スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武装神姫フュギュア改造 「ヘル・ウルフ」 

可変戦闘ヘリ型MMS 形式番号 AHK?56

「ヘル・ウルフ」

DSC02449.jpg

コトブキヤ製戦闘ヘリ「ヘル・ドッグ」をベースにカタリナ社が開発した世界初の本格的な戦闘ヘリコプター型MMSで、その後登場する各国のヘリコプター型MMSに大きな影響を与えた。
最初から戦闘を目的に開発されており主に機関砲やロケット弾・対戦車ミサイルなどの対地攻撃兵器を装備し自衛用対空装備として短距離空対空ミサイルを搭載することも可能であり。


カタリナ社は新型空中火力支援システム(AAFSS)計画を立案し、地上支援、対ゲリラ戦仕様に特化したまったく新しい形の武装神姫の開発研究を進めていた。その中で現実に運用されている戦闘ヘリの運用データと設計を元に開発されたのが本機である。

DSC02448.jpgDSC02450.jpg

本武装神姫は正面から見ると極端に縦に細い胴体が新規に設計されている。また、胴体中央部に4基のパイロンを有するスタブ・ウィングが取り付けられ、これ自体が高速時にある程度の揚力を発生させることで、機動性向上にも寄与していた。しかもスタブ・ウィングの下のパイロンには、ロケット・ポッドとミサイルを設置することができる。また機首には可動式ガトリング砲を標準装備することで、多方面への攻撃性を増している他、神姫の碗部と脚部にもそれぞれショットガンとガトリング砲を搭載し、あらゆる方向への敵に対して掃射できるように設計されていた。

DSC02451.jpg

本機体は最前線で活動できるように計画され、夜間の作戦や悪天候時にも対応できるよう考慮された設計であり、その火器管制システム(FCS)は目標捕捉・指示照準装置(TADS)とMMS用暗視装置(PNVS)を中心に構成される。TADSは支援AI用の機器で、機首下に装備される。TADSの左側には目視光学標準器(DVO)、TVセンサー、レーザー・スポット・トラッカーとレーザー・デジグネーターが搭載され、右側には夜間戦闘用の前方監視赤外線装置(FLIR)が備わる。このTADSは、ガナーのヘルメットと連動、または操作用スティックによって、自由に旋回させる事が可能である。また、このTADSによる各種の映像は、神姫のヘルメット・ディスプレイやヘッド・ダウン・サイトに表示される。神姫はこれを操作し目標の捜索を行い、発見後にTADSをその目標に捕捉させれば、その後は自動で支援AIが目標を追尾する。

DSC02452.jpg

機動戦闘モード。このモードは速度は落ちるが機動性があがりロータのピッチを自由に変化させて神姫としては破格の機動性をもたらすが燃料の消費が激しく多様はできなかった。

DSC02453.jpgDSC02454.jpgDSC02455.jpg

武装

機首下に搭載された0.03mmM230チェーンガン、ロケット弾と空対地ミサイルまたショットガンと。0.03mmガトリング砲を装備している
搭載弾数は最大1,200発[6]で、最大射程は約3,0mである。砲身は上方11°、下方60°、左右各100°まで旋回可能で、前述の通り照準はガナーのTADSを用いる。

また、胴体側面に備わるスタブウイングの牽下パイロンにロケット弾、空対地ミサイルの双方、もしくは片方を搭載する。TOWの様に有線誘導ではないため、誘導のためのレーザー照射は、前述したレーザー・デジグネーターによって行われるが、発射と同時に退避行動に移ることができる。また、発射後にロックオンを行うこともできるため、母機を敵に全く姿を曝さないままでの発射もできる。
ただし、レーザー・デジグネーターが一台のみの場合は数秒の発射間隔をおく必要がある。また、この多彩な発射モード故に、ガナーへの負担も大きい。

ロケット弾はミサイルを搭載しない場合は、より多く搭載できる。また追加武装として空対空ミサイルを搭載できる。

これらの重装備・重装甲から空飛ぶ戦車と評されることもある。

DSC02456.jpg

DSC02457.jpg

強力な戦闘ヘリ型MMSとして開発された本機は、バトルロンドでは鈍純な装甲神姫や接近戦に特化したMMSに対して猛威を振るった。

しかしその反面航空神姫に対して脆弱であった。

下の画像はイメージCGです。いろいろ妄想爆発ですが、お楽しみ下さい。

DSC02458.jpg
DSC02459.jpgDSC02460.jpgDSC02461.jpgDSC02464.jpgDSC02466.jpgDSC02467.jpgDSC02469.jpgDSC02470.jpgDSC02471.jpgDSC02472.jpgDSC02473.jpgDSC02476.jpgDSC02478.jpg

このヘリ型神姫は移動式のトレーラ型クレイドルで運搬可能です。翼やローター、そして神姫本体のショットガンやガトリング砲は折りたたんでコンパクトにたためます。
なんか、ますます神姫に見えなくなるけど、気にしないッッ!!

こいつは対地戦闘攻撃に特化したMMSで、高い機動性と重武装とセンサーやレーダーで敵を早期に発見しミサイルやロケット砲、ショットガン、ガトリング砲で相手をしとめます。
実際の戦闘ヘリのような感じで戦うと考えてください。戦車型神姫や空を飛べない神姫を狙った対地攻撃のスペシャリストです。
欠点としては航空神姫にめっぽう弱いので、制空権の確保は必須です。

というわけで今回の改造神姫でした。

次回もお楽しみに!!
スポンサーサイト
[ 2008/08/24 20:18 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(6)

武装神姫フュギュア改造 「ティガル・ツイン・キャノット」 

カタリナ社製 軍用航空MMS

「ティガル・ツイン・キャノット」

型式:RKTN?24/JG  駆逐戦闘機型MMS

DSC02361.jpg

カタリナ社の次期主力戦闘機型神姫開発計画「XF―003」の元、カタリナ社 第4軍事開発局が設計、開発した機体である。社内コンペではライバル機体として第1軍事開発局が開発した頑丈な装甲とシールド、強力な武装と強力なブースターを持つRKTN?21/Gy 機動装甲戦闘機型MMS 「シェライ・ドラッケン」と第2軍事開発局が開発した加速力と上昇性能を生かした要撃戦闘機、インターセプターファイターRKTN?22/GR「リアン・ガーリオン」、第3軍事開発局が開発したステルス戦闘を主軸に置いた奇襲戦闘機、ステルスファイターRKTN?23/XF 機動戦闘機型MMS 「ラドガ・ティポーン」など、数々の強力なライバル神姫たちが存在していた。

DSC01820.jpgDSC02042.jpgDSC02126.jpg

第4軍事開発局は、これらの強力なライバル機に対してニッチの取り合いにならぬように、新たなカテゴリーの戦闘神姫を既存のMMSをベースにした新型機を開発
サンタ型MMS 「ツガルタイプ」をベースに航続距離の向上、大出力のエンジンと重武装化をさせた発展改良神姫を開発。 新たに「ティガル」と呼ぶツガル改良タイプを完成させた

下の画像は「ティガル」と呼ばれたツガル改良機

DSC02390.jpg

DSC02374.jpg

DSC02375.jpg

格闘戦向きに運動性をよくするよりも、一撃離脱戦法に向いた、高速・重武装の重戦闘機として設計された。

DSC02357.jpgDSC02362.jpgDSC02363.jpg

DSC02358.jpgDSC02359.jpgDSC02360.jpg

武装は全長240mmの大型メガ・ビーム砲を装備、また牽制用のライト・ライフルとハイパー・エレクトロ・マグネティックランチャーを搭載。新たに追加された強化エンジンは本来は中型航空ゾイド用のエンジンで燃費と出力の安定性に優れていたが、廃熱性能があまり高くなく、冷却用の放熱板を追加し、内部に液冷システムを搭載している。

DSC02366.jpg

DSC02367.jpg

DSC02376.jpg

「大型スラスターによる高推力と大型火器の大火力」という徹底した一撃離脱のコンセプトは、第二次世界大戦中の双発戦闘機群を参考に開発されており、旧ナチスドイツ空軍のBf 110、旧日本陸軍屠竜、海軍の月光、英軍のモスキート、ボーファイター、米軍のライトニングなどの運用システム、戦闘ルーチンを参考にして開発された。
双発戦闘機が持つ本来の性能目的
重武装、高速性能、長大な航続距離、一撃離脱の戦闘方式の重戦闘機、駆逐戦闘機として開発された

DSC02380.jpg

当初はその長大な航続性能と高速性能と重武装による一撃離脱の重戦闘機として強力なインターセプターファイターとして大きな期待を寄せられていたが・・・旋回性能、および機動性能は極めて劣悪であり、また兵装備である大型メガ・ビーム砲の命中率は最低で、駆逐戦闘機とは名ばかりで機動性能、格闘戦闘に特化した格闘を得意とする近接戦闘機神姫群にまったく対抗することが出来なかった。


本機体は第二次絵世界大戦中の双発戦闘機のような当初の目的を目指して開発されたものの、歴史をそのままなぞるように、本来の目的を果たすことが出来ずに、最終的に、本機は鈍重な爆撃機型MMSを迎撃する夜間戦闘機や対地攻撃、対艦攻撃機、爆撃装備を施し、戦闘爆撃機として使用された。

今から100年前の1937年の双発戦闘機の運命とまったく同じ結果を本機体はたどったのである。

DSC02381.jpg

最終的に本機体は当初の目的であった。駆逐戦闘機 制空権確保の戦闘神姫としては完全な失敗作となってしまい、社内コンペから落選

結局、本機体はそのペイロードと重武装と高速性能、航続距離を生かした偵察機や夜間戦闘機、対爆撃機戦闘、地上洋上襲撃、対地攻撃など、本来の目的とはまったく違った運用で活躍することになる。

DSC02368.jpg

というわけで、今回の改造神姫の設定です。
1930年代後半に流行った双発戦闘機群をモチーフに作ってみました。

「双発万能戦闘機」
二基のエンジンによる大出力で単発機を上回る高速を狙い、これをカバーする。機関銃/機関砲は機首に集中装備するが、これをカメラに変えれば写真偵察機に早変わりする。大出力と大柄な機体により、搭載力が大きいから爆撃機/攻撃機として多くの爆弾を積むことができる。結果、一機種で戦闘/爆撃/偵察等何役もこなせる効率的な機種として、メッサーシュミット Bf110やポテ630といった機体が次々と現れた。

欲張りな機体として作られた汎用戦闘機です。武装神姫でもこういったコンセプトの神姫を開発してみたんですが、いかがでしょうか?

双発機をイメージして両翼に大型のエンジンを搭載して、背中に大型のビームを装備

DSC02378.jpgDSC02379.jpgDSC02372.jpg

設定通り、巡航モードとかに簡易変形できます。
また、武装は取り外して単独で行動も可能です。

DSC02371.jpgDSC02369.jpg

今回の改造神姫のレビューはここまで!!ではでは次回の改造神姫をお楽しみに!!

[ 2008/08/03 14:49 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。