武装神姫 フィギュア劇場 121 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09932.jpg

緑色の光がシャロンの手のひらに集まり、戦車型ロボットに吸い込まれていく。

シャロン「回復魔法、ドライ!!」

ナデシコ「おおおおースッゲー」

カノーネ「本当に魔法みたいだな」

ナデシコとカノーネが驚嘆の声を上げる。

DSC09933.jpg

セイヴァー「きらきら光ってる」

緑色の光が戦車型ロボットのすみずみまで行き渡り、全身をぼううと包み込む。

DSC09936.jpg

ぴくぴくと戦車型ロボットの足が動くと・・・

DSC09937.jpg

くるんと器用に脚部を動かし、戦車型ロボットが復活した。

シャロン「はい、直りましたよー」

ナデシコ「うおおおおお!!!すっげええー」

カノーネ「うは、直った直った!!やるじゃん、シャロン!」

セイヴァー「はあーーーこれでマスターに怒られずにすむね」

DSC09938.jpg

シャロンはちょっと照れくさそうに言った。

シャロン「てへへへ♪みんなにすごいって言われちゃったw」

キュイイイインンと戦車型ロボットがシャロンの方に向きを変える。

シャロン「?」

DSC09939.jpg

戦車「戦闘システム起動・・・戦闘ヲ開始シマス」

シャロン「へ?」

そういうと戦車型ロボットはシャロンに飛び掛った。

シャロン「きゃああああーーー!!!」

カノーネ「げっ!!しまった戦闘システム起動したまんまだった!!」

DSC09940.jpg

ナデシコがすちゃりと刀を抜き叫んだ。

ナデシコ「あっつ!!カノーネ!!てんめーーやっぱお前のせいじゃないか!!お前がちゃんと制御しとかないから、コップこかして壊れたんだろうが!!」

シャロン「ひゃわああああ!!助けていやあいやあーー」

DSC09941.jpg

セイヴァー「カノーネ・・・やはりあなたが真犯人でしたか・・・許しませんよ」

セイヴァーは静かに怒り剣を抜刀する。

カノーネ「ちょちょっと今はそれところじゃ・・・早くシャロンを助けてあげないと!!」

シャロン「ひへーーーあへ、へああああーー」

ぴくぴくとシャロンの足が痙攣する。

DSC09942.jpg

セイヴァー「シャロンちゃん!!!今助けるからね!!」
セイヴァーは剣をひゅんと振るうと戦車型ロボットに向かって突進した。

カノーネ「うは、アブネエ!!剣振り回すな!!」

DSC09943.jpg

ナデシコ「うおおおおお!!!俺も助太刀するぜェ!!!!!」

ドカバキドテボキゴシャ


▼戦車型ロボットをやっつけた


DSC09944.jpg


バチバチ  完全に戦車型ロボットをばっらばらに破壊したナデシコとセイヴァー

ナデシコ「ふん、雑魚が!!この俺様に勝てると思ったか!!バカメ!」

セイヴァー「かよわい者を守るために私の剣はあるのです」

キリッと決めセリフを言うナデシコとセイヴァー

シャロン「へええええ・・・・死ぬかと思った・・・」

カノーネ「あああああああああ・・・・・なんつーことを・・・」

DSC09945.jpg

カノーネ「ちょっと!!!やりすぎだよ!バカ騎士にアホ武士!!!どーすんだよ!!
こんなにばらっばらに破壊して・・・・」

ナデシコ「なんで?またシャロンに直してもらえればいいじゃん」

セイヴァー「・・・・・・・・・・もしかして、ここまで破壊すると直せない?かな・・・・」

シャロン「げほげほ・・・無理ですよぉーーーこんなに壊してしまってわ」

DSC09946.jpg

ナデシコ「・・・・・・俺、シラネーーーーーー」

セイヴァー「・・・・私のせいじゃあ・・・ないよね・・・」

カノーネ「・・・・・・・・あははははは・・・・・・・・・」

シャロン「きゅううー」

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/07/31 21:21 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 120 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09921.jpg

セイヴァー「ねえねえ、マスターは他になんて言っていたの?まさか完全にほったらかしで仕事行ったの?」

カノーネ「・・・・・ネット電話で聞いてみようか?」

セイヴァー「今、お昼だしかけてみて」

DSC09925.jpg

プルルルルル ガチャ

犬屋「はい、ワゴン作業台の・・・」(マスターは工場設備関係のヒラ営業マンです)

カノーネ「なあ、いまちょっといい?」

犬屋「あーえーと、申し訳ございません、もう一度会社名とお名前を・・・」

ナデシコ「俺だよ俺俺ーーナデシコー、何?運転中?」

犬屋「・・なんだよ・・カノーネとナデシコかよ!!!仕事中に電話すんなよ!!客と勘違いしただろが」

ナデシコ「おまえこそ、いいかげん自分の神姫のPCのネット電話番号くらい携帯に登録しとけよ!!!」

犬屋「で?何?何の用?」

ナデシコ「今さーシャロンって魔道士型の神姫がいるんだけど、どーすりゃいいの?適当にやっていい?」

犬屋「まさか、いじめたりしてないよな?起動イベントはカノーネに言ってるはずなんだけど・・もしかして教えちゃった?」

ナデシコ「いじめてねえよ!!起動イベント?なんで神姫に任せるんだよ自分でやれよ、バカ!」

犬屋「その子の起動イベントは特殊なの、ちゃんといろいろ教えてあげてね」

カノーネ「了解ーーいいことも悪いこともいろいろ教えてあげるよー」

犬屋「悪いところは教えてなくていい!!帰ってきたらちゃんと面倒みるから神姫同士で仲良くするんだよ」

DSC09928.jpg

カノーネ「はいはい、お仕事がんばってね。お土産待っているからね」

犬屋「ういーーではではー」

ブチ

カノーネ「だってさー」

ナデシコ「なんちゅう、オーナーだ・・・信じられん」

DSC09929.jpg

ナデシコ「シャロン!やっぱてめーバカマスターの武装神姫だわ、異世界とか魔法使えるとか全部、そういう設定だよ」

シャロン「設定!?じゃあ私は・・・だれなんですか」

ナデシコ「武装神姫だね。まあ、最初は混乱するかも知れないけど1週間もしたら慣れるよ」

DSC09927.jpg

カノーネ「ええと、何々・・・その子のカタログスペック出てきたよー。ネットで検索したらこんなん出てきた」

ナデシコ「どれどれーーー・・・・ふむふむ」

シャロンkara-

ナデシコ

「カタリナ社製MMS 魔道士型神姫 「ウィザード」 型番KTRN113

魔道士をモチーフにした神姫で魔法のような特殊なスキル攻撃を持つ・・・
相手の攻撃をガードする特殊防御スキルや回復スキル・援護スキルを主体とする支援型の神姫・・・
トレーニングを積み重ねていけば強力な攻撃魔法のようなスキルも使用可能・・・
多彩なスキル技を覚えるが・・・神姫本体のスペックは低く
防御能力、攻撃能力、機動力、耐久力、すべてのスペックが並みの神姫以下・・・・

バトルロンドでは複数の神姫の援護がないと厳しい・・・

なるほどなるほど・・・シャロン、おまえ支援タイプの神姫だってさー」


DSC09930.jpg

ナデシコ「ちょうどいい、ちょっとお前のスキル使ってアレ直してよ」

ナデシコはくいと水をぶっ掛けてショートして壊れた多脚戦車を指差した。

シャロン「あれはなんですか?ナデシコさん」

ナデシコ「ロボットの戦車。ちょっと壊れちゃったんだ。直せるかい?」

DSC09931.jpg

シャロン「うーん・・・見た感じ、壊れた感じはないみたいね・・・ちょっと魔法かけてみよう・・・」

ナデシコ「おお!!直せるのか!!すっげーーー」

セイヴァー「どきどきわくわく♪」

カノーネ「魔法って何かけるの?」

シャロン「乾燥魔法です。水が入ってるみたいなので、蒸発するように乾燥魔法をかけます」

カノーネ「・・・意外と地味ね・・・」

ナデシコ「つか、それドライヤーじゃん。携帯とか便所に落としたときにマスターやっていたなww」

セイヴァー「気分を壊すようなことを言わないでよ二人とも」

ナデシコ「へいへい、すいやせんでしたね。セイヴァーさん」

シャロン「では、はじめますよ」

つづく
[ 2009/07/30 23:16 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

夜間重戦闘機型MMS      「ブラック・セイヴァー」 

DSC09711.jpg

夜間重戦闘機型MMS      「ブラック・セイヴァー」
カタリナ社製可変航空MMS  
型式:RKTN?39/NSF  夜間重戦闘機型MMS 

第3軍事開発局が開発した夜間戦闘を主軸に置いたステルス重戦闘神姫。モチーフは第二次世界大戦中の双発の大型夜間戦闘機群。運用方法も参考にされている。

強力な素粒子エンジンを5基搭載し武装は非常に強力であり、リアパーツ部に長大な素粒子砲を備えている。
この素粒子砲は熱量が高いので抑えることができるように特殊な液冷却装置が組み込まれており、高い威力を持ちながらも連射することが可能。
また一撃で戦艦クラスの神姫も撃沈可能な高い命中率を誇る神姫サイズの大型思考性巡航ミサイルを最大4発搭載できた。
それらの強力な火器を正確に命中させることができるように全身にレーダーやセンサーが点在しており、電子戦も得意とする。全身真っ黒なのはステルス塗料を塗ってあるため。
重武装、高速航行、重装甲の非常にデラックスなカタリナ社らしい戦闘可変航空神姫であったが、重量級の機体のため旋回性能は劣悪で、
ドックファイトを挑まれると、どうしても大回りになってしまい横転性能も鈍いため、本機は一航行戦闘の一撃離脱戦法に徹した戦い方を行った。
搭載力を生かして夜間侵攻用の戦闘爆撃機として利用されることも多く、電子装置も優秀だったため、強行偵察などにも使用された。
かなりの高コストのゴージャスな神姫のため生産数は少なくバトルロンドでは滅多に見かけることはなく、存在はあまり知られていない。

DSC09713.jpg

DSC09715.jpg

DSC09716.jpg

主兵装

素粒子砲 2門 レーザーバルカン砲 6門 
マイクロミサイルランチャー 2基 思考性巡航ミサイル 4発 チャフフレア 

DSC09718.jpg

DSC09719.jpg

DSC09720.jpg

頭部はセイバーオルタから拝借。目つきが悪いのでいい感じです。

DSC09723.jpg

DSC09724.jpg

DSC09725.jpg

DSC09727.jpg

DSC09728.jpg

巡航モード 悪役ぽい感じで攻撃的な獰猛そうなフォルムにして見ました。

DSC09729.jpg

DSC09730.jpg

DSC09732.jpg

レシピはリボルのセイバー、EXモデルのグレイシルフ2機、オーライザー 1機 神姫、神姫台座リボのジャンクパーツとなっています。カラーリングは光沢ブラック一色のみ。
可変時のフォルムはかなり凶悪な悪役のイメージになったかな?と思います。実際にこういう重武装の夜間戦闘機でP?61という米軍の飛行機がいたのでそれと似たような多胴形式の姿に近づけたつもりです。

DSC09733.jpg

DSC09735.jpg

DSC09736.jpg

ゴーグルをはずすとまんまセイバーだけど、気にしないぉ

DSC09737.jpg

DSC09739.jpg

DSC09740.jpg

DSC09742.jpg

DSC09746.jpg

DSC09747.jpg

DSC09748.jpg

DSC09753.jpg

武装は分離できます。こうやって分離させるとまんまシルフとオーライザーだってことがばれるwww

DSC09756.jpg

DSC09757.jpg

DSC09758.jpg

DSC09761.jpg

DSC09762.jpg

というわけでしたーー

次回も改造神姫もお楽しみに!!!!

[ 2009/07/29 23:46 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)

武装神姫関連ブログ リンク追加させていただきました。  

いっささんのブログ、「? Shiruku road ?」をリンク追加させていただきました。
武装神姫の改造や自作武装、神姫服など神姫関連のネタなどを掲載されているブログです。

実はコソーリと武装とか見て楽しませてもらってますw

DSC00025.jpg

カノーネ「リンク追加しましたよー」

こうやって神姫関連のブログや武装神姫オーナーさんとリンクさせてもらってどんどん交流深めていくと楽しいですね♪

これからもカタリナ・リナ・武装神姫ブログよろしくお願いします!!!



武装神姫 フィギュア劇場 118 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09909.jpg

カノーネ「ああー・・・君かーマスターが言っていた魔道士型神姫は・・・名前はたしかシャロンだっけ」

セイヴァー「?どういうことカノーネ?」

ナデシコ「へ?」

DSC09910.jpg

シャロン「!!!ちょっと待ってください、どうして私の名前を知っているんですか!?
私はたしかに、シャロンと言う名前の魔道士です。でもここの世界とは違う別の異世界からきたんですよ!?」

DSC09911.jpg

カノーネ「ああーそれそういうイベントだから、気にしないで、マスターからメールで聞いているよ。
なんでも・・・カタリナ社製の神姫で魔道士型MMSなんでしょ?
最初の起動方法が特殊で異世界からやってきた魔道士って設定なんだろう」

シャロン「はああーーーーー!!!?なんですかそれ!?何を意味の分からないことを!?」

ナデシコ「・・・・・・ふむ、なるほどそーいうことか・・・」

セイヴァー「????どういうこと?ぜんぜん分からないです」

ナデシコ「てめえと一緒だよセイヴァー」

DSC09912.jpg

シャロン「意味が分かりません。そ、その!!ちゃんと分かるように説明してください!!」

ナデシコ「起動イベントってやつだよ。カタリナ社のある神姫は武装神姫の起動方法が特殊なんだよ」

セイヴァー「・・・・・・・ああーそういうことっですか!!分かりました」

カノーネ「まあ、初めての子はたいていこうだよねー」

シャロン「・・・・・・ぶそう・しんき?起動イベント?」

シャロンはくるくると頭の中が混乱した。

DSC09914.jpg

シャロン「と、とりあえず、私は魔道士、シャロンです。
異世界から次元魔法を失敗してこの世界にやってきたんです。、元の世界に戻れる魔法を探しているんですが・・・」

シャロンは状況を整理しようと自己紹介を始める。

DSC09915.jpg

ナデシコ「そもそも、その情報が間違っているよ。マスターのやろー初期設定をまんまファンタジーモードにして起動して仕事に行きやがったな!

とにかくお前は武装神姫だ。俺たちと同じな。

ちなみに、武装神姫ってのは少女型MMSのことな。簡単に言うと着せ替えロボットだ」

シャロン「はああーーーーー!!!???」


DSC09916.jpg

セイヴァー「あーやっぱり混乱している・・・まあ、無理もないか・・・私もそうだったもん」

カノーネ「サーヴァント・セイヴァー、  召喚に応じ参上した。  これより我が剣は貴方と共にあり、  貴方の運命は私と共にある。

問おう貴方が私のマスターか・・・・・・・だっけーーーーwwww
お前の一番最初の起動時のイベントセリフwwwww」

セイヴァー「・・・・一番最初に見た光景は今でも覚えています。カノーネとナデシコとマスターが大笑いでおなか抱えて大爆笑していたのを(怒)」

カノーネ「いあいあや、そこは笑わないとダメでしょw最初、ものすっごい勘違いしていただろお前www
聖杯戦争だっけ?ナデシコが聖杯(おちょこ)を持ってきたとき、お前ぶちきれて大暴れしてさww
ぶっひひひ、今でも笑える」

セイヴァー「・・・・うるさいなあ・・・・・それでどうするのこの子」

DSC09917.jpg

カノーネ「マスターの指示では、いろいろ教えてやってあげてだってさ。最初はこの子は異世界からやってきた魔道士、シャロンって設定だからお話をまじめに聞いてあげて、ちゃんと起動イベントをやってあげて・・・だって
ええーーと、ナデシコとセイヴァーにはシャロンの設定ことは黙っていてあげていてね、だってさ

朝、メールみたら書いてあった。あーーー・・・・今、思い出したわ・・・・・・・・・・」

セイヴァー「・・・・・それぜんぜんダメじゃない、カノーネ・・・いきなり最初っからあの子の設定無視して起動イベントやってないじゃない
しかもしょっぱなから私らに話してるし・・・」

カノーネ「いいんだよーーー!!!・・・・だって・・・めんどくさいし、どーせ最後はさー絶対ばれるんだからいいでしょ。ずーとだましてお話にのって起動イベントやってあげたら逆にかわいそうだよ

と・・・・私は思う・・・うい・・・・」

セイヴァー「はーーーそうですか・・・マイペースですね。カノーネ・・・・しっかしマスターもひっどいね、全部私ら、神姫に丸投げで仕事に行くなんて・・・どうかしてる」

カノーネ「逆に言うと俺らを信頼しているってことだよ」

セイヴァー「・・・・・・・・・・まあ・なるようになるか」

DSC09918.jpg

ナデシコ「えーと?シャロンだっけ?俺の名前は『ナデシコ』武士型神姫のナデシコだ!!!分からないことがなんでも聞いてくれい」


DSC09919.jpg

シャロンは目をうるうるさせておろおろおびえながら言った。

シャロン「ふえええ・・・な、ナデシコさん。ぜんぜん何がなんだか分かりません。

ここはどこですか?私は誰ですか?ブソウシンキってなんですか?私は何をしたらいいんですか?
こ・・・これからどうすればいいの?・・・・ううう・・・・私はわたしは・・・・ふえええええ」

DSC09911.jpg

シャロンはポロポロと泣き始めた。

ナデシコ「げっ・・・・泣いちゃった・・・よ・・・」

カノーネ「あーーーあーーー泣かした泣かしたー・・・ナデシコのせいだ」

セイヴァー「いやいや・・・カノーネ、あなたのせいでしょ」

カノーネ「・・・・へへへっへ♪・・・」

つづく
[ 2009/07/27 22:18 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 117 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09896.jpg

シュウウ

テーブルの上で、1体の多脚型戦車ロボットがひっくり返ってショートして煙を上げていた

DSC09897.jpg

セイヴァー「ナデシコが悪いんだからね!!調子に乗って刀振り回すから!!私のせいじゃないよ」

ナデシコ「はああーーー!!?何いってるのコイツ!!おまえがコップのあるほうに追い込むからこうなったんだろ?人のせいにすんな!」

カノーネ「・・・・・・あーあーーー壊しちゃった壊しちゃった・・・俺知らないぞーー」

DSC09898.jpg

セイヴァー「私も知りませんよ。悪いのは全部ナデシコですから」

DSC09899.jpg

ナデシコ「おいちょっと待てよ、なんで俺が悪いんだよ。なんでもかんでも俺のせいにすんな!卑怯だぞセイヴァー、おまえも一緒になって暴れていただろう!」

DSC09900.jpg

ナデシコ「だいたい、最初に戦闘訓練やろうって言いだしっぺはお前じゃないかセイヴァー!!」

DSC09901.jpg

カノーネ「・・・・それで、マスターの大事にしていた戦車型ロボットを引っ張り出してきてこいつを標的機にしようっていいだしたのがナデシコ」

DSC09902.jpg

ナデシコ「うぐ・・・そうだけど、壊したのは俺じゃない」

カノーネ「・・・そんでもって、刀振り回してコップをこかしたのもお前だよな・・・ナデシコ」

ナデシコ「うぐう・・・」

DSC09903.jpg

セイヴァー「ほら、みなさい!!悪いのはあなたです!!私は悪くない」

ナデシコ「くううう!!!セイヴァーーアアア!!!てんんめえええ」

DSC09904.jpg

ナデシコ「お前がいいださなきゃこんなことにはならんかったんだぞ」

セイヴァー「この期に及んでまーだ、人のせいにしますか!!!」

ナデシコ「人のせいにしてんのはお前のほうだろ!!」

セイヴァー「なんですって!私は悪くない」

ナデシコ「おまえさっきからそればっか!!ムキー!!!」


DSC09905.jpg

セイヴァー「だって私は悪くないもん!!悪いのはナデシコだもん」

カノーネ「・・・でも、最初に机の上で戦おうっと言い出したのはセイヴァーだもんな」

セイヴァー「それでも私は悪くない、私は悪くないから」

DSC09906.jpg

ナデシコ「こいつうう・・・・さっきからガキみたいにやってない、私は悪くないばかり言いやがって・・・」

カノーネ「・・・・大暴れしてコップこかしたお前が結果的に悪いだろ・・・」

ナデシコ「言いだしっぺが悪いに決まっているだろうが!!!」

DSC09907.jpg

セイヴァー「マスターに言いつけるからね」

ナデシコ「ほーいいぜ、いいなよ!!お前が悪いってマスターに怒られろ!!」

セイヴァー「私は悪くない!!!」

ナデシコ「ガキが!!!」



カノーネ(・・・・まあ、本当はロボットを引っ張り出して動けるようにして、ずーと制御してた私が一番悪いんだけど・・・黙っとこう♪)

DSC09908.jpg

シャロン「あ・・・あのー・・・すみません・・」

ナデシコ・セイヴァー「・・・うるさいな・あ・・・・・・・・・誰?」

二人ともキョットンとした顔でシャロンを見つめる。


つづく
[ 2009/07/26 22:54 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 116 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09882.jpg

シャロン「ふう・・・なんとか建物に入れたけど・・・」

DSC09883.jpg

シャロン「なんかとっても大きいね・・・なんおかしい・・・」

DSC09884.jpg

てくてくと歩いていくと不思議なものに出会った。

シャロン「・・・・・・言語魔法展開・・・ええと・・・バスマジックリン?お風呂掃除の洗剤魔法!?
この世界には魔法がるみたいね。マジックって描いてある」

魔法があるということは、自分のいた世界に変えれる魔法もあるかもしれない


DSC09885.jpg

さらにおくに進むと階段のようになっている場所があった。

シャロン「ここから下に降りれるのかな?」

DSC09888.jpg

階段を使って下に下りるときょろきょろとあたりを見回す。

DSC09889.jpg

シャロン「人の気配がまったくない・・・この建物は誰もいないのかな?」

DSC09890.jpg

???「ぎゃーーーしまった!!コップこかしちまった!!」

???「あーーあーーやっちゃたやっちゃた♪俺しらねー」

向こうの部屋からなにやら騒がしい声が聞こえる。

シャロン「人?」


DSC09891.jpg

シャロン「ちょっと怖いけど、ちゃんと事情を説明すれば分かってくれるかも!」

シャロンは声のほうに向かって歩いていく

DSC09892.jpg

???「うんもうーーー!!!ナデシコ!!!どーしてあなたはいつもいつも乱暴なことばっかり!!
もう知らないんだから!!!」

???「うるせーーー!!!!おまえも悪いだろが!!俺一人のせいにすんな!!!」

???「まあまあ、落ち着いて二人とも・・・・・」

つづく
[ 2009/07/26 22:29 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

我が家の白子の秘密基地見学!!!の巻き その5 

DSC06425.jpg

ライザー1「フラコン火器、可変システム、オールグリーン。エンジンも暖気完了。いつでもいけるよ」

DSC06426.jpg

黒白子1「眠い・・・ヴォケの政治将校が、俺たちは夜天使だぜ?夜行性の神姫で昼間は寝てなきゃいかんのに、居眠り運転で事故っても知らんぞ」

DSC06427.jpg

白子1「こちら第1天使飛行隊、全機発進準備よろし」

ライザー1「ライザー飛行隊もOKだ」

DSC06428.jpg

黒白子1「夜天使飛行隊も全機発進準備よし、さっさとあがらせて終わらせようぜ」

黒白子2「ねみーんだよ、クソが!!昼間に飛ばすな!!」

黒白子3「ZZZzzz」

DSC06429.jpg

白子4「こちら第2天使飛行隊 発進準備よし」

DSC06430.jpg

クラウス「・・・・・・時間は?」

白子7「は?」

クラウス「全機発進準備に完了した時間は?」

白子7「えーー、だいたい5分くらいじゃないっすかねー」

クラウス「あっそう」

DSC06432.jpg

クラウス「まあまあってところだな、次は4分にしろ」

白子7「はァ・・・」

DSC06433.jpg

クラウス「今日の軍事模擬演習の内容伝えるよ!!適当に飛んで適当に帰ってきて!!!」

白子1「へ?もう一度教えてください」

クラウス「適当になんかしろってことだ、以上!!じゃあ私は帰るね。だるいから」

黒白子1「クソが・・・何しにきたんだよ。死ね」

ライザー1「おおかた、視察命令が出て適当にパフォーマンスして手短に終わらせて帰ろうって感じでしょ?」

黒白子2「死ね」

白子3「お役所仕事かよ・・・ないな・・・マジでないな!適当にやれっていうんなら最初からそういえ屑が!!」

白子4「ああいう野グソ野郎がいるから、組織とか規律がダメになるんだよ」

白子5「まあ、だらだらできるんだしいいんじゃね?」

白子6「はあ・・・なんだよ、ダリイーー」

クラウス「・・・・・・・・・・俺もクソだけど、こいつらも相当クソだな?誰だ、こんなチンピラ連中に天使なんて名前つけたヤローはよぉーー」

DSC06440.jpg

ライザー1「よしー!!じゃあ今日は高等機動練習でもやるか!!コブラやるぞ!!コブラ!!」

ライザー2「垂直に上昇してバックスピンとか?」

ライザー3「ソ連機のビデオにさっそく影響されてるwww」

DSC06441.jpg

ライザー「ひゃっほーーーブーーーーインンーンンン!!!」

勢いよく発進しそのまま太陽に向かって一直線に垂直上昇するライザー

DSC06447.jpg

軽白子1「・・・・ライザー乗りの連中はマジでいかれてるな」

軽白子2「私らの亜種とは思えないな・・・」

軽白子3「空がオトコに変えたんだよ」

軽白子2「?あいつらは女だろ?」

軽白子1「どーでもいいよ」

DSC06448.jpg

ライザー2「編隊組め」

ライザー3「あの眠そうな夜天使隊でもカモにして模擬戦しかけようか?」

ライザー1「やーめーろーーあいつら寝ぼけててもエースだからな、返り討ちにされんぞ」

ライザー3「まじで?」

ライザー1「マジで」

DSC06452.jpg

白子1「おら!!ちんたら飛んでんじゃねーライザー隊!!」

ライザー1「んだこら?」
ライザー2「やんのか?」

白子2「遊覧飛行ですか?優雅ですね」
白子3「じゃまっだってつってんんだろぉ」

白子4「じゃまはてめーらだ、第1天使隊!!巡航ミサイルかまされて落とされてーのか!!」

白子1「はあーー?そんなポンコツミサイル、当たるわけねーだろwww」
白子2「中古乙wwwwww」

白子4「・・・・・模擬戦闘でもやるか・・・おい、ウエェ上がれや」
白子5「しめてやる」
白子6「地面とキスさせてやらあァ!!」

ライザー3「勝手にやってろ、ダボが!!」




DSC06353.jpg



というわけで、我が家の白子軍団でした。ちなみに我が家の白子軍団は非常に凶暴です。
数が多いので集団で飛び回って、なわばりに入った神姫を集団で襲ったりします。

白子の中でリーダーはおらず、みんな好き勝手やっています。

まあ、秘密基地の中身はこんな感じということで・・・・・・・・
[ 2009/07/26 20:35 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

我が家の白子の秘密基地見学!!!の巻き その4 

DSC06396.jpg

続き、続きィ

DSC06397.jpg

???「はいはいー、みんな注目ーーこれより白子軍団に演習作戦伝えるよー」

白子2「あんた、誰だよ」

DSC06398.jpg

クラウス「私?私はクラウス少佐!!カタリナ社の神姫部隊の指導を行っている政治将校だよ!

ぐだぐだ文句言ったりさー、命令にちゃんと従わなかったり、思想に問題あるやつは略式軍事裁判で即処刑だから、みんないい子にしてね」

白子3「政治将校さまかよ・・・まじか」

軽白子4「死神の方がまだましだぜ」

軽白子2「常駐じゃねーだろーな、さっさと帰れよ」

DSC06408.jpg

ターーーン


シーーンと静まる白子軍団

クラウス「黙れ、殺すぞ

これより軍事模擬演習始めるよ!第1天使飛行隊、第2天使飛行隊、夜天使飛行隊、ライザー飛行隊はただちに出撃準備!!!

3分以内にやれ」

DSC06410.jpg

・・・というわけで、抜き打ちでいきなり軍事模擬演習作戦。

ごちゃごちゃとしていた滑走路は片付けられて全員、フル装備で出撃準備

DSC06411.jpg

DSC06412.jpg

DSC06413.jpg

DSC06414.jpg

白子1「ダルーイ」
黒白子3「てめえ一人で勝手に戦争ゴッコやってろ」
白子4「まじ、うざい」
ライザー2「死ね、百回死ね」
ライザー1「相手は誰だよ?ドラッケンか?ガーリオンかよ?」
白子3「爆撃装備じゃねーから戦艦とか戦車じゃねーよな」

DSC06415.jpg

白子5「一応、俺、巡航ミサイル持って行こう」

DSC06416.jpg

白子6「エンジン温まった?」
白子4「このポンコツにんじんロケット、今日はちゃんと動けよ」

DSC06419.jpg

DSC06421.jpg

キュイイイイイイイ

ライザー部隊がエンジンを思いっきり吹かす

DSC06420.jpg

軽白子2「はあー下の連中は大変だねー」
軽白子4「私たちはいっつも暇だね・」
軽白子2「なんか敵とか攻めてこないかな?」

DSC06424.jpg


まだ続きます。

[ 2009/07/26 19:52 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

我が家の白子の秘密基地見学!!!の巻き その3 

DSC06337.jpg

前回の続き

こちらはアーンヴァルの初期型と後期型(トランシェ)の飛行隊。

DSC06338.jpg

DSC06339.jpg

ゲートの警備班

DSC06340.jpg

格納庫の2階屋上は大天使型MMS 「アーンヴァル・ラツィエル」が待機しています。
周りにいるのは整備用しているアーンヴァールさん

DSC06341.jpg

DSC06344.jpg

DSC06345.jpg


これだけの人数の白子が集まると武装も半端な数じゃないので整備用のグラップが大忙しで整備しています。
DSC06342.jpg

DSC06343.jpg

滑走路でタキシングしているのは天使重コマンド型MMS   「ウェル・フェール」

こいつは早期警戒用のレドームを搭載しているので基地周辺の哨戒パトロールをやっています。
鈍重なので護衛いないとダメですが

DSC06360.jpg

DSC06361.jpg

DSC06383.jpg

DSC06385.jpg

指揮官が作戦説明?風景。それぞれの飛行小隊の隊長が集まっています。

DSC06347.jpg

DSC06352.jpg

人数多いので、全員集めて話すとややこしいので隊長が作戦の説明を聞いた後に各小隊の隊員に説明します。

DSC06360.jpg

作戦前なので滑走路はごちゃごちゃ機材とか装備が散乱しています。
片付けしろよ

DSC06363.jpg

DSC06364.jpg

基地の警備班は関係ないので、知らんふり

DSC06394.jpg

次回も続きます。
[ 2009/07/26 17:56 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

我が家の白子の秘密基地見学!!!の巻き その2 

DSC06325.jpg

というわけで、中を見てみましょうか。

ちょっとしたジオラマ風にパーツボックスとかメカニカルベースを組み合わせて即席で秘密基地を作ってみました。

DSC06329.jpg

ゲート前のトーチカ

何気に仕切り板とか敷いて個室になっています。
バーズカとか適当に置いてあるけど、気にしないでww

ウェル1「三人一組で警戒」

ウェル2「誰も襲ってこないって」

ウェル3「ヒマー」

DSC06330.jpg

このゲートは主にウェルの部隊が警備をしていて、三人一組で交代しながら基地のゲート部分を警備しているという設定。

ウェル4「おーい、そっちの状況はどうー?」

ウェル5「異常なし異常なし・・・」

ウェル6「警備って本当に暇だよね」

DSC06332.jpg

白子秘密基地の全景。20体以上の白子が集まっています。
中央には滑走路があり、後ろには格納庫があります。

DSC06333.jpg

ちなみにこの格納庫2階建てで屋上には、空中戦艦の発着場とヘリポートがあります。

DSC06335.jpg

夜天使型神姫 「ナイト・アーンヴァル隊」

この部隊は黒白子で構成された飛行部隊で主に夜中に活動し基地周辺の空中警戒を行っています。
たまに夜中に夜間戦闘機型神姫が襲来して強行偵察とか爆弾落としたりしているので気が抜けないといった感じ。昼間は宿舎でごろごろ寝ています。

メフィス「昔の夜間戦闘機は鈍重な双発機とかが多かったの知ってる?」

ミュウ「知ってるー日本ではたしか月光とかが活躍したんでしょーあとはモスキートとか?」

マイナ「はあ?そこは屠竜でしょ?月光なんてだっさいよ!モスキート?ボーファイターの方がカッコイイよ!」

メフィス「めちゃめちゃ詳しいですねお二人・・・・ちなみに私はウーフーとかが好き」

ミュウ・マイナ「ドイツ夜戦キタwww」

DSC06336.jpg

天使戦闘機型神姫 「ウェル・ライザー隊」

この部隊はウェルの強化発展型神姫、ウェル・ライザーで構成された部隊で主に昼間活動して基地の迎撃機の役割をおこなっています。

ライザー1「空中戦闘で一番大切なことはなんでしょうか?」
ライザー2「奇襲攻撃が最も大切。先に相手を発見し先に攻撃する」
ライザー3「そうだね。ドックファイトってのは基本的にあんまりやらないほうがいいよ。基本的に空中戦は一撃離脱だからね」
ライザー1「まあ、そうは言うけど武装神姫の航空戦闘は有視界戦闘だから、格闘戦の練習も重要だよ」
ライザー2「相手によって戦法を使い分けて戦うんだね」
ライザー1「そういうこと」



今日はここまで、次回も白子基地を見てみましょう。
[ 2009/07/24 21:18 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

我が家の白子の秘密基地見学!!!の巻き 

我が家の一角にある白子の秘密基地を発見したぞ。さてさて・・・・・・
どうしようっかな?


DSC06327.jpg

軽白子12「ん?何?私たちの基地の中を見たいって?」

軽白子11「へへへ♪どうしようっかなー
え?私たちが普段何しているのかすごく気になるって?いやらしーなー」

軽白子12「私たちの秘密基地の中を見たいってことは君はアーンヴァルとかウェルクストラとかの天使っ子が好きなオーナー?」

軽白子11「じゃあ、しょうがないなー、私たちのことが大好きなら中に入ってもいいよ!」

軽白子12「黒子派は敵だから中に入っちゃダメだよ♪」


選択コマンド

1 白子派だ!!中に入るよ。  2 黒子派だ!!中に入らないよ。 3 どっちも好きだァ!!!入るぞ!! 

[ 2009/07/23 22:42 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

 「機動神姫艦隊」 

ピンポンパンポーン

DSC08710.jpg


番組の途中ですが、視聴者の武装神姫および神姫オーナー皆さんにこれから緊急放送をお送りします。テレビの近くにいる神姫、オーナーはできるだけ多くの神姫、オーナーに声をかけ、放送をご覧になるようご協力をお願いします。

先程、カタリナ社極東支部は緊急記者会見を行い、日本圏内神姫センターの治安を維持し予測される最悪の事態に備えるため、カタリナ社私設軍事機構 UNM内の信頼の置ける部隊に出動を要請したと発表しました。今回の要請についてカタリナ社は次のようなの公式見解を表明しました。

一連のイリーガル神姫関連事件について十分な検討を行なった結果、最早現在の警察力、神姫委員会、自警団レベルのみでは予測される最悪の事態に対応できないという判断に基づくものであり
この決定を受けて現在配備が進んでいる部隊は、カタリナ社極東部方面隊


第1軍事部、第30装甲機動MMS連隊、同第31装甲機動MMS連隊、同第32装甲機動MMS連隊
第4軍事部、第1特科高射砲MMS連隊、同第1戦車MMS大隊、重戦車MMS教導団、同特科MMS教導隊
続いて北部航空方面隊  第2軍事部 第17空迎撃MMS飛行隊 

カタリナ社 第5軍事部 第07機動MMS艦隊が出港。

艦隊構成は次の通りです。

航空母艦型MMS 1隻 艦名は「グレート・レディ」 巡洋戦艦型MMS インペリアル級 2隻 艦名は「プリンセス・オブ・ジュノー」 「リヴェンジ・レナウン」
戦闘潜水艦型MMS 2隻 リーヴェ・エニ級 「ヴォレイ」 チョーヌ・ルイ級 「ヴォストーク」
補給艦型MMS 1隻 「ミラメス」・・・・

DSC08719.jpg

ニュースMMSステーションです。
たったいま入った緊急情報です。

カタリナ社は本日未明、日本国内に潜伏するイリーガル神姫討伐のために、機動神姫艦隊を出撃したとの情報を入手しました。
これはカタリナ社の自主的な治安出動であり、オーナー登録されていないすべての神姫に対して、臨検を行い、日本国内における神姫の治安と環境維持を行うものだということです。
政府はカタリナ社の今回の治安出動に対し、事後要請を行ったのことです。

お台場方面のAさん!!

DSC08718.jpg

DSC08722.jpg

はいこちらお台場です!!


ごらんください!物凄い数のMMSです。カタリナ社の第07機動MMS艦隊は現在、お台場方面の神姫センターを臨検するとのことです。

イリーガル神姫だけでなく、不法に改造された強化改造神姫、カタリナ社が認めていない神姫団体、武装神姫自警団を武装解除、拿捕し摘発するとのことです。
今回のカタリナ社の強行摘発に対して、多くの神姫団体が抗議活動を行うと予想されますが、どうでしょうか?

イヤー、無理でしょう。カタリナ社の機動神姫艦隊は航空母艦型神姫と複数の護衛艦艇、戦艦型神姫、潜水艦型神姫と補給艦型神姫で編成されている至上最強の戦力を保有する神姫軍団ですよ。 空母MMS航空団による航空打撃力・早期警戒能力のみならず、護衛艦型神姫による対空・対潜戦闘や地上への巡航ミサイル攻撃、
潜水艦型神姫による 対潜・対艦・対地攻撃能力など、強力な攻撃・防御能力を保有しているんですよ。自警団レベル、神姫委員会レベルの神姫部隊では数秒で壊滅させられますよ。

正面からの圧倒的な物量と火力の前に、多少の小細工は通用しませんからね。

DSC08730.jpg

・・・・・・・と嘘ぱっちニュースはさておき


「機動神姫艦隊」です。

我が家には武装神姫のみで構成された神姫艦隊を所有しています。

まあ、モチーフはアメリカ海軍さんの空母打撃群ですがwww

非常にいろんな意味で終わっている神姫軍団ですね。とりあえず前から超バカ妄想で武装神姫で機動艦隊作りたいナーと思っていて、妄想が現実になりました。
まあ「最強の武装神姫集団」(自称)を目指して作ってみましたみたいな感じですwwww


DSC08724.jpg

DSC08742.jpg

DSC08743.jpg

DSC08745.jpg

DSC08746.jpg

じつは我が家にはまだこんな感じの神姫だけで構成された神姫艦隊が数セットいまして・・・
いずれまた紹介したいと思います。



[ 2009/07/22 22:48 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

ナデシコとお酒を一緒に飲む!!の巻き 

DSC09583.jpg

マスタ「ナデシコさーん、お風呂あがりに一杯どうですか?」

ナデシコ「いいねー、飲もう!ほら入れてやるよ」

マスタ「まことにありがたいのですが、気持ちだけもらっときます」

ナデシコ「あー?なんだなんだ?俺の酒が飲めーねーっていうのか!!!」

マスタ「神姫サイズのおちょこで飲めるか!!!」

ナデシコ「だよーねーー♪」

マスタ「まあ、こんなに可愛いナデシコさんがお酌してくれるんだから、まあいただきますかww」

ナデシコ「フッ・・しかし・・・・お人形と一緒にお酒飲みとは、人としてどうかと思うよ・・・」

マスタ「あはっは・・・まあ、ね・・・いろいろあるんだよ・・・」

ナデシコ「・・・・ふーん・・・いろいろねェ・・・・まあ、飲めや」

DSC09584.jpg

ナデシコ「ういーー、でさーこの間のバトルロンドでヴォケのアーンヴァールがね、ライフルの弾がァなくなったからって殴りかかってきたんだよ。でさ、こっちもカッとなっちゃてバトルロンドで殴り合いになちゃってさー」

マスタ「ぶはは、その戦い俺も見てた!!武器の弾がなくなって殴り合いで決着ついたんだろ」

ナデシコ「まったく、素手の相手に刀使うわけにもいかないから、こっちも殴ったの!グーで顔面!」

マスタ「あのバトルはやばかったねー、女の子の戦いじゃなかったよ」

ナデシコ「たっくよー、どんな育て方したら、あんなアーンヴァルができんだよ」

マスタ「まあ・・・神姫の育て方とかは、俺も人のこといえんけどwww」

ナデシコ「ちょっと!それどーいういみよー」

マスタ「いやあww」

ナデシコ「・・・・・・で、結局のところさー、俺はお前のなんなわけ?」

マスタ「何って?」

ナデシコ「ほらーあれだろ?よくこの子は俺の娘でーすとか、嫁でーすとか、彼女でーすとかあるじゃん!!それでさ・・・その・・・」

マスタ「う・・うん・・・」

ナデシコ「俺は・・・・マスタにとってなんなの?って・・・思ってさ・・・」

マスタ「・・・あ・・・えーと・・・ナデシコは・・・おれにとって・・・ええ・・と・・・」

ナデシコ「・・・・・・・ちなみに俺にとって・・・マスタは」

マスタ「・・・・・・うん」

ナデシコ「ふっ・・・やっぱやめやめー内緒だ内緒!」

マスタ「そっか・・・」

ナデシコ「教えてほしいか?」

マスタ「・・・うん」

ナデシコ「じゃあ、もう一本、おいしい日本酒買ってこい!!!!話はそれからだァ!!!!!!!!!」

マスタ「・・・・・・・・・ちょっとナデシコさん、今日は飲みすぎだね。ここまでにしようね」

ナデシコ「あ、ちょっとまてよ!なに怒ってんだよ!おい!マスタァ!?おひょ?へれ?腰がぬけちゃってたてね♪ちょちょこ!!こらー」

マスタ(こいつにマジで酒飲ますとダメだな・・・今度からちょっと薄めて出そう)

ナデシコ「あ!!こら!なにぼそぼそ言ってやがる!!もっとサケー」


というわけで、ナデシコさんにお酒出しました。

良い子の神姫諸君はお酒は20歳を越えてから!!!

[ 2009/07/21 21:58 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 115 

DSC09871.jpg

べしゃあっつ!!!

???「おぐぅ」

何もない空間からいきなり黒と赤の塊が飛び出し地面に落ちた。

DSC09873.jpg

???「いてて・・・・うううーーーまた魔法失敗しちゃったかな、まずいいなあ・・・」

とんがった大きな黒い帽子に真っ黒な服、赤いマントを着たそれはちょっと不思議な格好をしていた。

DSC09875.jpg

むくりと起きたそれはきょろきょろとあたりを見回して言った。


???「・・・・・・・・ここはどこでしょう?」

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC09876.jpg

おかしい、たしか研究所で次元移動の魔道理論の本を読んで、ためしにほんのちょっと、本に書いてある通りのやり方をやっただけなのに・・・


???「ああ・・これって相当まずいんじゃ・・・」

DSC09878.jpg

さーと顔が青ざめたそれはきょろきょろと不安そうにあたりを見回す。

???「こ、これは俗に言う『異世界』という。私のいた世界とは違う別世界では!!!ひ、ひい!!!
見たこともない物がたくさんある!!!」

DSC09879.jpg

???「文字も知らない文字だ・・・なんてかいてあるんだろう?何かの封印のようだけど・・・大きな穴に蓋をして何か文字で封印されている」

じーと下水の蓋を見つめるそれ。

DSC09880.jpg

上を見合げるとどんよりとした空がひろがり、なにやらわけのわからない呪文のような声が聞こえてくる。

ゴミ回収車「 こちらはぁー、廃家電の無料回収車、 廃家電の無料回収車でーございます。 尚ぉー、 粗大ごみぃー オートバイぃー、ぶそうしんきィー、てれびィー、ぱそこんー、 すべての不要品をー、あつかっております」

???「ひいい!!なんだ?この呪文はァ!!意味がわからない!ま、魔族っでもいるのか!」

DSC09877.jpg

すうーとひとまず大きく空気を吸い込んで落ち着くとそれは言った。

シャロン「落ち着け、落ち着けェーシャロン。私は魔道士『シャロン』だ。とりあえず次元魔法の実験中に、異世界に飛ばされたことは確実だ」

DSC09881.jpg

くいと帽子を深くかぶるとシャロンは細長い通路のようなこの空間から、ひとまず出てこの世界に住んでいる原住民と接触することを決めた。

シャロン「とりあえず、コミュニケーション用の言語魔法を使って話をしてみよう。この世界はなんという名前でここはどこか?次元魔法を使って他の世界と行き来できる船とかないとか・・・」

ギャーギャーと大きな鳥のような声が聞こえる。

はーーと深いため息をついたシャロン

シャロン「私、もとの世界に帰れるかな・・・・」

つづく
[ 2009/07/20 13:26 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

狙撃兵型神姫 その2 

DSC08660.jpg

狙撃兵型MMS        「マリュー・グラン」

カタリナ社第7軍事開発局が開発した狙撃兵型のMMS
カタリナ社の特殊MMS部隊の主力MMSであり、対イリーガル神姫戦闘、カタリナ社に歯向かう組織に対する制裁、破壊工作、要人襲撃、粛清などを行う。
軽装の神姫で特殊なセンサーやレーダーは装備していないが軽量ゆえに小回りが良く、すきまとかに隠れることができるので市街戦や待ち伏せが得意。武装は実弾の大型スナイパーライフル一丁で速射性と整備性、稼働率に重点を置いた本格的なスナイパーライフルである。威力はレーザースナイパーライフルやビームスナイパーライフルに劣るが、速射性と稼働性はこちらの方が優れている。狙撃時は寝そべってライフルを固定して狙撃する。ライフルの弾は小口径であるが、貫通力に優れ重装甲神姫の装甲の隙間や頭部を狙うことで一撃で仕留める。護身用としてハンドガンを装備しているが、あくまで護身用で戦闘では牽制か威圧用にしか用途をなさない。接近戦は考慮していない。
敵に追い詰めらた時の、最後の手段として使用することもある・・・

カタリナ社は狙撃専門の武装神姫を相当数のバリエーションを保有しており、それぞれ運用方法や弾種、射程距離などが違っており、状況や目標に応じて使い分けて確実に目標を処分できるように選択の幅がある。
狙撃型MMSだけで構成されたカタリナ社特殊狙撃MMS部隊は狙った獲物は確実に処理する狙撃集団として非常に恐れられた。

DSC08661.jpg

DSC08665.jpg

DSC08667.jpg

DSC08664.jpg

主兵装備のコトブキヤ製の大型スナイパーライフル
アンチ・マテリアル・ライフル 対物ライフルのような使い方でかつての対戦車ライフルと似たような使い方を行う。
主に狙撃と陣地、軽車両への軟目標攻撃に使うといい感じ。

DSC08662.jpg

DSC08663.jpg

狙撃スタイル 寝そべって使うのが一番ベスト。動き回って撃つのは無理そう・・・

DSC08668.jpg

DSC08670.jpg

他にもいろいろ狙撃銃は用意しています。

大きさ比較すると対物ライフルの大きさが異常ww

DSC08671.jpg

DSC08672.jpg

ハンドガン まあ、牽制とか護身用に一応ふとももに装備できるけど・・・
まあ・・・追い詰められたときの自決用に使うのが一番多いかもww

最後くらいはテメエのケツくらい自分で拭くような気迫でないと狙撃手なんてやってられないですね。

主兵装

スナイパーライフル 各種 ハンドガン 他

DSC08675.jpg


というわけで狙撃兵型神姫です。
まえにもいろいろ狙撃型の神姫は紹介していますが、こいつは実弾仕様の軽装タイプです。
カラーリングは黒一色 素体はヨーコさんです。頭部はデュエルメイドを使用。全体的なイメージとしては東欧ロシア系の美人狙撃手みたいな・・・・感じ?

実はこの子、頭部は決まっていません。好きな子が勝手になるといった感じでころころ頭変えています。

可愛い女の子はなにやっても似合うということで・・・・(ぶっちゃけすぎ)


ではでは次回のオリジナル神姫もよろしく

DSC08673.jpg


マリュー「君のハートにBAN!!!!!」
[ 2009/07/17 22:27 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(3)

最近の我が家の主役神姫さんナデシコさんを描いてみるぅ!!! 

ナデシコ!!!!

我が家の主役神姫? 武士型神姫 「ナデシコ」さんのイメージイラストを製作中。
とりあえず、ホトショでレイヤーわけしてアタリの色の配分を塗ってみた。
ここからレイヤー重ねて加工するよ!!

最近、ナデシコさんがお気に入りで困っています。
イラストは私のフィルターではナデシコさんはこう見えているといった感じです。

自分の頭の中のナデシコさんのビジュアルイメージをそのまま描きました。
乱暴でバカで喧嘩早くて小生意気だけども、仲間思いで熱いハートを持っている。
可愛い子ぶったり、媚びたり、色目使ったりそういうことは一切しないけど、どこかふとした時に見せる。カッコイイ女の子特有の言葉ではいえない感じ!!

粗野ながらも一瞬ちらりと見せる女の子の独特の表情とか仕草とかをイメージして描きました。

「ん、どうした?マスター」みたいな感じィ!!!!!!!!



ああああ・・・・俺疲れてるな、もう寝よう。

なんで我が家の神姫はロシア製ミサイルがデフォなんだよ!!の巻き 

DSC08653.jpg

ナデシコ「まえまえから気になっていたんだけどさーーマスター」

マスター「はいはい、なんでしょうか?ナデシコさん」

ナデシコ「なんでうちの神姫のミサイルはロシア製ミサイルがデフォなの?頭オカシイの?バカなの?死ぬの?」

マスター「・・・・・・・・・・・・・」

ナデシコ「・・・・・・・・・なんで?」

マスター「それはですね、そのー武器輸入ルートがロシア近辺からが多いですし、それに・・・そのーお値段のこともありますし・・・・・」


ナデシコ「はい!!!!ということで今日は我が家のミサイル事情の話だよ!!!!」

DSC08654.jpg

マスター「えーではでは・・・まずはロシア製のミサイルを我が家は非常に多く運用しています。西側製の装備もまあ運用もしているのですが、主力は東側です」

ナデシコ「なんで?」

マスター「まずは値段、中国の模型メーカーでトランペッターと呼ばれる旧共産圏諸国の戦車や航空機等が主体とする商品を多く発売しているんですよ・・・
でね、あんまり大きな声じゃいなえないんだけどね・・・お国柄ね・・・そのーーー」


ナデシコ「・・・・・おい、ところでロシア製のミサイルってパクリばっかだな!!なんだよこれ!!ひでええ!!」

マスター「ええとですね・・・AA?12アダー空対空ミサイルとかは西側のAIM?120アムラームのコピーだったりね・・そのーーまあいろいろ形状が似てしまんですよ!
AA?10アラモ空対空ミサイルとかはそこそこオリジナルティがあったりするんですが、基本的にロシア製のミサイルはデットコピー、劣化版が多いわけですよ」

ナデシコ「・・・・・・それでさーーそのことと我が家の神姫がロシア製ミサイルを多く装備していることと何の関係が?」

DSC08655.jpg

マスター「とりあえず、これみてよランナー」

ナデシコ「ふーん、まあまともだな。ひけも少ないしパチパチ組むだけでそれなりにできるんじゃないかな?」

マスター「経年変化が少なく比較的安価かつ大量に安定供給可能で高品質なインジェクションキットが多いんだ。でね、このサイズの大型のミサイルを大量にそろえるとなると大変なんだよ
まず、西側のミサイルは32サイズのものセットがない」

DSC08656.jpg

マスター「我が家のミサイルとか搭載可能な戦闘用の神姫の数は何機いるか知っている?ナデシコさん」

ナデシコ「さあ?何機いるの?」

マスター「100機くらいかな・・・」

ナデシコ「まじで?」

マスター「たとえば我が家の天使型アーンヴァルはみんなミサイル装備可能な用にカスタムされているの。それでえ・・・天使型だけで2ダースいるの」

ナデシコ「うんうん」

マスター「ちなみに標準でミサイル4発搭載可能なの。はい4×24は?」

ナデシコ「・・・・・96」

マスター「まあ、つまりアーンヴァル部隊だけでミサイルが96発必要なんだ!!」

ナデシコ「あーーーーつまり」

DSC08657.jpg

マスター「つまり、大量に安価なミサイルが必要なの!!」

ナデシコ「はあ・・・・バカじゃね?そんなにいらねーだろ・・・」

マスター「あーーちなみに潜水艦型神姫とかはミサイル100発必要だから、1隻だけで」

ナデシコ「バカじゃね?ソイツ」

マスター「あとは砲台型神姫軍団でミサイル専門の砲台型もいるし・・・ステルス爆撃艦隊とか戦艦艦隊に戦闘爆撃部隊に・・・・戦闘ヘリ部隊に・・・・航空母艦型神姫とかに・・・」


ナデシコ「ちょっと、まてよ!!!どんだけミサイルいるんだよ!!!」

マスター「軽く見積もって1000発必要」

ナデシコ「はやく死んだほうがいいよ」

DSC08658.jpg

ナデシコ「つまり模型でも西側のミサイル買うよりも東側のミサイル買ったほうが安いってことかい!!」

マスター「そうです。ゆえに我が家の神姫のミサイルは東側製が多いのです。コストです」

ナデシコ「バカだね、本当にバカだね。救いようがないね!!っていうかリアルに軍隊所有しているみたいで危ないよ!!!」

マスター「・・・だって東側の兵器は安いんだもん・・・・」

ナデシコ「というか、実際に存在するミサイルを神姫が武装にすることでさえ問題なのに、さらにマイナーな武器装備してどーすんの」

DSC08659.jpg

ナデシコ「しかしさーー武装神姫の主力兵装備がミサイルってどうなの?ちょっと問題あるんじゃないかな?」

マスター「そうだね。みんな武装神姫の武装っていったらカッコイイ剣とかさーライフルとか多いよね!」

ナデシコ「なんでミサイルなの?」

マスター「射程が長い。誘導が利く分遠距離からでも狙う事ができるし火器管制に対応させれば多種の神姫に装備させることが可能。
あとは、ミサイルは攻撃力を上げる事がすっごく簡単。数を増やせばいい。でも迎撃される事もあるから・・・ミサイルで攻撃する時はかならず複数発射、それも多数の神姫の同時発射が必要」

ナデシコ「はあああ・・・夢がない武器だなァ・・・・」

マスター「合理的に相手を倒すにはこれが一番だよ。でっかい剣振り回したり、見栄えばっかりのライフルとかいらないよ
それにミサイルはすっごくシンプルだし、ある意味究極に完成された攻撃方法だよ」

ナデシコ「おれは刀とか銃のほうが好きだな。ミサイルはなんか卑怯だ、つまらん!!」

マスター「そんなにバッサリ斬らないでクダサイ。ナデシコさん」


というわけで我が家の武器事情でした!!!ではではーーー次回の武器紹介コーナーもお楽しみに!!!
[ 2009/07/15 19:07 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

護衛空母 軽空母 強襲揚陸艦 てきな運用を試験検討中 2 

DSC08610.jpg

アメリカ海軍には遠征打撃群(Expeditionary Strike Group, ESG)と呼ばれる任務艦隊の構成があります。
遠征打撃群(ESG)は、地上戦対応の海兵隊と、海空戦対応の海軍部隊を統合することで多任務対応能力を獲得するという、新しいアプローチによる任務群レベルの軍事システムです。

我が家には支援揚陸艦型神姫や潜水艦型神姫が存在するので簡易的ではあるがこれを模した小規模艦隊を編成してみました。

DSC08611.jpg

揚陸型神姫を中心として航空神姫を搭載し、その火力のおよぶ限りの空間を制圧・支配できるように即行動性のある機動神姫艦隊を編成。

攻撃潜水艦型神姫という複数の水上・水中システムが組み込まれ、これらが提供する多数の搭載ミサイルによって対地攻撃能力と対空・対水上・対潜水艦迎撃能力が強化されている。

ちなみに上図の写真に写っている潜水艦型神姫はリーヴィ・エニ級潜水艦型神姫

随伴している潜水艦型マシーンは遠隔操作の支援AI攻撃潜水艦

DSC08612.jpg

潜水艦型神姫搭載の巡航ミサイル武器システム(TWS)および揚陸艦搭載の艦載機による対地精密集中攻撃能力、広域戦闘空間支配能力、揚陸艦搭載攻撃機による縦深防御能力を達成した。その要件は、おおむね下記のようなものである。

1 対地火力投射
2 広域戦闘空間支配+縦深防御
3 情報収集、総合および処理
4 残存性
5 機動力
6 戦闘継続能力

DSC08619.jpg

巡航ミサイル武器システムは、敵の反撃による損害のリスク無しに精密火力投射を行なうことが出来る。また、ミサイル本体は小型ゆえに被探知性が低く、
また、事前に飛翔経路を入力することにより、敵の対空砲火を回避することができる。従って、開戦初日における敵の重要施設に対する精密集中攻撃に適しており、
航空戦力における「槍の穂先」としての役割を有する。その一方、敵が十分な対空火力システムを有していた場合には比較的容易に撃墜されてしまう。
そういった場合は火力の大量投射による飽和攻撃を行い完膚なきまでに敵目標を殲滅する。

火力量は、その他の兵装の搭載量によって左右される。リーヴィ・エニ級潜水艦型神姫の搭載のセル数は、全体で約100セルほど

上写真図はリーヴィ・エニ級潜水艦型神姫の巡航ミサイル攻撃の記録画像である。射程距離、破壊力などのスペックは機密上公開されていない。

DSC08618.jpg

というわけで、今回の試験検討を終了します。

小規模艦隊なので、正規の空母打撃艦隊にはあらゆる点で見劣りするが、機動性に富み気軽に使いやすい組み合わせではないかと思われる。

現在はまだ模擬演習、試験中ではあるが、近いうちにバトルロンドに実戦投入しその効力を確認してみようと思います。

補助艦艇に戦艦型神姫を護衛につけてもいいかもしれませんね。

DSC08620.jpg

ちなみに大きさ比較

DSC08621.jpg

支援揚陸艦型神姫 巡洋戦艦型神姫 潜水艦型神姫 を並べてみました。



DSC08624.jpg

支援揚陸艦型MMS   オラージュ級


DSC08625.jpg

大型潜水艦型MMS    リーヴィ・エニ級


DSC08626.jpg

巡洋戦艦型MMS  インペリアル級



・・・というわけで、我が家の主力艦艇神姫群の紹介でした!!

我が家には他にも艦艇タイプの大型神姫がたくさんいますので紹介していきますね!!!

こういう軍艦とか艦艇をモチーフにした武装神姫は数多くいる神姫の中でも我が家だけしかいない、かなり特殊なカテゴリーに属する武装神姫ですが、うまく使いこなせば非常に強力な神姫たちです。

どの神姫も巨体のペイロードを生かした武装の搭載量、防御力、耐久力、稼動時間、航続距離に優れ、他の神姫にはマネできないような運用が可能ですが・・・
その分、運用法や維持費用、コストなどなど多くの問題も抱えています。

では、次回の武装神姫紹介もお楽しみに!!
[ 2009/07/14 21:32 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

護衛空母 軽空母 強襲揚陸艦 てきな運用を試験検討中 

DSC08593.jpg

支援揚陸艦型MMS   「オラージュ」

我が家の改造神姫の中でもかなり特異なフォルムを有した艦船タイプの神姫です。
普通の商船フェリーを改修しMMSや車両、または潜水艦を搭載し輸送、また支援物資や燃料、武装なども搭載可能な運び屋さん。

完全に支援輸送に徹した神姫で地味でぱっとしないけど、他の神姫にはない高い輸送能力を有しており、写真のように航空神姫を搭載して小型の航空母艦としても運用でkるのではないかと思い
試験運用のテスト中。

DSC08595.jpg

DSC08597.jpg

DSC08598.jpg

DSC06119.jpg

この写真に搭載されている武装神姫はRKTN?21/FVK 機動装甲戦闘機型MMS 「ドラッケン」の中期生産型です。

可変MMSという変形機構を有した武装神姫でコンパクトに折りたためることができるので空母などに搭載するにはちょうどいい神姫です。
画像ではフル装備でミサイルを装備した爆装を行っています。

DSC08599.jpg

ドラッケンは拡張性が非常に高く、簡単な武装の交換で遠距離の砲撃戦闘から接近戦、白兵戦まで戦える多目的戦闘神姫です。
下部のドック甲板には予備のコアパーツ、椀部、武装が搭載されています。破損したり作戦によっては自由に換装できるように簡易整備などが行えるようになっています。

DSC08601.jpg

DSC08602.jpg

DSC08604.jpg

エクステンションブースターに注目。この中期生産型「ドラッケン」は垂直/短距離離着陸機 (V/STOL機)であり、エンジン出力が高いので垂直に上昇することが可能。

空母のような滑走距離がなくても離陸可能である。

DSC08607.jpg

DSC08609.jpg

DSC08605.jpg

DSC08606.jpg

オラージュから発艦するドラッケン。正規航空母艦型MMSには劣るが、簡易的な補給、整備、修理機能を保有した能力を保有する。

とはいっても艦載機は2機のみで、少し心持たないが奇襲作戦や哨戒パトロール、護衛任務に使用する分には十分であった。

次回は潜水艦型MMSとコンビを組んだ小規模打撃艦隊を紹介します。




[ 2009/07/13 21:30 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

大型潜水艦型MMS    「チョール・ヌイ」 

DSC09089.jpg

DSC09085.jpg

DSC09088.jpg

型式:K?877V  大型潜水艦型MMS

カタリナ社の第5軍事開発局が建造した大型潜水艦をモチーフとした神姫。
同じカタリナ社製のリーヴィ・エニ級潜水艦型神姫を一回り以上超える巨体を持ち全長は500mmを越える巨大な神姫だが、
水中では非常に静粛性に富み水中に潜んだ本神姫を探知するのは困難である。また武装神姫の中では最も深いところまで潜水可能な神姫である。
本級は超長距離攻撃用の大型巡航ミサイルを多数搭載し水中から巡航ミサイルを発射しはるか遠くの目標をピンポイントで撃破できる恐るべき打撃能力を有している。
センサーやレーダー類もリーヴィ・エニ級よりもより強化され特に艦首に強力な超音波発信装置を持ち音響攻撃も可能。
バトルロンドではリーヴィ・エニのような潜水艦型神姫と「潜水神姫艦隊」を組んで、目に付く神姫をかたっぱしから無差別に襲いまくる狼群戦術で予測海域で敵神姫の待ち伏せをし、
侵入したのを確認したら各艦で包囲陣形を取り、これを殲滅するという戦術で、水中ステージに参加していた神姫をすべて撃破する信じられないような話も存在する。

現在、水中ステージでこの潜水艦型神姫に対抗できる神姫は存在していない。

DSC09092.jpg

DSC09093.jpg

DSC09095.jpg



主兵装

魚雷 対空ミサイル 対艦ミサイル 大型巡航ミサイル 水中ロケット弾 思考性大型誘導魚雷 爆雷 特殊弾頭ミサイル 対空機関砲 2基 他

DSC09094.jpg

DSC09096.jpg

以前紹介した大型潜水艦型MMS「リーヴィ・エニ」と同じ潜水艦型の大型の神姫です。潜水艦に可変します。水中ステージで一番強い神姫を作ってみました。いろいろオプションで潜望鏡やミサイル発射状態や爆雷投下などができます。また画像追加して紹介していきたいですね。

DSC09102.jpg

DSC09105.jpg

DSC09107.jpg

DSC09108.jpg

DSC09109.jpg

DSC09111.jpg

「リーヴィ・エニ」との比較画像。リーヴィも全長450mmを越える巨大な武装神姫ですが、さらに一回り大きい500mmクラスの巨体です。
現在さらにあと2?3隻の潜水艦型神姫を建造し「MMS潜水艦」を作りたいですねww

最終的に12隻くらいの大潜水艦隊を作って、巡航ミサイルの集中飽和攻撃とかで逆らう連中はフィールドごと葬り去るとか・・・・冷戦時代の弾道ミサイルを搭載した戦略潜水艦のような神姫部隊を作ろうかな・・・

レシピはキロ級潜水艦と神姫のジャンクパーツとか、塗装は全身つや消し黒のみ。余計なアクセントはいれてません。
[ 2009/07/12 13:26 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 114 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08878.jpg

バトルが終わりマスターは二階からACを操っていたノートPCを抱えてにやにやしながら降りてきた。

ナデシコたちはぐったりと机の上に集まり呆然としていた。

犬屋「はいはいーみんなお疲れーーーあれあれー?どうしたのかな?かな?」

ナデシコはぐったりと地面にうつむき、疲れ果てていた。

ナデシコ「・・・・・・・・」

セイヴァーはキッとマスターを睨み言った。

セイヴァー「マスターは今日から私の『敵』です」

カノーネが苦笑いをしながらセイヴァーに言う。

カノーネ「・・・・・おいおい、セイヴァー・・・・俺たちはマスターにとって『敵』扱いすらされてねえ、雑魚なのに恥ずかしいこと言うなよ・・・・」

ナデシコ「・・・くう・・・くやしい」

DSC08879.jpg

犬屋がぱんぱんと手を叩く。

犬屋「まあまあ、みんなよくがんばったよ!!いろいろ反省すべき点は多いけどいろいろ作戦考えたりあの手この手で攻めてくるとは思わなかったよ。楽しかったよ
どう?人間と戦うのはまたちょっと違うだろ?」

ナデシコ「すみません、マスター、正直舐めてました」

セイヴァー「ちょっちょっとナデシコ!どうしたの大丈夫?」

カノーネ「・・・・・元気だせよ、ナデシコ、お前のせいで負けたんじゃないんだからさ・・・」

DSC08880.jpg

犬屋「さてさて、反省会として俺から言うことは何も無し!!!以上!!!」

ナデシコは目を丸くして言った。

ナデシコ「!!!何も言うこと無いってどういうことだよ!!!」

犬屋「あのね、ナデシコ・・・俺がいろいろとオマエラのダメな所とか反省点とか長々と言うことに意味あるの?」

セイヴァー「・・・・・・・・自分で考えて反省しろってことですか?マスター」
犬屋「まあ、そういうこと!!!どこが悪かったのか・・・俺は言わないから!自分で考えてね!」


カノーネ「きっつい・・・なあ・・・自分でどこが悪いのか自己分析しろって・・・けっこう大変なんだよな・・・いろいろ見たくない自分の欠点とかわかっちゃうし・・・
まだマスターに言われて指摘されたほうが気が楽だよ・・・」

ナデシコはフルフルとこぶしを握りしめる。

ナデシコ「わ、分かりましたよ!!マスター!!俺たちで反省会するからさっきのデータ寄越せ!!!」

犬屋「はいはーーい♪どうぞどうぞ」

DSC08881.jpg

ナデシコたちはさっきの戦いの動画を見直して反省会を行った。

ナデシコ「まずはアレだな・・・最初から俺たちマスターを舐めた行動したのがそもそもまずかったな・・・」

カノーネ「いつも三人一緒でやるフォーメションをマスターに攻撃仕掛けたのがダメだったね・・・・よく考えたらマスターは俺たちの戦闘シーンをいっつも見てるからタイミングとか弱点とかまるわかりじゃないか・・・」

セイヴァー「はあ・・・最初からなんてバカなことしてたんでしょうね・・・私たち・・・」

ナデシコ「というか・・そもそもだ・・・武装神姫のマスターが神姫と同じサイズのロボット操って神姫とバトルトレーニングする行為自体がおかしいよ!!
そういう行為をすること自体、俺たちに勝てるって何かがあるからやるんだからそこを前提に行動すべきだったな・・・」

DSC08882.jpg

ナデシコ「じゃあ、俺から反省点を一つ!!・・・冷静に慎重に行動したつもりだったけど・・・やっぱりどこかでマスターを侮っていた・・特に最後!!!!あれは完全に俺のミスだ。みんなスマン」

DSC08883.jpg

セイヴァー「次は私・・・・なんていうかみんなごめん、足ひっぱちゃって・・・頭にきて怒りにまかせて動いちゃって・・・マスターにも言われたけど、気をつけるね・・・・」

DSC08884.jpg

カノーネ「・・俺なんだけど・・・さ・・その最初のあのテーブルの上で円陣組んだあの作戦。あの作戦やるにはもうちょっと人数が必要だったね。
それに最後の攻撃で火力不足でマスターのACを仕留められなかったのは・・・弁論のしようがない、榴弾ではなく鉄鋼弾で攻撃すればよかった・・・私のミスです、すまない・・・・」


DSC08885.jpg

ナデシコたちはいろいろお互いに意見を出し合い、今回の戦いの反省点をお互いに見つけ改善策や反省点を述べて満足したようだった。

犬屋「いやーーーしかしねえ・・・たまにはこういう神姫とガチで戦いで触れ合うのも悪くないね」

ナデシコ「次は負けない」 カノーネ「・・・うん」 セイヴァー「私たち三人の力を合わせれば負けません!!」

犬屋「ふっ・・・次も3人一緒でないと俺に負けないとか・・・甘い戯言ほざいてるうちは・・・また負けるな、お前ら」

犬屋の挑発に三人は目を丸くする。

ナデシコ「くうううううううううううう!!!!マスタァ・・・・・絶対に絶対ィにィ・・・・許さない」

犬屋「まあ、俺とのバトルは余興だと思ってよ、お前らの敵は同じ武装神姫なんだし、本職がんばってね♪俺は武装神姫同時の戦いに関しては極力見てるだけで
余計な口出しとかは最小限に抑えるからさ、どーしても困ったりしたときとか対戦相手がいなくなったらまた相手してあげるよ」

ナデシコ「いいだろう!バトルロンドでうんと腕を磨いて必ずマスターに勝ってやる!!」

カノーネ「ああ・・・最強の敵は、マスターだったという落ちね・・・・」
セイヴァー「いやな落ちですね・・・」

ナデシコ「今度からはマスター・レイブンと呼ぼう!!!おい!!!!マスターレイブン!!!」

犬屋「それ、やめて、ちょっと恥ずかしい/////」




武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」 終わり

[ 2009/07/10 22:50 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 113 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08869.jpg

ナデシコ「チェストぉ!!!!!!!!」

ゴキャン!!!

犬屋のACの腕を一刀両断するナデシコ

衝撃で吹っ飛ぶ犬屋のAC

DSC08872.jpg

ナデシコ「か、勝っ・・・・」

ほっと気を抜くナデシコ

DSC08873.jpg

しかし、犬屋のACは斬られた衝撃を利用しバニアーとステップをタイミング良く踏んでくるりと一回転し、ナデシコの胸部に思いっきり強烈なエルボーを喰らわした。


ずどむ

ナデシコ「ガハッツ!!!」

DSC08875.jpg

ナデシコの目が反転し、一瞬白目になりよだれを飛ばして地面にしたたかに後頭部を打ちつけ倒れると同時に犬屋のACの最後の武器が怪しく光り・・・・

DSC08876.jpg

ナデシコの眼前に突きつけられる。

流れるような動き、相手に喰らったダメージ、衝撃さえも利用した信じられないようなカウンター攻撃。
ナデシコは何が起きたのかまったく理解できなかった。

ナデシコ「ごほ・・・が・・・は・・・あ・・・・・・」

犬屋のACから冷たい機械ボイスが響く。

犬屋「サレンダーしろ」

DSC08877.jpg

ナデシコ「うう・・・ううううう・・・・くそ・・・くそううう・・・あああああああああ」

ナデシコは自分たちが負けたことをこのとき理解した。ぼろぼろとナデシコの目から涙がこぼれ落ちる。

ナデシコ「うああああああ」

犬屋「最後の最後でミスったな・・・何が勝っただァ?勝ったのは俺だ!寝ぼけるな!!!!!!」

ナデシコは悔し涙で泣きまくった。

つづく
[ 2009/07/10 21:50 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 112 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08859.jpg

犬屋「なにィ?どういう意味だ!ナデシコっ!!!!!!!」

犬屋のACが吼える。

ぼそりと頭上の椅子から台詞が聞こえる。

???「・・・・・こういう意味だよ、マヌケ・・・・」


DSC08860.jpg

ズゴン!!

カノーネの高射砲が真下にいる犬屋のACにめがけて放たれる。

さきほどのガトリング砲の掃射を喰らい一発しか砲撃できなかったが、それで十分だった。

DSC08861.jpg

犬屋のACの背部、ミサイルランチャーに直撃した榴弾は大爆発を起こし犬屋のACを炎で包み込んだ。

犬屋「ぐがあ!!!」

DSC08862.jpg

カノーネ「やったか!?」

爆煙の中から、ぬうと現れる犬屋のACのライフル。

犬屋「がは・・・このお・・・死にぞこないがァ・・・調子に乗るなあァーーー!!!!!!」

DSC08863.jpg

バアン!!!

犬屋のACから放たれたライフル弾がカノーネを貫く。

カノーネ「ごはっつ・・・・」

DSC08864.jpg

どしゃああ・・・

椅子から転げ落ち地面に倒れるカノーネ

カノーネ「ぐ・・・・は・・・あぐう・・・はあはあ・・・ううう」

DSC08865.jpg

背部武器パーツを瞬時に切り離し被害を最小限に抑えた犬屋のACはカノーネに近寄る。

犬屋「はあはあはあ・・・・いい攻撃だったが、少しばかり火力不足だったな・・・」

カノーネ「・・・・ふっ・・・あ、あとは頼んだぜ・・なでs・・こ・・」

DSC08866.jpg

ギュオオンーーグオオオンン

ナデシコの後部エンジンが獣の咆哮のようにうなり風を切る。

DSC08867.jpg

ナデシコ「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」


ナデシコは刀を振り上げ、堂々と雄たけびを上げて犬屋のACにまっすぐに突っ込んでくる。

DSC08868.jpg

犬屋はそのナデシコの姿を見て中世の武士、戦士の姿を重ねつぶやいた。

犬屋「・・・・さすがだ、それでこそ武装神姫だ」

ナデシコ「マスタァ!!!!!!!」


ナデシコが叫ぶ。

犬屋「セイヴァーにガトリングをつぶさせ、ミサイルをカノーネにつぶさせ、一つ一つ確実に武器をそぎ取り攻撃の選択の幅を削る。

仲間を犠牲にして・・・信じられるからこその捨て身の作戦」

ナデシコ「必殺ぅ!!!!!!!」

犬屋「そして最後はお前のもっとも得意とする肉薄白兵戦攻撃で確実に相手をしとめる
数の力を最大限に生かし、熱く考えなしのように見せてなお冷静に眼前の敵を倒す」


ナデシコ「はああああああ!!!!」

犬屋「といったところかな?ナデシコ?」



つづく
[ 2009/07/10 21:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 111 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08853.jpg

ナデシコ「うあああああああ!!!!黙れ黙れ黙れェ!!!!!」

ナデシコが刀を振り回し大声を張り上げて突っ込む。

DSC08854.jpg

ひゅんと風を切り、ナデシコは刀を振るうが、犬屋のACは軽やかにナデシコの攻撃を回避する。

犬屋「おっと、危ない危ないと・・・なんだまだ動けたのか・・・しぶといなナデシコ」

DSC08855.jpg

犬屋のACは距離を取り、ナデシコに向けてライフルの銃口を向ける。

犬屋「愚かだな、俺がさっきセイヴァーに言ったこと・・・聞こえていたのか?でかい声だして・・・」


ナデシコ「黙れ!!!!!!!!!!!」

ナデシコは凛とした声でマスターの台詞をさえぎる。


ナデシコ「すぐにぶちきれてでかい声を出して吼えて得物を振り回すのはバカの戦い方だと?笑わせる・・・・何もわかってないのはテメエのほうだよ・・・」

シュチャリと刀を構え犬屋のACをにらむナデシコ

ナデシコ「こいよ、撃てよ!!!戦い方を教えてやる」

ナデシコはマスターを挑発する。


犬屋「・・・・・・・・・・そうかい・・・・・・」


DSC08856.jpg

犬屋のACがライフルの引き金を引き、ナデシコに放たれるが・・・

ナデシコはライフルの弾丸を切り落とす。犬屋は容赦なく次々と射撃するがナデシコはことごとく凶弾を切り落としさばきまくる。

ナデシコ「うおおおおおおお!!!!」

DSC08857.jpg

犬屋「ふ・・ふはっはははっははは!!!面白い!!じゃあ・・・これを喰らっても裁けるかな?」


がしゃんと犬屋のACのミサイルランチャーが起動しナデシコをロックする。


犬屋「戦い方を教えてやるだと?何を教えてくれるというんだ?ふはふはうふあふあーー教えてくれよ!ナデシコぉ!!!!」

ナデシコは犬屋のミサイルランチャーを見てにやりと笑った。

ナデシコ「そいつを待っていたんだ・・・クソッタレめ・・・」

つづく
[ 2009/07/07 21:24 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 110 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08844.jpg

犬屋のACのライフル射撃はたいしたことはなくナデシコは軽くいなし回避していった。

ナデシコ「ふっ!なんだそのへなちょこな射撃は?ちゃんと狙って撃っているのかい?マスター?」

ナデシコの挑発に犬屋は冷静にこう答えた。

犬屋「狙って撃っていない。お前の立っている場所をよく考えてみろ」

ナデシコはハッと気がついた。後ろは壁、身を隠す障害物もない、回避するにも動きが単純になり行動が読まれ・・・

カキンと犬屋のACのガトリング砲が動きナデシコをロックする。

ナデシコ「クソッタレ!!」

DSC08845.jpg

セイヴァー「ナデシコ!!!危ないッツー!!!」

DSC08846.jpg

ブウウウウウウウウウウウウウ

ガトリング砲の銃身がものすごい勢いで回転し何百発もの強烈な弾丸を吐き出しナデシコに向かって殺到する。

ナデシコは回避しようとエンジンをフルスロットルで吹かすが間に合わず、何十発もの弾丸がナデシコの装甲をはじき飛ばし命中する。

ナデシコ「きゃああああ」

ナデシコが悲鳴を上げる。

DSC08847.jpg

セイヴァー「うおおおおおおおおおお!!!!」

セイヴァーは電光石火のごとくすさまじいスピードでACに急速接近し剣を振り上げ叫ぶ

セイヴァー「やめろおおおおお!!!!」


DSC08848.jpg

犬屋のACはチラリと横目でセイヴァーの動きをトレースしあっさりとガトリング砲を切り離す、怒りに燃えたセイヴァーはガトリング砲をまっ二つに切り裂きACに迫る。

セイヴァー「あああああああ!!よくもナデシコを!!!」

DSC08849.jpg

犬屋「ミサイルロック完了。直線で突っ込むからロックしやすかったよ」

犬屋は武装を切り替えミサイルポッドを立ち上げる。

セイヴァー「し、しまった」

セイヴァーはあわてて迎撃体制をとろうとするが・・・・

DSC08850.jpg

ボシュウウ ズドッドン

至近距離でミサイルの直撃をモロに喰らいセイヴァーは地面に思いっきりたたきつけられる。

セイヴァー「ガハッ!!」

DSC08851.jpg

シュウウウウウウウウ


セイヴァーの体から煙がもくもくと上がり体が動かない。

セイヴァー「うううぐう・・」

犬屋「やれやれ、まだわからないのかセイヴァー」

犬屋は深いため息をついてセイヴァーに近寄る。

DSC08852.jpg

犬屋「なんでこうなるのか考えたことないのか?お前がナデシコが撃たれて突っ込んでくるのを読まれた時点でお前は負けた」

セイヴァーは床につっ吹いていたが犬屋の声ははっきりと聞こえていた。

犬屋「頭にきて怒りにまかせて動いちゃダメだな。全部台無し、そのうまい剣さばきも意味無いぜ・・・まずガトリング砲狙っているのが目線でまる分かりなんだよ」

セイヴァー「うう・・・くううう」

犬屋「すぐにぶちきれて大きな声を出して得物を振り回すのはバカの戦い方だ」

ACのライフルがセイヴァーの頭にごりっと押し付けられる。

犬屋「・・・・・・でけえ声出して吼えりゃあ、勝てると思ってんのかよ?舐めてんのか?」


つづく




[ 2009/07/06 22:29 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 109 

武装神姫 「真零」  第9章 「マスター・レイブン」

DSC08834.jpg

ダンダンとナデシコはマスターの操るACに向かって機関砲を撃ちまくる。犬屋のACもナデシコに向かって容赦なく射撃を加え、激しい銃撃戦が展開されていた。

ナデシコ「セイヴァー!!!下に降りろ!!援護射撃してやる!」

DSC08838.jpg

セイヴァー「了解」

セイヴァーはひゅんと剣を抜き、すばやく下に降下する。

DSC08836.jpg

しゃりんと剣を抜くとセイヴァーはACをにらむ。

セイヴァー「マスター・・・覚悟!」

DSC08837.jpg

犬屋「セイヴァーか、どの程度腕を上げたか見せてもらおう」

そういうとACの右腕がくんとあがり、セイヴァーに向かってライフル射撃を行う。

セイヴァーは目にとまらない動きでライフルの弾を切り落とす。

犬屋「なんと!!」

セイヴァー「一発一発は弾速度は速いが、数が足りませんよ、マスター

以前戦った戦闘ヘリ型神姫は1秒間に300発は撃ってきました・・・・・」

犬屋「つまり、その程度の射撃では切り落としさばくというのか」

DSC08839.jpg

犬屋のACの足元に機関砲の弾が命中し、犬屋のACはさっと回避し椅子の陰に身を潜める。

ナデシコ「セイヴァー!大丈夫か?」

セイヴァー「ナデシコ、私のことは大丈夫、自分の身は自分で守る」

DSC08840.jpg

ナデシコ「いっちょまえに言うようになったじゃねーか、だが、お前は近接戦用の武装しかもってない、あんまり無茶すんな」

セイヴァー「うん・・・ところでナデシコどう攻める?」

ナデシコはマスターの隠れている椅子の足の下を見る。

DSC08841.jpg

ナデシコ「難しいな・・・・マスターのACは旧式とはいえ、機動力もあるし火力もある。厄介なのは万能タイプの武装構成だから射撃戦闘も近接戦も得意だ」

セイヴァー「あのときを思い出すね。二人で戦闘ヘリ型神姫をやっつけた時のことを・・・」

ナデシコ「ああ、だが今回の敵はかなり厄介だぜ・・・」

犬屋のACはじっとナデシコとセイヴァーの神姫を待ち伏せしている。

DSC08842.jpg

ナデシコ「ちっ!!マスターのヤロー、容赦しねえな・・・操作が冷静だし、こっちの攻撃タイミングを待ってやがる!」

セイヴァー「二手に分かれて挟み撃ちにしよう!!ナデシコ、援護頼む」

ナデシコ「まかせろ」

DSC08843.jpg

犬屋のACはナデシコとセイヴァーの行動に大してすぐに動き始めた。

ACのライフルがナデシコに向かって次々と弾を吐き出す。

ナデシコ「くそ!ヤロー!!セイヴァーの武装が射撃武器ないの知ってガン無視かよ!!」

セイヴァー「ナデシコ!!」

セイヴァーは羽を広げ犬屋のACを追うが、犬屋のACはセイヴァーから遠ざかるように大きく弧を描いてナデシコに射撃を加える。

ナデシコも機関砲を撃ちながら低空をホバリングしながら攻撃を行う。


犬屋「二人で挟み撃ちか?ばればれなんだよ!動きが遅い、セイヴァーの配置が甘い、遊びがあるな、空間をもっと有効利用しないとね」

つづく
[ 2009/07/06 21:51 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

量産せよ、ウェル・ライザー!!!!!!!!!! 

DSC09126.jpg

今日はいつもとはちょっと一味違った私以外の神姫オーナーさんが作った改造神姫を紹介します。


上の改造神姫 天使戦闘機型MMS 「ウェル・ライザー」はウェルの強化発展型として開発された神姫ですが・・・
MiXiでお世話になっているファルスさんがなんと、我が家のウェル・ライザーを見て同じウェル・ライザーを製作されておられたので・・・

今回はファルスさんに許可を頂き、ファルスさん版のウェル・ライザーを大紹介します!!


33486559_1670347213.jpg

33486559_2775012641.jpg

33486559_2372744175.jpg

33486559_3956940782.jpg

33486559_4235590040.jpg


これがファルスさまが製作した「ウェル・ライザー」です! なんとカラーリングも我が家と同じ白と黒のモノトーンカラーです!!

我が家との違いはミサイルの配置が違います。本来、軽白子同様肩での装備ではあるが、あえてここはブースターユニットで装着。
肩では狙い撃ちされた際の攻撃力低下に繋がってしまう上、誘発によって被害が大きいと想定されているようです。
「ウェル・ライザー」は量産されて多くの神姫オーナーに使用しているという脳内妄想設定なんですが・・・・まさか、妄想が現実になるとはwww

組み合わせは、ウェルクストラパーツの組み替えと1/100オーライザーのみのシンプルな構造なので、誰でも作れる強化改造神姫という設定が売りなので、ここまで忠実に設定に再現してくれるとは
非常にうれしいです。

DSC04727.jpg

比較に我が家の「ウェル・ライザー」と普通の「ウェル・クストラ」を・・・

33486559_661389121.jpg

33486559_837179563.jpg

33486559_1275746215.jpg

33486559_2723919794.jpg

33486559_3098910607.jpg

33486559_3733112940.jpg

33486559_1671342914.jpg

さらにファルスさまは「ウェル・ライザー」を独自に強化改造しバリエーション機を製作しています。

ウェルライザー・ガントレット と呼ばれるキャノン砲を装備したタイプにインフェルノキャノン2門装備を行った砲撃戦タイプなどが存在さらに現在3番機まで開発中との情報を得ました。

DSC09130.jpg

DSC09134.jpg

ちなみに、我が家のウェル・ライザーのバリエーション機と強化開発案は・・・すっごく地味です。

頭部のゴーグルを強化し通信能力をUPさせた「指揮官機」タイプに・・・
対艦ミサイルや爆弾を装備できるようにパイロンを追加した「戦闘攻撃機」タイプ
背中に神姫軸があるのでそこにレドームを装備した「早期警戒機」タイプとか・・・

基本的に我が家の神姫は航空神姫の主力兵装備は「砲」よりも「ミサイル」中心の運用を前提とした機体が多いので、同じウェル・ライザーであっても
運用思想が違うため、基本ベースから派生する改造機種は分かれてくる「生き物の進化」のような非常にリアルなニッチェのすきまうめ、戦う相手や使用状況においての亜種がもう出ていることに驚きましたね。

DSC09138.jpg

というわけで、今回はファルスさんとこの「ウェル・ライザー」でした!!!
ファルスさんのこれからの改造神姫、楽しみにしています!お互いにこうやって改造神姫の技術交換や同じ改造神姫を持っていることはなかなか楽しいですねw

ぜひ、他の改造神姫オーナーさんも興味を持たれたら「ウェル・ライザー」を作ってみてはいかがでしょうか?



[ 2009/07/04 18:55 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(2)