スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武装神姫 フィギュア劇場 154 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC01003.jpg

軍艦の艦首は「衝角」と呼ばれる武装がある、軍船の船首に取り付けられる体当たり用の固定武装である。

前方に大きく突き出た角の形状をしており相手を撃沈することを目的とする。
こうした用法のため、衝角は船体の他の部分とは別に強力な素材で製作され、非常に強固であった。
巨体を誇る軍艦の体当り攻撃は、接近戦では圧倒的な破壊力を有する。
白兵戦闘で一番強力な武器は「剣」でも「槍」でも「斧」でもなく、軍艦の「衝角」である。
その威力は同じクラスの軍艦でも一撃で撃沈することが可能なほどの超高威力を持つ。

ヴァイオラ「・・うかつすぎます・・・」

粉砕されたハヤテを睨みつけるヴァイオラ。

DSC01004.jpg

忍者型のハヤテのメーターのLPが一瞬で反転しぐるぐると壊れたように回り始める。
あまりの喰らったダメージの威力の高さにメーターが振り切れて壊れたのだ。

喰らったダメージの数値が測定不能を表示する。


会計担当「は・・・ハヤてェーーーー!!!!」

ハヤテのオーナーである会計担当が絶叫する。

ズゴンッメキメキッツボキゴキゴキン

ハヤテの体中が粉砕されハヤテの口から赤いオイルがごぼりと流れ出す。

DSC01005.jpg

ヴァイオラの体当りをモロに喰らって全身が粉砕されたと同時に衝撃を受けたハヤテの体はくるくるとすごい勢いで破片とオイルを撒き散らしながら空中を回転し
ゴミクズのように地面に叩きつけられ、がりがりと雪原を削りながらも衝撃の強さはな止まらず
雪原を転がり続ける

DSC01006.jpg

周りの神姫は目の前をゴミのように転がり続けるハヤテの姿を目に焼き付けながらぴたりとも動くことが出来なかった。

ボキンゴキボキベキヒュン ガリガリガリジャリン

間接の音が砕け武装がぼろぼろになってもなお回転しながら地面を転がるハヤテ

DSC01007.jpg

どかん 

パメラ「きゃ!!花型神姫のパメラに当たってやっとのことで停止するハヤテ

いや・・・ハヤテという神姫だったモノ

DSC01008.jpg

ハヤテがごろごろと雪原を削りながら通り過ぎた後には、ハヤテだったモノの部品とオイルと武装が道のようにまっすぐと伸びていた。

DSC01009.jpg

ジーーとうつろな瞳でパメラの顔を見つめる破壊されたハヤテ

パメラ「あう・・・ああ・・・ああ・・・・」

がくがくと腰が抜けてしまって立つことができないパメラ

DSC01010.jpg

パメラ「ひいいい!!!イヤアアアアアアアアアァッツッツーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

ばっとハヤテの残骸を振り払うパメラ。ごろりと転がるハヤテだったモノ

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/09/30 23:39 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 153 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00998.jpg

エリザとクラマの必殺の攻撃がヴァイオラに命中するが・・・

パッカーーーン カッキーーン!!

エリザの戦車砲とクラマの吠莱壱式の砲弾がむなしくヴァイオラの装甲を響かせた。

クラマ「な、はじいた!?渾身の一撃がはじかれた!?」

エリザ「畜生!鐘ついているんじゃねーんだぞ!」

ナニワ工業チームの眼前に現れたヴァイオラ

ユニットデーターが画面に表示される。


重装甲戦艦型神姫  ヴァイオラ  SSSクラス  遠距離砲撃戦型

部長「はあ?↑ーーーー↓なんじゃこりゃあああ!!!SSSクラス!!!?」

部長が悲鳴のような叫び声を上げる



DSC00999.jpg

副部長「ちょとSSSクラスってなんだよ!!!そんなクラスあるのかよ!!」

クレア「ネットでき、聞いたことがある・・・・
神姫のクラスには二種類あって普通の公式の大会に出れるランクと非公式の大会に出れるランクがあって
非公式の大会にはレベル制限とか武装の制限がまったく存在しない「無差別ランク」ってのがあってそこにいる神姫は普通の神姫では考えられない装備の神姫や強さの神姫がいるって・・・」

ヴァイオラは巨竜のようにエンジンの咆哮を上げるとさらにスピードを加速した。

クレア「無差別ランクにいる神姫ってのは公式の大会には出れないんだって・・・
それは・・・あまりにも強すぎて・・・大会に出れないって聞いたことがある・・・」

DSC01000.jpg

総務担当「う、撃て!みんなぼけっとすんな!!ナニワ工業チームの強さをいまこそ・・・」

まったくスピードを緩めないヴァイオラ

大山「ヴァイオラ!!!!敵集団に体当りしろ!!遠慮はするな!!」

ヴァイオラ「零距離戦闘展開、体当りします」

「体当り」

その名の通り敵1匹に体当たりをかます原始的な攻撃方法。

DSC01001.jpg


ドガアアンッツウウー  ボキゴキボキゴキイん

ハヤテの体に深く突き刺さるヴァイオラの艦首

ハヤテ「が・・・・」

運動のエネルギーは
E(エネルギー)= 1/2 × m(質量) × v(速度)× v (速度)で求められる。

圧倒的な質量と重装甲を持つヴァイオラの体当り攻撃は普通の神姫がまともに喰らえばどうなるのか?
たとえるなら
全速力で突っ込んだ大型ダンプカーに正面衝突した人間がどうなるのか?

DSC01002.jpg

非常にシンプルだが、もっとも強力な攻撃。一撃で神姫の細い体を粉々に砕き潰す。

ハヤテの声に鳴らない断末魔の悲鳴と神姫の体がつぶれる音がバトルロンドに響き渡る。

ハヤテ「ッーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

なにが起きたのかわからずポカーンと口をあけて見る神姫とオーナーたち

大山「まずは一機」


つづく
[ 2009/09/29 23:55 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

バトンが回ってきたので・・・・ 

DSC00896.jpg

キルヒェ氏からバトンが回ってきましたが、一度私は回ってきたので我が家のナデシコさんんが代わりに答えてくれるようです。

ナデシコ「うひ♪ありがたく聞けよテメーラ」

[1]3人にバトンを回す

じゃあ黒江さんといっささん、arahabakさんに振るわ

[2]お名前は?

ナデシコだ!!

[3]ご職業は?

 武装神姫

[4]好きな異性(同性可)のタイプ

俺より喧嘩が強い奴

[5]特技は?

ビール一気飲み。

[6]資格何か持っていますか?

神姫のクラスはAランクだ。

[7]悩み何かありますか?

おこずかいが少ない!!!もっと増やせ!!

[8]好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

酒で答えてもいいか?
好きな酒はビールと日本酒

嫌いな酒は牛乳いれたカルーラとしゃれたカクテル

[9]今、広い意味で恋してますか?

してるわけねーだろタコ

[10]擬人化に萌えますか?

擬人化ァ?微妙だなーシュチュエーションによるなー

[11]バトンを回す7人を紹介してください。

黒江さん あんまり部位破壊とかして、神姫いじめてるとシラネーぞ

いっささん 神姫といちゃいちゃしすぎてやけどしないようにな

arahabakさん  俺にも布服作ってくれー

[12]今日一日貴方は役者です。どんな役を演じてみたいですか?

ラストサムライの勝元盛次。すべてがパーフェクトだ・・・

[13]ストレスの溜まった時の解決法は?

バトルロンドしかねーだろ

[14]もしも漫画やゲームの世界に行けるとしたらどの世界に行きたいですか?

今やっているネトゲの世界に行って赤魔道士になりたい

[15]100万円自由に使っていいよ。と言われたら何しますか?

とりあえず、酒だな。神姫サイズの高級日本酒を買いあさる。
地酒とかいいな♪

[16]今聞いてる音楽は?

Don'tsaylazy

[17]最近、ついでてしまう口癖は?

くそったれ 俺は最強だ 腰が痛い だりい

[18]バトンの送り主に一言

うまい神姫サイズの酒があったら教えろ

[19]どうですか?

何が?

[20]次の日曜日の予定は?

日本橋の神姫センターに行って生意気な勘違い神姫をシメル

[21]今どんな服着てますか?

風呂あがりだからマッパだ
あーちがうわサラシ巻いてるわ

[22]お化け信じる?

いるわけねーだろタコ

[23]何か豆知識を一つ

いまさらだが武装神姫は1/12サイズだぞ

[24]マイブームは何ですか?

合気道を少し勉強中。



というわけでした・・・
いろんな意味でダメですね。代わりに答えてくれてなんですが、これはヒドイ

ナデシコ「うるせーよ、バカ」

というわけでバトンでした。次はもうちょっとまともな奴に頼みます。
なんでも神姫にまかせていてはダメですね。





武装神姫 フィギュア劇場 152 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00988.jpg

大山「ふう・・・ヴァイオラ、砲撃止め!」

ヴァイオラ「砲撃停止しました。どうかしましたか?オーナー?」

大山「やめだやめだ。一方的に遠距離から砲撃しまくればすぐに片がついてしまう」

ヴァイオラ「では戦闘を中断して今日はもう上がりますか?」

大山「ちゃうよヴァイオラ。目の前に敵がいるのに途中で帰るなんて失礼なことはできないわよ」

ヴァイオラ「では?」

大山「機関出力最大。全速力で神姫集団の中に突っ込み艦首衝角で叩き潰す」

ヴァイオラ「衝角戦闘!?紀元前の戦いをするつもりですか?」

大山「戦艦は接近戦が苦手や言うとるドアホがおる。それは大きな大間違いや!!
もともと戦艦は接近戦が一番得意やということを思い知らせたれ!!」

DSC00989.jpg

ぴたり と突然やんだ艦砲射撃

あたりはしーんと静寂が包む。

戦艦型神姫の砲撃が止まり神姫たちはほっと安堵の表情を浮かべる。

エリザ「・・・砲撃が止んだ?」

部長「どういうことだ?」 副部長「クラマ、どうなった?」

クラマ「ボクに聞かないでよ」

会計担当「どうだ?ハヤテ!なにか見えるか?」

ハヤテ「いいえ、ですが何か嫌な予感がします」

ゼルス「いてて、みんな怪我はないかい?」

DSC00990.jpg

コーンンコーンコーン

マーズの耳がぴくりと動く

マーズ「・・・・なんか音が聞こえるで!!」

総務担当「何の音だ?」

マーズ「・・・わからへん」

DSC00991.jpg

ゴーンゴウンオオーン  遠くの雪原で何か音がする。

ゼルスはペロリと舌なめずりをする。

ゼルス「この音は戦艦型神姫のエンジン音や!」

総務担当「音が近づいてくる?」

DSC00992.jpg

ホリン「マスター、どうする?」 クレア「私たちは無傷だよ」

同人担当「ま、まて!確認してからだ!!」

DSC00995.jpg

ゴオオオオンコーーーン ズウズズズ・・・・

地平線でちらりと灰色の巨大な物体が接近してくる。

ハヤテ「あ、あれが戦艦型神姫!?」

会計担当「バカな・・・なぜ接近してくる?何を考えているんだ?」

クラマ「マスター、いつでも砲撃可能です!!」

エリザ「戦艦型神姫は砲撃してくる気配はありません。砲台が故障でもしたのでしょうか?」

部長「なんにせよチャンスだ」 副部長「クラマ!砲撃を許可する撃て!!撃沈しろ!!!」

DSC00993.jpg

クラマは両手に装備した吠莱壱式で戦艦型神姫に砲撃を行う。

クラマ「喰らえ必殺の一撃!!ハウリンサンダー!!!」

DSC00994.jpg

エリザもクラマに続き、インターメラル 3.5mm主砲を放つ

エリザ「シュヴァルツェ・カノーネ !!沈め!!」

DSC00996.jpg

ヴァイオラ「敵神姫目視!!戦車型神姫、犬型神姫発砲!」

大山「ふん、かまうな!!突っ込め!!!」

ヴァイオラ「了解」

つづく
[ 2009/09/27 23:37 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 151 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00978.jpg

キュドン!!ズドッドドム!!ボッガアアーーーン!!


神姫たちの頭上に鉄槌のごとく降り注ぐ強力なレーザーの炸裂と周辺に巻き上がる青い灼熱の炎が容赦なく襲う

DSC00980.jpg

ゼルス「うああああ!!せ、戦艦型神姫の艦砲射撃だあ!!!」

総務担当「ど、どこから撃ってきているんだ!?」

DSC00981.jpg

部長「エリザ!!何をしている反撃だ!!撃ち返せ!!」

キュウウウン  ドンドゴオオッム!!!
突然の強力なレーザー砲撃に神姫たちはパニック状態に陥り、逃げ惑う

エリザ「無茶いうな!!こんな状況で反撃できるかー!!!」

DSC00982.jpg

パアアとマーズの顔を青白く照らす光

マーズ「あわわ・・・どこから撃ってきてるんや!?こんなん無理や!!」

DSC00983.jpg

ゾドッムゴーーーン!!!ドドム!!!

神姫たちがいる辺り一面は青い炎で埋め尽くされていた

クラマ「みんな!!散開しろ!!一箇所にまとまっていると危険だ!!!

副部長「だ、駄目だクラマ!離れ離れになると各個撃破されるぞ!!」

クラマ「しかしこの状況では、殲滅されます!!」

副部長「うぐううう」

DSC00984.jpg

ヴァイオラ「現在、連続射撃により砲身温度上昇中」

大山「交互撃ちに変更。撃て」

ヴァイオラ「ファイヤー!!!」

ズッズウウン

青白い噴煙が放出され強力なレーザーが発射される。

DSC00985.jpg

発射されたレーザーはまっすぐ一直線に伸びていき神姫たちの集団のド真ん中に着弾

周辺にいた神姫を爆風で吹き飛ばす

DSC00986.jpg

エリザ「回避!回避運動に全力を尽くせ!直撃を食らうと一撃で破壊されるぞ!!」

部長「こ、こら!エリザ、何勝手に指揮している!!俺の命令にしたが・・・」

エリザ「部長の命令に従っていたら全滅する!!ここはボクの指揮に従ってください」

部長「なにをーマスターの命令を無視するのか!!」

エリザ「戦っているのは僕らだ!!!あんたらは口を出すな!!!」

DSC00987.jpg

ドドム、ズヅッヅウーーン バウム

ヴァイオラは砲撃をまったく休めない。遠距離から強烈なレーザー砲撃を行い続ける。
レーザー管制と的確な砲撃指示でメッタ撃ち

多数の強力な火砲を有する戦艦型神姫の戦い方である。


つづく
[ 2009/09/27 14:28 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 150 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00967.jpg

ハヤテ「カタリナ社の戦艦型神姫。全然見つかりませんよーあっちの方がレーダーいいからもしかして僕たちを発見して逃げたのでは?」

会計担当「その可能性は高いね。こっちは8機もいるんだ。向こうはたった1隻だから恐れをなして逃げたのかもしれない」

DSC00968.jpg

エリザ「部長!何か作戦とかはあるんですか?相手は重装甲の戦艦型神姫だ。半端な攻撃じゃ全然攻撃が通じないと思うんだけど」

部長「うん、作戦はばっちり立ててあるよ。カタリナ社の戦艦型神姫のデータを見たんだけどあいつらは図体ばかりでかくて機動力は全然ないドンガメだ」

副部長「おまけに奴はたった1隻だ。護衛の神姫もいないし接近戦に持ち込んでやっつけるんだ」

クラマ「その割には、僕ら2人はでっかい大砲持っているけど?」

部長「エリザとクラマは戦艦型神姫の砲撃に対抗して反撃するんだ。他のみんなが突撃して戦艦型神姫に乗り移って倒すように援護射撃をする役目だ」

エリザ「はあーーー何言ってるんだよ!!」
クラマ「せ、戦艦型神姫と砲撃戦やれって言うのかよ!自殺行為だよ!!」

エイザ「こっちは戦車型神姫なんだぜ?向こうは戦艦型神姫・・・砲撃戦で勝てるわけねーだろ」
クラマ「ああー・・・いやだいやだ戦いたくない」

部長「こ、こら!!反抗するな」

DSC00969.jpg

総務担当「マーズ、君は突撃担当だ!戦艦型神姫の上にのっかってその剣で切りまくるんだ!」

マーズ「よっしゃ!まかしとき!」

DSC00970.jpg

総務担当「パメラ、君もマーズと一緒に戦艦型神姫の上にのって暴れるんだ。スキル全開でやっつけるんだ」

パメラ「はーい♪わかりましたーガンバリマース☆」

DSC00971.jpg

総務担当「ゼルス、さっき話したとおり戦艦型神姫を発見したら艦橋を狙撃するんだ。一番装甲の薄いところをピンのピントで狙って倒すんだよ
以下に戦艦型神姫といっても弱点はある」

ゼルス「まかせてよ!マスター。ボク狙撃の腕前を見ててね」

DSC00972.jpg

同人担当「ホリンにクレア、君たち2人は戦艦型神姫の砲台を狙って攻撃だ。君たちの正確なライフル射撃で砲座をつぶしていけば、戦艦型神姫の火力をなくすことが出来る」

ホリン「ふふん、鈍重な戦艦型神姫なんて怖くないです!」

クレア「時代遅れの神姫にはさっさとバトルロンドからご退場させてあげます」

DSC00973.jpg

部長「すばらしい!!完璧だ!!私の立てた作戦は!!」

副部長「エリザとクラマの2人が砲撃して戦艦型神姫の足を止めて、ホリンとクレアが砲台を破壊、ハヤテとマーズ、パメラが戦艦型神姫の上に乗り込んで暴れまくる」

総務担当「そしてゼルスが狙撃ライフルで装甲の薄い艦橋部分を破壊して・・・・」

会計担当「見事、戦艦型神姫を撃沈ーーーー」

同人担当「うううおおおおお、すごい完璧です!!みんなで力をあわせて戦えば最強な・・あれ?」

チカチカと遠くの方で青白い光が光る。

エリザ「・・・・」 クラマ「いまの光は何?」 ハヤテ「?」 マーズ「なんやいまの?」 パメラ「どーしたのみんな?」 ゼルス「え?」 ホリン「ちょっとまってよ」 クレア「いまのってもしかして・・・」

DSC00953.jpg

大山「よーし、敵のど真ん中に主砲全門一斉射撃!!!」

ヴァイオラ「主砲射撃用意ーーー目標、敵神姫部隊! 座標設定 5・3・2」

大山「撃ち方、始めーーー!!!!!!!!」

ヴァイオラのヘヴィ・ターボレーザー砲が轟音を轟かせ主砲から吹き上がる青白い発砲炎が氷上に浮かぶ巨体を鮮やかに浮かび上がらす。

DSC00974.jpg


亜光速で放たれた強烈なレーザーキャノンの光が私を青白く照らす。

なぜ青白く光るのか理解できなかった。

光のほうがさきに届き、強力なレーザー本体が後から少し遅れて届くことを知ったのは、しこたま砲撃を喰らったあとだった。

DSC00975.jpg

ぼくが今まで喰らった一番強力な攻撃は天使型神姫 アーンヴァルのGEモデルLC3レーザーライフルの必殺攻撃「ハイパーブラスト」だった

でも今、ボクの全身を青く照らしているこの光は「ハイパーブラスト」の数倍強い光で、しかも周りにいるみんな全員が青い光で包まれている。

このことの意味がどういうことか?理解は出来たが体が動かない

恐怖で動かすことが出来ないのだ

開いた口がふさがらない。


DSC00976.jpg

うわあ・・・なんだろうこれ? きれいだね 見てみてーみんな青色になってるよ

つづく

[ 2009/09/26 23:43 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

航空母艦型MMS  「レディ・レックス」 の運用考察 

DSC09843.jpg

今日は前回紹介した航空母艦型神姫をより深く紹介!!!

DSC09844.jpg

DSC09846.jpg

DSC09847.jpg

まずは艦載機、乗り込んでいる神姫たちから紹介

写真を見ると、甲板にはいろんな神姫が乗り込んでいます。

整備や補給、発艦、着艦の手伝いをする整備兵。だいたい2から3人くらいが必要。

次に制空権を確保する戦闘機型神姫 写真では3機が確認されています。
爆撃や攻撃などを行う戦闘爆撃機型神姫 武装を変更することによって哨戒や偵察、戦闘機にもなります。

最後に艦橋部分の艦全体を指揮する艦長というか神姫本体。

どれもが必要でそれぞれが役割がありうまく連絡を取り合って一つのチームとして動きます。

DSC09848.jpg

DSC09849.jpg

甲板にはミサイルとか対空機関砲塔などが設置されています。
対空防御を警戒、濃厚な対空火器で敵を寄せ付けません。

DSC09850.jpg

発艦シーン

戦闘爆撃機型のドラッケンは短距離でも発艦できるVTOL機ですが、燃料節約のためにカタパルトを使って発艦します。

DSC09851.jpg

作業員MMSが固定フックをはずしたり武装の最終チェックを行い万全の体制で発艦を指導しています。
事故がおきないように誘導灯を使っています。

DSC09852.jpg

次々とテンポよく発艦していくドラッケン艦上爆撃隊

DSC09853.jpg

DSC09854.jpg

DSC09855.jpg

DSC09856.jpg

ドラッケンはカタリナ社の開発した主力量産型可変MMSです。
巡航モード時はコンパクトに体が収納され、スペースを取らない、また出力も高く汎用性も高いので艦載機として大量に運用されています。

DSC09857.jpg

ドラッケンが発艦すると今度はウェル・ライザー隊の出撃です。
順番を守って安全に発艦します。

誘導員MMSの指示に従いエンジンを温めています。
観測員MMSは指を使って風向きを計測していますね。

DSC09859.jpg

甲板は狭く、弾薬や機材で一杯です。限られたスペースを使ってうまく発艦します。
すでに発艦すること自体が危険な行為です。

DSC09860.jpg

艦橋のいる神姫が的確な指示を下し艦を制御しうまく発艦できるように進路を変更。
みんなで協力しないといけません。

DSC09861.jpg

DSC09862.jpg

DSC09863.jpg

発艦するライザー戦闘機隊

ウェル・ライザーは「ウェル・クストラ」をカタリナ社がライセンス生産で強化発展させたMMS。
本機はリアパーツに支援AIを搭載した戦闘機を装備
また簡易可変能力を有し戦闘機モードに変形可能、MMSモードにも即座に変形可能。
天使コマンド型をそのまま強化した形になっており、各種スペックが上げられている。
コストパフォーマンスに非常に優れた低コスト神姫。

艦上戦闘機としての運用は本来想定されていませんのである程度の滑走路が必要ですが、巡航速度は速く。
強力な可変戦闘機として活躍しました。
現在、艦上戦闘機用として改良中のFA型 戦闘攻撃機タイプ「ウェル・ホーネット」を開発予定です。

DSC09864.jpg

すべての艦載機が発艦し終わった甲板。

ですが、整備MMSたちの仕事はこれからです。掃除に整理、帰ってきたとき用の燃料、弾薬、武装の準備にさっそく取り掛かります。

DSC09865.jpg

DSC09866.jpg

現在、カタリナ社の所有する実験神姫研究所で猛烈な訓練を行っています。

航空母艦型神姫を運用維持することは非常に大変です。
日々のたゆまぬ努力と練習、錬度を保ち安全に的確にすべてをこなすことが求められています。

生半可な神姫ではついていけません。選ばれたエリート中のエリートの神姫のみが航空母艦型神姫で運用し活躍することが許されるのです。

現在、世界最強の機動兵器は「完全武装の航空母艦航空師団」と呼ばれています。
特に米軍が所有する超大型航空母艦が小国の空軍に匹敵する戦力を保有しているとも言われます。

DSC09870.jpg

というわけで、航空母艦型神姫の運用でした!!!

いろいろな妄想を浮かばせ、我が家の神姫ならこう対処する。案外たいしたことない、撃沈可能だ。
箱舟・・・などなどいろいろあると思いますが・・・

実際にバトルロンドで出会った場合、あなたの神姫たちならどうするか妄想してみるのもおもしろいかも知れません。
また、実際の史実にそったバトルとかやってみるのもおもしろいかもwww

ではではー次回も改造神姫お楽しみにーーー
[ 2009/09/25 00:06 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)

航空母艦型MMS  「レディ・レックス」 

DSC09822.jpg

DSC09823.jpg

航空母艦型MMS  「レディ・レックス」

カタリナ社第5軍事開発局が開発した航空母艦をモチーフとした超巨大な武装神姫。
全長600mm全幅150mmという現存する神姫の中で桁はずれの巨体を誇る。

極めて特殊な性格を有する神姫である。すなわち本体としての攻撃能力は殆ど搭載した武装神姫に依存しているため、
本神姫の戦力は搭載した航空神姫の能力や機数とそれらを指揮運用する能力で決まる。
最大の特徴である飛行甲板は航空神姫を離艦・着艦させると同時に、航空神姫に対する整備能力とバッテリー燃料や武器類の補給能力を有し、
単独で航空戦を継続する能力を有する。重厚長大の巨体には桁外れの積載力、豊富な火力、重厚な装甲を持ち、また相当数の完全武装の神姫を搭載し移動要塞として運用可能。

非常に高い戦闘能力を誇る神姫で、バトルロンドでは甲板上に大量の航空機や機動兵器を搭載し圧倒的な物量作戦による数のごり押しで叩き潰す。

カタリナ社の第5軍事開発局は『超大型機動拠点型神姫を中核とした物量』を戦略の中枢に置き、最強の武装神姫の開発を行っている。
事実、こうした超大型の拠点型神姫を撃破することは非常に困難を極め、最上位クラスの優秀な大会優勝者のランカー神姫を持ってしても単騎で撃沈することは難しかった。

DSC09824.jpg

DSC09825.jpg

DSC09826.jpg

DSC09827.jpg

DSC09830.jpg

DSC09831.jpg

DSC09833.jpg

画像は試験的に艦載機として我が家のオリジナル神姫を選定。
天使戦闘機型MMS「ウェル・ライザー」を3機機動装甲戦闘機型MMS 「ドラッケン」を3機。ドラッケンはミサイルを装備した爆装を行っており戦闘爆撃機として、
ウェル・ライザーは戦闘機として運用します。あとは甲板作業用に軽装備のグラップと作業員型神姫を搭載。整備とか補給、甲板の掃除とか雑用神姫。

DSC09836.jpg

DSC09837.jpg

対空兵装各種

その巨体ゆえに機動力は無きに等しく回避行動などはほとんど絶望的であるため、全身に対空火器やミサイルなどを搭載し対空防御を考えている。

DSC09838.jpg

DSC09839.jpg

主兵装  

単装砲 5基 連装砲 2基 大型ミサイルランチャー 2基 サブロック魚雷 6基 
武装神姫  等

というわけで一応外面は完成しました。
甲板にはラインテープを使用。外板はグレーとブラックの補修テープで再現、また甲板のカラーはミディアムブルー、各部色は艦艇色1 反射板を取り付けて発光機も作りました。レシピはメカニカルベース、パーツボックスなどなど

まだ内部の儀装ができていません。内部は格納庫や司令室などがあります。電飾を施して明かりとかつけようか考え中です。

次回は実際に、運用法や艦載機の役割やバトルロンドでもし出現したときの対処方法もろもろの妄想を語りたいと思います。

一応、世界最大の武装神姫ですが・・・・・・今現在、全長2000mm級装甲列車型神姫を開発中で世界最大の神姫の名を返上しなくてはいけません。
600mmでも十分巨大ですが、2000mmには勝てません。約3倍も大きさが違います。


[ 2009/09/23 15:46 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 149 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00957.jpg

氷上の上に数機の神姫が集団でたむろしていた。この雪原ステージにチームで参加している神姫集団。

チーム名は「ナニワ工業高校神姫クラブ」

参加神姫

戦車型神姫        エリザ     Aクラス   遠距離砲撃戦型

犬型神姫         クラマ     Aクラス      近距離戦型

サンタ型神姫赤       ホリン     Bクラス     中距離支援型

サンタ型神姫青       クレア    Bクラス     中距離支援型

火器型神姫         ゼルス   Bクラス        狙撃戦型

忍者型神姫         ハヤテ   Cクラス      近接格闘型

寅型神姫          マーズ    Bクラス      近接格闘型

花型神姫          パメラ     Bクラス      近距離戦型



戦場にいるにもかからわずべちゃくちゃとおしゃべりに花を咲かす神姫たち。

エリザ「部長ー本当に戦艦型神姫なんているんですか?」

クラマ「さっきから見つかるのは普通の神姫ばかりですよ」

部長「いや、例の大型戦艦型神姫は必ずこのフィールドにいる間違いない!!」

DSC00958.jpg

エリザははあーとため息を付く

エリザ「まったく、やってらんないよー公式の地区大会に向けての強化練習で戦艦型神姫の討伐なんてさー」

部長「一年前から神戸や堺、南港近辺の神姫センターに突然現れた謎のカタリナ社製の大型戦艦型神姫!!」

DSC00959.jpg

副部長「クラマ、戦艦型神姫ってバトルしたことあるか?」

クラマ「そんなのあるわけないじゃないか!!そもそも戦艦ってなんだよ」

副部長「俺もミリタリーオタクじゃないから詳しくは知らないけど、今から100年前に実際に存在した軍艦らしいよ、でっかい大砲と厚い装甲を持っている」

DSC00960.jpg

エリザ「ま、簡単に言うとだな、俺の戦車が陸の王者とすれば、戦艦は海の王者だ!!!
もっとも戦艦は現在、どこの国の軍隊も持っていないけどな」

クラマ「なんで?」

エリザ「なんでって・・・そりゃーそのー弱かったんだよ!!戦艦よりも強い兵器とか出来たり次代遅れになったからいなくなったんだよ」

クラマ「なーんだ、戦艦って弱いのかーなら僕たちでもラクショーで倒せるね」

DSC00961.jpg

会計担当「ハヤテ、どうだ?戦艦型神姫はいるか?」

忍者型のハヤテはきょろきょろと辺りを見回す

ハヤテ「いいえご主人様、見えるのは一面真っ白な雪景色です」

会計担当「そうか・・・本当にいるのかな?」

DSC00962.jpg

パメラ「うっそーやだーそれ本当ー」

マーズ「ほんやって!この間な京橋の神姫センターで一回の試合で100機もの神姫を倒した神姫がおったんや」

パメラ「今探している戦艦型神姫とおんなじくらい強いんじゃない?」

マーズ「そうやなー他にも日本橋店の神姫もごっつい強い神姫ぎょーさんおるでー」

パメラ「大阪は人口多いから必然と強い神姫が多いんだね」

マーズ「うん、それに関西はもともと工場や機械団地とか多いから神姫のメーカーも多いんや
東大阪や寝屋川、堺市に南港。あそこ辺りは電器メーカーとか工場ばっかりで神姫の部品も作ってんねんでー」

DSC00963.jpg

クレア「ちょっとーマスター、どういうこと?全然見つからないじゃない!!」

同人担当「あれーおかしいなー昨日はこのフィールドにいたって情報があったんだけどな」

クレア「ていうーか、その戦艦型神姫って私たちだけで倒せるの?」

同人担当「全然余裕だよ、僕たちはみんな公式のバトルロンドで腕を鳴らしてきた神姫たちばかりだ
それに8人もいるんだよ、いくら戦艦型神姫が強いたってしょせんは一隻の神姫だよ」

DSC00964.jpg

総務担当「ゼルス、戦艦型神姫を発見したら艦橋を狙撃するんだ。一番装甲の薄いところをピンのピントで狙って倒すんだよ」

ゼルス「まかせてよ!マスター」

ハヤテ「本当にいるのかなー」

DSC00965.jpg

部長「こほん、「ナニワ工業高校神姫クラブ」諸君全員注目」


部長が神姫たちに指示を伝える。

部長「今日はこの南港神姫センター ATC店に集まったのは他でもない。ネットで噂になっているカタリナ社製の大型戦艦型神姫を撃沈することである!!!
我が「ナニワ工業高校神姫クラブ」は設立してまだ1年ちょっとで公式の大会にも数多く出場しなんらかの賞を貰っているが、いまいちインパクトがない!
そこで今日は、『最強の神姫』という傲慢極まりない二つ名を持つ戦艦型神姫を撃沈し、クラブの名声を高めようと思う!!!」

副部長「『最強』と呼ばれる戦艦型神姫を倒せば、生徒会からも我がクラブの資金提供や備品拡大などの公約を生徒会長から取り付けた!!」

会計担当「うへっへへ、、部費使い放題ー」

同人担当「同人代も助かります(泣)」

総務担当「今回、万全の用意でフル装備の神姫8機で戦艦型神姫を撃沈するぞ!!みんなには戦艦型神姫を見事撃沈した暁には新しいクレイドルの支給や新型武装を提供する」

マーズ「おおおー太っ腹」 パメラ「いえーーい」 ハヤテ「すっごいー」 ホリン「へへ、ドキドキしいてきた」 クレア「狸の皮算用・・・・」 
ゼルス「新しいクレイドルかー」 クラマ「そんなにうまくいくのかな?」 エリザ「戦艦型神姫討伐か・・・・」

つづく
[ 2009/09/23 14:06 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 148 

DSC00937.jpg

西暦2039年 大阪市 住之江区 ATC アジア太平洋トレードセンター

神姫センター ATC店

広大な旧式の冷凍倉庫をまるまる一室、神姫用のバトルステージにした特別フィールド

「雪原ステージ」

そこでは一度に1000機以上の神姫がバトルできる世界でも最大規模のステージの一つ。
そのステージの真ん中に一機の神姫が併進していた。

DSC00938.jpg

ゴンゴンゴン・・・・・

低い重低音のエンジン音を響かせながら、灰色の巨大な戦艦型神姫が雪を掻き分けゆっくりと進む

ヴァイオラ「現在位置、A?3・5・6 周囲に敵影無し、本艦はこのまま直進 Bブロックに進行します」

大田 アツコさん

フィールドから離れた場所にあるオーナー用の筐体でタバコを吸う20代中盤のOL

戦艦型神姫のオーナー 大山 亜津子 26歳 

大山「だりいー 休日だと言うのに誰もおらんやんか、こんな広いフィールドやのにだりいなあ・・・ヴァイオラどう思う?」

ヴァイオラ「オーナー、昨日のバトルで一気に500機もの神姫を喰ったから警戒していると思われています。私の二つ名は伊達ではありません」

大山はふうーーーとタバコの煙を吐く

大山「・・・・・お前の二つ名「最強の武装神姫」か?くだらんわ・・・返品扱いの戦艦が最強の神姫だなんて笑えるじゃない」


DSC00941.jpg

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

重装甲戦艦型MMS 「ヴィクター」

カタリナ社第5軍事開発局が開発した大型宇宙戦艦をモチーフとした武装神姫。
インペリアル級装甲戦艦型神姫を拡大・発展させさらに攻撃、防御、センサー、巡航性能、すべてを強化した上位艦である。
重装甲戦艦の名に恥じない強力な外装甲と高出力エンジンが生み出す電磁シールドによって防御能力は非常に高く、巨大な巨体は耐久力も高く生半可な攻撃ではびくともしない。
全身に多数のレーザーキャノンを搭載し単体の神姫としては想像を絶する火力を持つ。さらに武装神姫の搭載も可能であり
センサー、レーダー類も優秀で高い捕捉率を持ち、戦艦、簡易空母、艦隊旗艦・司令部としての機能をも併せ持ち砲撃戦から、単艦での威力偵察、フィールド占領など数多くの運用が可能であった。

DSC00942.jpg


防御力、火力、耐久力、探査能力、搭載能力、巡航性能などあらゆる点で高い完成度を持ち、カタリナ社の「大艦巨砲主義」を象徴するような戦艦型神姫であったが
あまりにも戦闘能力に固執するあまり神姫の進化の袋小路に入ってしまった。

高い戦闘能力を有するが、非常に高価で運用が難しく業務用の警備用などに使用され、ごくわずかしか生産されなかった。

DSC00943.jpg

普通のOLの大山がこんな巨大な戦艦型神姫のオーナーになったのはちょっと特殊な理由がある。

1年前 2038年・・・

大山はとある機械工具商社のOLで、警備用の強力な武装神姫がほしいとビルのシステム管理会社から見積もりを受けて、カタリナ社の安全衛生警備部門に依頼
カタリナ社はガードメカとして戦艦型神姫を提案しカタログを送り、大山は一番強力な重装甲戦艦型神姫のヴィクター級をシステム管理会社に紹介した。

ビルのシステム管理会社はヴィクター級を警備用に数隻購入したが、注文の際何かの間違いで一台余剰になり返品になった。
大山は余剰になったヴィクター級をカタリナ社に返品しようとしたが、カタリナ社は返品の受け付けの手続きが面倒なので、サンプル扱いでそちらで処理してくださいと申し出たのだ。

DSC00945.jpg

大山は武装神姫に少し興味があったので、この返品扱いの高価な戦艦型神姫をタダで引き取りオーナーとなった。
最初の神姫が超強力で高価な大型の戦艦型神姫で、しかも女性のオーナーと言うのはまずありえない。

こうして妙な運命の元 一隻の重装甲戦艦型神姫と一人のOLのコンビが誕生したのである。

その後、ヴァイオラと名づけられた戦艦型神姫は、大山とともにバトルロンドに参加し関西地区ではその強力な巨体を駆使し連戦連勝の無敗の無敵の神姫となり近隣の神姫センターを蹂躙したのである。

DSC00947.jpg


ヴァイオラ「オーナー、レーダーに感有り・・・武装神姫です!方角は南東氷上距離200メートル」

大山「数は?」

ヴァイオラ「数機程度、いえ8機を確認しました」

大山「ようし、巡航モードを解除しろ」

DSC00948.jpg

ヴァイオラ「巡航モード解除・・・オーナー、戦闘準備完了です」

大山「付近にその神姫以外はいるか?」

ヴァイオラ「いえ、このブロックには捕捉した8機以外は確認できていません」

DSC00950.jpg

大山はタバコに火をつけ一服しヴァイオラに指示を行う。

大山「こちらをまだ探知していないと言うことは、相手はたいした敵ではないな・・・
砲撃戦闘用意!!!主砲開け!!」

ヴァイオラ「艦砲射撃ですか!?」

大山「昨日は取引先の営業と喧嘩してむしゃくしゃしてるんや、ストレス発散!!派手に暴れるでヴァイオラ」

DSC00951.jpg

ヴァイオラ「了解しました。これより砲撃戦を行います。
主砲塔、回転!!目標敵神姫集団」

ゴコン・・・艦の前部にある3基の連装砲塔がゆっくりと旋回する。

DSC00952.jpg

大山「2連装ヘヴィ・ターボレーザー砲 5斉射!!!」

ヴァイオラ「2連装ヘヴィ・ターボレーザー砲 5斉射!!!」

大山「戦艦型神姫が『最強の神姫』だってことを力で証明するで」

ヴァイオラ「はい、私とオーナーの2人の力は最強です!!!」

つづく
[ 2009/09/22 23:48 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫関連ブログ リンク追加させていただきました。 

ゴタローさんのブログ「ガラクタ格納庫」をリンク追加させていただきました!

武装神姫の改造や実際に存在するミリタリー兵器などを神姫さんに装備させているようです。
また戦車や車両関係も扱っているようです。

これからもぜひよろしくです!

急降下爆撃天使型MMS    「リオ・サリナス」 2 

前回の続き

DSC00831.jpg

DSC00833.jpg

DSC00834.jpg

DSC00835.jpg

DSC00837.jpg

DSC00838.jpg

DSC00839.jpg

DSC00840.jpg


今回のギミックの主役

砲弾装填ギミック 対戦車砲の砲弾を神姫が装填することができます。あえて手動で装填することにこだわりました。

翼内に固定式になっているライフル砲に弾を装填できるようにしました。この弾は3mm砲弾です。

先端に特殊な加工が施してあり、強固なシールドや重装甲でも容易に貫通し内部で爆発する「対障壁貫通弾」です。
我が家の戦艦型神姫は分厚いシールドや障壁を張り、なおかつ重装甲なので、それに対抗して開発された砲弾といった感じです。

イメージは旧日本陸軍機 川崎製 キ102乙襲撃機や二式複座戦闘機「屠龍」

対地・対艦用の襲撃機として開発された双発戦闘機で機首に対戦車砲を搭載し、B29迎撃などに活躍しました。

我が家の重装甲で大型武装神姫の迎撃用です。

DSC00841.jpg

DSC00842.jpg

DSC00847.jpg

頭部にはレーザー照準器を搭載。急降下で襲撃、ピンポイントで爆弾を投下し撃破する。
急降下爆撃に特化しています。

DSC00849.jpg

DSC00850.jpg

DSC00853.jpg

DSC00854.jpg

カラーリングはゴタリーさんの提案によりイスラエル空軍色の三色迷彩。頭部はアイリペと髪色変更 アイリペはルマングリーンで瞳の色を変更。髪色はレッド。スミイレしたり汚し塗装をやったりしています。
主翼に内臓された対戦車砲は神姫自身が砲弾を装填することができるようになっています。
翼を切り詰め改造したり爆撃モードになったりします。


DSC00857.jpg

というわけで、前から作っていたアーンヴァルでした。
レシピはアーンヴァルトランシェをベースに、ジャンクパーツや武装を搭載させています。
迷彩色のアーンヴァルは見たことがないのでけっこう印象が変わって新鮮なのでは?

DSC00868.jpg


ではでは次回の改造神姫もお楽しみに!!!
[ 2009/09/21 18:40 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)

急降下爆撃天使型MMS    「リオ・サリナス」 1 

DSC00807.jpg

DSC00808.jpg

DSC00809.jpg

急降下爆撃天使型MMS    「リオ・サリナス」



第6軍事開発局が開発した高い兵装備搭載能力と汎用性を持つアーンヴァルの亜種。
急降下爆撃、機銃掃射、対艦攻撃に特化した特異なアーンヴァルであり、全身にカナード翼と可変ウイングを装備し高い機動性を持つ。
また主翼にガトリング砲や対戦車砲を固定装備しレーザー誘導爆弾などを搭載。
本機の急降下による爆撃や機銃掃射は、戦車型神姫や戦艦型神姫を恐怖のどん底に陥れた。
急降下で攻撃する際に速度があまりにも速く全身に装備した翼の空気を切り裂く音が独特で「天使の歌声」と呼ばれ恐れられた。

DSC00811.jpg

DSC00814.jpg

DSC00815.jpg

DSC00816.jpg

DSC00817.jpg

DSC00819.jpg

DSC00820.jpg

主兵装備の一つ。コトブキヤ製のロングソードを使用。
神姫軸をつけて、パイロンに懸架できるようにしています。
カラーリングはシルバーとグレー。アクセントに赤やピンクで塗装。

なかなか長い武器ですれ違いざまに一撃加えるといった感じです
巡航モード時には「ワイヤーカッター」のような役割を果たします。


DSC00822.jpg

DSC00824.jpg

DSC00825.jpg

DSC00827.jpg

DSC00828.jpg

砲撃モード

この子は普通のアーンヴァルとは翼の接続軸が違っており。フレキシブルに翼を可動させることが出来ます。

主翼にはガトリング砲と対戦車砲を搭載。固定式で翼内に埋め込まれているので普通のアーンヴァルんい比べて重量が増加したが
エンジンを強力な物に換装してあるので性能面の低下はない。

DSC00829.jpg

DSC00830.jpg

次回に続きます。

[ 2009/09/21 18:05 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

ナデシコさんに新武装!!の巻き 

DSC00629.jpg

マスタ「今日はナデシコさんにプレゼントが渡したいものがあります」

ナデシコ「ゲンナマ?」

マスタ「これです」

ナデシコ「おおーガーベラストレートじゃんー」

マスタ「知ってるの?」

DSC00630.jpg

ナデシコ「まあねーーで?これどうしたの?」

マスタ「うい、日本橋で投売りされていたのですよ、これだけ」

ナデシコ「なんぼや?」

マスタ「100いえん」

ナデシコ「すっげーーー掘り出し物じゃん」

DSC00631.jpg

マスタ「我が家の神姫でこれが似合いそうな奴は、お前しかいないだろう」

ナデシコ「そうだな、日本刀は使い慣れた奴でないと危ないからな」

DSC00632.jpg

マスタ「なくさないように、ナデシコさんの名前書いたよ」

ナデシコ「キタネエ字だなァーおい」

マスタ「ズミバゼンネ」

ナデシコ「顔ゆがんでんぞ」

DSC00633.jpg

ナデシコ「ふむ、悪くないな」

マスタ「すごく似合っていますよ。かっこいいですよー」

ナデシコ「当たり前だ。俺がカッコイイのは宇宙の法則だ!!!!」


DSC00635.jpg

ナデシコ「うーむ、これはイイ!とてもイイぞ!!!マスター!!!気に入ったぞ」

マスタ「うんうん、いいよね」

DSC00637.jpg


ナデシコ「ひょおおおおおーーー人斬りてえええええーーー」

マスタ「危ないです。振り回すなバカシコ!!」

ナデシコ「ちょっと、試し斬りしてくる!!」

マスタ「モチツケ」

DSC00638.jpg

ナデシコ「マスター、これはとてもいいものだぞ!!よく見つけてくれたな」

マスタ「うん、こんなに喜んでくれると俺もうれしいよ」

DSC00640.jpg

ナデシコ「・・・・あ・・あのさ・・・・」

マスタ「ん、なんだ?」

DSC00641.jpg

ナデシコ「ありがとう。大事にするよ」

マスタ「うん」

DSC00642.jpg

ナデシコ「何か俺もマスターにお礼しないとな・・・何がいい?」

マスタ「お礼か、そうだなじゃあー今度、日本橋に行ったら神姫センターで厄介ごとを頼まれてくれるかな?」

ナデシコ「厄介ごと?なんだ」

マスタ「厄介ごとだよ」

ナデシコ「ふっ・・・いいだろう。厄介ごとは慣れてるぜ・・・俺の存在自体が厄介だからな!!」

DSC00643.jpg

DSC00644.jpg

ナデシコ「今、使っているサムライブレードだがな・・・これはこれでまたちょっと使い方が違うからまだ持っているからな、人にあげたりしないでくれ」

マスタ「うむ、どっちも優れた名刀だからな状況によってうまく使い分けてくれ」

DSC00645.jpg

というわけで、ナデシコさんに新武装をあげてみました。

まあ、普通の刀です!特に何かあるわけでないですがこういう普通の切れ味のいい刀は接近戦ではめちゃめちゃ強いです。

またそのうち、刀は活躍しますのでお楽しみに!!

ではではー
[ 2009/09/21 01:07 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 「真零」  次回予告 

DSC00507.jpg



「最強」

最も強い 誰よりも強い 絶対に負けない 無敵 無敗 絶対勝利 戦えば必ず勝つ


それすなわち永遠のテーマ 

その永遠のテーマに挑みかつて人類史上最強にして最大の兵器が今から100年前に存在した。

「戦艦」である。

長大な砲身の主砲を持ち、分厚い装甲を纏いその巨体は神々しく戦場においてほぼ無敵と呼ばれた存在である。
あまりにも強すぎて存在するだけで、実際に物理的な力を行使せずとも相手を萎縮し、攻撃することを許さない抑止力を持つ。

1939年  「戦艦」こそ最強を象徴する存在であり、絶対無敵であった。戦艦を所有する列強国家群はすべからく誇った。

2039年  現在「戦艦」を保有する国はない」

DSC00498.jpg

???「しかし、戦艦が在りし日に誇示した力。その壮絶な戦いの歴史は人々の記憶に深く刻まれている・・・・・・・・・」

ゴウンゴウンゴウン 

低く重い静かだが力強い重低音。

???「そして100年の時を超えて、人々は戦艦こそが最強にして至高の存在。絶対に犯すことの出来ない存在であると知り覚える」

DSC00525.jpg

ヴィクター「私の名前はヴィクター  『絶対勝利』『絶対無敵』 の意味だ。

私の名、私の存在、私の意味。そのものがそれである。

私こそ、最強の武装神姫である。今からそれを戦いによって力によって証明してみせよう。

さあ  バトルロンドをはじめよう 」



武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」



というわけで次回予告です。

どうも、カタリナ・リナです。

我が家の武装神姫のフィギュアを使った武装神姫 劇場 見ていてくれてありがとうございます。

この武装神姫 「真零」は毎回、主人公が変わるようになっていますが、今回の主人公はこいつです。

戦艦型神姫の一種 重装甲戦艦型MMS「ヴィクター」さんです。

どんな話が展開されるのかお楽しみに!!ではではー


[ 2009/09/19 20:06 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 147 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00427.jpg

シャロンは帽子を深くかぶりナデシコたちに言った。

シャロン「カノーネさん、セイヴァーさんあの・・・私、まだ起動したばっかりでバトルとか分からないことだらけですが・・・そのよろしくお願いします!!」

カノーネ「いやいやーそんなに律儀に言われると照れるよ」

セイヴァー「もうシャロンさんは私たちの仲間です。こちらこそ一緒にがんばっていきましょう」

ナデシコ「もう遠慮なんかすんな!最初にあったときお前は ここはどこでしょう?って言ったよな」

シャロン「はい」

ナデシコ「ここは俺たちの家だ。そして俺たちは家族だし仲間だ」

DSC00428.jpg

セシルたちもシャロンを見てにこにこ笑う。

ナデシコ「そして町内会のこいつらも同じ町に住む仲間だ」

シャーリー「にへっへ、これからもよろしくー」
テレサ「また一緒にバトルしようね」
アリサ「今日のバトルはすっごく楽しかったよ!」
パピューア「今度、ナデシコたちと一緒に私の家に遊びにきてね」
ペルシャ「にゃは♪またバトルするにゃ」
セシル「シャロンさん、これからもよろしくです」

DSC00429.jpg

シャロンはちょっと照れくさそうに目頭を抑えて言った。

シャロン「はい!!みなさんよろしくです」

ナデシコ「さーてと・・・じゃあひと段落着いたところで・・・・」

セイヴァー「はあ・・・やりますか・・・」

シャロン「?やるって何をですか?」

カノーネ「こんだけたくさんの神姫がバトルしたんだぜ?この部屋」

シャロンは辺りを見合すとあたり一面、武装神姫の武装や弾丸の薬きょうや散乱していた


セシル「こほん、人様のお家でこんなに散らかしてしまって、いつも反省しています」
ペルシャ「掃除するにゃー!!」
シャーリー「私とカノーネで派手に撃ち合ったからねーー」
パピューア「うんうん」
テレサ「めんどくさいなー」
アリサ「ちゃんと片つけないとだめだよ!!」

DSC00423.jpg


ナデシコ「よーし!!じゃあ片つけるぞーーーシャロン!魔法使えるんだよな!?こんなんちょちょいのちょいで片つけてくれ!!」

ぽんとシャロンの肩を叩くナデシコ。

シャロン「へ?」


武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

終わり



[ 2009/09/17 23:45 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 146 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00412.jpg

アリサ「うーーナデシコに顔踏まれた・・・・・痛いよう」

セシル「それはご愁傷さまです」

シャーリー「しかし今日のバトルはいろいろ反省する点が多いよ。真っ先にやられちゃってごめんねーみんな」

DSC00413.jpg

アリサ「それを言うならボクなんか撃墜数0だよ?起動したての子にすら勝てないなんてもうボクショックで泣きそうだよ」

セシル「シャロンさん、なかなかやりますわね。今後の成長が楽しみですね」

シャーリー「聞いた話によると、グレネード弾の直撃をガードしたんだって?私の大砲ならガードできるのかな?ちょっとバトルしてみたいね」

DSC00411.jpg

アリサ「うーーー今度は絶対に負けないよー家に帰っておばあちゃんに神姫センターにつれて行ってもらって修行しようっと!」

DSC00414.jpg

セシル「私ももっと剣術を磨かなければ!!セイヴァーさんに負けてしまいましたわ」

シャーリー「ええーー本当に?セシルって地区大会の優勝者なのに?セイヴァーに負けたの?信じられないー」

アリサ「毎日、ナデシコと手合わせしてるから鬼のように強くなっているみたい・・・この間なんてカタリナ社製の戦艦型神姫に2人で喧嘩売って撃沈したらしいよ」

シャーリー「うっそーーーーすっげえーー」

DSC00415.jpg

ナデシコ「てな感じで・・・どうだ?シャロン、初めてのバトルの感想は?」

シャロン「ええと・・・最初はシャーリーさんの大砲の弾とかバンバン飛んできて、ペルシャさんやアリサさんの攻撃はすごく怖かったけど・・・でも、だんだんドキドキしてきて・・・
ナデシコさんやセイヴァーさんの戦う姿見てきたらなんかかっこいいなあって」

DSC00416.jpg

ナデシコ「ふん、かっこいいものかよ・・・お前を守るっていきまいたのに、逆に守られちまったぜ」

シャロン「なぜか体が覚えていて、守れてばかりじゃ嫌だって自分も守りたい誰かを守りたいって思ったら体が動いたんです」

ナデシコ「とにかく、初めてのバトルにしちゃいい感じだったぜ。お前がいてくれて助かった」

DSC00420.jpg

シャロン「ナデシコさん。私もっと強くなりたいです!もっといろんな神姫さんと戦ってみたいです。
ナデシコさんやセイヴァーさんにカノーネさんと戦いたいです」

ナデシコ「おおーなんかやる気満々じゃねーか、何か目標でもあるのか?」

DSC00421.jpg

シャロン「はい!私、ナデシコさんたちみたいな強くてカッコイイ神姫になりたいです!!」

ナデシコ「へ?ちょっとちょっとおだててもなんも出てこないぜ////」

DSC00422.jpg

シャロンは目をきらきら輝かせて言った

シャロン「はい!!一日も早く強くなって、さきほど話をしていたトラック とか ワニ とかにも勝てるようになりたいです!!!」

ナデシコははあーと深いため息を付き、ぽんとシャロンの肩を叩いて言った。

ナデシコ「そうだな・・・トラックとかワニにも勝てるくらい強くなったら文句無しに強い神姫になるな・・・」

DSC00423.jpg

ナデシコ「よおおおおしい!!!まあいいだろう!!それはそれですごい目標だ!!!
俺もお前の目標に協力するぜ!!!というか!!!俺もなんかトラックとかワニとか倒したくなってきたぞ!!!!」

*トラックの運転手さんの迷惑になるので良い子の神姫は真似しないでね☆
*動物虐待になるので良い子の神姫は真似しないでね☆


つづく
[ 2009/09/16 23:11 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 145 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00407.jpg

集団バトルロンド  バトルステージ ・居間  戦闘終了

勝利チーム Bチーム

武士型神姫        ナデシコ   Aクラス     近距離戦型   ノーダメージ  撃墜数3

騎士型神姫        セイヴァー  Bクラス     近接格闘型    中破     撃墜数1

高射砲台型神姫     カノーネ   Bクラス     遠距離砲撃型    撃破    撃墜数1

フェレット型神姫     テレサ     Bクラス     近接格闘型     撃破    撃墜数0

魔道士型神姫       シャロン   Cクラス     中距離支援型    撃破    撃墜数0


敗北チーム Aチーム

騎士型神姫        セシル     Aクラス     近接格闘型     撃破   撃墜数0

猫型神姫         ペルシャ    Aクラス     近接格闘型     撃破   撃墜数3

白悪魔型神姫       アリサ    Bクラス     近距離戦型     撃破   撃墜数0
 
サンタ型神姫カスタム   パピューア Bクラス     中距離支援型    撃破   撃墜数0

砲台型神姫         シャーリー Bクラス     遠距離砲撃型    撃破   撃墜数0

DSC00408.jpg

ペルシャ「いにゃあーー今日のバトルはまた一段と激しかったにゃー♪」

テレサ「だねー、しかしさすがはAクラスのペルシャとナデシコ!やるね撃墜数3だなんてさー一人でいいとこ持っていってるね」

ペルシャ「にゃっはは、近接格闘戦は自身あるよーある程度の距離ならプチマ使って牽制できるしにゃー」

テレサ「うんうん、プチマの使い方がすっごくうまいよペルシャ」

DSC00409.jpg

パピューア「あーあー負けちゃったよ。ナデシコと一対一で勝負はやっぱ無理だよ。回避も機動も間合いの取り方も絶妙だよ」

カノーネ「あいつはああ見えてもけっこう勉強家だからな、図書館とかに行って昔の剣豪の剣術とか戦争中の戦闘機の機動理論とか勉強しているんだ」

セイヴァー「うん、ナデシコは戦闘機型と侍型のハーフだから両方の特性をうまく使い分けて戦うからすごく間合いの取り方が難しいのよ。
私も毎日、手合わせして戦っているけど動きがやっぱり違う。一切の無駄がないしキレもいい」

カノーネ「それにさ、ナデシコの奴戦っている最中にかなりムカつく挑発してくるだろ?」

パピューア「うんうん!!!それでその後なぜか負けちゃうんだ」

カノーネ「あれも戦術の一つだからさ、絶対に挑発にのるなよ。わざとムカつく挑発して誘導してくるから気をつけないと喰われるぞ」

パピューア「ひーおっかないなー戦って思っただけどあいつAクラスの神姫の強さじゃないよ、もっと上位クラスの神姫じゃないの?」

カノーネ「ああー本当なら多分SSクラスの実力はあると思うけど・・・なあ・・・あの性格だしあんまり公式のバトルもしないし野良試合ばっかりだからランク上がらないんだ」

パピューア「なんで公式の試合でないの?地区大会とか出ればけっこういい所までいくんじゃない?」

カノーネ「・・・・・まあな、ナデシコは派手好きでバカだけどああ見えてけっこう誇り高い奴なんだ・・・・・・・」

パピューア「は?どういう意味?」

セイヴァー「半年前なんだけどさ・・」

DSC00634.jpg

半年前

セイヴァー「ナデシコ、来月の初めに大阪市の公式神姫バトルロンドの大会があるんだけど出場します?大阪市で一番強い神姫を決めるみたいですよ」

ナデシコ「俺は出ないよ」

セイヴァー「え!?なぜですか、たくさんの神姫が出場するんですよ?」

ナデシコ「お前、公式の大会ってどういうモノか知っているのか?」

セイヴァー「私はまだ一度も参加したことはありませんが、センターで告知されている情報を見ると公式のルールにのっとたレギュレーションと装備でお互いの強さを競いあう大会みたいですね」

ナデシコ「俺から言わせれば『見世物』だ。くだらねえ」

セイヴァー「く、くだらないって見世物ってどういう意味ですか!!この大会はたくさんの神姫が参加して雑誌やネットでも中継されるすごい大会なんですよ!
この大会に優勝すれば、みんなに認められるんですよ」

ナデシコ「それがくだらねえって言ってんだよ・・・・・俺の刀は見世物ではない」

DSC00410.jpg


パピューア「ひゅー♪挑発うめーー!!カッコイイイーーーでもその発言は多くの神姫とオーナーを敵にまわすよ」

カノーネ「超上から目線で、あの俺が出たら優勝前提みたいなふてぶてしい態度はすごいと思うよ。
言い切ったからね。
公式の全国大会とか地区大会はスポンサーとか宣伝とかグッズの関係もあるしまあ、見世物って言い切ればそれまでだけどさーー」

セイヴァー「・・・でも、ナデシコの言うこともちょっと理解できるな・・・だから私も公式の大会とかあんまり出たくないんだ」

パピューア「ふーん、なんかいろいろな考えがあるんだねー」



[ 2009/09/16 00:04 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 144 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00395.jpg

セシルはじりじりとセイヴァーににじり寄る。

セイヴァーは視線をセシルの瞳に集中し、剣を強く握りしめる。

DSC00396.jpg

セシル「・・・・・・・・」

セイヴァー「・・・・・・・」


お互い一言も言葉を発さず、いつか訪れる瞬間をおのおの思い浮かべる。

DSC00399.jpg

動いたら 負ける

そう思ったセイヴァーは、じっと剣を構える

DSC00397.jpg

ぴたりと静止し、ガン待ちのスタイルを崩さないセイヴァーだったが、
ほんの一瞬、わずかに姿勢を崩した刹那

DSC00398.jpg

セシルが剣を振るおうと体をひねった瞬間

DSC00400.jpg

キィン とセイヴァーの剣がセシルの剣を軽くはじき

ひたり とセシルの頬にひんやりと詰めたいセイヴァーの剣が当てられる。

神速 すさまじい速さで突きつけられた剣捌き

セイヴァー「セシル、過敏に反応しすぎです・・・・あなたの負けです」

セシルの目が大きく見開かれると同時に絶叫する。

DSC00402.jpg

セシル「あああああああああ!!!こ、この私が・・・・剣で・・・一対一の剣による決闘で負けるなんて!!!」

セイヴァー「・・・・・・・・・・」

セシル「どうして!!わ、わたくしは・・・・地区大会で優勝したのですよ!!!どうして!!
私はセイヴァーさんよりも多くの神姫を倒してランクも上なのに!!!何度も連戦連勝していたのに!!!
この間までずっと私の方が強かったのに私の方が!ランクも上で勝利数も多いのに!なぜ!!!」

DSC00403.jpg

セイヴァー「確かに、私はセシルさんよりもランクは下ですし、倒した神姫の数も地区大会なんかも出たこともない勝った数も少ない・・・でも負けた数なら負けません」

セシル「負けた数!?」

セイヴァー「私は今までいろんな敵と戦って負けてきました。戦闘ヘリ型神姫、何十機もの神姫が乱れ戦う乱闘戦、それに私は毎日ナデシコとバトルして負けているのですよ?」

セシル「・・・・・・・・・」

セイヴァー「私は負けてばかりです、神姫センターでまともに勝ったことがありません。3対1で負けたり、不意打ちを喰らって負けたり、自分よりも何倍も大きい戦艦型神姫に集中砲火を喰らって負けたり・・・・・
戦って負けてばかりです!!!!!」

セシル「・・・あ・・・」

何かに気が付いたセシルはぼろぼろになったセイヴァーを見あげる

セイヴァー「セシルさん、あなたは確かに強いです。でも勝つことにこだわり過ぎた・・・・・・・」

セシル「・・・ふふ・・・私の負けですわね、でも不思議といい気分です」

セイヴァー「また、戦いましょう。セシル」

セシル「ええ、でも今度は負けません。それでも私は勝つことにこだわります!!!」

セイヴァー「負けて勝つ」

セシル「勝って負ける・・・くっく・・・あははは」

セイヴァー「ふふふ」

2人は笑いあった

DSC00404.jpg

ナデシコ「ふん、どうやらそっちはそっちで決着付いたようだな」

セイヴァー「ナデシコ!」

セシル「!?ちょっとナデシコさんなんであなたは無傷なんですの!?」

ナデシコ「ちょっとな・・・守る予定だった奴に守られちまって・・・ざまあねえ、かっこ悪いな俺・・・」

セイヴァー「はあ・・・」

セシル「なんにせよ、バトル終了ですね。私たちの負けですわね、楽しかったですセイヴァー」

セシルはにこにこと笑った。

DSC00405.jpg

ナデシコ「?おいセシル負けたのに何をにこにこ楽しそうに笑ってんだよ気持ちワリーー
セイヴァー、こいつどっか打ち所悪かったのか?」

セイヴァーはハアとため息をついた

セイヴァー「せっかくいい話をしていたのに、全部台無しですね・・・・・・・・」

ナデシコ「いい話!?金でも賭けていたのかセイヴァー」

セイヴァー「・・・・・・・・・・」

つづく
[ 2009/09/15 00:52 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 143 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00385.jpg

ナデシコ「あっーーーーーー!!!しまった!!ペルシャてんめーー!!」

ナデシコはぐむっとアリサの顔を踏みつけペルシャに向かってダッシュした。

アリサ「ピギャ!」

DSC00386.jpg


ナデシコ「はあああああああ!!!ゆ・る・さ・ね・えッツー!!!!!!!」

DSC00387.jpg

勢いよく振り下ろされるナデシコの斬撃をクローで受け流すペルシャ

ペルシャ「きっかないよ?そんなの! へへ?ん!へなちょこー」

三人も倒して絶好調のペルシャは調子に乗ってナデシコを挑発する。

ブチィ


何かが切れる音がした・・・・・


ペルシャ「・・・・・ブチィ?」

DSC00388.jpg


ナデシコはすっと一歩後ろに下がり、尻尾のエンジンを暴走族のバイクのように唸らせる。

グオオオオンブルウウングオオオオン

ナデシコ「・・・ちょっと、調子に乗りすぎたな、ペルシャ・・・・」

ペルシャ「あ・・・やばいにゃ・・・」

タラリとペルシャの額に冷や汗が流れる。

DSC00389.jpg

ひゅんと風が鳴ると同時にペルシャのバイザーがパッカーーーンと派手な音を立てて割れる。

ペルシャ「にゃう!!!」

ナデシコ「我流・・・・・・兜割り・・・・」

DSC00391.jpg

目にとまらぬ速さで打ち込まれたナデシコの斬撃をモロに喰らってペルシャは地面にしたたかに腰を打つ。

ペルシャ「いったーーい!!」

DSC00392.jpg

ガスン  とペルシャの顔の横にナデシコの刀が突き刺さる。

ペルシャ「ひう!!」

ナデシコはペルシャの肩を踏みつけ動きを封じた。

DSC00393.jpg

すうと短く息を吐くとナデシコは叫んだ。

ナデシコ「へなちょこ?へなちょことはいったい誰のことだ?んーーー?まさかとは思うが・・・・俺のことか?ペルシャ!!!」

ペルシャ「あう・・あああうう・・・・」

ナデシコ「サレンダーしろっ!!!!お前の負けだ!!!!!!!!」

DSC00394.jpg

ペルシャ「うぐうううう・・・ぐす、負けてなんかないもんね!!今日、私・・・3人も倒したもんね!!」

ナデシコ「はっ!!だが、お前は俺に負けた!!!俺の勝ちだ!!!!ばーかー♪三人くらい倒しただけでえばるな!!!そーいうセリフは100機くらいぶった押した後でほざけ!!!」

ペルシャ「ううううううううううう!!!くやしいいにゃああ!!!!!」

ペルシャは悔し涙をポロポロ流す。

つづく
[ 2009/09/13 12:38 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

カノーネさん改修  

DSCkano-ne1.jpg

DSC00kano-ne2.jpg

DSClkano-ne3.jpg

DSClakanone4.jpg

高射砲型神姫 「ツイン・カノーネ」

バランス調整したりところどころ可動や色変更しました。
設定どおり脚部にナットウェイトで実際にバランス取っています。これがないとずっこけます、でっかい大砲装備していますが、このバランサーのおかげで水平射撃とかのポーズも取れます。

実はこの子・・・・我が家の改造神姫の中でもかなり初期に作られた老兵です。

DSCkano-ne5.jpg

DSC00kano-ne6.jpg

DSC0kano-en7.jpg

DSCkano-ne7.jpg

ニュートラルグレーの単色塗装ですっごく地味な感じで、アクセントに蛍光色やシルバーなどを塗っています。

砲子の亜種なので、武装も砲子のモノをメインにしています。

DSC00kane-ne7.jpg

パーツ構成はシンプルにまとめています。
この装備は他の公式の神姫にも無改造で組み換え可能なのです。

DSC00kane-ne8.jpg

DSC00kane-ne9.jpg

砲撃モード

砲撃時の安定性能をあげるためにわざと重量を増すためにナットウェイトを装備し高射砲台モードになることが可能。ナットウェイトをアンカーにして地面にしっかりと固定し、
レードムはフレキシブルに動いて砲撃時の邪魔にならないように頭頂部に移動。

フォルムは実際にある2連装高射砲とか参考にしています。

DSC00kane-ne10.jpg

DSC00kane-ne11.jpg

DSC00kane-ne12.jpg

DSC00kane-ne13.jpg


脚部にあるナットウエイトでバランスを取ることが可能。

ある程度の無茶な動きにも対応できます。

DSC00kane-ne14.jpg

というわけでカノーネさんでした。

次回の改造神姫もお楽しみに!!!!!!!
[ 2009/09/12 00:49 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 142 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00375.jpg

ペルシャ「にゃああああ!!!いっけーチビ共ーあの魔女っ子をやっつけろー」

01「マジョッコー」 02「ウニャー」 03「タリーーホー」 04「マカセロー」

ペルシャは一瞬の隙をついてシャロンに襲いかかる

DSC00376.jpg

鋭いペルシャの爪がシャロンを狙う。

シャロンはさっと手をかざし凶爪を防ごうと魔法スキルを唱える。

DSC00377.jpg

シャロン「防ぎます!!!防御魔法スキル発動!!!シールド!!!!」

バシン とオレンジ色の光の障壁が現れペルシャの攻撃を完全にガードする

シャロン「無駄です、私の防御魔法は絶対防御!!どのような攻撃であろうと防ぎます!!」

DSC00378.jpg

ペルシャ「ふにゃあーーそれはどうかにゃ?ニャハ♪」

ペルシャはがりがりと障壁に爪を立てる。

01「ニャヒ」 02「ニャフ」 03「ニャホ」 04「ニャヘ」

シャロンのシールドは正面しか防御できない。展開している間は側面は無防備

DSC00379.jpg

シャロン「しまった!?」

ペルシャ「にゃあああああああああああ!!!もう遅いにゃあ!!ヤロウ共ーイマダニャア!!」

01「ニャアアー」 02「ニャイイ」 03「ニャウン!!」 04「ギャニャ」

一斉にシャロンに向かって飛び掛るプチマシーンズ

DSC00380.jpg

シャロン「きゃああああーーー」

シャロンに飛びのったプチマシーンたちはやりたい放題にシャロンの体をつつきまわす

DSC00381.jpg

シャロン「きゃっははは!!!ちょだめ!!あ・・・くっふう♪ひゃああーーきゃひん☆」

服の中に張り込みもぞもぞと這いずりまわるモノ 柔らかい脇をつっつくモノ カプリと耳を噛むモノ

DSC00382.jpg

04「未知ノ領域ダーニャアア!!!!!」

スカートの中に入るモノ

シャロン「ちょ///どこにはいって!!きゃん☆らめええええーーーーーー」


・・・・・・・・・・・・・・

DSC00383.jpg

01「サレンダースルニャアアアアアアア!!!」

シャロン「きゃはっははは♪ちょ、もうダメ・・・あひいい!!!!サレンダーするから・・・そこ!!もう噛まないでェーーーーーーーーーーーー」


パーンと勝利の砲を鳴らすプチマシーン

01「ニャアアアアアアアア!!!!勝利シタニャアー」

02「ヨエエエーー」 03「プチマニマケル神姫(藁)」 04「ニャハハハ」

DSC00384.jpg

ペルシャはぐっと爪を高く掲げ勝利のポーズを取る

ペルシャ「うにゅ!!!よくやったにゃ!!!今日の撃破記録更新だにゃ!!三匹目撃沈ダニャアアアア」

01「 1 」 02「 2 」 03 「 3 」  04「セーノー」

ペルシャ「ダアアアアアアアアアアア!!!!!!」

つづく
[ 2009/09/10 22:45 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 141 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00366.jpg

アリサが強化アームを使って起き上がろうとした瞬間。

ナデシコが地面を強く蹴って踏み出し、刀を振りかざし突っ込んできた

ナデシコ「我流!!!地獄突き!!!!」

アリサ「こなくそ!!」

DSC00367.jpg

アリサはロケットハンマーでガードをしようとぐっと腰を落とし、万全の体制で防御姿勢を取る

ナデシコ「馬鹿が!!その防御姿勢を待っていたんだよ!!!!ど素人めっ!!!!!!!!!」

ナデシコはロケットハンマーの柄の付け根を狙いすまし鋭い突きを放つ。
狙いはアリサではない、アリサの持つ頑丈なロケットハンマーだった。がっしりと防御姿勢を取りハンマーでガードしようとするアリサの動きを完全に読みきっていたナデシコは
アリサの防御姿勢を固定軸にして一点集中の突きによって一番負担のかかるロケットハンマーの柄の接続部分の一箇所を一撃で粉砕した。

DSC00368.jpg

バッカーン!!!!

頑丈なロケットハンマーは真っ二つに折れて衝撃で重いハンマーがひゅんひゅんと唸りをあげて、ペルシャの足元に落下する。

ゴズオン!!

ペルシャ「ひにゃああああ!!?」

DSC00369.jpg

アリサ「きゃああ」

強い衝撃を喰らいアリサはどたあと、地面に倒れる。

DSC00370.jpg

アリサ「いたた・・・ひう!」

ずいとアリサの顔面にナデシコの刀が冷たく突きつけられる。

DSC00371.jpg

ナデシコ「サレンダーしろ、お前の負けだ・・・・・・」

真っ赤にらんらんと光るナデシコの瞳。

アリサ「あ・・・ぐ・・・あ、まだまだ・・・いけ」

DSC00372.jpg

ナデシコの冷たい声がアリサの上から聞こえる。

ナデシコ「サレンダーしろ、お前の負けだ・・・・パピューアは俺に三度目は言わせなかったぞ・・・ん?・・・」

ちゃき  ナデシコの刀が鋭く鳴く

DSC00373.jpg

アリサ「うはあ・・・はぁ、悔しいな全然歯が立たなかったよー何がいけなかったのかな?あははは・・・」

アリサはなんとか、ナデシコの気をそらそうと話題を持っていく。

ナデシコ「ナニがいけなかったって?ふふ・・・知りたいか!!!」

アリサ「う、うん」

ナデシコ「よーし!!!特別にこのナデシコさまがたっぴり教えてやろう♪」←得意げに

アリサ「わ、わーい、う、うれしいなァー♪」
(ペルシャ・・・イマノウチニ)

DSC00374.jpg

キラン☆ーーと光るペルシャの目

ペルシャ「にゃひひひ!!アリサ!君の犠牲は無駄にしないのにゃ・・・」


じーと獲物を見つける肉食獣のようにシャロンを見据えるペルシャ


ペルシャ「さーーて狩りの時間だにゃ!!!!」


つづく
[ 2009/09/09 22:20 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

装甲列車型MMS  開発計画 その3 

DSC00767.jpg

DSC00777.jpg

DSC00779.jpg

DSC00772.jpg

DSC00775.jpg


というわけで、昨日の続き!!

サーチライトや発光信号装置などの電飾なども考えています。まあ、これだけ巨大だとなにやっても大丈夫な感じがする・・・・・・

後部の貨物車両には戦車とかミサイル車両が搭載されていますが、神姫やヘリコプター、ACなんかの搭載も可能です。
かなり搭載量に余裕があるので、まだこれからさらに追加していくと搭載量が半端ないことにwww

ではでは次回の改造神姫もお楽しみに!!!
[ 2009/09/08 22:53 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)

装甲列車型MMS  開発計画 その2 

DSC00743.jpg

DSC00744.jpg

開発中の装甲列車型神姫を紹介。

「地上最強」を嘯く我が家の超大型武装神姫ですww
バカの一つ覚えの重厚長大の、歪な結晶にすぎませんが豊富な火力、重厚な装甲、桁外れの積載量を有しています。
これを攻略する最も効率的なやり方は車体に乗り移り、中央部機関動力部を狙い破壊する。
そうすれば、地上最強など、空虚な戯言に成り果てるはずです・・・

と某ロボットゲームに登場するような「走る要塞」みたいな感じで開発中。

DSC00748.jpg

DSC00758.jpg

DSC00761.jpg

中央部の神姫本体指令車両部です。

ジャンクパーツやいろいろデッチアゲでゴテゴテと貼り付けて製作。本体はプラケースを利用。
3mm穴が開いているので、これから機関砲やミサイルランチャーなどの武装を取り付けていきます。

DSC00746.jpg

DSC00749.jpg

DSC00753.jpg

DSC00755.jpg

今回紹介するのは全体の約半分の装甲砲塔車両部分です。
砲塔はソヴェト製のKV重戦車の砲塔を流用しています。
砲塔はぐるぐる回転し、4基の砲塔がいっせいに同方向を向いて砲撃するポーズは迫力満点です。

DSC00757.jpg

DSC00763.jpg

DSC00754.jpg

今日の紹介はここまで、後日は後部の貨物車両や戦車を搭載した車両などを紹介。

まだ未完成ですが、前部の車両だけで1000mmを超えます・・・
今後、貨物車両や神姫搭載車両、対空砲台車両などを含めると恐ろしいことになりそうですw

ではではー次回もお楽しみに!!!
[ 2009/09/07 22:03 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(4)

アーンヴァル強化計画  共同試験開発機 その2 

前回、紹介したアーンヴァルの強化発展型

DSC00786.jpg

DSC00787.jpg


ゴタローさんのイスラエル空軍のクフィルC7の様なデザート迷彩は?という提案があり・・・

ちょうど我が家では現在、イスラエル軍仕様のA4を開発していたので塗料を使いまわして三色迷彩をやってみようと思います。

メインカラー・3色迷彩×サブカラー・ライトブルー×アクセント・黒と黄色

グリーンFS34227・ブラウンFS30219・イエローFS33531・ブルーFS35622で構成する予定です。

武装はグレーとブラック アクセントに黄色と赤を加えます。

DSC00788.jpg

頭部はアイリペと髪色変更 アイリペはルマングリーンで瞳の色を変更。髪色はレッドです。

DSC00789.jpg

DSC00790.jpg


DSC00791.jpg

DSC00792.jpg

そして、今回新たにギミックを追加。

翼内に固定式になっているライフル砲に弾を装填できるようにしました。
この弾は3mm砲弾です。

先端に特殊な加工が施してあり、強固なシールドや重装甲でも容易に貫通し内部で爆発する「対障壁貫通弾」です。
我が家の戦艦型神姫は分厚いシールドや障壁を張り、なおかつ重装甲なので、それに対抗して開発された砲弾といった感じです。

強力な砲弾なので、もし普通の神姫が喰らったら一発でバッラバラになります(怖)
単発式なので手動で装填しなければいけないのが弱点・・・・

でもこういうギミック大好き!!!

DSC00793.jpg

DSC00794.jpg

DSC00795.jpg

ここら辺の設定は第二次世界大戦中の旧日本陸軍の二式双発戦闘機 「屠竜」を参考にしています。

機首に対戦車砲を装備して、爆撃機の迎撃や対地攻撃、対艦攻撃とか行ったり・・・
この神姫もそういった運用を目的にしています。

DSC00798.jpg

DSC00799.jpg

DSC00800.jpg


急降下で突撃する際の突撃モード

翼が切り詰められているのは、このためです。
リアパーツの副翼はエアブレーキの代わりにもなりますし、低空での機動性をあげるために主翼と平行にして複葉機のようなフォルムにもなることが可能です。
また全身にバーニアとカナード翼があるので、対戦闘機戦闘も可能な高機動を誇ります。

DSC00801.jpg

とまあ、こんな感じのアーンヴァル強化案です。
名前は、すでに決まっておりお世話になっている神姫オーナーさんからすばらしいお名前を頂戴しました。

他にもいろいろとギミックがあったり改造していますが、いずれまた紹介します。

ではでは次回の改造神姫もお楽しみに!!!!


[ 2009/09/06 23:22 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 140 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00355.jpg

ナデシコが機関砲を撃つが、一発発射されただけ、どうやらさっきのパピューアとの戦いですでに弾がなかったようだ。

ナデシコ「あり?弾切れ?」

シャロン「えええーー!?」

DSC00356.jpg

ペルシャの耳がぴくりと動き、にゃっと笑う

ペルシャ「しめたにゃ!!アリサ!!!ナデシコの奴弾切れだにゃ!!!」

アリサ「チャンス!!よーしそれなら!!!」

DSC00357.jpg

アリサはリアパーツに装備していたロケットハンマーを強化アームで握りしめ、ペルシャは腰を深く落としプチマシーンズと共にナデシコに飛び掛った。

DSC00358.jpg

アリサ「この一撃、受け止められるか!?ナデシコーー!!」

DSC00360.jpg

ナデシコ「うっしゃーーー!!来いやァーーー!!!」

ナデシコは機関砲を投げ捨て、抜刀する。

ナデシコ「シャロン後ろに下がってろ!!お前は俺が守ってやる!!!」


DSC00361.jpg

DSC00362.jpg

ペルシャ「にゃあああああああ!!!!」 アリサ「うおおおおお!!!!」

2人の息のぴったり合った攻撃、ペルシャもアリサも近接格闘をもっとも得意とする武装神姫。

いくらナデシコといえども2人いっぺんの攻撃を回避することも防御することも難しい

ナデシコの額に冷や汗が浮かぶ  よくて相打ちだな・・・


DSC00363.jpg

ナデシコの後ろにすっと立つ、シャロン

シャロン「大丈夫ですよナデシコさん・・・私・・・守れてばかりでは嫌です。私もナデシコさんを守りたい!!!」

ナデシコ「え?」

シャロン「防御魔法スキル発動!!!シールド!!!!」

バシン  と派手なオレンジ色の障壁がナデシコの前に現れてペルシャとアリサの攻撃をはじき返す。

DSC00364.jpg

シャロンの魔法障壁によって吹っ飛ばされるペルシャとプチマシーンズ

ペルシャ「ふにゃああ!!?防御スキルにゃあ!!?」

02「ウニャアー」 03「フットブー」 04「ニャニャ?」 03「ギャハー」

DSC00365.jpg

アリサ「く、くそう!!!またさっきの防御スキルか!!!ボクの渾身の一撃がたやすくはじかれるなんて!!!」

つづく
[ 2009/09/06 16:19 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 139 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00348.jpg

ペルシャ「うにゃっあ!?ナデシコ!!!ナデシコが出てきたということは・・・パピューアの奴ゥー負けたなァー」

02「オヤビン、ドウシマス?」 04「ナデシコ、コワイ」 03「アイツ、スゴクランボウー」 01「ヤッチマエー」

ペルシャ「やっつけるにゃ!!ナデシコなんか怖くないにゃ!!」

DSC00349.jpg

ナデシコはきょろきょろと辺りを見回す。

ナデシコ「おい、カノーネとテレサはどーした」

シャロン「そ、それが・・・・さっき、一瞬でペルシャさんにやられちゃいました・・・・」

ナデシコ「はああ!?マジでーーーだらしねーなカノーネのヤロー」

DSC00350.jpg

くらくらと蹴りの入った頭をさすりつつ、アリサがのっそりと起き上がる。

アリサ「痛いよ、もうーっ!ナデシコの奴ゥボクの頭を踏み台にしやがって」

DSC00351.jpg

アリサの横にさっとペルシャが着く。

ペルシャ「アリサ、こっちはテレサちゃんとカノーネをやっつけたにゃ!!そっちはどうにゃ?」

アリサ「うううーあの新しく起動したばかりのシャロンって子をやっつけようとしたんだけど、妙なスキル使って攻撃ガードされた・・・・」

ペルシャ「妙なスキル?」

アリサ「よく分からなかったけど・・・防御スキルだよ、それもとびきり強力な奴」

DSC00352.jpg

ナデシコ「おうおう、ペルシャにアリサ!!俺のとこのチーム、ずいぶんと可愛がってくれたみたいじゃねーか」

アリサ「ナデシコ!パピューアはどうした!!」

ナデシコ「邪魔だったから斬った」

01「ヒャーーー」 02「オニジャア!!」 03「神姫斬リダーー」 04「パピューアヤラレター」

ペルシャ「うにゃああ・・・やっぱりやられたにゃー」

DSC00353.jpg

ペルシャ「アリサ!2人で協力してナデシコをやっつけよう!!」

アリサ「うん!」

01「キョウリョクダー」 02「ヤッツケヨウ」 03「6対2ダー」 04「タオセー」

DSC00354.jpg

ナデシコ「ふん、おもしれえーー相手してやるよ!」

シャロン「ま、負けませんよー」

つづく
[ 2009/09/06 16:00 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 138 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00333.jpg

ズシン

アリサの白い巨体がシャロンに迫る。

アリサ「追い詰めたよ!!優しくしているうちに、降伏してくれれば良かったのに君もバカだねー」

シャロン「はわわわ・・・・」


DSC00334.jpg

アリサの巨大な武装ユニットに圧倒され、シャロンはぺたんと腰を抜かす。

アリサは白悪魔型の重装型、接近戦に特化したさまざまな武装を全身に装備し装甲も厚い。
その姿はまさしく悪魔と呼ぶにふさわしい異形の神姫だった。

アリサ「どーする?降参する?君はまだ起動したばかりで戦い方もなんにも知らないんでしょ?今回だけ特別に許してあげるよ♪」

アリサはおびえきった子猫のようなシャロンの姿を見て、少し小馬鹿にしたような口調で提案した。

DSC00335.jpg

シャロン「うう・・・あ、嫌です」

アリサ「?」

シャロン「ナデシコさんやカノーネさん、セイヴァーさん・・・みんなまだ戦っています!!!私だけ・・
私だけ、何も出来ないまま負けるのは嫌です!!!」

シャロンはおびえながらもアリサの提案を蹴った。

アリサ「ふ・・・あは♪あはははは!!!そうかーそうかー!!!いいねー君!!なんか、ボク、あんたのこと気に入ったよ
そーだね、ごめんごめん・・・君の誇りを汚すところだったよ、いや真に失礼したよ・・・・・・」

かちゃり  グレネード砲の安全装置をはずすアリサ

アリサ「じゃあ、遠慮なく・・・・やらせてもらうね」

DSC00340.jpg

アリサの顔から笑みが消え、すっと冷たい目でシャロンめがけてグレネード砲を撃つ

シャロンはやられると思い、ばっと無意識のうちに手をアリサに向け、呪文を詠唱し魔法スキルを発動させた

シャロン「防御魔法スキル発動!!!シールド!!!」



ごきん  アリサの放ったグレネードが、オレンジ色に光る光の壁に留められ、攻撃がガードされる。


アリサ「なにィーーー防がれたァーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!?」

DSC00341.jpg

アリサ「馬鹿な!!!防御スキルだって?そんな高等なスキルがなんで起動したての神姫に使えるんだ!?」

DSC00343.jpg

アリサ「あ・・・ありえない!!ええいーーもう一度、グレネード砲で・・・」

セリフを言い終わらないうちに、アリサの頭の上がふっと暗くなったと同時にナデシコの強烈な蹴りがアリサの頭に命中する。

DSC00345.jpg

どげしっ!!!!

アリサ「ぴぎゃああ!?」

ナデシコ「うおおおおおお!!!俺の新入りをいじめるなあ!!アリサ!!!」

DSC00346.jpg

ナデシコはシャロンに無事を確認するとにっと笑った。

ナデシコ「いよう!!シャロンーーーさっきの啖呵かっこよかったぜー、その心意気だぜ!!」

DSC00347.jpg

シャロン「な、ナデシコさーーーん!ーーふええええ」

シャロンはナデシコの姿を見て安心し、ぼろぼろとセキをきったように泣き出した。

ナデシコ「おいおい、大げさな奴だなあ・・・・泣くのはまだ早いぜ、シャロン!!
どうだ?神姫同士のバトルは?」

シャロン「とっても楽しいですゥーーー」

ナデシコ「あは・・・そ、そうかあ・・・・(てっきり怖いって言うと思ったのになあ・・・)」

つづく

[ 2009/09/06 15:32 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

飛竜型MMS  「レイニィーネ」 

DSC00599.jpg

DSC00601.jpg

DSC00603.jpg

DSC00604.jpg

飛竜型MMS           「レイニィーネ」


カタリナ社の一般神姫開発部門が作った試作神姫。
架空の生物、飛竜をモチーフにしたファンタジー系の神姫。
機動性と近距離中距離遠距離に対応できる汎用性を持った1機で多用途に使用可能な軽万能機思想に乗っ取って開発された。
当初、空を飛行できる武装神姫には運動性が最も大事であるとして、速度や装甲は二の次にされてきた。
事実、他社メーカー、サンタ型、天使型、セイレーン型、戦闘機型はみな軽装甲で運動性、格闘戦を重視していた。
カタリナ社もこれらの当時、流行していた軽戦神姫思想に基づき本機を開発させ完成させたが・・・
ほぼ同時期に同じカタリナ社で完成した戦闘爆撃機型MMSドラッケンや迎撃戦闘機型MMSガーリオンなどの高速で火力、防御ともに上回る重戦神姫の攻撃を受ければ、
貧弱な装甲と鈍足な軽戦闘機群は容易に撃墜されてしまうという重大な事実が模擬戦闘で判明する。

結果、本神姫は旧式な戦法と旧式な設計思想を持った最新鋭の神姫という皮肉なことになってしまい。
火力も小柄な機体のため中途半端で設計にも余裕がなくこれ以上の改良発展の余地はないと判断され、
三流神姫の烙印を押され、わずか100機あまりの先行量産型は標的機や仮想敵機役などの役割を行い処理され、悲惨な末路をたどった。



DSC00605.jpg

DSC00606.jpg

主兵装

ライトライフル 1挺 Bブレード 2本 レールキャノン 2門 ターボファンネル 2基

DSC00607.jpg

DSC00608.jpg

ライトライフル

射程、命中率はそこそこあるが、小口径なので明らかに威力不足
攻撃の主力に使うより牽制などに使用することが多い

DSC00609.jpg

DSC00610.jpg

DSC00612.jpg

Bブレード 

近接格闘用の武装 防御にも攻撃にも転用でき、軽く切れ味もあり使い勝手はいいが、やはり攻撃力不足なのはいなめない。

DSC00613.jpg

DSC00614.jpg

DSC00615.jpg

DSC00616.jpg

DSC00618.jpg

レールキャノン 

搭載されている武装の中でもっとも高い攻撃力、射程距離を誇る武装

しかし砲撃モードに移行しなければならず、砲撃モード時は機動力も下がるため多用は出来ないが、破壊力は抜群である。

DSC00619.jpg

DSC00620.jpg

ターボファンネル

自立機動ビーム砲台 支援AIにより動きまわり、相手の死角や懐に飛び込み、ビームを発射するオールレンジ攻撃が可能。

だが、エネルギーの消費が激しくまたジャミングなどの電波障害などの影響を受けるとまったく使えない。
単なるコケオドシの武装だと揶揄されることが多い

DSC00621.jpg

DSC00622.jpg


DOUJIN HOOPSさんのRAINYを神姫素体に組み込み武装神姫化しました。カラーリングはいつものカタリナ社仕様です。
設定がなにやらおっそろしいことになっていますが気にしない。ジェネブロックはよく神姫の改造に使用しますが、どうにも貧弱な感じがしていけません。
面白い形状のモノがたくさんあるのでワンポイントで使うといいかも知れません。

今回、ワンポイントでジュエルシールなどを間接部などに張っていますが、あんまり目立たない・・・

いろいろな武装を装備していますが、所詮小手先だけの武装ばっかりでたいしたことはありません。
機動力と回避力はあるけどそれだけで全距離対応可能ですが・・・なんか中途半端な感じな神姫

DSC00626.jpg

飛竜型神姫 なんて大層ご立派な名前ですが・・・・・・あきらかに名前負けしています。
なんでもかんでも竜だのドラゴンだの強そうな物の名前つけりゃーいいってもんじゃないですねwww



[ 2009/09/03 23:07 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。