー実はこの戦いが始まる前にさー隣の作業服着たアークとイーダタイプのオーナーのにーちゃんに声かけてさーーーー
ちょっとした作戦立てているんだー隣のにーちゃんも目的は一緒みたいだし」

フェル「何々?共同でチーム組んで夜帝倒すの?でも正直な話・・・2、3人集まったところでどうにかなるもんじゃ・・・」

林「むふふふ♪たしかにちょっとやそっと集まっただけじゃあ、夜帝にはかなわないかもねーー」

フェル「まーーたーなんかたくらんでるな」

林「まーーねーーー」

によによと笑う美恵、フェルはフィールドをぐるりと見渡しあることに気がつく・・・


フェル「アッ!!!こ、これってちょっとちょっと美恵ーーーー」

林「今日は特別なのさ♪派手に騒ごうじゃない!YO!!」


zDSC01365.jpg

ひゅんと空を駆ける、ルイーゼ

ルイーゼ「時刻はもうすぐ午前12時だよ!!オーナー」

吉田が腕時計を見る。

吉田「・・・・夜帝は出たか?」

zDSC01366.jpg

ルイーゼは特注のセンサーバイザーでフィールドの空を探索する。

ルイーゼ「うっすらとですが・・・・上空1100のところに高速で移動する影がちらりと一瞬映りました」

吉田「機種は分かるか?」

ルイーゼ「かなり大型の神姫ですね・・・」

カルナが顔をしかめて言う。

カルナ「戦艦型神姫か?昨日は戦艦型神姫の爆撃艦隊が夜間爆撃を行ってフィールドがめちゃくちゃになったんだぞ」

吉田「いや、それはないだろう・・・戦艦型神姫ならデカイし航行するときにバカでかいエンジン音が聞こえるはずだ。それに単艦で高高度を移動しているのも妙な話だ」

ルイーゼ「機種までは分かりませんが・・・ステルス機であることは間違いないですね」


吉田「・・・・そいつを捕捉できるか?ルイーゼ」

ルイーゼ「んー・・・むずかしいですね、速度がかなり出ているし、それにだいたいこのあたりにいるくらいしか・・・」

zDSC01367.jpg

カルナがいきり立つ

カルナ「あーーーんもう!!めんどくさいなあ!!ちゃちゃっと照明弾を打つ上げちゃおうよ」

吉田「ダメだ、タイミングをはずすとかえって逆効果だ」

カルナ「しかし、このまんまじゃ先手取られてしまうぜ?」

吉田「いいじゃないか・・・この際、奴にあえて先手を取らせてやろう」

カルナ「どーいうこと?」

zDSC01369.jpg

ルイーゼ「夜帝はカタリナ社製の夜間重戦闘機型ですわ。重武装、高速航行、重装甲の非常にデラックスなカタリナ社らしい可変神姫ですけど・・・
弱点もあって重量級の機体のため旋回性能は劣悪で、ドックファイトを挑まれると、どうしても大回りになってしまって横転性能も鈍いから一航行戦闘の一撃離脱戦法に徹した戦い方が鉄則

つまり・・・」

吉田「つまり、奴は一旦飛び込んだら進路を急変更するのは難しい、そこを狙っていくのさ」

カルナ「なるほどなるほど・・・」

zDSC01372.jpg

カルナはバイザーに装備されているセンサーであたりを警戒する。

カルナ「しかし、いやだねー相手をただ待つしかないってのがさ・・・」

吉田「なーーに、心配しなくても奴は必ずくるさ」

カルナ「時間は?」

吉田「ん、現在時刻は11時59分・・・・」

カルナ「・・・後、1分か・・・」

吉田「2人とも、レーダーの感度を最大限に上げろよ、夜帝はステルス機だがうっすらとだがレーダーに反応する
奴がフィールド中央ラインのベースに入ったら手はずどおりやるぞ」


カルナ・ルイーゼ「了解!!」


つづく
[ 2010/02/07 21:12 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 209 

zDSC01352.jpg

シュッパアンン・・・・・

真っ暗な夜の基地に照明弾が放たれて、一瞬だけ明るく照らしだしたのちにまた元の闇へと戻る・・・

2040年 

神姫センター なんば店

大阪の南に位置するこの神姫センターでは関西でも激戦地区のひとつだ。
難波はミナミの中心と言え、梅田周辺のキタと並ぶ大阪の二大繁華街である。そのため昼夜を問わず数多くの神姫が激戦を繰り広げていた。

zDSC01353.jpg

ステージ名「ナイト・ベース」

真っ暗闇に染まる夜の基地を舞台に夜戦が得意な神姫が集まり夜明けまで戦い続けるオールナイトステージ

夜の10時から明け方の5時までぶっとおしで行われる激戦である。
神姫センターにいる神姫中が総出で参加する大バトルロンドである。


現在の時刻は午前12時


戦いが始まってすでに2時間が経過しておりあちこちでバトルが繰り広げられていた。

yakousei nosinnki


zDSC01354.jpg

「敵機発見」 「砲台型神姫撃破しました」 「だれか偵察をお願い」 「了解した」 「敵だ!!」 「ど、どこ?」
「マスター、指示をください」 「むやみに動くな」「レーダーロスト」 「発光信号確認」「うわあああ」「敵撃破」
「スキルポイントが足りません」 「敵機撃破」「敵機撃破」「敵機撃破」「弾がない!!弾を・・・」「敵機撃破」
「援護を頼む!」「ミサイルだ!!!」「戦闘思考フェイズ1 相手の出方を見ます」「うあああ」「砲撃成功!敵機撃破!」
「やった!敵機を撃破!」「武装データ照合、攻撃パターン予測完了」「くそう、真っ黒でなんもみえねえ」「しまった、なんてこと……補足できない……」
「連続撃破!調子がよくってよ!」「敵機撃破」「こ、この私が負けるなんて!」


戦場に流れる無線の数々。

ぱっと光るその中の一つ一つに意味がある。

zDSC01355.jpg

シスター型「砲撃するよ!気をつけてね」

ズドンと敵のいる方向に向けて砲撃するシスター型

zDSC01356.jpg

サソリ型「「砲撃くる!?注意して!」

マスター1「レーザー砲撃だ!!逆探知してミサイルをぶちこんでやれ!!」

サソリ型「了解!!」

zDSC01358.jpg

ズズン・・・ドオオオン・・・ボボボボン・・・・


漆黒の戦場を駆ける2機の白い神姫

オーメストラーダ社製MMS ハイスピードトライク型 「ルイーゼ」 Aランク
オーメストラーダ社製MMS ハイマニューバトライク型「ケルナ」 Aランク

オーナー名 「吉田 翔太」 ♂  24歳 職業 工業技術者

ケルナが銀髪をたなびかせて軽やかに夜の空を駆ける。

ケルナ「ルイーゼ、そっちのレーダーに反応は?」

ルイーゼ「反応なし・・・オーナー、噂のランカー神姫はまだこの戦場にはいないようね・・・」

ルイーゼとケルナのマスターである若い青年がモニターを見る。

吉田「うーーーん、どうだろうね?あの神姫はたしかカタリナ社製のステルス神姫だっただろ?レーダーに映っていないだけで本当はもうこのステージにいるのかも」

ルイーゼ「でも、それらしい動きはなくってよ」

ケルナ「オーナー、もうすこし様子を見たほうがいいと思う」

吉田「時刻は?」

ルイーゼ「・・・午前12時・・・いえ、11時50分ですわ」

吉田「奴は・・『夜帝』はいつも決まって日付の変わる午前12:00ぴったりにいきなり現れるんだ。
SSSランクの超大物神姫だ。何を考えているのかさっぱりだ」

ケルナ「それにしても・・・夜の帝王、夜帝とはずいぶんと大層な二つ名ですわね」

ルイーゼ「カタリナ社製の夜間重戦闘機型でしたっけ?夜間戦闘に特化した専門のステルス神姫・・・今まであの神姫に撃墜された神姫の数知れず・・・」

吉田「でも、その夜の帝王も今日限りだ!!お前たちに装備させた特殊武装で奴をひきずり出してやる」

ケルナ「ふふふふ楽しみだ!オーナー!!!」

ルイーゼ「ええ・・・あの夜帝を撃墜したとなれば、雑誌に載りますわよ」

吉田「保険もいろいろかけてるしな・・・あとは奴が出てくるのを待つだけだ・・・」

つづく
[ 2010/02/06 18:59 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

よくあることの巻き 2 

dDSC01210.jpg

マスターがお風呂から出てきた。

マスター「あーーー今日もいろいろ大変だったよう。みんなは何してたの?」

シャロン「うに?私はー今日は一日ずーとオンラインゲームしていたよー」

マスター「一日中ずーーとオンラインゲームですかwwww」

シャロン「そうだよー」

マスター「なんのオンラインゲームやってるの?」

シャロン「なんか女の子育てて勝手に戦わせる奴」

マスター「あえて、突っ込まないよ俺は」

シャロン「ういー」

dDSC01211.jpg

マスター「ナデシコ、おまえは?」

ナデシコ「俺はーーー今日はトンビと喧嘩してた」

マスター「トンビ!?」

ナデシコ「「ピーヒョロロロロ…って鳴くアイツだよ!!あのヤロウ、俺がカラスのヴォケどもを町内会から追い払ってからさー俺の縄張りにちょくちょくちょっかい出してきやがるんだぜ?」

セイヴァー「バカですね。本当にバカですよ!!ナデシコは!!」

ナデシコ「うるせー、びびりが!!」

dDSC01215.jpg


マスター「オマエ!!さっき!!俺のことをガキってバカにしてたけど!!オマエのほうがガキどころか野生の動物じゃねえか!!!」

ナデシコ「うるせえ!!タコ!!じゃあ、オマエ、俺と同じサイズになってあのトンビと喧嘩できるのか?
あいつ、けっこうでかくて強いんだぞ!!
ネットで調べたらタカの仲間って書いてあったしさー」

マスター「喰われてもしらんぞ」

セイヴァー「よくあんな大きな鳥に喧嘩売れますわねナデシコ・・・私たちのサイズから見るとあの鳥はドラゴンと同じくらいのサイズですよ・・・」

ナデシコ「なーに、リアルモンハンみたいなもんだよ。今度はパピューアとか呼んでドックファイトかましてやる!!カノーネ!!おまえも高射砲であのトンビ野郎を叩き落とせ!」

カノーネ「バカいうなよ、トンビってけっこう高いところ飛んでんだぞ!俺の高射砲じゃあとどかねえよ」

ナデシコ「じゃあ、ミサイルもってこい!!対空ミサイル!!領空侵犯しやがったら問答無用で撃墜してやる」

カノーネ「めちゃくちゃだ」

dDSC01213.jpg

マスター「それで・・・カノーネとセイヴァーさんは?」

カノーネ「俺たち2人は駅前のゲーセンで遊んでいたぜ」

セイヴァー「近くの高校の神姫とバトルしてました。今日の戦果は・・・はあ・・・・」

カノーネ「ボロボロだったぜ10連敗ってなかなか出来ないよなーぷくくく」

セイヴァー「う、うるさいなあ!!カノーネ!!」

カノーネ「俺は遠くから高みの見物で高射砲バンバン撃ちまくって12撃破wセイヴァーがよい囮になってくれてすげー助かったぜw」

セイヴァー「ひどいんですよ、マスター!!カノーネったら私がいるのに!!榴弾撃つのですよ!!ふえええ」

マスター「まあまあ、戦場で誤射とかフレンドリーファイヤーはつきものだって」

カノーネ「さすが、わかってるじゃん♪」

dDSC01216.jpg

マスター「そっか・・・なんかみんな遊びまくって充実してるなあ・・・はあーーー俺なんか・・・今日はさーーはあ・・・」


セイヴァー「まあまあ、マスター元気出してください」

シャロン「そんなに私たちがうらやましいなら・・・マスターも神姫になってみます?」

ぼそりとシャロンがつぶやく


マスター「おまえがいうと洒落にならんからヤメテ」

シャロン「ういー」


終わり
[ 2010/02/02 23:08 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(3)

よくあることの巻き 

dDSC01206.jpg

マスターがばあんとふすまを勢いよくあけて仕事から帰ってきた。

マスター「ただいんま*こ!!!!うっぴょぽっぴょおおーーーん♪」


しらーとした顔で出迎える我が家の神姫たち・・・・


セイヴァー「・・・・・・・おかえりなさい」

ナデシコ「うぜえ」

カノーネ「あーー今日も壊れてるなあ・・・」

シャロン「いつも壊れてますけどねー」



マスター「うわ、何?せっかくマスターが仕事で疲れて帰ってきたってのに!!何!!その態度!!プンプン♪」


dDSC01207.jpg

セイヴァー「今日の晩ごはんは昨日のカレーの残りです。お鍋にはいっていますから電子レンジで暖めて食べてお風呂に入って早く寝てください」

マスター「なに?うざいからさっさと飯食って寝ろってか?どんだけーー」

セイヴァー「だれもマスターのことをうざいなんて一言も言っていません」

マスター「嘘だァ!!!(ひぐらし風に)」


セイヴァー「・・・・・・・・・・・」


dDSC01208.jpg

カノーネ「少しは落ち着けよ」

シャロン「マスターはいくつですか?もう24ですよね?そろそろ大人になりましょうよ」

マスター「るうさい!!!俺にッ!!!説教すんな!!バーーカー」

カノーネ「みっともねえ、騒ぐなよ」

シャロン「はあ・・・・」


マスター「・・・何だ?なにか文句あるのか?なんだ?その目は言いたいことがあるならはっきり言えよ!!」

カノーネ「・・・別に・・・」

シャロン「・・・っとおしい・・・なあ・・・」


dDSC01209.jpg


ナデシコ「おまえさァ・・・いつも思うんだけどさ、本当にガキだよな」

マスター「・・・なんだって?」

カノーネ「おい、ナデシコ・・・」

ナデシコ「仕事遅くまでがんばってやって疲れてるってエラソーにいうけどさ、それってあったり前のことじゃん
オマエ以外のみんなもやってんだよタコ!
ちょっと仕事で嫌なことがあったからって自分がああー俺って可哀想とか大変だーって悲劇のヒロインみたいな態度をするのやめてくれない?

横から見ていてすっごくムカツクからさ

何?俺たちにさ・・マスターお仕事たいへんですたねーーーでも、私たちはマスターのこと信じていますよーとか
よくがんばったねーすごいですねーーーってガキのように慰めてほめてらいたいのか?」


マスター「ぐっ・・・あ・・う・・・」


ナデシコ「かわいそうですねー大変ですねーって言ってもらえてさ・・・お前、それでいいのか?
違うだろが・・・ばか」

マスター「・・・・・・・・なにがわかるってんだよ・・・オマエラに・・・」

ナデシコ「ぜんぜんワカンネーよ、ボケが・・・じゃあ、反対に聞くが・・・・・
おまえに他の奴らのことが分かるのかよ?」

カノーネ「もういいだろ、黙れナデシコ・・・偉そうにそれ以上言うな、マスターもさ・・・なあ」

マスター「・・・・・・・」

ナデシコ「へっ・・はいはい・・すみませんでした、いいすぎでした!!ごめんなさい」

マスター「うん・・・お風呂・・入ってくる・・・」

カノーネ「・・・・・・・・・・マスター!!!」

マスター「ん・・・?」

カノーネ「元気出せよ」

マスター「んんん・・・」


よたよたとお風呂に向かうマスター


カノーネ「・・・・ナデシコ、後でちゃんと謝れよ。ちゃんとやらないと俺、マジで怒るぞ」

ナデシコ「はいはい、分かったよ俺だって本気で言ったわけじゃねーよ」

カノーネ「そんなことはマスターだって分かってる!!ガキなのはオマエも一緒だ」

ナデシコ「・・・・・知ってるよ・・・」

カノーネ「ふ・・・バカだな、俺もマスターもおまえも・・・」

ナデシコ「ふん・・・・・」


つづく?



[ 2010/02/01 21:36 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)