スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アーンヴァル強化開発計画 


DSC07332.jpg

今日は我が家の天使型MMS アーンヴァルをご紹介

左手から アーンヴァル前期生産型 アーンヴァル・トランシェ後期生産型 機動型のウェル・アクティブ そして一番奥が重装型のアーンヴァル・エプシェル

DSC07333.jpg

我が家ではいちばん数が多い天使型、さまざまなバリエーションがあります。


DSC07343.jpg

この間、発表した重装型と初期型の比較画像

DSC07344.jpg

DSC07345.jpg

アーンヴァルシリーズはあえて大胆な改造や過度に個性を持たせたような装備や組み合わせを行っておりません。

あえてシンプルにそして地味に目立たないような改造をしてみました。

DSC07354.jpg

DSC07355.jpg

DSC07356.jpg

DSC07357.jpg

アーンヴァルのこれからの強化開発計画を発表します。

夜間戦闘に特化したアーンヴァル 夜戦タイプ

夜天使型MMS 「アーンヴァル・ナイト」

重夜天使型MMS 「アーンヴァル・フルナイト」


爆撃能力に特化したアーンヴァル 重爆撃タイプ

重爆撃天使型MMS 「アーンヴァル・ボマンダー」


高速戦闘に特化したアーンヴァル 高速戦闘タイプ

戦闘天使型MMS 「アーンヴァル・シェナンドア」


DSC07360.jpg

これら上記のアーンヴァルはアーンヴァルを持つ神姫オーナーさんの改造技術や設計コンセプトを元に我がカタリナ社の独自の技術を付加しアンヴァールの強化を行います。

これからのアーンヴァルの強化開発計画をお楽しみに!!
スポンサーサイト
[ 2009/04/30 23:04 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

駆逐天使型MMS 「アーンヴァル・エプシェル」 

DSC07334.jpg

DSC07336.jpg

DSC07340.jpg

DSC07341.jpg


駆逐天使型MMS 「アーンヴァル・エプシェル」

カタリナ社のOEM神姫 神姫メーカーの一つでもあるフロントライン社製のMMS、天使型「アーンヴァル」をカタリナ社がライセンス生産で強化発展させたMMS。

主に背面のブースター主機、ウイング、装甲版の増加を行い、身の丈ほどもあるレーザーライフルを固定式に、レールガンを搭載し火力、防御力をUPさせた。
アーンヴァルはもともと余裕のある基本設計を持ち、本機は高い搭載能力を生かした重戦闘機として戦闘爆撃機や対地攻撃、長距離の爆撃機型MMSの護衛機や迎撃機として用いられた。
低速域での安定性、操縦性は良好で、特に低空での安定性は抜群で全身に装備されたカーナード翼により姿勢制御の能力はすばらしかった。

しかし反面、かなりの重装備のため重量があり通常のアーンヴァルに比べ旋回性能や機動性も劣り加速性能も悪く、格闘戦闘に持ち込まれると手も足も出なかった。
そのため、格闘戦は避け、遠距離からの砲撃や一撃離脱の戦闘を得意とした。

主兵装

GEモデルC3 レーザーライフルキャノン 1門 レールキャノン 1門

アルヴォPDW9 1丁 ライトセイバー 2本


DSC07346.jpg

DSC07348.jpg

DSC07349.jpg

DSC07350.jpg

DSC07352.jpg

DSC07353.jpg

というわけで今回の改造神姫はアーンヴァルの強化型でした。設定は第二次大戦中の双発戦闘機だったりWWW

なんのひねりもない組み換え改造ですけど、こういう普通の組み換え遊びこそ武装神姫本来の楽しみ方ではないんじゃないかな?と思いつつある今日この頃。

ところで余談ですが、カタリナ社でライセンス生産されている天使型は髪の毛が黒い色という設定です。
髪色を黒にしたことでなんとなく地味になって量産機ぽくなったような感じがするのは気のせい?
アーンヴァルですが、昔から好きな神姫です。


ではでは次回の改造神姫もお楽しみに!!!
[ 2009/04/29 22:10 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

武装神姫サイズの武器紹介!!! 

DSC06658.jpg

歩兵A「やあ、僕の名前は歩兵A」

歩兵B「私の名前は歩兵B」

歩兵A「今日は武装神姫サイズのさまざまな実際に存在する武装を紹介するよ」

歩兵B「映画や漫画、ゲームなんかで比較的よく登場する武器をいっぱい集めてみたよ」

歩兵A「ミリタリー色強い武器ばっかりだけど、ファンタジーやSFちっくなデザインの武器とはまた一味違ったかっこよさがあると思うんだ」

歩兵B「ではさっそく紹介していくよー」

DSC06660.jpg

歩兵A「まずはこれ、RPG-7  旧ソ連の開発した携帯対戦車兵器だよ。途上国や武装組織が好んで使用し、紛争では必ずと言って良いほど目にする非常に有名な兵器だね
最近ではソマリナの海賊とか船を止めるために使ったりするよ」

DSC06661.jpg

歩兵A「神姫サイズではちっちゃくて頼りない感じがするけど・・・一発で重装甲の戦車型神姫とか沈黙させることができるよ」

DSC06662.jpg

歩兵B「これはスウェーデンのサーブ社が生産しているAT-4だね。、最も有名な使い捨ての対戦車兵器の一つで、アメリカ軍とNATOがM72 LAWの後継装備品として採用しているよー
これは歩兵部隊に対装甲車戦闘能力を与える目的で開発されたんだけど現用戦車を撃破することはできないよ。無反動砲だから衝撃少なくて撃つのが楽だね」


DSC06664.jpg

DSC06665.jpg

歩兵A「これは軽機関銃 分隊支援火器って奴だね。いろいろなバリエーションがあるけど役割は弾幕とか張って支援するの」

DSC06666.jpg

歩兵A「この画像のタイプはサイレンサーつきの機関銃 ガスで音消しているんだ」

DSC06668.jpg

歩兵B「次に紹介するのは ナイフ 特に説明いらないほどの武器だよね」

歩兵A「みんなも一度は使ったことある道具じゃないな?」

DSC06669.jpg

歩兵B「ショットガン」

歩兵A「日本では散弾銃って言うんだよ」

DSC06670.jpg

歩兵B「多数の小さい弾丸を撃つ大口径の大型銃。狩猟や競技射撃で使用するよ」

歩兵A「散弾銃は機構が簡単であるため安価で機械的な信頼性が高い。塹壕戦やジャングル戦、あるいは室内戦と行った極至近距離の戦闘に用いると効果的だよ」

DSC06672.jpg

歩兵A「バトルロンドでもこの武器は使用できるよ!至近距離で使うとけっこうすごいんだ!」

DSC06675.jpg

歩兵B「狙撃銃だよ、これもバトルロンドである武器だよ。これも説明不要なほど有名な武器だね」

DSC06676.jpg

歩兵A「手榴弾だよ。いろいろなタイプがあって閃光弾やスモーク弾とか用途に応じて使い分けるよ
ちょっと地味だけど白兵戦闘では重要な武器だね」

DSC06677.jpg

歩兵B「ハンドガン、これも説明するまでもないね。バトルロンドではいろんなタイプがあるよ!!」

DSC06679.jpg

歩兵A「小銃だよ。アサルトライフルとかサブマシンガンとか機関銃とかいろいろな呼び名があるけどみんな用途が違うし、運用方法も違うよ」

歩兵B「歩兵の要だね、ご飯食べるのと同列くらい歩兵にとっては大事なものだよ」

DSC06680.jpg

歩兵A「今持ってるのはM16という型式のアサルトライフルだよ」

歩兵B「ちょっと古いライフルだけど・・・ゴルゴ13番さんとかで有名な小銃の名作だよ」

DSC06698.jpg

DSC06699.jpg

DSC06702.jpg


歩兵A「こんな感じでいろいろな武器を組み合わせてチーム作って戦うと面白いよ。
みんなで役割分担して戦うんだ」

歩兵B「ところで歩兵A、僕この戦いが終わったらマスターと一緒に旅行するんだ」

歩兵A「それは死亡フラグだよ、歩兵B」

歩兵B「志望フラグ?じゃあいっぱい立てるといいことあるかな?」

歩兵A「日本語は難しいですね」

歩兵B「そうですね」


マスター「・・・・武器の説明ありがとう。歩兵Cと歩兵D」

歩兵A[歩兵Aと歩兵Bですよ」

歩兵B「あああ・・ただでさえひどい名前なのに間違えないでください」



というわけで今回は歩兵が主人公のお話でした。
萌えも色気もへったくれもないけど歩兵ってなんか儚くて可愛いよね。

[ 2009/04/27 23:18 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

機動歩兵型MMS 「ヴァッフェ・デルタ」 


DSC06681.jpg

機動歩兵型MMS 「ヴァッフェ・デルタ」

型式:Aー004/A

ヴァルカン・ラボ社のヴァッフェシリーズの武装パーツを流用して作られた歩兵型の神姫
開発はカタリナ社第7軍事部が行った。

ヴァッフェバニーとほとんどスペックは一緒、武装も似たようなもので多少バリエーションが増えている程度だが、素体は軽量化された素体を使用しており細部が異なる。

DSC06684.jpg

DSC06685.jpg

DSC06688.jpg

DSC06689.jpg

暗視ゴーグルやイヤホンなどを全てヘルメットの中に収納し防御能力が高くなっているが・・・フルフェイスタイプのヘルメットになったため、
神姫の顔が見えなくなったため・・・・神姫ファンからは非常に不人気で不満が続出した。

DSC06690.jpg

DSC06692.jpg

DSC06696.jpg

軽量化した素体と余分な装甲とエンジン出力をUpしたため機動力は優れていた。
また集団での戦闘を得意として遠距離から近距離まで対応できる幅広い武装を備えていたが、これといった決め手の武装はなく、スペックはきわめて普通だった。

性格は非常にまじめで扱いやすい神姫だったが、ただそれだけである。

DSC06697.jpg

カタリナ社では軍用や警備用などに多数が量産されそれなりに活躍した。

というわけで今回の改造神姫はヴァッフェシリーズとデルタの組みあわせです。
めちゃくちゃしっくりくるというか・・・違和感ナシングです。

我が家ではなんだかんだいって出演率が高い神姫です。まあ、出てるけど背景扱いだけどwww

素体は普通の神姫の素体ではなく「Special Operations Lady」の特殊素体を使用

この素体・・・・すんごく動くんですが・・まあいろいろと問題もあるわけでしてww

ではではー次回の改造神姫もお楽しみにーーー
[ 2009/04/26 19:50 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 83 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06899.jpg

キャノンはランシャとの真っ向からの撃ちあいをしていたが、ランシャの方が砲門も多くまた装甲も厚いので一気にカタをつけるべく勝負に出た。

キャノン「可変モードスタンバイ!!!全砲門前面に集中!!!フルブーストで一気に叩き潰す!!」

ガトリング砲ががらがらと音を立てて大量の弾を吐き出しマシンキャノンが獣のように鳴きながら弾丸を高速でたたき出す

DSC06900.jpg

ランシャ「変形した!?いいね!!この弾幕の中を突っ込んでくるってか!!さすがドラッケン・・・思い切りがいい!!だけどね!!!」

ランシャのリアパーツの砲門が赤く光る。

ランシャ「僕の砲撃に耐えられるかな?ドラッケン!!」

DSC06901.jpg

キャノンのリアパーツのエンジンがケダモノのように吼えた。

キャノン「エンジン出力最大!!!いっつけええええーーーー」

ズゴンと急加速しランシャに突っ込むキャノン

ランシャ「は・・・はやっ・・・」

ガッシャーンとランシャに派手に突っ込みクラッシュするキャノン

キャノン「グワッ!」 ランシャ「うげえ」

DSC06902.jpg

ソードはリアンの攻撃をはじき、ブースタを吹かして相棒のキャノンに急ぐ

リアン「あ・・まて!!この!!」

ソード「リアン!!てめえに構ってる暇ねーんだよ!!」

DSC06903.jpg

ソードはクラッシュしたキャノンの元へ行こうとした瞬間、背中にぞくりと悪寒が立ち、スーーと冷や汗をかいた。物凄い殺気を感じ取り
荒々しく息を吐くソード

ソード「ッツーー!!!??はっはっッーーはーーはあーークウ・・・・チクショウ・・」

ソードの後ろでゆらりと巨大な剣を構えたメッサー、音も立てずに忍び寄り眼を爛々と赤く輝かせる。

DSC06905.jpg

一瞬だった。メッサーがすさまじいスピードでブレードを振り下ろすと同時にメッサーのブレードがひかったと同時にメッサーのブレードを受け止める。

メッサー「やるねえ!!!ドラッケン!!!!!まさか僕のさっきの攻撃を受けとめれるとは思わなかったよ!!」

ギリギリとドラッケンと組みあうメッサー

ソード「くっ・・・殺気を出しすぎだぜ・・・あんなにびんびんに出してちゃクソでも分かるぜ・・・俺と近接戦闘やるつもりかい?」

メッサー「僕の名前はメッサー!!!!なんでも切りまくる切り裂き狂のメッサー!!!
僕のブレードと君のブレード・・・どっちが切れ味いいかお互いの体に聞いてみようじゃないか?」

ソード「クレイジー!!」

DSC06906.jpg

メッサー「お互い、Sランクのランカー神姫だ・・・・楽しもう」

メッサーの顔がにやりと笑う。

ドラッケン「ハッハーー!!!吹くじゃねーかー!!」

バチンとお互い、剣をはじきあい飛び退る。

DSC06907.jpg

ソードとキャノンは体制を建て直し、眼前のランシャとメッサーを睨む。
ソード「キャノン!!!向こうはインセクト・アームズ社製重武装のクワガタとカブト型だ。ギチギチに強化してあっておまけにかなりのベテランだ!!俺らと同じSランクのランカー神姫だぜ!!」
キャノン「おっひゃーーー、しかも戦法も前衛のソードと後衛のキャノン 俺たちとまったく同じ武装のコンセプト!!」
ソード「し・か・も・・・装甲、機動、火力はほぼ同スペック!!!いままでここまで好敵手に出会ったことなええぜ・・・」
キャノン「ションベンちびりそうーーー」

DSC06908.jpg

メッサー「うふふふ・・・ランシャ!最高の相手だね!!カタリナ社製の装甲戦闘MMSドラッケンだよ!」
ランシャ「僕たちと同じペア組んで前衛後衛にはっきりと分かれた武装コンセプト・・・戦闘経験もスキルもスペックもほぼ同格ッ!!!」

メッサー「お互い似たようなコンセプトでどちらも参考にしたり真似したりしたわけでもない・・・
なのに同じような組み合わせで強者!!」
ランシャ「これほど上等な対戦相手にあえて・・・神様に感謝・・・」

メッサー「ドラッケン・・・ドラゴンの名を持つ神姫!!」
ランシャ「その強さを見せてよ!!」


つづく
[ 2009/04/26 18:42 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 82 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06889.jpg

キャノンとランシャの激しい砲撃戦、キャノンはすべるように低空をホバリングしながらリアパーツのガトリング砲と副腕のマシンキャノンを撃ちまくる。

ランシャも
リアパーツのキャノン砲と小型ミサイルの弾幕を張る。

キャノン「くっ!!カブト型は射撃戦に優れた神姫だと聞いていたが・・・ここまで重武装で砲撃戦をやるとは!?」」

ランシャ「機動力はドラッケンの方が上!!だが!火力はこちらのほうが上だーーーー!!」

DSC06891.jpg

イズミ「ジュプスさん!正面に高射砲台型がいます!二人でやっつけましょう!」
ジュプス「了解です」

カノーネは至近距離で鉄鋼弾を撃つ。
その砲撃をイズミとジュプスは軽やかにかわす。

カノーネ「くっ・・・さすが、忍者型!回避能力は高いな!!」

イズミ「ジュプスさん、あのデッカイ大砲はそうそう当たりませんが、放置しとくのは危険です」

ジュプスが二丁のビームガンを発射する。

ジュプス「接近戦に持ち込めば・・・」

カノーネ「うわあ!!」

カノーネの装甲版にビームが当たる。

DSC06893.jpg

テーブルの中央で重量級の高ランク神姫同士の壮絶な近接戦闘が繰り広げられている。

観客の熱狂的な応援が入る。

「おおーすげーあのルプスとかいう悪魔型、装備が全部近接戦闘の装備しかしてないぞ!」
「相手してるクワガタ型も全部近接戦闘仕様だ!がっちりと組み合っているな」
「どっちも重武装ですごい戦いだぞ。お互い強化アームで組み合っている」

ルプス「必殺ーーデモニッシュブレードーー!!」

メッサー「ならこっちも必殺!! メッサーアッタク!!」

ソード「なかなかやるな!!リアン!!俺の動きについてくる!!」

リアン「はん!!あんたとはもう何回もバトルしとるからな!タイミングバレバレやわ!」
ソード「それはお互いさまだ!!」

リアン「うちの役目はあんたをここに釘付けして時間稼ぎすることや!!このまま付き合ってもらうでーー」

ソード「この・・・そんなに俺とキャノンのコンビが怖いか!!!」

DSC06894.jpg

ポモン「ヤッハー!!!いちばん弱い奴からたたくッス!!これ戦いの基本ねーー」

ポモンは大乱闘の戦場をかけ向けフレット型のバチコを狙ってハンドキャノンを撃つ

バチコ「いたい!!いたたー」

ポモン「ほれほれーーー」

ビシビシと命中するポモンのハンドキャノン

DSC06895.jpg

ユフィー「バチコちゃん!!待っていていま助けてあげ・・・」

ユフィーの足元にキャノン砲の弾が命中する。

フォリオ「ポモンの邪魔はさせないよーー僕が相手だ!!そこのシスター型!!」

コウモリ型のフォリオがシスター型の眼前に現れた。バッサバッサと大きな翼を広げ空中から射撃を行う。

ユフィー「コウモリ型!?ま、負けません!!」

シスター型は十字架型のキャノンをコウモリ型に向けて放つ

DSC06896.jpg

シオン「くそお・・・こんなにごちゃごちゃの乱戦になるとは・・・」

シオンは飛び交う弾丸と剣戟の音、煙の中である神姫を探していた。

シオン「さっきからこの乱戦の中でアイツの姿を確認できてねえ・・・どこにいきやがった・・・」

キョロキョロと戦場を見渡すシオン、すうとシオンの目の前に影が落ちる。
シオン「!!!フッ・・そこかああ!!!!」

エンジンをフルスロットルで奏でながらナデシコは機関砲を構え、シオンの真上から機銃掃射を行った。

ナデシコ「あはっはあはっはっはーーーたっぷりと喰らえーーー」

シオンはバッシャとアクティブブレードを翼のように広げ、高速で振動させ、機関砲を叩き落す。

シオン「そんなへっぽこ弾が喰らうかよ!」

つづく
[ 2009/04/26 17:16 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 81 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06878.jpg

戦闘開始のゴングがなった瞬間 バトルステージはすぐさま乱戦状態になった。

ソード「うおおおおおお!!!」 バチコ「きゃん!!」 ルプス「わあああああ!!」
ナデシコ「カノーネ!!撃ちまくれ!!狙わなくていい!!」 カノーネ「了解!!」
メッサー「くそ!!そこをどけ!!」 ランシャ「ひゃっはっはあ!!撃って撃って撃ちまくるうるううー」
キャノン「シオン!!!引導を渡してやる!」 シオン「やってみやがれ!!」
リアン「こ、こら!!めちゃめちゃに撃つなランシャ!!乱射するな!!ランシャ!!」

ステージのあちこちで繰り広げられる激戦

DSC06880.jpg

忍者型のイザヨイが騎士型のセイヴァーに踊りかかる

イザヨイ「この技を、受け切れますか!!お命頂戴いたします!」
セイヴァー「くうう!!!その程度の攻撃でえええーー」

DSC06881.jpg

ランシャ「ドラッケンッーーーー勝負だあああああああああーーーーー」

ランシャがキャノンに向けてありったけの弾丸を撃ちまくる


キャノン「な、なにい!!!」

キャノンはとっさに回避するが、激しい弾幕にたじろぐ

DSC06884.jpg

ソード「キャノン!?くそったれ!!カブト型の重装タイプか!!リアン!!そこをどけええ!!!」

リアン「あかんでーあんたの相手はうちがしちゃる!!!あんらたドラッケン姉妹のコンビネーションはおっかないからなーーーー」

ソード「っち!!リアン!!!てんめえーーー」

キャノンの危機に駆けつけるソードの眼前にリアンが立ちはだかる。
ソードがレーザーサーベルを振り回しリアンがアサルトブレードではじく

DSC06885.jpg

ルプス「僕は絶対最強無敵のマスターの自慢の神姫なんだーーーーーーーーー」

メッサー「うわっと!!なになに!!君ーーーちょっと攻撃・・・は・・・激しすぎるー」

ルプス「うわああああああああ」

半狂乱になった悪魔型のルプスが強化アームでメッサーに怒涛の攻撃を行う。お互い近接戦闘に特化した神姫、激しい攻防

DSC06886.jpg

カノーネ「・・・うは・・前面はめちゃくちゃに荒れてるな・・・じゃあ、私は後方で援護砲撃でもと!!」

ずどんずどんと高射砲を打ち鳴らすカノーネ

DSC06887.jpg

そんなカノーネの砲撃をたたき落とすシスター型のユフィー

ユフィー「邪魔はさせません!!接近戦は苦手ですが・・・砲撃戦なら私は得意です!!」

カノーネ「っち!!邪魔が入った!!・・・・というか・・高射砲型の私に砲撃戦闘を挑むとは・・・
いい度胸してるね・・・・君!!!」

DSC06888.jpg

ナデシコ「あっははっはーーー!!いいねいいねーーすっごく楽しいよ!!!
これだからバトルロンドはやめられない!!!」

満足そうに機関砲を撃ちまくるナデシコ

つづく
[ 2009/04/25 22:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 80 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ


DSC06870.jpg

???「観客の皆様、それから今回バトルするマスターに置いてけぼりくらった・・・
預かり神姫共ッツ!!!!!!長い間お待たせしましたー
こ・れ・よ・り・・・大規模集団バトルロンドをおっぱじめるぞー!!野郎共!!

私が今回、審判を勤めるバックベアード型MMSのベア子さまだ!!

さあ、!!!ワルキューレを演じてみろ!!準備はいいかー!!」

観客から歓声が聞こえる。

「バッチコイー!!」 「さっさとハジメロー」 「ベア子ちゃんかっわいいーーー」
「ねっとりとペッテイングキスしたい・・・」 「はやくやろうよー」 「観客席準備おk」

DSC06867.jpg

ナデシコ「ベア子ちゃんキターーー!!!」
ソード「イヤッハーーーー!!」
キャノン「ロックンロールッツーー!!!」
セイヴァー「な、なになに?」
カノーネ「・・・今回の試合のレフィリーだ」
ルプス「僕は負けない僕は勝つ僕はすごい僕は偉い僕はマスターにほめてもらう・・・」
ポモン「ちょっとルプスさん!!試合もうすぐ始まりますよーー」
フォリア「うっわああい」

DSC06868.jpg

シオン「能書きはいいからさっさとやろうぜ」
リアン「まあまあ、こういうノリもええがな」
メッサー「観客のみんなを楽しませないとね」
ランシャ「だねーーメッサーー」
イズミ「すっごい数の観戦者数!!」
イザヨイ「みんな暇なんだね」
ジュプス「ちょっと怖いよー熱狂しすぎだよー」
バチコ「まちゅあた・・・いるかな?」
ユフィー「が、がんばりますよー」


DSC06871.jpg

ベア子「ルールを説明するよ!!!耳の中かっぽじってよく聞いてね!!!

AチームとBチームに分かれてバトルするよ!!

今回はSランクからCランクまでごちゃまぜになったバトルだよ!
どんな戦い方でもOKだよ!武器は何使っても自由!!乱戦になるから味方の流れ弾とかに注意だよ!!
後、今回参加する神姫はみんなマスターが不在だよ!マスターの指示ないし、チームのリーダーもいないからスタンドアローンだよ!
日々の戦いの教訓や経験を生かして自分で考えて戦ってね!!!
勝敗は1時間たって最後まで生き残っていた神姫の数が多いほうが勝ちだよ!

ルールわかったかな?」


DSC06872.jpg

ベア子「というわけでAチーム!準備よろしいか?」

ポモン「いつでもできるっす!!」

DSC06873.jpg

ベア子「Bチーム!準備よろしいか?」

バチコ「うえ・・・う?」

シオン「準備OKだっ!!さっさとはじめろ」

ベア子「了解!」

DSC06874.jpg

ベア子「ではではーーーーーーー!!!!!!

神姫センター 大阪日本橋店 大規模バトルロンド用筐体!!

ステージ 「民家」 17体の武装神姫 バトルロンド・・・・

スタートォーーーーーーーー!!!!!!!!!!」


カーーーンとゴングの音が鳴り響く

ウオオオオオオオオオオと観客席と神姫たちが叫ぶ


DSC06875.jpg

シオン「ゴング!!!」
リアン「ゴング!!」
メッサーランシャー「鳴らせッツーーーーーーーーー」

ユフィー「イキマス!」

ジュプス「やああああ」
イザヨイ「姉さま!!」
イズミ「イザヨイ!!」

バチコ「ううう!!バチコ!がんばる」

DSC06876.jpg

ナデシコ「カノーネ!!!セイヴァー!!!ジェットストリームアタックをかけるぞ!!」
カノーネ「了解!!!」
セイヴァー「え?えええ?ナニソレーーー」
ナデシコ「し、知らんのかい!!!」

ルプス「うわああああああああ!!!僕は絶対最強!!!」

ポモン「きゃにゃああ!!いくにゃあー」
フォリア「ポモン!!リスーはにゃあーと鳴かない!!」
ポモン「リスの鳴き声ってなにさ!」

ソード「キャノン!!!突っ込むぞ!!」
キャノン「掻き回すぞ!!ソード!!」

DSC06877.jpg

ずっどおお と何も考えずに両チームともがいっせいに突っ込む。
こういう狭い空間の乱戦では下手に考えて動きを止めたものがやられる本能的にお互いが同じような行動にでる。


観客席は熱狂しどっちのチームが勝つのか野次馬たちが騒ぎ出す。

「Aチームだ!!ドラッケン姉妹がいるんだぞ!」 「馬鹿!Bチームだよ。なんていってもガーリオンタイプがいるんだぜ?」
「カタリナ社の戦闘神姫はお互いに2機ずついるのか・・・こりゃすげー」 「重装備のカブト型とクワガタ型も眼がはなせないよ」 「ナデシコは?」
「うううーマスター!!私も戦いたいよう!!」 「血がさわぐ・・・ざわざわ・・」 「この勝負、記録しとこう」 「集団戦闘半端ねー」
「マスターの指示なくてもやれるのかよ」 「烏合の衆と寄せ集めの神姫でよくやるよ」 「ああー楽しそう!!俺の神姫もやらせたいなー」

神姫センターのオーナーと神姫は大画面に釘付けになった。

つづく
[ 2009/04/25 20:07 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 79 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06851.jpg

大人数用のバトルロンド用の筐体のステージのスクリーンが変わる。

バトルステージ  「民家」

こじんまりとした民家の一室がフィールドとして表示される。簡素なテーブルに椅子 ふすまが表示される。

DSC06853.jpg

ナデシコ「うはww今回のバトルステージは民家かよ!!」
リアン「こりゃまた微妙なステージやなあ」
メッサー「狭い部屋の中で乱戦ってな感じだね!ランシャ」
ランシャ「うふふ、私たち向きのステージだね、メッサー」
ルプス「どんなステージだろうと関係ない、精一杯やるまでだよ」

DSC06856.jpg

神姫センターのオーナーと神姫たちがわらわらと集まりごちゃごちゃと言い出す。

「おもしろそうだな、あの狭い空間の中で17体の神姫がいっせいに戦うのか」
「オーナー、僕もあれやってみたい!!」 「うちの神姫なら何分持つかな?」
「みんなクラスとか装備もばらばらなんだね」 「なんか即席で作ったチームらしいよー」
「リーダーとか戦う戦法もなんも打ち合わせなしで即興でやるのか!どうなるんだよ」
「こういうのをカオスっていうんだね」

DSC06857.jpg

セイヴァー「それで皆さん、どうやって相手チームと戦います?」
ポモン「テキトーでいいんじゃない?」
セイヴァー「ええー適当ってそんな!!なにか作戦を・・・」
ナデシコ「スタンドプレーだ!!自分の役割をいかにうまく演じたものの勝ちだ」
キャノン「いいこといいうねーナデシコ!ちなみに俺とソードは突っ込んであのクソ生意気なシオンを倒すから」
ソード「手出すなよ」
カノーネ「・・・怖い怖い・・・穏便にいこうぜ、ドラッケン姉妹」
フォリア「うは!私は勝手に飛び回って弱い奴狙うよ!」
ルプス「僕は強いんだ!!絶対にやられない!」

ナデシコ「これも何かの縁だ。みんな好き勝手やって派手に暴れようぜ」
セイヴァー「なんという、いいかげんさ・・・・」

DSC06859.jpg

シオン「ふん・・・お互い寄せ集めの即席チームだ。いまさら作戦会議なんか立てても意味がないが・・・」
リアン「私とシオン、あとメッサーとランシャが突っ込むからな後の連中はうちらが仕留めそこなった奴らをとどめさしてなー」
ユフィー「はい!!」
イザヨイ「任せて!」
イズミ「わかりました!」

ランシャ「まあまあ、そんなに気合いれんでも」
メッサー「リラックスリオラクスウーー」

バチコ「ううう、怖いよう」
ジュプス「なんだかドキドキしてきました」

DSC06861.jpg

ランシャ「ねえねえ、メッサー・・・ドラッケン姉妹のキャノンの方は私がもらうね」

メッサー「じゃあーメッサーは・・・ソードの方を・・・」

ランシャ「さりげなく近寄ってつぶすよ!!」

メッサー「うふふふ了解!!」

DSC06863.jpg

ナデシコ「しっかし、残念だぜ!!俺の勇士をマスターに見せてあげられなくて残念極まりない」

ソード「おい、ナデシコ!あんだけ吹いておいて最初にやられるのは無しだぜ!」
キャノン「最後まで生き残るのは俺だ!!!」

ルプス「僕は負けない、僕は強いんだ、僕はマスターにほめてもらんだ・・・」

カノーネ「・・・さっきからブツブツうるさいよ・・・君」

ポモン「ルプスさん、緊張しすぎっす!!」

DSC06864.jpg

イズミ「イザヨイ、ジュプスさん・・・ちょっと内緒のお話があるんだけど・・・」
イザヨイ「なあに?姉さん?」
ジュプス「うに?」

イズミ「バトルが始まったらね・・・・ぼにょぼにょ」

イザヨイ「・・・・きゃは!!りょうーーかーーい」
ジュプス「うわあ・・・ひどいですねー」

DSC06865.jpg

シオン「リアン!俺とオマエのペアならドラッケン姉妹を相手にしても余裕で勝てそうだな!!」

リアン「ううーん、ドラッケン姉妹も気いつえなあーあかんけどなー・・・ナデシコとカノーネも注意しなあかんで・・・あの二人、ランクは低いけど場数けっこう踏んでるし場慣れしとるからなー」

シオン「たかが旧式の砲台型と武士型のカスタム機だろ?そんなに強い神姫には見えないが?」

リアン「まあ・・・うちにはメッサーとランシャもおるし大丈夫やろう・・・」

DSC06866.jpg

ナデシコ「あーーまだかなー早くおっぱじめようぜー」
カノーネ「・・・うーん、多分これだけの神姫のバトルだからダウンロードに時間かかるんだよ」
セイヴァー「向こうのチームのほうがこちらより数が1体多いのですね」
ソード「ん?まあ、たしかにそうだが強い奴と弱い奴のランク差が激しいし数はさほど問題ではないな」
キャノン「こういった狭い空間での乱戦は何が起こるかわかない。強い奴でもあっという間に集中砲火浴びてやられたケースもあるしな」

ルプス「僕は負けない勝つ!!勝つぞ!!」
ポモン「だからルプスさん、気張りすぎッス!!」
フォリア「うううーん、早く始まらないかなー」

つづく

[ 2009/04/25 18:47 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫妄想?デモオリジナルSS神姫シリーズ  

org20.jpg

武装神姫妄想?デモオリジナルSS神姫シリーズ

高機動戦闘攻撃型軍用神姫
「KTRN?FA/13JT ドーファン」

カタリナ社が今まで開発した軍用神姫はどれも火力や装甲、航続距離などは非常に優れていたが、鈍重で巨大であったために、武装神姫の利点である小回りが効き柔軟性に劣っていた。
そこでカタリナ社のロシア第2開発局ジャガノフはまったく新しい構想を提案、小型で重武装、重装甲、高機動のコンパクトにまとめられた高性能戦闘攻撃型の軍用神姫の開発に取り掛かった。
後にジャガーシリーズと呼ばれることになるが、そのシリーズ第一作目がこの機体、「ドーファン」である。
本機は脚部に高機動ユニット「アクティブユニット」を装備、高速ホバー走行が可能であり、背部に背負ったターボジェットと併用することにより地上を高速で巡航することが可能。
武装は任務により様々な武装を換装可能である。装甲も各所に配置されており高い防御力を誇る。
重装甲、重武装、高機動の三拍子がそろったバランスのとれた強力な軍用神姫として、本機は中国大陸や中東、インド方面、アフリカ戦線などで活躍した。


久々に妄想神姫SSシリーズを発表。

といってもだいぶ昔の奴だけどねー

武装神姫 フィギュア劇場 78 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06820.jpg

悪魔型MMS 「ストラーフ」  フロント・ライン社製MMS 

神姫名 「ルプス」 Aランク

DSC06823.jpg

ルプス「僕の名前はルプス!マスターの自慢の神姫さ!!近接戦闘に特化カスタマイズされた僕の装備は最強さ!!どんな神姫にも負けないよ!!」

DSC06824.jpg

コウモリ型MMS 「ウェスペリオー」 マジック・マーケットー社製MMS

神姫名 「フォリオ」 Bランク

DSC06825.jpg

フォリオ「こんなに大勢の神姫とバトルするのは始めてでちょっと緊張していますー」

DSC06827.jpg

武士型MMS 「ナデシコ・サヤ」   カスタム神姫 メーカー無し

神姫名 「ナデシコ」 Aランク

DSC06828.jpg

ナデシコ「はっははーー!!派手に暴れようぜ!!」

DSC06830.jpg

高射砲台型MMS 「ツイン・カノーネー」 カタリナ・フォウ社製MMS

神姫名 「カノーネ」 Bランク神姫

DSC06831.jpg

カノーネ「・・・とりあえず、後ろで大砲撃ちまくるのが私の仕事かな?」

DSC06833.jpg

リス型MMS 「ポモック」 ケモテック社製MMS

神姫名 「ポモン」 Cランク

DSC06834.jpg

ポモン「ういいーーー小さいけど負けないッス!!」

DSC06836.jpg

機動装甲戦闘機型MMS 「ソード・ドラッケン」   カタリナ・ファースト社製MMS

神姫名 「ソード」 Sランク

DSC06837.jpg

ソード「ひゃっはー!!!バッラバラに解体してやるぜえええ」

DSC06839.jpg

機動装甲戦闘機型MMS 「キャノン・ドラッケン」   カタリナ・ファースト社製MMS

神姫名 「キャノン」 Sランク

DSC06840.jpg

キャノン「撃って撃って撃ちまくる!!穴だらけにしてやるぜえええ」

DSC06843.jpg

騎士型MMS 「セイヴァー・カスタム」  カタリナ・プレミヤ社製MMS

神姫名 「セイヴァー」 Bランク

DSC06844.jpg

セイヴァー「集団戦闘・・・初めてですが、私は負けません!!」

DSC06847.jpg

以上 バトルロンド Aチーム

Sランク神姫 2体 Aランク神姫 2体 Bランク神姫 3体 Cランク神姫 1体  合計8体

登録しました

DSC06850.jpg


ナデシコ「いいねーすっごくいい感じに分かれたと思わないか!!」

ソード「へっへ・・・・あのシオンをめったくそにしてやる!」

カノーネ「私は後方支援に徹するから前衛組はがんばってね」

ルプス「僕の力を見せてあげるよ!」

つづく

つづく
[ 2009/04/19 16:29 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(6)

武装神姫 フィギュア劇場 77 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06797.jpg


バトルロンドのステージに神姫のデーターが映し出される。

機動戦闘機型MMS  「リアン・ガーリオン」  カタリナ・セカンド社製MMS

神姫名 「リアン」  Sランク  

DSC06796.jpg

リアン「マスターおらんけど・・・やったるでー!!」

DSC06798.jpg

高機動装甲戦闘機型MMS  「グレイ・ハウンド」 カタリナ・ファースト社製MMS

神姫名 「シオン」 Aランク  

DSC06799.jpg

シオン「・・・・ふん・・・・楽しませてくれよ・・・」

DSC06801.jpg

忍者型MMS 「ミズキ」   グループ・ケイツー社製MMS

神姫名 「イズミ」 Bランク 

DSC06802.jpg

イズミ「主、イズミはがんばります!!」 

DSC06803.jpg

忍者型MMS 「フブキ」   グループ・ケイツー社製MMS

神姫名 「イザヨイ」 Bランク 

DSC06804.jpg

イザヨイ「イザヨイ姉さまと共に、勝ちます!!」

DSC06805.jpg

カブト型MMS 「ランサメント」     インセクト・アームズ社製MMS

神姫名 「ランシャ」 Sランク 

DSC06807.jpg

ランシャ「私はランシャ!!乱射するのが大好き!!巻き込まれるなよーー」

DSC06808.jpg

クワガタ型MMS 「エスパディア」     インセクト・アームズ社製MMS

神姫名 「メッサー」 Sランク

DSC06810.jpg

メッサー「・・・メッサー・・・全て切りまくってやる・・・」

DSC06811.jpg

種型MMS 「 ジュビジー」   プランツプ・ラネット社製MMS

神姫名 「ジュプス」 Cランク

DSC06813.jpg

ジュプス「あの……みなさん、お手柔らかにお願いします」

DSC06814.jpg

シスター型MMS 「ハーモニーグレイス」  マーシ・ラビッツ社製MMS

神姫名 「ユフィー」 Bクラス

DSC06815.jpg

ユフィー「バトルはあまり得意ではありませんが・・・一生懸命やらせてもらいます」

DSC06816.jpg

フェレット型MMS  「パーティオ」  ケモテック社製MMS

神姫名 「バチコ」 Cクラス

DSC06817.jpg

バチコ「ますたー・・・見てて・・・ばちこがんばる!!」

DSC06818.jpg

以上 バトルロンド Bチーム

Sランク神姫 3体 Aランク神姫 1体 Bランク神姫 3体 Cランク神姫 2体  合計9体

登録しました。


DSC06819.jpg

シオン「・・・なんだか重武装の神姫と軽武装の神姫にはっきりわかれるチームだな・・・・」

リアン「まあ、でもバランスは取れてるでー攻撃の要は私とあんた、それにランシャとメッサーの連中やな」

シオン「あのBランクとCランクの連中は、俺たちの撃ちもらした敵を仕留める役って感じで」

リアン「向こうのチームで気をつけなあかんのはナデシコとドラッケン姉妹や!!!強い奴を集中的に狙っていこうや!!」

シオン「了解!!」


つづく
[ 2009/04/19 15:28 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 76 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06770.jpg

忍者型神姫の姉妹と種型神姫が相談する。

イザヨイ「イズミ姉さま、なんだかわくわくしてきますね」

イズミ「そうですね、これだけの人数でバトルをするのは初めてです」

ジュプス「ねえねえ私も一緒のチームでいい?」

イズミ「いいですよー」

DSC06771.jpg

ソード「集団バトルロンドだってさ!へへっへ、戦闘経験豊富な俺たちの独壇場だな!」

キャノン「まったくだ!見た感じこの部屋にいる神姫の中で集団バトルロンドの経験ある奴がそんなにいるとは思えない」

ソード「俺たち、ソードとキャノンのコンビネーションを見せ付けて名を刻んでやろう!!」

キャノン「おう!俺たちのコンビネーションについていける神姫はいないってことを見せてやる」

DSC06774.jpg

ランシャ「ねえねえーメッサー、ほら見てよ・・・あのドラッケンの装備・・・・・」

メッサー「・・・・あああなるほどね・・・私たちと同じ装備ね」

ランシャ「弾幕を張るキャノン・ドラッケンに接近戦闘特化タイプのソード・ドラッケンか・・・」

メッサー「向こうも僕らと同じランクで集団バトルロンドの経験者みたいだねーー」

ランシャ「ドラッケンのコンビネーションと私たちのコンビネーション・・・どっちが優れているのか・・・試したくない?」

メッサー「チームはドラッケンとは別チームで・・・」

DSC06772.jpg

バチコ「お姉ちゃん、一緒のチームでいい?」

ユフィー「いいわよ、でも私・・・そんなにバトル得意じゃないけどいい?」

バチコ「うん!!!お姉ちゃんと一緒に戦いたい」

DSC06773.jpg

ルプス「ポモンにフォリア!!一緒のチームで戦うよ!!」

ポモン「了解なのだーーー」

フォリア「ちょっとドキドキしてますー」

ルプス「乱戦になると思うけど・・・みんながんばろう!!」

フォリア「おおおーー」

ポモン「燃えるっすー!!」

DSC06776.jpg

ナデシコ「おおーし!チームわけが決まったな・・・まあ、こんな感じかな?」

シオン「ふっ・・・・いい感じにチームわけできたんじゃねーか?」

リアン「8対9か・・・私らのチームがBチーム、ナデシコらのチームがAチームやな」

DSC06777.jpg

ソード「へへへ!!このチームなら勝てそうな気がするぜ」

キャノン「まあ、俺たちがいるチームは大抵勝つけどな!!」

DSC06779.jpg

シオン「・・・・おい、リアン!!!あのナデシコって女はなんだ?ランクはただのAランク神姫だろ?」

リアン「ナデシコか・・・あいつはそのーなんや・・・・まあ、見れてればわかるわー・・・」

シオン「ふん、戦ってみないとわからないってか?上等!!」

リアン「怪我せんようにな・・・」


DSC06783.jpg

セイヴァー「集団戦ですか・・・私はやったことないのですが、何かコツとかあるのですか?カノーネ」

カノーネ「あのね、セイヴァー・・・私は高射砲型神姫・・・あなたは何?」

セイヴァー「私は騎士型神姫だけど・・・」

カノーネ「私は後ろでバカスカ大砲撃つのが仕事!あなたは前で剣振り回してればいいの!」

DSC06791.jpg

ナデシコ「おーい!集団バトルロンド用の大型筐体を借りたぞー!!全員フル装備で移動だー!」

DSC06794.jpg

神姫センターの真ん中にある10体以上の神姫が同時対戦可能なバトルステージにフル装備で集合する神姫たち。

神姫センターのオーナーや神姫たちが何事かと目を丸くして集団を見つめる。

「なんだ?あの神姫集団・・・」 「マスターがみんないないぞ?」 「神姫だけで貸切バトルロンド?おもしろそう」
「すげえ数・・・あれみんな預かり新規なんだぜ?」 「2チームに分かれての戦闘かー」

ナデシコ「ふふふ・・・神姫センターのみんなが見てるぞ。今日の主役は俺たちだぜ!!」



つづく
[ 2009/04/19 13:24 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 75 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06758.jpg

コウモリ型神姫のフォリアが不安なそうな顔で言う。

フォリア「あっわわわ・・・ルプスさん、大丈夫ですかねーあそこにたむろしているカタリナ社製の戦闘神姫の連中、全員Aクラスのランカー神姫ですぜ」

ポモン「この日本橋センターで10本の指に入るくらいのSクラスランカー神姫もいますぜ!」

ルプス「だ、大丈夫だよ!僕の装備はマスターが一生懸命作ってくれた装備だ!負けるはずないさ!」

ポモン「・・・・なんか微妙に負けフラグたってるような気がするっす」

DSC06759.jpg

ナデシコ「最後にお前らって・・・おおおう!!ランシャにメッサーじゃねえかー久しぶりィ!!!」

メッサー「お久しぶりーー」

ランシャ「またまたーいらんことしー厄介なことしようとしてるだろー」

DSC06760.jpg

ナデシコ「どうせーお前らも暇なんだろ?やろうぜ!集団バトルロンド!!」

ランシャー「いいね!!やるよ!!この部屋にいる神姫、ざっと見てみたけどなかなか面白そうな連中が集まってるね」

ナデシコ「だろー、こんだけ人数いるとお前の武装と性格がマジ怖いよ!」

ランシャ「・・・・・乱射だって?ふふふ」


DSC06762.jpg

メッサー「17体もの神姫が、この部屋にいるから・・・8対9でやるの?」

ナデシコ「そうだなー、とりあえず適当に2チームに分かれてバトルってな感じで」

メッサー「ふふん、いっとくけど・・・私とランシャは容赦しないよ、思いっきり暴れるから」

ナデシコ「期待してるぜ」

DSC06763.jpg

ルプス「ちょっと,もしかしてそこのクワガタとカブト型の人って・・・ランシャさんとメッサーさん!!?」

ランシャ「そーだけど?」

ポモン「えええーーーあの乱射狂の『ランシャ』 切り裂き狂の『メッサー』!!!Sクラスのランカー神姫じゃんか!!!」

フォリア「ぶふ!!関西大会で見たことある!!メチャメチャ強い神姫じゃないのーー」

ナデシコ「なんだ、有名人じゃねーか、ランシャにメッサー」

ランシャ「いやいやーナデシコさんほどじゃないっですよー」

メッサー「ナデシコはあれだね、強いとかランクとかそういう次元を超えた存在だね」

ルプス「へ・・・なにそれ・・・」

ナデシコ「いろんな意味だよ」

DSC06764.jpg

ナデシコ「さあーてと・・・この部屋にいる神姫が全員、集団バトル参加するということで・・・いいか?」

「OKーかまわないぜー」 「いいねーやろうよー」 「これだけの数の神姫のバトルは初めてだよー」 「ううう・・・ちょっと怖くなってきたかも」 「うちは知らんでー絶対えらいめにあうでー」
「イヤッハー!!!俺たちの強さを見せ付けてやるぜーー」 「オラオラさっきまでの威勢のよさはどかいった?」 「びびってんじゃねーぜ」 「やってやるやってやるぞ」

ナデシコは部屋から聞こえてくる神姫の声に耳を傾ける。

DSC06765.jpg

ナデシコ「ふふん!!いいぞ!!まさか全員参加するとは思わなかったが・・・みんなマスターいないことだし思いっきり神姫だけで楽しもう!!」

カノーネ「・・・・ぷふふ・・・ナデシコってさー、本当、人をたきつけるの好きだねー」

ナデシコ「ひひひ、いらんことしー厄介ごととかには首を突っ込まずにはいられない性分なのよ」

セイヴァーがあきれた顔で言う

セイヴァー「いばっていうようなセリフですか・・・まったく」

DSC06766.jpg

ナデシコが眼にも留まらない速さで抜刀する

ナデシコ「よし!!!チームわけするぞー!!!AチームとBチームに適当に分かれろ」


DSC06767.jpg

ナデシコ「うっひひひ!!楽しくなってきたなー思いっきり暴れるぞー」

セイヴァー「すっごいめちゃくちゃな戦いになりそうな予感・・・マスターもいないし、チームのリーダーもいない・・・」

ナデシコ「乱戦になること間違いなし!!想像も出来ないぜーだから面白いんだろ?戦いってさ!!」


つづく

[ 2009/04/19 12:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 74 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06744.jpg

ナデシコはびしりとシオンたちに指をさす。

ナデシコ「まずはてめえら!!!特にカタリナ社製の戦闘神姫共!!!
テンプラ神姫だかなんだか知らんが・・・そういうくだらねえ言葉を吐いて乱闘するくらいなら、びしっと自分の中身を、武装神姫なら自分の存在を価値を 戦い で証明してみろや!!」

シオン「・・・横からずけずけと・・・言いたい放題だな・・・言われなくてもその戦いとやらで証明してやる・・・・」

シオンがぎろりと睨む。

ナデシコ「ふふ・・・・オマエいい眼をしているなーー闘犬の目だ・・・上等な戦闘用の神姫だな。旨そうーーー」

リアン「あうあう、ナデシコ!あかんで!!この神姫は私の友達なんや、ちょっとまだよう知らんねん、だからな・・・」

ナデシコ「おおーリアンじゃねーかーーーーこいつオマエの友達かなんか知らんが、無知は怖いよなー私にガン飛ばして噛み付こうとしてるんなんてな!!
しかもテンプラ神姫だとかずいぶんとクソ生意気なことほざいてるしな!なあ!!
こいつ、昔のオマエにそっくりじゃね?よく似てるだろ?お?一回、思いっきりボコボコにしばいたらお前みたいにわきまえるのかな?なーーー」

リアン「あは・・ははは・・・」

シオン「リアン?この神姫、オマエの知り合いか?なに言ってるんだ?こいつ?」

リアン「あ・・・あの・・それはーそのな・・ちょっと昔いろいろあってな・・・」

ナデシコ「まあ、いい!次!!」

DSC06750.jpg

ナデシコはずいと、泣きべそをかいているバチコに近づく。

バチコ「ひっ・・・・ま、マスター」

ユフィー「この子は、マスターとはぐれてしまったようなんです。だから・・・私と一緒にマスターを探してあげようと・・・」


ナデシコ「ああああああああー無駄無駄無駄ーーーオマエのマスターはどこだよ」

ユフィー「わたくしのマスターでしたら、今日は大事なイベントがあるので、買い物にいかれました」

ナデシコ「こいつのマスターも、この神姫センターにはまず100パーセントいないね!!なぜだか教えてやろうか?」

ユフィー「もしかして・・・・この子のマスターも・・・」

ナデシコ「今日は安売りイベントだぜーーーこいつをこの部屋に預けて買い物イベントに行ってるにキマッテルダロー!!そもそもだ・・・・

この部屋にいる神姫は全員!!マスターが今、神姫センターにいない!!

みーーーーんな、俺たちをおいて買い物中♪なんだよ!だってこの部屋はそういう預かり神姫の部屋なの!!」

ユフィー「あ・・・あ・・・そ、そうなの?」

バチコ「ひ・・じゃあマスターは戻ってこないの!?」

ナデシコ「そういうことーーーだから、マスターが帰ってくるまで、私らと集団バトルだ!!」

ユフィー「な、なんでバトルなの?」

バチコ「うにゅう」

ナデシコ「集団バトルってのはな、すんごく経験地たまるんだぜ!お前らさーマスターが帰ってきたときに少しでも成長しようとか向上心はないわけ?」

ユフィー「そ、それはあります!少しでもマスターのお役に立ちたいです」

バチコ「うん、強くなりたい!!私!」

ナデシコはにやーと笑う。

ナデシコ「じゃあ、バトル決定ー」

DSC06753.jpg

ナデシコ「次はおまえらじゃー!!このばかちん共!」

ポモン「なんなんすか!!いきなり!!」

フォリア「初対面の神姫に向かって失礼ですー」

ルプス「そうだよー僕らで楽しくやっているんだから、邪魔しないでよ」

DSC06754.jpg


ナデシコ「ふふん、内輪だけで楽しくってか?そういうのをな! 胃の中のなまず、大会を知らず っていうんだよ!!!」

ポモン「は?」

ルプス「井の中の蛙 大海を知らず のこと?もしかして・・・」

ナデシコ「んあことたあーどーでもいいんだよ!お前ら、身内だけで強いとか弱いとか言ってんじゃねーってことだ!!オラぁ!!見ろ!反対側の連中」

DSC06745.jpg

シオンやリアン、ドラッケンたち、カタリナ社製の戦闘神姫がじろりと睨む。

ソード「確かに・・・俺たちを差し置いて、最強だーとか俺は強いーーとかそういうセリフは・・」

キャノン「聞き捨てならないよなーーーー」

シオン「悪魔型の強化型のぶんざいで・・・舐めた口言ってくれるしな・・・」

リアン「まあまあ、あっちはあっちさんで・・・」


DSC06755.jpg

ルプス「うううう・・・僕は!!僕はAクラスのランカー神姫なんだぞ!!マスターやみんなにも強いってほめられてるんだぞ!」

ナデシコ「ほほう・・・じゃあ、お手並み拝見というわけだ!!Aクラスのランカー神姫ちゃん♪」

DSC06756.jpg

ナデシコ「オマエら、今から集団バトルロンド強制参加な!!そんなに強くてすんげー必殺技持ってんなら見せてみろや!いくらでも相手なってやるからよ!!

その長く伸びきった鼻を思いっきりたたきへし折ってやるから・・・覚悟しろ」

ルプス「いいよ!!やってやるよ!!僕がいちばん強い神姫だってことを証明してやるよ!!
帰ってきたらマスターにうんとほめてもらうんだ!!」

ナデシコ「うむ、じつに正しい!!武装神姫らしい、良い思考だ!」

つづく
[ 2009/04/19 02:05 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(1)

武装神姫 フィギュア劇場 73 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ


DSC06734.jpg

ナデシコ「悩める神姫共よ!!俺が全部、イパッツで問題を解決してやる!!!ありがたく思え!!!!」

キョトンとした顔でナデシコたちを見つめる神姫。
ナデシコを知っている神姫は驚愕で顔が引きつる。

ポモン「な・・・いきなりなんすか?あの神姫は?」
ランシャ「げえええーナデシコ?」
メッサー「うわあ・・・今日来ていたんだ・・・」

DSC06735.jpg

シオン「んあんだ?あの武士型神姫はー?」

イザヨイ「イズミ姉さん、知ってる?あの神姫」
イズミ「うううーん・・・どっかで見たことあるような・・・・」

DSC06737.jpg

リアン「アグユハギャペー!!ナッナデシコォ!?ひ・・・ひい!!またなんかやらかす気やぁ・・・・あいつ・・・」

ソード「なに?ナデシコ!?あのヤロー!!今度はなにする気だあ?」

DSC06740.jpg

ルプス「あの神姫も僕らと同じ神姫センターに預けられた神姫かな?マスター今はいないみたい」

フォリア「ここの部屋にくる神姫はみんな預かり神姫ですよーマスターが用事とか買い物で出払ってるからここでくすぶってるんです」

ポモン「なんかちょっとやばすな感じっすね」

DSC06741.jpg

ランシャ「おおー今日はカノーネとセイヴァーちゃんもきてるみたい」

メッサー「セイヴァーちゃんのあきれ顔と迷惑そうな顔が・・・・まあ、いつものことだけども」

DSC06742.jpg

ナデシコ「いいか!!!よく耳の穴かっぽじって聞け!!俺の名は武士型MMS ナデシコさまだッツー!!
さっきから聞いてりゃおまえらマスターがいないから言いたい放題好き勝手やりやがって見るに聞くにたえねーぜ!!」

DSC06743.jpg

ナデシコ「やあやあ!さっきからもめてたりわめいてる内容は非常にくだらねーーーーー

迷子になっただの、俺が強いだの、暇だの、テンプラがどうなのこうなの、喧嘩したり、力の誇示したマスタベーションやりやがったり、泣き喚いたり!!!

お前らは一体何だ!!!武装神姫だろォ!いまいった行為は全部、集団バトルで一発で解決だぁーーー!!!」


セイヴァー「バトルで解決!?どういう意味?」


ナデシコ「そのまんまの意味だ!!今からこの部屋にいる神姫みんなで集団戦闘バトルロンドをやるんだよ!!

全ての問題は戦いで解決する!!!!名言だろ?」

つづく
[ 2009/04/19 01:10 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

弾道ミサイル砲台型MMS 「スキャッド・コフトツフ」 

DSC06622.jpg


型式:GAT?04/SSAM 弾道ミサイル砲台型MMS

カタリナ社の第4軍事開発局が開発したミサイル主体の神姫
巨大な弾道ミサイルを一発搭載し、衛星とリンクし正確なピンポイント攻撃を行い対戦相手のフィールドごと殲滅する。
大型の弾道ミサイルは、現存する武装神姫の中で運用できるミサイルの中では最大級の破壊力を誇る。

集団バトルロンドでは、この神姫が一体いるだけで一気にパワーバランスが崩れるほどの強力な神姫となり、レギュレーションによっては使用不可のバトルロンドも多い。

DSC06624.jpg

DSC06626.jpg

DSC06627.jpg

DSC06628.jpg

DSC06629.jpg

DSC06630.jpg

DSC06631.jpg

攻撃能力と命中力はトップクラスの性能を誇るが、機動力は0、装甲は最弱レベル、敵に発見されること、攻撃されることをまったく想定していない。

そのため武装も弾道ミサイル1発のみで、護身用のハンドガンさえ装備していない。
敵に発見され攻撃されるような事態になった時点で、負けが確定する極端な運用方法が求められる。

超長距離からの絶対安全圏からの先制ミサイル攻撃に特化した神姫である。

ある意味、もっとも攻撃的な神姫でもある。

DSC06635.jpg

大型巡航ミサイル「MA?023」

長大な射程と弾体が大きく、搭載する炸薬量も多いため威力に優れ、大スペースを利用した高性能の制御機器を内蔵するため、着弾位置の精度が比較的高い。

DSC06636.jpg

地面に打ち込む固定式タイプの巨大な楕円型の大型レーダーを搭載
強い電磁波を一方向へ向けて放射し、反射して返ってくる電磁波を受信して放射と受信までの時間差を計測することで、その方向にある何らかの電波反射物までの距離を知ることが出来る。

DSC06638.jpg

DSC06639.jpg

DSC06640.jpg

DSC06641.jpg

DSC06642.jpg

DSC06643.jpg

DSC06644.jpg

DSC06646.jpg

より効果的に運用する際には複数の神姫のバックアップをしこうかを高める。
観測機や偵察機を飛ばし、その情報を元にミサイルの座標設定を行い、風速度や気温、天候を考慮しベストなタイミングで発射できるように打ち合わせなどを行う。

また司令部やマスターにミサイル発射の許可をもらったりいろいろ面倒な段取りが必要なときもある。

戦略クラスの神姫になるとこういうことが頻繁に必要。
また、自分で身を守るすでを持たないので、歩兵や他の神姫に護衛を行うときもある。


というわけで今日の改造神姫は弾道ミサイル砲台型MMSでした!!

なんでこんな物騒きわまりない神姫を作ったかいうと、この間。北朝鮮さまがミサイル撃つよー騒ぎで・・・
私も弾道ミサイル欲しい!!!と思ったからです!!
突っ込みところ満載というか・・・なんというか・・・なははは

ではではー次回も改造神姫お楽しみにーーー
[ 2009/04/18 01:12 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(3)

我が家の天使型MMSたち 

DSC04436.jpg

今日はみんな大好き天使型MMS アーンヴァルのカタリナ社仕様の紹介だよー

在庫とか白子とかいろいろ言われてるけど、アーンヴァルはいろんなイメージがありますよね。

清純そうな感じとか、まじめな感じとか、外人ぽいとかw

DSC04437.jpg

我が家でアーンヴァルの立ち位置は・・・・

ミサイル・爆弾を装備した戦闘攻撃機として扱っています。

DSC04438.jpg

現在、新旧含めて1ダースのアーンヴァルがいますが、今回紹介するアーンヴァルの一群は、大型のミサイルを装備した爆装タイプのアーンヴァルです。


DSC04439.jpg

我が家ではすっかり旧式化して最新型の可変能力を持った可変MMSや、重武装のドラッケン、ガーリオンに対抗するために、大型のミサイルを運用できるように改造しました。

DSC04440.jpg

DSC04441.jpg

DSC04447.jpg

DSC04446.jpg

DSC04442.jpg

「アーンヴァール・トランシェ ボマー」

思考性AIを搭載した高価なミサイルを運用できる新型アーンヴァルです。
旧式化した前期量産型を改修しカナード翼や増加装甲を取り付け、武装もレールガンを装備しスペックの底上げを行ったMMSです。

DSC04448.jpg

「アーンヴァル・ボマー」

前期量産型アーンヴァル 経費削減のため、旧式機でもミサイルを運用できるようにアビオニクスのバージョンアップ。制御ソフト・火器管制ソフトのアップデートを行った機体

DSC04443.jpg

DSC04445.jpg

DSC04449.jpg

我が家の主力量産型MMSとして活躍していましたが、次々に新型の航空MMSが発展していったため
時代遅れの旧式二線級神姫として、大量に余剰となったアーンヴァルに少しでも性能UPと火力増強のためにミサイル運用や集団戦闘プログラムを組んでいます。

集団で大型ミサイルを大量に使用した飽和攻撃はかなりの威力を誇り、殲滅戦などで多大な戦果をあげています。

DSC04450.jpg


ミサイルはハセガワの現用兵器から。

対艦ミサイルとか対戦車ミサイルとかいろいろ種類が豊富で武装神姫の主力武装として我が家では大量に保有し、神姫に搭載させています。
武装神姫にも搭載できるように神姫軸パイロンを作って対応しています。
というわけで、今回の神姫紹介はアーンヴァルでした!

[ 2009/04/14 23:02 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(2)

冥神型MMS レスト 

レスト

今日はオリジナル武装神姫 冥神型MMS レストを描いてみたよ!!

死んだ神姫のCSCを集めるのが好きなちょっと変わった子だよ!

次回もいろいろ神姫のイラスト発表します。

オリジナル神姫のイラストもいいけど、そろそろ武装神姫の漫画とか描いてみようかなー



武装神姫 フィギュア劇場 72 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06716.jpg

ランシャ「しかし、暇だねーメッサー」

メッサー「そうだよねーマスターは買い物に行ったきり戻ってこないし・・・・・」

ランシャ「バトルロンドをやろうと思っても筐体は大規模バトル用の奴しかあいていないし・・・
というかーいまこの部屋にいる神姫はなんかいろいろみんな忙しそうだね」

メッサー「たしかにみんな忙しそうだね・・・」

ランシャ「僕らみたいにのんびりしたらいいのにー」

DSC06717.jpg

シオン「量産型神姫が何を言い出すかと思えば・・・」

ソード「量産型のどこが悪い?オラ!!言ってみろよ!!」

キャノン「海外製の特注受注神姫だからって調子に乗るなよ!!」

イザヨイ「ヘーーあなたの武装って海外製の特注品なんだーどおりで見たことない武装だと思った」

シオン「俺の武装がどうだろうと関係ないだろ!!問題は中身だ」

ソード「てめえーさっきといってること矛盾してるぞ」

リアン「もう喧嘩はやめえって!!みっともないで!ほら、仲良くしい」

キャノン「うるせーさっきから!!いつもオマエ真っ先に喧嘩しかけ取る癖に何抜かしてんだよ!!」

シオン「?そうなの?」

リアン「う・・・あーーそれは・・・」

DSC06718.jpg


キャノン「リアン!!てめえはマスターの前だと変にいきがったりテンション高くなるからな!!
どうせ、マスターがいないから無駄な喧嘩はしたくないって腹だろ?」

リアン「ううう」

シオン「カッーーーなんだ?なんだ?結局、リアン!!!!オマエはいいとこのお嬢様かよ」

キャノン「こいつはそういう女なんだよ。裏表のあるコスッカライ女だよ」

リアン「うう・・うちはそんなちゃうわ!!マスターのこと好きなの、一体何があかんのよ!!」

ソード「だからーーーそのへたくそなベッタベタな関西弁をしゃべるな!!うざいんじゃ!!」

シオン「オマエの言ってる言葉とリアンのしゃべってる言葉は一緒に聞こえるのは俺の気のせい?」

キャノン「関西弁にもいろいろ種類があるの!・・・・なんか話ズレテネ?」

ソード「何の話だっけ?」

DSC06719.jpg


バチコ「ううええーーえええーーーん」

ユフィー「それであなたのマスターの名前は?どんな人なの?」

バチコ「うう・・・まちゅたはマチュアーなの・・・・なまえは・・・ユウトっていうの」

ユフィー「苗字は?名前だけじゃわからないわ」

バチコ「みょずい?なにそれ・・・わかんないの」

ユフィー「ええっとー・・・ううううむ」

DSC06721.jpg

イズミ「テンプラ神姫だよ。揚げ物の話」

シオン「違う!!!テンプラ神姫っては中身がない衣だけ立派な神姫のこと!!」

キャノン「てめえーのような神姫を指すんだよ」

ソード「自虐ネタか・・・痛いな」

シオン「なんだと!?」

イザヨイ「姉さん、たきつけるなよ・・・それと話がループしてる」

DSC06722.jpg

ルプスがスキルをためて必殺技を繰り出す

ルプス「はああああああああ!!!これが必殺ッスキルぅーーーー!!!!!

デモニッシュ・グラン・インパクトォーー!!!!!!!!」

ポモン「うひゃああ!!」

フォリア「きゃああーー!!」

DSC06723.jpg

しゅうううとポモンとフォリアの体から湯気がでる。

ルプス「これが僕の力だー!!この必殺攻撃はものすごいんだんぞー!!今まで僕のこの技を喰らって生き延びた神姫は・・・ふふふ・・・いないのだ!!」

ポモン「おおお・・・おみそれしました」


DSC06725.jpg

メッサー「ふううん・・・・さっきの悪魔型のスキル・・・見た?」

ランシャ「見てない、Aクラスの雑魚神姫のスキルなんかいちいち見ていられないよー」

メッサー「まあ、それもそうね・・・」

ランシャー「それより、向こう側のカタリナ社の神姫ともを見ろよーなんか喧嘩してるぜ」

メッサー「かかわっちゃダメよ。あんたが出るとややこしいんだから」

ランシャー「ええー」

DSC06726.jpg

ソード「誰が脳タリンのから揚げ神姫だって?舐めんなよ!!」

シオン「から揚げ神姫なんていってねー!!コノ!!ヴォケ神姫!!」

イザヨイ「やめなさい!!私も混ぜて♪」

イズミ「コチョコチョーーーわきの下をこしょばす!!」

シオン「ひゃん!!きゃっははははっははあははっははっは!!

ヤメロ!!何しやがる!!ぎゃあああああああ」

キャノン「ちょっと、どこ触ってるんだよ!ひゃ!!うひゃっは」

イザヨイ「・・・・姉さん、ドラッケンの胸ってぺったん子だね」

ソード「うひゃくぁー!!なんだーーー!!この忍者型神姫はーーー胸をもむなー!!!!!!!!!」

イザヨイ「イズミ姉さまは変態くのいち忍者なのですです」

DSC06727.jpg

キャノン「いったったたたった!!この馬鹿犬!!噛み付いた!!」

シオン「ううううううううう!!」

ソード「ちょっと、やめ!!そこ!!さわるなーーー」

イズミ「ふむふむ、どらっけんのここの装甲はどうなってるのかな?」

リアン「あわわわわ・・・うちは知らん!知らんでーー」

DSC06729.jpg

神姫センターの神姫預かり部屋は阿鼻叫喚のめちゃくちゃな空間になっていた。


ソード「うひゃひゃひゃひゃはは!いってーーー噛み付くなって痛い!!そこ噛むな!!ルプス「僕がやっぱりこの部屋で最強かーーー」ポモン「すごいっす!!かっこいいです」
メッサー「うるさいなあ・・・この部屋・・・」ユフィー「ああーダメよ泣かないでイイコイイコ」イザヨイ「ひゃーヤーラカイナー」キャノン「ちょっとやめて!!揉むな!!」ジュプト「揉むほどナイくせに」リアン「あかんて喧嘩はあかんて」イズミ「これ、喧嘩してるように見える?」
ランシャ「それでねーメッサー、この間ねー」フォリア「やっぱりルプスさんはスゴイッス!!」シオン「がるうるる」


ナデシコ「カノーネ、俺さー今、すっごく楽しいこと考えちゃった♪」

カノーネ「・・・・どうせ、くだらないことなんだろう?」

ナデシコ「にひひひ♪・・・この部屋にいる連中の悩みが全て一発で解決する方法」

カノーネ「・・・・気になる教えろ」

ナデシコ「よーし、じゃあまずは一発デッカイ空砲を天井に向けて撃って」

DSC06730.jpg


カノーネの巨大な砲身が天井に向けて動く

カノーネ「お安い御用で・・」

ナデシコ「一発景気よくでっかいの頼むぜ」

DSC06731.jpg

ずどおおん と豪快な空砲が部屋に響き渡る。

ナデシコ「ひゃははーーありがとうカノーネ!」

DSC06732.jpg

泣き叫んでいたバチコもドラッケン姉妹と絡み合っていた忍者型も噛みついていたシオンも強化アームを振り回していた悪魔型もだべっていたカブト型とクワガタ型も一様にナデシコを見て驚愕する。

DSC06733.jpg

ナデシコ「全員!!!注目ッツーーーー俺の話を黙って聞けェ!!!!!!!!」


シーンと静まりかえる部屋。

ナデシコはにやりと笑う。

ナデシコ「悩める神姫共よ!!俺が全部、イパッツで問題を解決してやる!!!ありがたく思え!!!!」


つづく
[ 2009/04/12 22:18 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 71 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06709.jpg

一瞬即発のぴりぴりとした空気が漂う。

シオン「おい、ドラッケン共・・・調子に乗るなよ。二人いるからってなめてんじゃねーぞコラ・・・」

ドスの聞いた声でシオンがドラッケン姉妹を睨む。

ソード「弱い犬ほどなんとやらダネ、そう思わない?キャノン」
キャノン「まったくだね。テンプラ神姫はおめーのことだよシオン!!」

リアンはシオンとドラッケンをなだめる。

リアン「ちょっとまたんかい、あんたらこんなところで喧嘩はあかんで!ほらみいみんな怯えとるやないか!」

ソード「黙れよ。ヘッタクソな関西弁しゃべるんじゃねー、俺らも大阪に住んでる神姫で関西弁しゃべるけどなー、てめえみたいなベタベタの関西弁なんかしゃべんねーんだよ」

リアン「なんやて!?もういっぺんいってみ!!」

シオン「一回、マジで痛いメにあわないと・・・てめえらみたいな低脳神姫は学習しないようだな」

キャノン「・・・おい、表でろや、コラ・・・」

種型神姫がじーと面白そうに見ている。

ジュプト「カタリナ社製の神姫ってみんな口悪いんですね。どんな音声ソフトなのか気になります」

白い忍者型神姫がため息をつく

イズミ「はやく喧嘩にならないかな?私も混じりたい♪」

イザヨイ「姉さん、どっちの味方につく?」

リアン「あ、あかんて!!喧嘩はあかんて!ここには小さい子供の神姫もいるんやで!場所考えや!」

シオン「何、びびってんだよリアン・・・こいつら口だけの雑魚だ・・・」

DSC06711.jpg

ソード「試してみるか?お?」

リアン「やめえ!!やめめて言ってるやろ!!」

キャノン「うぜんだよ!」

イザヨイ「喧嘩やるなら早くやれよ」

シオン「外野は黙ってろ」

DSC06712.jpg

バチコ「ひっく・・・マスターはわたちのことが嫌いなんだ。だから・・・ううう・・・きっと置いていったんだ・・・うううう」

ユフィー「あなたのマスターはきっと戻ってくるから大丈夫。心配しないでほら泣かないイイコイイコ」

DSC06713.jpg

ルプス「この間のバトルはすごかった!!なんていっても僕一人でたくさんの神姫の中に突っ込んで敵の軍勢を押しととどめたんだ!」

ポモン「すっげー一騎当千ッス!!!カッコイイーーー」

フォリア「やっぱりルプスさんはすごいなーAランクのランカーは普通の神姫とは一味違うんですね!!」

DSC06714.jpg

どんどん鼻が高くなるルプス

ルプス「あったりまえだろ!僕はこの神姫センターの中でも10本!!いや5本の指に入るくらいの超強い神姫なんだから!!」

ポモン「うんうん!!」

ルプス「僕、一人でそうだな・・・100体の神姫は倒せるよ!!」

フォリア「うおおお!!すっげー100体も!?」

DSC06715.jpg

ルプス「僕は世界で一番人気の機体 悪魔型なんだぞー  それに僕の装備はデモニッシュクローの強化改造だ!!!もちろんマスターお手製!!!」


フォリア「すっげー!!全身刃物だらけだ」

ポモン「たしかにこれなら、一度に複数の敵も倒せるッスね!」

ルプス「Aランクならこのくらいの装備は当たり前だよ!この中で僕よりも強い神姫がいたら勝負してあげるよ!!」

ポモン「無理無理!!絶対勝てないよー」



つづく
[ 2009/04/12 20:31 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 70 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06704.jpg

日本橋神姫センターの奥に進むナデシコたち

「びえーーん!!マスター!!マスターはどこーーーうええええー」 「僕がいちばんこの中で強いんだぞ!」
「でねーこの間、サソリ型がね突っ込んできたの、それで尻尾切り落としたらソイツびっくりしちゃってさー」 「ミサイルはダメだよー卑怯すぎる」

ナデシコ「はは!見ろ!カノーネー!セイヴァー!今日もカオスぶってるぞ!どいつもこいつも好き勝手なことわめいているぞー」

セイヴァー「ナデシコ・・・あなたがいちばん好き勝手してるでしょ・・・」

DSC06705.jpg

シオン「ふん・・・どいつもこいつも雑魚ばっかりだな・・・日本橋に来たから少しは強そうな奴がいるかと思ったらテンプラ神姫ばっかりだぜ」

忍者型神姫が不思議そうに首をかしげる。

イザヨイ「テンプラ神姫?なんですかそれは?」

シオン「はっ!!!皮だけご立派で中身のない神姫って意味だよ!!!」

ドラッケン姉妹が噛み付く

ソード「自分のこといってんだよ。自虐ネタは痛いね」
キャノン「うんうん」

DSC06706.jpg

悪魔型神姫がぶんぶん手に持った斧を振り回す。

ルプス「ふふふ!!見てーマスターに新しく買ってもらったんだーいいだろー」

ポモン「いいないいなールプス、いつもマスターに新しい武装買ってもらってるよねー」

フォリア「リッチなんだよ」

ルプス「ち・が・う・ね☆ 僕がとっても強い神姫だからなんだ!!いつもバトルロンドで上位ランカーになっているからご褒美さ!!」

DSC06707.jpg

ランシャ「もうすぐ夏だねー!去年はマスター、昆虫ゼリー買ってきてプレゼントしてくれたけど・・・ぶっちゃけ困るよね」

メッサー「うん・・・どうせなら、普通のプレゼントのほうが良かった」

ランシャ「木の枝をごろんと渡せれてもねーーーー」

DSC06708.jpg

バチコ「うええーんええーーん。マスターがいないよう。怖いよう怖いようーー」

シスター型神姫がライトアーマーのパーティオを慰める

ユフィー「大丈夫、怖くないよオネエさんがついてあげるから」

バチコ「ますたー・マスタチャーはどこどこにいるの?うううう」


つづく
[ 2009/04/12 19:39 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 69 


武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06500.jpg

ナデシコ「おいカノーネー!!あさっての夜2時からイベントやるぞ!ギルドの連中にメールしといて」

カノーネー「・・・今度はなんのイベント?」

ナデシコ「ネカマ狩りだーーーーーーー!!どうやら聞くところによると・・・俺たち武装神姫同士、おにゃのこ同士でネトゲしてるのが羨ましくて・・・

人間の男が俺たち、武装神姫の女の子のフリをしてオンラインゲームやっているらしんだ!!」

カノーネー「・・・・・・・いろんな意味で終わってるね、ソイツ」

ナデシコ「だから、今度オンラインゲームやったときにさーネカマの奴を言葉巧みに誘導尋問してみて神姫かどうか判断して、ネカマだったらPKするんだ!!!」

カノーネー「・・・・うふふ・・・それすっごく楽しそう・・・」

ナデシコ「だろwwwwwwww」


DSC06501.jpg

カノーネー「・・・今度、一緒にオフ会でバトルロンドしませんか?・・・とか聞いてみたり?」

ナデシコ「い・・・陰湿だな・・うぷぷ・・・」

DSC06503.jpg

セイヴァー「ナデシコーーーーーー!!!武装神姫をしましょう!!!武装神姫をすれば廃人にならなくていのですよ!!!武装神姫を買いに行きましょう!!!」

ナデシコ「おわっ!?何意味不明なこと言ってるんだ?頭大丈夫か?」

セイヴァー「武装神姫を買ってバトルロンドをするんです!!!」

ナデシコ「と、とりあえず落ち着こうなぁ!!はい・・はい」

セイヴァー「私は冷静です!!ちゃかさないでください!ナデシコは武装神姫が好きなんでしょう?なんで武装神姫をやらないの?」

ナデシコ「オマエ、自分が何言ってるのかちゃんと理解しろッ!!!!ぜんぜん冷静じゃねーだろ!!」

DSC06504.jpg

ナデシコ「と、とにかく・・・奥のバトルロンドルームに行こう・・・ここじゃずーとオンラインゲームの話ばっかりだ・・・」

カノーネー「う、うむ・・・本来の目的を忘れるところだったね」

セイヴァー「もう!!オンラインゲームの話は禁止です!!」

DSC06505.jpg

カノーネー「・・・セイヴァーもやる?オンライオンゲーム?面白いよ」

ナデシコ「今、ギルドのメンバー足りないからなー・・・ちょうど壁役の剣士が不足していたところだしさーセイヴァーやらねえ?」

セイヴァー「あなたたちは狂っています!!だいたいおかしいです、なんでオンラインゲームをやるんですか?そんなに武装神姫が嫌ですか!!」

ナデシコ「いやーだってさ。ほら・・・アニメとか漫画の空想のキャラになりきってゲームできるんだぜ?おもしろいよ。あっちなみに俺の今のジョブは

赤魔道士だから!!遠距離からバカスカ魔法うちまくって強いんだぜーーー」

カノーネー「・・・私のオンラインゲームの職業は侍・・・・とってもかっこいいの」

セイヴァー「カノーネ!!そんなに侍が好きなら!いますぐに!ナデシコの武装をつけないさい!!
すぐに侍になれるわよ!!」

カノーナー「現実とゲームの区別くらいつけようね・・・セイヴァー・・・痛い子だよ・・・・」

セイヴァー「ムッキーー!!!あったまおかしんじゃないの!!!」

ナデシコ「お・おちつけよ・・・どうしたんださっきから・・・バグッたのか・」

DSC06506.jpg

カノーネ「・・・まあ、武装神姫は武装神姫・オンラインゲームはオンラインゲームで・・・
どっちも楽しんでいるということで・・・」

ナデシコ「おっさすが!いいこというねー現実とゲームの区別をしっかりとつけてないとダメだよねー

ソレはソレ コレはコレだね!!」

セイヴァー「絶対!!あなたたちはおかしいわ!!なんで武装神姫なのに・・・ちゃんとバトルロンドをやらないの・・・」

DSC06507.jpg

ナデシコ「エロゲーのキャラが、うんちゃらかんちゃら武装神姫を熱く語るなよ・・・」

ぼそりとナデシコがつぶやく

セイヴァー「ううううううううう・・・・もう知らない!」


DSC06508.jpg

カノーネー「・・・ナデシコ、セイヴァーは精神年齢が15歳に設定されているのよ・・厨房設定なの・察してあげてなのよ・・・」

ナデシコ「武装神姫の精神年齢設定って怖いよな・・・人魚型で精神年齢42歳ってのみたことあるぜ」

カノーネー「・・・・こええー、おかんじゃねえじゃか!!」

ナデシコ「ところでオマエは何歳?おれは21歳に設定されてるけど・・・」

カノーネー「・・・・聞くな!!!」

ナデシコ「ういーーース」

つづく
[ 2009/04/12 16:52 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 68 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06489.jpg

地下鉄に乗って到着

ナデシコ「ご当地番組だな!!!はしょりすぎだコノヤロー」

犬屋「ナデシコさんカンベンしてくださいよ(汗)」

セイヴァー「ご当地番組?なんですか?それは」

カノーネ「・・・深く考えないほうが幸せに生きれると思うよ・・・セイヴァー」

セイヴァー「そうですか・・・なんだか恐ろしいですね」

ナデシコ「こいつ、馬鹿だ」

DSC06491.jpg


日本橋の神姫センター

西日本最大級規模の大きさを誇る巨大な神姫センター  近くに電気街があることもあり、毎日濃い神姫オーナーが利用する。

最大で1000体の神姫の同時対戦なども可能な大きなバトルルームがあったりする。

レギュレーションはあってないようなモノで、いろんな改造された神姫や他ではみられないような珍しい神姫を見ることもできる。


DSC06492.jpg

ナデシコ「おうおう!!さすがに休日だから混んでるな!あれ?でもなんか神姫ばっかりであんまりオーナーは見かけないな・・・」

犬屋「今日は歩行者天国で安売りセールやってるからな、みんな神姫を神姫センターに預けて買い物に行っているんだろう」

カノーネー「・・・・・託児所かよ」

犬屋「まあ、俺も今から買い物に行くけど・・・お前らどうする?ついてくる?」

ナデシコ「そうだなー俺らはここで適当にバトルでもして遊んでいようか?」

カノーネ「・・マスターの買い物は、いやらしい同人とかエロゲーとか買うからねー正直ついていってもキッツイしね・・・・」

犬屋「あはっは・・・じゃあ・・・行ってくるねー」

ナデシコ「お土産!!!ちゃんと買ってくること!!ノシ!」

カノーネ「いってらー」

犬屋「おkおk?????ではではー乙ーーー」

DSC06493.jpg

セイヴァー「・・・ねえ、さきから乙とかノシとか意味不明な言葉を言ってるけど、アレはどういう意味なの?」

カノーネ「・・・乙はおつかれ、ノシも同じ意味・・・オンゲーの略語・・・打つのめんどくさいから」

セイヴァー「はあ・・・良くわからないけど、オンラインゲームって大変そうなのね」

ナデシコ「オマエっこそ、何意味不明なこといってんだよ!!カンベンしてくれよー」

セイヴァー「なっ!!それはこっちのセリフ!?」

DSC06494.jpg

ナデシコ「おっ!!ヴァロネじゃねえーかー!!おひさー」

ヴァロネ「おひさー!!!っていってもいつもネトゲでプレイしてるけどねー」

ナデシコ「生であうことはあんまりないもんなー、オマエのマスター、夜行性だしー」

ヴァロネ「私も夜行性ーだってナイトメアだしーきゃっはは」

ナデシコ「今度のイベントはどうする?ルアンを誘う?」

ヴァロネ「最近、アイツは本職のバトルロンドのほうにお熱みたいだよーなんでも新しい友達ができつみたいー」

DSC06495.jpg

ナデシコ「俺らも忙しいよなー、ネットゲームしたりバトルロンドしたりプラモ作ったりアニメみたりさー」

ヴァロネ「うわあ・・・ナデシコは仕事していないの?マスターのPCのメールチェックとか家事手伝いとか」

ナデシコ「はあ?そんな面倒なことは他の神姫にやらせとけばいいんだよー面倒さいしー」

ヴァロネ「うはw完璧にダメ思考入ってる!!」

DSC06496.jpg

パチコ「じーーーー」

パーチイ「うわーおねえちゃんすっごい大砲持ってるねーかっこいいなー」

カノーネ「・・・・そんなにいいものじゃないよ・・・これ」

DSC06497.jpg

パチコ「どーして?強そうなのに?」

カノーネ「重いんだ・・・すごく・・・腰いわす・・・・」

パチコ「そ、そうなんだ・・・」


DSC06498.jpg

セイヴァー「ナデシコは頭がおかしんじゃないからしら?毎日毎日!!ずーとネットゲームばっかりやっていて!!他の神姫との会話聞いていてもネットゲームの話しかしていない!!」

ウェル1「ああーそれはマスターの言っていた廃人というモノですね」

ウェル2「廃人になってしまうと大変なのです。マスターが昔そうでした」

DSC06499.jpg

セイヴァー「どうすれば、廃人から抜け出すことができるのですか?」

ウェル2「何か他のことに没頭する。そうですね私のマスターは私たち武装神姫を購入されてからネットゲームをやめて廃人から抜けれました」

セイヴァー「なるほど!!では武装神姫がオンラインゲームにはまってしまったときは武装神姫が武装神姫をやれば抜け出せるのですね!!」

ウェル1「それは『哲学』です」


つづく
[ 2009/04/12 16:08 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 67 


武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06479.jpg

犬屋「神姫センターに行くんなら早く準備しろよ。玄関にもうセイヴァーとカノーナは準備できて待っているんだからな」

ナデシコ「おおう。わかった!マッハで準備する」

DSC06481.jpg

DSC06482.jpg

ナデシコ「今日は派手に暴れまくってぁやるぞーこの間、見たアニメの技を試してやるー」

犬屋「この間見たアニメってもしかしてルパン?」

ナデシコ「ルパーーン三世 と るろ剣 ゴエモンって奴の技が超クールだった!!あとガトツゼロロスタイルー!!」

犬屋「ガトツゼロスタイル?なんじゃそれ」

ナデシコ「ぐぐれ」

DSC06483.jpg

ナデシコ「ほりゃ!!準備完了!!いざ出陣!!マスター!!!かご!!!」

犬屋「はいはい・・・」

DSC06484.jpg

玄関ではセイヴァーとカノーネが待ちくだびれていた。

セイヴァー「マスターは一体何しているんでしょう?出発の時間はとっくに過ぎています」

カノーネ「・・・・多分、ナデシコを誘っているんだと思う」

セイヴァー「もう、昼まで寝ているようなグータラ神姫はほっとけばいいんです」

カノーネ「・・・・朝まで私と一緒にネトゲしていたからね」

セイヴァー「・・・・なんであなたはクレイドルで寝ていないのですか?」

カノーネ「コンセントから直接、電気ひっぱてきて無理ヤリ充電したから元気」

セイヴァー「徹夜ですか・・・・」

DSC06485.jpg

ナデシコ「うっす!!!おはよう!!諸君」

セイヴァー「もう昼の1時です。こんにちわ!!」

カノーネ「・・・・今日、日本橋の神姫センターに行くのはこの面子?」

セイヴァー「みたいです」

DSC06486.jpg

こいつはカノーネ 高射砲型神姫

オンラインゲームのやりすぎで不眠症の神姫 バトルロンドでは後方支援担当で、でっかい大砲で打ちまくる。
性格はいつもボーとしていて、動きがのろいがやるときはやる神姫だ!多分

DSC06487.jpg

このどっかでみたようなキャラはセイヴァー 剣士型神姫

ぎゃんぎゃん正論ぶったことばっかり言うやかましい女だ いいとこのお嬢様ぶってすぐ泣くし喧嘩弱いし、ダメダメだな   可愛い顔してるからってすーーぐにマスターに甘えるしな!!

DSC06488.jpg

犬屋「・・・なんつう紹介の仕方だ・・・・」

ナデシコ「でも、反論できねーだろ?だろ?」


犬屋「セイヴァーにカノーネ お前ら怒ってもいいぞ」

セイヴァー「もう気にしていません。この神姫の言うことは全て嘘ですから・・・・」

カノーネ「・・・・どーでもいい」


ナデシコ「さあさあ・・・早く行こうよー何モタモタしてんの!!」

セイヴァー「!!!ナデシコ!!あんたを待っていたから遅れてるのよ!!馬鹿ー」

ナデシコ「ぎゃんぎゃん吼えるなよ!うるせーなー」

カノーネ「・・・はやく行こうよ・・・」

犬屋「わかったからカバンに入れ、行くよ」

つづく
[ 2009/04/12 15:22 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

「二人は ドラッケン!!!!!」 


DSC06117.jpg

我が家の問題児 ドラッケン姉妹

大型機関砲を装備した「キャノン」とレーザーブレードを装備した「ソード」・・・

こいつらはいつも悪さばっかりして困っている。

DSC06150.jpg

ソード「キャノン!!!ジェットストリームアッタクをかけるよ!!」

キャノン「あの技って3人いないと出来ないんじゃ?」

           /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

DSC06151.jpg

ソード「マスター!!!神姫センターにツレテケー!!」

キャノン「バトルさせろ!!!ヤラセロー!!!」

DSC06154.jpg

ドラッケン!!ドラッケン!!!

 ふたりは ドラッケン?!
一戦去って、また一戦 ぶっちゃけありえねー!!
装甲着ててもふたりは むちゃくちゃタフだしぃ
お互い戦争を生き残るたび 強く近くなるね

HUCK YOU! SHIT DOWN!!
戦争だから 虐殺なんてメじゃない!
敗北主義者に粛清来たるでしょ! 浮沈戦艦だって ブッ飛ぶぅ?!
CSC(いのち)の花 咲かせて! 思いっきり? もっとバキバキ!!

マスター「見なかった、聞かなかった、俺は何も知らない!!!関係ない!!!」

ドラッケン「これ私たちのデビュー曲ね!戦場で流したらクソ馬鹿受けすると思うんだ!!!」

マスター「・・・・・・・・・」


DSC06155.jpg


ドラッケン「キラッ☆!!!」

マスター「・・・・・」

ドラッケン「私たちって超可愛いしアイドル向けだよね」

マスター「さ・・・さあ・・・どうだろうね(汗)」

ドラッケン「何、冷や汗かいてんだよ!!!」

ソード「ほらほらー早く日本橋のバトルロンドに行こうよー」

キャノン「マスター!!!大好き!!ブッ殺したいぐらい!!」


マスター「ヤメロ」


ソード「で、マスター・・・私とキャノン。どっちが可愛いと思う?」

マスター「のーこめん・・・」

キャノン「ちゃんと答えろよ」

マスター「どっちもくぁいいです。ハイ」

キャノン「だよねー☆」

ソード「二人はいつも一緒でかわいいもんねー」


[ 2009/04/11 22:02 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

機動装甲戦闘機型MMS 「キャノン・ドラッケン」  

型式:RKTN?21/FVK 機動装甲戦闘機型MMS

「キャノン・ドラッケン」

DSC06112.jpg

DSC06119.jpg


今回紹介するのは我が家の主力量産戦闘神姫のひとつ
「ドラッケン」シリーズの射撃戦特化型です。

DSC06120.jpg

DSC06122.jpg

ドラッケンシリーズは拡張性が非常に高い戦闘神姫で、武装の交換で遠距離の砲撃戦闘から接近戦、白兵戦まで戦える多目的戦闘神姫です。
このキャノン・ドラッケンはドラッケンシリーズの中でも特に射撃戦に特化した機体で、リアパーツに装備した機関砲で敵を穴だらけにします。

DSC06123.jpg

速射性の高い大型機関砲、瞬間的な火力は眼を見張るものがある。

DSC06124.jpg

DSC06125.jpg

巡航モード 

DSC06126.jpg

というわけで今回の改造神姫は前回作成したドラッケンの射撃戦タイプです。
ドラッケンはいろんな武装を取り付け可能なので、設定通り非常に汎用性が高いです。

次回も改造神姫お楽しみに!!!!!


[ 2009/04/11 21:38 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(3)

機動装甲戦闘機型MMS 「ソード・ドラッケン」 


DSC06107.jpg

DSC06111.jpg


型式:RKTN?21/FSD 機動装甲戦闘機型MMS

「ソード・ドラッケン」

今回紹介するのは我が家の主力量産戦闘神姫のひとつ
「ドラッケン」シリーズの格闘戦特化型です。

DSC06127.jpg

ドラッケンシリーズは拡張性が非常に高い戦闘神姫で、武装の交換で遠距離の砲撃戦闘から接近戦、白兵戦まで戦える多目的戦闘神姫です。
このソードドラッケンはドラッケンシリーズの中でも特に格闘戦に特化した機体で、リアパーツに装備した高出力レーザーブレードで敵をメッタ切りにします。

DSC06130.jpg

DSC06128.jpg

DSC06132.jpg

DSC06133.jpg

DSC06135.jpg

DSC06138.jpg

DSC06140.jpg

DSC06146.jpg

DSC06148.jpg

DSC06149.jpg

というわけで今回の改造神姫は前回作成したドラッケンの格闘戦タイプです。
他にも武器腕マシンガンを装備したタイプや馬鹿デッカイキャノン砲を装備したタイプなど
さまざまなバリエーションがありますが、おいおい紹介していきます。

生きているうちにオリジナル神姫・・・全部紹介できるかな・・・・

[ 2009/04/10 22:01 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(7)

メイド型MMSを描いてみたよーー 


名称未設定-3

というわけで、今日は去年私がオリジナル神姫投稿のさいに描いた神姫素体のイラストをトレースしてメイド型MMSを描いてみました。

なんていうか・・・いまいちパッとしないね・・・地味・・・
衣装の参考にデュエルメイドを見て描いたんんですが、なんかダメ

普通にいこうと正攻法で行ったのがダメなんですね(後、私の絵がへたくそなのも・・・)

武装神姫 フィギュア劇場 66 


DSC06471.jpg

???「むにゅう・・ううう・・マスタあー・・・チャックあいてるよ・・・だせえ・・・ぐううう」

犬屋「夢の中とはいえひどい(泣)・・・そんなに俺ってだめか!?」

DSC05929.jpg

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06472.jpg

ナデシコ「ぐかーーーすーーーぴーーーギリリリぎりり・・・キュウイイ・・・ギリイイ・」

犬屋「は・・・歯ぎしりして寝てる神姫っては・・はじめてみたァ・・・」


私の名前は 犬屋 ケイ 23歳 大阪に住むよくいる平社員。

大学の頃から神姫と一緒でこいつらとは2年間一緒にすごしてきたがいまだに神姫というものがわからない。

DSC06473.jpg

PIPIPI  目覚ましのアラームが軽くなると、ぱちりと神姫の眼が開き目覚める。

ナデシコ「おふふぁーーよく寝たー昨日、明け方の5時くらいまでオンラインゲームしてたから眠てーー」

犬屋「いいご身分だな・・・神姫って奴は・・・聞いてくださいよ!俺なんてさー昨日は仕事で」

ナデシコ「さてと、PCのスイッチスイッチと・・・」

犬屋「無視ですか」

DSC06474.jpg

ナデシコ「うるせーなーオマエの愚痴話なんていちいち聞いていられないよ!うっとしいし」

犬屋「ひどい」

DSC06475.jpg


ナデシコ「ふぁーーーーーー」

犬屋「今日は俺、カノーネとセイヴァーを連れて日本橋の神姫センターに行くんだけど、お前はどうする?」

ナデシコ「どーしょっかなー家でダラダラ過ごすのもいいけど、バトルロンドで暴れるのもいいなー
この間、ニコ○コ動画で見たバトルみたいな強い奴いたら面白そうだしなー」

DSC06476.jpg

犬屋「で?行くの?」

ナデシコ「行く!!そうだ!ついでに日本橋で新しい武装とバトル相手を買ってよ!!!」

犬屋「うへえ・・・この間買ってあげた竹槍はどうしたの?」

ナデシコ「ああーあの竹槍は・・・ヨンパチのB?29落としたときに使って折れた」

犬屋「・・・カンベンしてくださいよ・・・ナデシコさん・・・竹槍でB公を落としますか・・・」

ナデシコ「ほめろ!!!たたえろ!あがめろ!!お小遣いを500円UPしろ」


つづく

[ 2009/04/06 23:00 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。