武装神姫 フィギュア劇場 379 

zDSC09522.jpg


チェルシー「フルファイヤー!!」

チェルシーは全身に装備されたありったけの火器をぶちまけ大小さまざまな弾丸が一斉に吐き出され、ラヴィニスに殺到する。

zDSC09523.jpg


ラヴィニスは大きな黒い翼で滑るようにチェルシーの猛攻撃を回避する。

zDSC09525.jpg

チェルシー「速い!!」

今まで戦ってきたどの神姫よりもすばやい動きでチェルシーの一斉射を回避するラヴィニスにチェルシーは目を見開く。

zDSC09526.jpg

zDSC09527.jpg

zDSC09528.jpg

ラヴィニズ「遅い!!」

ラヴィニスは副腕をぐんと持ち上げ、長大なビームスナイパーライフルをチェルシーに向けて発砲する。

極太のビームがまっすぐにチェルシーに伸びる。

zDSC09529.jpg

チェルシー「ぐううう!!」

チェルシーは攻撃を回避しようとするが間に合わない。

ドッガアア!!

リアパーツのプチマシーンとレールキャノンにビームが命中し爆発を起こす。

zDSC09530.jpg

グワアアアーーン!!

赤い炎を撒き散らし、爆発が起きる。

チェルシーは赤い炎を纏って地面に墜落する。

三石「チェルシー!!」

三石は思わず叫んでしまう。



つづく
スポンサーサイト
[ 2011/10/02 21:07 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 378 

zDSC09501.jpg

激しい空中戦。

チェルシーとラヴィニスはクルクルと回転しながら相手の出方を伺う。

zDSC09502.jpg

ラヴィニス「あは♪やるねーちょっとさっきの攻撃は危なかったね」

北村「射撃戦は向こうの方が有利か、やっぱり」

ラヴィニス「そりゃそうでしょー戦闘攻撃機型だもんねーでも近接戦は私のほうが強いよ」

zDSC09503.jpg

三石「惜しかったな、チェルシー」

チェルシー「いえ、さきほどの攻撃は完全に見切られていました。同じ手は通用しないでしょう。下手に近づくことはないと思います」

三石「接近されたら厄介や、距離を取って砲撃戦に・・・」

zDSC09505.jpg

チェルシーがリアパーツのスラスターの向きをわずかに傾ける。

その挙動を見逃さなかったラヴィニスは大剣を振り、急接近する。

チェルシー「バカな!!!」

チェルシーはブレードでラヴィニスの攻撃を受け止める。

zDSC09506.jpg

ガッキンン!!


甲高い金属音が鳴り響く。

ラヴィニスはさきほどのチェルシーの一斉射撃攻撃にまったく問題せずにまた無用心に突っ込んできた。


zDSC09508.jpg

三石「チェルシー!!一斉射撃や!!敵はこの距離や!!わざわざ飛び込んできよった!」

三石が叫ぶ。

zDSC09509.jpg

チェルシーは全身に搭載された火器のトリガーを引き絞る。

zDSC09510.jpg

観測ネコ「モクヒョウ、ホソク」

観測ネコがラヴィニスを完全にロックオンする。

チェルシー「今度ははずさん!!」


この近距離でラヴィニスの重武装では回避できまい、チェルシーは勝利を感じた。


zDSC09513.jpg

ラヴィニス「アクティブアーマー展開」

不敵に笑うラヴィニス。

zDSC09516.jpg

zDSC09517.jpg

zDSC09518.jpg

バキンとラヴィニスの重装甲が瞬時に変形し・・・

zDSC09521.jpg

黒く長大な翼に変形する。

翼には強力なスラスターが搭載されていた。

zDSC09522.jpg

チェルシー「フルファイヤー!!」

チェルシーは全身に装備されたありったけの火器をぶちまけ大小さまざまな弾丸が一斉に吐き出され、ラヴィニスに殺到する。



つづく
[ 2011/09/03 22:26 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(3)

武装神姫 フィギュア劇場 377 

zDSC09486.jpg


バトルロンドを生中継している動画サイトの掲示板は観戦している神姫たちのスレでびっしりと埋まっていく。

神姫169:やっぱ動きいいな二人とも
神姫170:同レベルだしね
神姫171:個人的にラヴィニスに勝ってほしいね、私も戦乙女型武装使うから
神姫172:どっちも武装重すぎだろ
神姫173:ラヴィニス、動き速い!
神姫174:どっちもこええーー
神姫175:引き撃ちばっか
神姫176:引き撃ち舐めんな!!!
神姫177:新参か?肩の力抜けよ・・・死ぬぞ
神姫178:チェルシーたんハアハア、脇舐めたいお
神姫179:ヘイヘイ、ビビってるビビッテル!!!


zDSC09487.jpg


ラヴィニスが大剣をひゅんと一振りしチェルシーに斬りつける。

zDSC09489.jpg

ガッキュイインン!!

火花が散り、チェルシーはヒートブレードで攻撃をガードする。

zDSC09491.jpg

間髪いれずにラヴィニスが大剣を振り上げ攻撃を続ける。

zDSC09493.jpg

バッギイイーーン!!

チェルシーは必死になってラヴィニスの攻撃をガードする。

チェルシー「ッチ!!」

チェルシーは右肩に固定装備してある機関銃を発砲する。

zDSC09494.jpg

ダッタッタタタッタ!

乾いた発射音が鳴り響き、ラヴィニスはパッと斬りあいをやめて、回避行動に入る。

zDSC09496.jpg

チェルシーは追い討ちをかけるように、左腕をすっと伸ばし・・・

zDSC09497.jpg

ズドン!!

左腕に装備されているハンドカノンを撃つ。

zDSC09498.jpg

ラヴィニス「フッ!!」

ラヴィニスは短く息を吐き、チェルシーの放ったハンドカノンの弾丸をビームスナイパーライフルで叩き落す。

zDSC09499.jpg

バギュウイイイイイン!!


チェルシーはハンドカノンの弾丸を狙い撃つラヴィニスにレールキャノンを発砲する。

zDSC09500.jpg

ラヴィニス「!!」

ラヴィニスはクイックブーストでレールキャノンの砲撃を回避する。


両者共に流れるように滑らかに攻撃、回避を連続して行う。

神姫180:「うおおおおお!!すげえーーー!!」
神姫181:「チェルシー猛攻すげー」
神姫182:「はなれた一瞬の隙をついて3連檄とか!!!」
神姫183:「ラヴィニスも攻撃予想していたのかあっさり離れて距離取って回避したね」
神姫184:「チェルシーの重武装は畳み掛けるようにやるからな」
神姫185:「てか、ラヴィニス回避上手い」
神姫186:「クイックブーストで射線ずらして紙一重」
神姫187:「マジ、アブネエ」
神姫188:「両方、ガチで本気だァーーー」
神姫189:「これはどっちが勝つか分からないなwwww」
神姫190:「チェルシー、挑発したけど結局自分のペース保ってる」
神姫191:「ラヴィニスもな」
神姫192:「俺だったら12回死んでるわ」
神姫193:「めちゃ冷静だな2人とも」
神姫194:「無駄なことしないのがプロ」
神姫195:「でも余裕持って行動しているからそこからの派生の動きがパネエ」
神姫196:「理屈じゃねえ理屈じゃねえんだ」
神姫197:「ヤバイなコレ」


つづく
[ 2011/08/27 17:23 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 376 

zDSC09476.jpg

ラヴィニスはヘラヘラとさっきまで笑っていたが、ぴくっと顔が硬直する。

ラヴィニス「へえ・・・・抜くんだ」


zDSC09477.jpg

ラヴィニス「君・・・・面白いね・・・そーいうことするんだ・・・・ふーーーん・・・いいよ、うん・・・わかった・・・・」


冷めた目でチェルシーを見るラヴィニス。

zDSC09480.jpg

チェルシーはわざとらしく音を鳴らして剣を構える。


zDSC09478.jpg

ラヴィニス「・・・・・・・」


ラヴィニスの目が赤く怪しく光り、そして黙りこくる。

神姫151:ラヴィニスキレタwwwwww
神姫152:コエエエエエエェーーーーー
神姫153:静かに怒るラヴィニス・・・
神姫154:ラヴィニスは完全にブチ切れてるな・・・
神姫155:でも超冷静、これがSSの怒りだ
神姫156:怒りすぎて逆に冷静になるんですね
神姫157:チェルシーさんwwww煽り過ぎwwww
神姫158:なんでチェルシーさん煽ったの?
神姫159:誰も得しねええwww
神姫160:煽った理由はなんとなく理解できる
神姫161:おいらもw
神姫162:古典的すぎるよなwww
神姫163:でもお互いがわかってるwww
神姫164:古参気取りウゼー
神姫165:コメントキモイ
神姫166:このスレの半分はゆとり神姫です
神姫167:オモエモナー
神姫168あぶあぶぶぶぶあばぶ


zDSC09481.jpg

チェルシーがリアパーツの支援AIを起動する。

支援AIプチマシーン「弾着観測猫41」

観測ネコ「メインシステム セントウモードヲキドウシマス」

チェルシー「目標設定」

チェルシーはリアパーツのコンソールをすばやく入力してターゲットを決める。

観測ネコ「モクヒョウセッテイ テキランカーMMS ヲカクニンシマシタ ラヴィニス デス」

チェルシー「いいぞ、いい子だ。火器管制のトリガーは任せる、私は近接戦闘に専念する。ロックしたら撃て」


zDSC09482.jpg

観測ネコ「イエス マム」

zDSC09483.jpg

ラヴィニスの副腕がくんと動き、ビームスナイパーライフルを撃つ。

パッと淡いピンク色の光が瞬く。

zDSC09485.jpg

チェルシーも負けじとレールキャノンを撃つ。

zDSC09486.jpg

再び両者は激しい砲撃戦になる。



つづく
[ 2011/08/14 15:16 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 375 

zDSC09471.jpg

神姫88:動きいいな2人とも
神姫89:やっぱSS級は違うな
神姫90:回避パネェwwww
神姫91:チェルシー、押されてる?
神姫92:まだまだ
神姫93:戦いは始まったばっかだぜ
神姫94:ラヴィニス、思い切りいいわーてか近接早い
神姫95:ラヴィニスの近接の出だしの速さは異常
神姫96:素体のトルクと合わせて流れになってスライドしてくるように攻撃してくるよ
神姫97:素体制御が超高レベル!!
神姫98:いわゆる気の流れを使ってくるんですね。わかります。
神姫99:チャクラかよwww
神姫100:チェルシーもラヴィニスも制御技術は一流だよ

zDSC09472.jpg

三石「くううーーなかなかやるやんけ、さすがはSS級やな!大丈夫かちょっと重武装に装備をしてもうたかな?今日」

チェルシー「大丈夫だ、問題ない」


zDSC09474.jpg

ガシャン

チェルシーのリアパーツが可動しマウントされていたヒートブレードを抜刀する。

zDSC09475.jpg


ヒュン

チェルシー「楽しませてやるよ、ラヴィニス」

神姫101:抜刀キタキタwww
神姫102:えええーーーー抜刀しよったwww
神姫103:抜いたァアアアアアアアアアアアアアアアアー
神姫104:ヤベエwww
神姫105:まじかよ
神姫106:これは予想外wwww
神姫107:スッゲーーー
神姫108:?何がすごいの?
神姫109:オマエ、ゆとりか・・・・
神姫110:これがゆとり神姫か・・・
神姫111:なんで抜刀したらダメなの
神姫112:ダメとかそういう意味じゃねえしwww
神姫113:ダメだ・・・なんとかしないと・・・・こいつら全然分かってねえORL
神姫114:あーーーあーーーーやっちゃったwww
神姫115:吹くなあwwwwwwwwww
神姫116:クソッワラッタwww
神姫117:茶、吹いたwwwwwwwwwwwwwwww
神姫118:ゴメン、全然分からない
神姫119:ヒント、対戦相手は重剣士型です
神姫120:ここまで言わないと分からないのかよ
神姫121:分からない
神姫122:新参は半年ORMってろ!!カスが!!!
神姫123:マジで分からない奴は武装神姫名乗るなよ
神姫124:最近の新参ゆとりクソガキ神姫は本当にシラネーんだな、リセットしてもらえ
神姫125:おいおい、冗談はほどほどにしとけよ
神姫126:意味分からない
神姫127:抜刀した意味が分からない神姫は本当に死んだほうがいいよ
神姫128:あーーーあーーー抜刀しちゃった
神姫129:これはwwwwやばいwww
神姫130:抜刀★抜刀
神姫131:ばっとう!!
神姫132:俺、チェルシーさんカッコイイと思う
神姫133:チェルシーさんは分かる娘
神姫134:これだよコレ!!こういう神姫をSS級って呼べるんだよ
神姫135:マジかっけええッ!!!!!!!!!!!!
神姫136:とんがりすぎだろ
神姫137:普通はやらねえよwww
神姫138:舐めてないよね、コレ、絶対舐めてないよね!!!
神姫139:これが武装神姫や
神姫140:ホンモノ
神姫141:生で見てええーーー!!
神姫142:濡れるッ!!!!!!!
神姫143:おれ、ちぇるしーさんにならだかれてもいい
神姫144:いいぞ、もっとやれ
神姫145:さっぱり分からん
神姫146:この良さが分からない奴は本気で戦ったことない奴だろ・・・
神姫147:武装神姫のタイマン舐めんなよ!!!!!!!!!!!!
神姫148:マジでカッコイイ
神姫149:ラヴィニス切れろwwww
神姫150:すげえ、抜刀した瞬間レスがwww
神姫151:みんな見てるんだなァ・・・



つづく

[ 2011/08/13 01:06 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 374 

zDSC09457.jpg

ラヴィニスとチェルシーは弧を描くように激しくクルクルと廻る。

zDSC09459.jpg

お互いに重武装でありながら高機動、そして手馴れている。


空対空戦闘において、互いに機関銃・機関砲または短射程空対空ミサイルの射界に相手を捉えようと機動する典型的なドックファイト。

zDSC09458.jpg

空中戦の歴史は長い。


この種の空中戦闘機動は100年以上も前の第一次世界大戦中に端を発し、史上最大の大規模空中戦が行われた第二次世界大戦中に最も発展した。しかし航空機技術が進歩しジェット機が開発され高速化が進み、レーダーやミサイルが発達した現代においては既に時代遅れで使えなくなった機動もあり、また2040年代、現代の武装神姫同士の空中戦ではかつて予想もし得なかった新しい機動が見出されるなど、未だに日進月歩の途中にある。


zDSC09461.jpg

チェルシーとラヴィニスのドックファイトは激しさを増す。

急速な加速、旋回、不規則な動き

一瞬のミスが即撃墜につながる。


zDSC09463.jpg


先に仕掛けたのはラヴィニスの方だった。

ラヴィニスはぐんと滑るように身体をスライドさせ、流れるようにチェルシーに急接近する。


zDSC09464.jpg


神姫81:ラヴィニスが仕掛けた!!
神姫82:大胆ー相手はショットガン持ってんだぜ
神姫83:いや、チェルシーの持ってるショットガンは遠距離にいる敵を倒す用のショットガンだ、よく見ろよチョーク絞ってねえ
神姫84:おおーマジだ
神姫85:すげーーおまえよく見てるな
神姫86:SSランクなら見たら一発で分かるわwww
神姫87:銃身長いからチェルシー困ってる

zDSC09467.jpg


ヒュンとラヴィニスの大剣が風を斬る。

ラヴィニス「もらったァ!!!!!!」

鋭い斬撃がチェルシーに振り下ろされる。

zDSC09468.jpg

チェルシーはあわてて、ショットガンを盾にしてバックブースターを吹かし、リアパーツの機銃を撃って距離を取る。

チェルシー「くう!!」


ラヴィニスが挑発する。

ラヴィニス「アッハハ♪あなたちょっと重すぎじゃないの?もっと武装はずさないと私の動きにはついていけないわよ?」


チェルシー「ふふふ、俺はびびり屋でな!武器がたくさんないと安心できないのさ」


つづく
[ 2011/08/13 00:40 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 373 

zDSC09447.jpg


ネットのMMS対戦動画掲示板に生中継で投降される。


あべの橋店 神姫センター   2041年 8月1日 1時  A-1フィールド 

SS級ランカー同士の対戦動画。

□ 戦闘攻撃機型MMS 「チェルシー」 SSクラス 二つ名「シルフィード」

VS

□ 重剣士型MMS 「ラヴィニス」 SSクラス 二つ名「ブラックネイル」


対戦なうなう

zDSC09449.jpg

神姫1:どっちもなんかしまらん名前の神姫だな
神姫2:チェルシーちゃん♪ペロペロ、脇舐めたい( ^ω^)おっ
神姫3:見苦しい強アセン同士の戦い
神姫4:うp乙ですwww
神姫5:なうなう
神姫6:SS級とか、都市伝説だろwwww
神姫7:やべえ、超楽しみ
神姫8:(^o^)ノつぶしあえー
神姫9:知ってるか?神姫センターのタイマンだと戦う前に外装で相手の武装わかって戦術バレバレなんだぜ
神姫10:知ったか乙、殺すぞ
神姫11:なんという重武装
神姫12:そうか?普通だろ
神姫13:重量高機動とかwww
神姫14:グリフォンかーー最近、多いよねグリフォン装備
神姫15:グリフォン装備はガチ
神姫16:俺もグリフォン使いだからワクテカwww
神姫17:ベルンの戦乙女改武装とかマニアック
神姫18:素直にアイネス武装にしとけよ
神姫19:絶対なんか弄ってるな、あの肩の膨らみはMMSの用兵上不要だ
神姫20:ファイブスター物語みたいなこと言うなよwwww
神姫21:なうなう
神姫22:次、なうなう言った奴、ぶっ殺すぞ
神姫23:なうなう
神姫24:あっばっばばばばば
神姫25:近づいてECM設置したら勝ちだな
神姫26:↑ゆとり神姫が、ぶっ殺すぞ
神姫27:ふぁっくゆーーーーーーー
神姫28:さっさと殺れよ
神姫29:腕がどうこうより、すごいアセンだな
神姫30:公式の純正武装の奴、涙ふけよwww
神姫31:知ったか乙、グリフォンは純正だよwww
神姫32:おまえこそ知ったかよ・・・グリフォンはカタリナ社のOEM強化MMSだろが
神姫33:グリフォン、バランス悪いし
神姫34:バカ、わざと安定性悪くして機動性高めているんだよ
神姫35:フライバイワイヤですね。分かります
神姫36:F-16かよwww古典的すぎるわwww
神姫37:やっべーネタについていけねえ
神姫38:なうなう
神姫39:おおおーーーSS級のラヴィニスだーこの間、一緒にバトッたwww普通に強くてワラタ
神姫40:もこたんINしたお!
神姫41:コメント流れ速いな、置いてかれる


zDSC09450.jpg


神姫42:さあさあ、どっちが勝つか賭けようぜ!!
神姫43:まーたはじまった
神姫44:すぐ賭けというクズ神姫はヤー公の廻しもんか
神姫45:艦砲射撃で事務所ごと吹っ飛ばすぞ
神姫46:↑オマエ戦艦型神姫だろwwww
神姫47:俺はチェルシーが勝つと思う
神姫48:俺もチェルシー
神姫49:僕は、神山満月ちゃん!
神姫50:↑殺すぞハゲ
神姫51:私はラヴィニスで
神姫52:ラヴィニスかなァ・・・・
神姫53:どっちの方がランク上なの?
神姫54:オンゲのMMS零では、ラヴィニスが若干上かな?
神姫55:チェルシーはバトロンで上位
神姫56:どっちもSS級の中ではめちゃくちゃ強いよな
神姫57:SS級か・・・雲の上の存在だな
神姫58:ウォースイ・パイトと、どっちが強い?
神姫59:あんなカス戦艦と一緒にするな、といいたい所だけど、砂漠とか海上なら奴じゃね?
神姫60:パープルデーモンのノアは?
神姫61:あの売女ァ・・・そいつの名を出すな
神姫62:パープルデーモンかーーーどうだろ?いい勝負するんじゃね?
神姫63:チェルシーはまあ、バランス取れてるな
神姫64:ラヴィニスは近接ヤバイな
神姫65:チェルシーは射撃がメイン、典型的な引き撃ちMMS
神姫66:引き撃ちは常識だろ
神姫67:引き撃ちは技術、てか芸術

zDSC09451.jpg

三石「チェルシー、準備はいい?」

チェルシー「いつでもいけます」

zDSC09452.jpg

ラヴィニス「マスターに勝利を・・・」

北村「ラヴィニス、愛してるぜ」

zDSC09453.jpg


バトルロンド・・・・レディ・・・

GO!!


筐体の画面にテロップが踊る。

ラヴィニスがスナイパービームライフルを構える。

zDSC09455.jpg

ほぼ同時にチェルシーもレールキャノンを構える。

zDSC09456.jpg


バッキィイイイイン!!

ビシュエエーーーン!



チェルシーとラヴィニスは開幕そうそう激しい撃ち合いを始める。



沸き立つ観客たち

ネットの動画の掲示板も一気に沸き立つ


神姫68:開幕砲撃戦キタァーーーーーーーーーーー!!」
神姫69:キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
神姫70:キタキタキタキタッ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ッ!!!!!
神姫71:コナイワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘д‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
神姫71:挨拶挨拶www
神姫72:SSランク以下はたいてい開幕で死ぬww
神姫73:全部頭部狙いwwwコエエエエエエ!!
神姫74:過激な挨拶ェ
神姫75:しょうべんちびるわ、しょっぱなからこんなんやられたら
神姫76:なーーに、軽い挨拶だ
神姫77:いいぞいいぞ 殺しあえ 潰し合え
神姫78:濡れるッ!!!!
神姫79:漏らすッ!!!
神姫80:テンションあがってきたァ!!!!!!!



つづく

[ 2011/08/08 00:26 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 372 

zDSC09439.jpg

大阪市 あべの橋駅前神姫センター店

2041年 8月1日  


空調のよく効いた涼しい神姫センターの店内・・・

センター内の中央にあるフィールドにちょっとした人だかりが出来ており、神姫やオーナーたちが観客席に座り雑談をしている。



真っ黒な武装に洒落た赤いマントを羽織った神姫がそれを見てふんと鼻を鳴らす。


□ 重剣士型MMS 「ラヴィニス」 SSクラス 二つ名「ブラックネイル」

オーナー名 「北村 弘一」 ♂ 19歳 職業 大学生

ラヴィニス「ハンッ!ギャラリーも上々でいい空気じゃない」

zDSC09444.jpg

ラヴィニスの向かい側には青色の武装を身に纏った神姫がいる。


□ 戦闘攻撃機型MMS 「チェルシー」 SSクラス 二つ名「シルフィード」

オーナー名 「三石 留美」  ♀ 19歳 職業 大学生

チェルシー「野次馬がいつの間にか増えているぞ、マスター」

三石がうちわを片手に胸元をはだけて風をだらしなく送り込む。

三石「あーーー本当ねーーーただの草バトルなのになんで?」


zDSC09443.jpg

チェルシーは、対戦相手のデーターを確認して口笛を吹く。

チェルシー「ヒューーーー♪」

三石「理由が分かった?」

チェルシー「ふふふ、どうやら退屈せずにすみそうだな、マスター・・・相手はSS級だぞ」


三石は筐体の画面を覗きこむ。

三石「ブラックネイルのラヴィニスね・・・何度か非公式のバトルロンドとオンラインのMMS-零で見たことがあるわ・・・あんたと同じSS級か・・・」

チェルシー「本気で戦わせてもらおう」


三石「SS級同士のガチバトルか、久しぶりに面白い戦いができそうね」


zDSC09446.jpg

北村「ラヴィニス、気をつけろ・・・相手は同レベルのSS級ランカーMMSだ。オンゲのミッションゲーMMS-零でも上位のランカーだぞ」

ラヴィニス「アハハハッハァ!!面白いね、いいじゃん!!楽しもうじゃん!」

北村「油断するなよラヴィニス」

ラヴィニス「ガチンコ勝負でいこうじゃないか♪」

北村「まさか、たまたまブラリと立ち寄った神姫センター店でいきなりSS級のランカーに鉢合わせするとはな」

ラヴィニス「向こうもこっちのことは薄々知っているような感じだね・・・お互いに生身で会うのは初めてだけど、名のあるランカー神姫同士、派手に行こうじゃないか」


zDSC09445.jpg


三石「チェルシー、ギャラリーを楽しませてあげるような戦いをするのもSS級ランカーの勤めやで」

チェルシーは首をこきっと鳴らす。

チェルシー「イエス、マイマスター」



dai-21syou.jpg


西暦2041年 

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・




つづく
[ 2011/08/07 00:15 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫「真零」 第21章 次回予告 

武装神姫「真零」 次回予告

西暦2041年 

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・

zDSC09447.jpg

□ 重剣士型MMS 「ラヴィニス」 SSクラス 二つ名「ブラックネイル」

オーナー名 「北村 弘一」 ♂ 19歳 職業 大学生

北村「ラヴィニス、気をつけろ・・・相手は同レベルのSS級ランカーMMSだ。オンゲのミッションゲーMMS-零でも上位のランカーだぞ」

ラヴィニス「アハハハッハァ!!面白いね、いいじゃん!!楽しもうじゃん!」

北村「油断するなよラヴィニス」

ラヴィニス「ガチンコ勝負でいこうじゃないか♪」

zDSC09449.jpg

□ 戦闘攻撃機型MMS 「チェルシー」 SSクラス 二つ名「シルフィード」

オーナー名 「三石 留美」  ♀ 19歳 職業 大学生


チェルシー「ふふふ、どうやら退屈せずにすみそうだな、マスター・・・相手はSS級だぞ」

三石「ブラックネイルのラヴィニスね・・・何度か非公式のバトルロンドとオンラインのMMS-零で見たことがあるわ」

チェルシー「本気で戦わせてもらおう」

dai-21syou.jpg

ライバル(rival)は、同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手の意味。好敵手(こうてきしゅ)、宿敵(しゅくてき)

[ 2011/07/31 01:36 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 「真零」 第20章 「冥王強襲」ネタバレ 


今回の話はとあるゲームのOPを参考にしています。

参考にしたのはコレです↓




配役は以下の通り・・・・

ナノハさん = GP-02サイサリス

ヴェロキア・アマンダ = ドムトローペン


ウォース・パイト = ペガサス級揚陸艦

ウェル・クストラ = ジム改

ウェル・キャノン = ジムキャノン??

ウェル・ヤークト = 量産型ガンタンク

メネシス級    = サラミス級

ネプチューン級  = マゼラン級

アーンヴァルMK2 = プロトガンダムMK2



というわけでした!!!!


今度はアーマードコアのOP映像を神姫に置き換えてやってみたいですねwww

いろいろ見比べてみると面白いかも?


[ 2011/07/17 16:45 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(7)

武装神姫 フィギュア劇場 371 

zDSC09389.jpg

ミシェルが最下層の艦艇ドックに侵入する。

池田「超高エネルギー反応!!あそこだ!!」

池田が指を指す。

zDSC09391.jpg

その先には白い神姫が淡い桜色の光を収束させていた。

ミシェル「させるかァーーーーーーーーーー!!!」

zDSC09393.jpg

ミシェルはナノハに急接近しレーザーブレードで斬り付ける。

ナノハ「きゃああ!!なになに!?なんなのー」

ミシェル「ジェスティス!!!」


ナノハは攻撃を回避し、ミシェルと対峙する。


zDSC09395.jpg

ナノハ「いきなり攻撃するなんて危ないよ、あなたは誰?私はナノハ!」

ナノハはにっこりと笑いつつ、レイジングハートの砲門をミシェルに向ける。


zDSC09396.jpg

ミシェル「・・・・」

ブン

ミシェルはレーザーブレードの出力を最大限に上げる。

zDSC09401.jpg


ナノハ「あはっは・・・心は滾るのです。眼前の敵を砕いて喰らえと、胸の奥から声がします。
安らかな闇と破壊の混沌を、呼び覚ませと訴えている・・・」


zDSC09400.jpg

ミシェル「あなたの考え方や生き方は間違っています。正義ではない、私が勝利して正義を教えてあげましょう!!!」

zDSC09405.jpg

ナノハが途中まで収束していたエクセリオンバスターを放とうと、レイジングハートをミシェルに向ける。

ミシェルは猛スピードで突っ込みナノハに斬りかかる。


はじける光の渦。

薄暗い艦艇ドックを光が包み込んでいく・・・・

zDSC09406.jpg

そして光が少しづつ・・・消えていき・・・画面にうっすらとロゴが踊る。




ハイスピードメカアクション・リアルラインロボットゲーム

MMS-真零(エムエムエス シンゼロ)


西暦2041年

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・

名も無き数多くの武装神姫たちの戦い

戦って戦い尽くした先には何があるのか

バトルロンドは戦いの旋律 終わらない戦いの旋律

戦いの歴史は繰り返す いにしえの戦士のように 鉄と硝煙にまみれた戦場で

伊達衣装に身を包んだ神の姫たちの戦いが始まる。


:ゲームシステム

このゲームは最寄の神姫センターで開催されるあなたの所有する神姫と共に多人数でバトルを行うというリアルバトルスタイルを採っています。
あなたの自慢の神姫で、さまざまなバトルに参加しMMSポイントをためてより上のクラスを目指しましょう。
初心者のCクラスから神レヴェルのSSSクラスまでみんなが楽しめるゲームです。


さきほど、お送りした映像は2041年 5月1日

大阪府 大阪城公園神姫センター店 地下ステージ 工廠ステージで行われたバトルのPV映像です。


さあ、皆さんも神姫を持って最寄の神姫センターに行って戦おう!!


プツンとテレビの映像が切れる。



・・・・・・
第20章 「冥王強襲」

終わり




[ 2011/07/17 12:42 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(5)

武装神姫 フィギュア劇場 370 

zDSC09369.jpg

池田の筐体にアラームが鳴る。

池田「ミシェル、緊急事態だ」

ミシェル「!?どうしました!マスター」


zDSC09373.jpg

池田「さっきのドラッケンは囮の陽動部隊だ。超強力な素粒子砲を搭載したSSS級ランカーMMSが最深部の艦艇ドックに侵入している」

zDSC09371.jpg

ミシェルはブースターを最大に吹かして後を追う。

池田「奴は最大出力で艦艇ドックに停泊している全ての艦艇MMSを撃沈するつもりだ。なんとしても阻止しろ」

ミシェル「イエス、マイマスター」

zDSC09376.jpg


地下のドック内には、巨大な戦艦型神姫の一群が静かに待機していた。


zDSC09377.jpg

広大なドック内には少なく見積もっても数十隻の大小さまざまな艦艇MMSが停泊しており、その静寂を一機の白い神姫が打ち破った。

zDSC09378.jpg

ナノハ「あはっ♪よりどりみどりなの」

zDSC09380.jpg

zDSC09385.jpg

田村「ナノハ、遠慮いらないの・・・みんなみーーーんな消し飛ばしちゃえ!」

田村はうれしそうに筐体のマイクを掴んで悦ぶ。

zDSC09388.jpg

ブッピガンッ!!!!!

ナノハのレイジングハートが砲撃モードに移行する。


ナノハ「これが私の全力全開ッ!!」



キュイイイイイイイイイイイイン・・・・・


レイジングハートの砲口に光が収束する。



つづく


[ 2011/07/16 21:13 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 369 

zDSC09350.jpg

ミシェル「ジャスティッスッ!!!!!!!」

ミシェルがレーザーブレードを展開させて突っ込む。

ヴェロキラ「FUCK YOU!!!!!!!」

ヴェロキラもレーザーブレードを展開させて反撃する。

zDSC09352.jpg

ビッシュウン・・・

ヴェロキラは高出力のレーザーブレードを副腕に2対装備している。

一方、ミシェルは片腕のみ。


zDSC09353.jpg


ヴェロキラ「攻撃力はドラッケンの方が上だァッーーーーーーーーーーー!!!」



ヴェロキラはカタリナ社製の戦闘爆撃機型MMS「ドラッケン」タイプ。
重装甲、重武装の強力な武装神姫。

戦闘能力はトップクラス。

zDSC09354.jpg

2対の強力なレーザーブレードで装甲の薄いアーンヴァルタイプなど簡単に八つ裂きに出来ると思っていた。

ブン!!!ヴェロキラは力強くレーザーブレードの斬撃をミシェルに浴びせるつもりだった。

だが、そこにはミシェルの姿はかき消すように消えていた。

zDSC09355.jpg

ミシェル「アーンヴァルの機動性はドラッケンよりも上ですよ?」

ミシェルはフロントライン社製の天使型MMS「アーンヴァル」の改良発展型。

装甲や火力はドラッケンには劣るが、機動性、速度は勝っていた。

zDSC09357.jpg

朝倉「何をしているヴェロキラ!!」

ヴェロキラ「は、速い!クソッタレ!!」

あっという間に後ろを取られるヴェロキラ。

zDSC09358.jpg

ヴェロキラは過信しすぎていた。己の自慢の装甲と火力を。

それが敗因だった。


zDSC09360.jpg

少しぐらいの攻撃を喰らっても、問題ない。

力任せのごり押しで、突っ込んで捻じ伏せてやればいいと思っていた。

zDSC09362.jpg

それが間違いだった。

ミシェルはSSS級のランカー神姫である。雑な力任せの攻撃が通用するような相手ではなかった。
ヴェロキラが典型的なパワータイプで、突っ込んでくると読みきった上で攻撃を予測して先に行った。
無論、ヴェロキラが一歩下がって射撃戦に持ち込んでくる可能性も否定は出来なかった。

だが、ミシェルは攻撃をためらうことなく即断で下し行った。

外れたりガードされたら、ヴェロキラの強力なレーザーブレードでメッタ斬りにされて撃破される。だから機動力を生かして先手を打ち、一撃で確実に撃破させる。


それは困難な行為であり、並みの神姫なら不可能だろう。だが、ミシェルはSSS級、丁寧にそして正確に、無慈悲に迷いなく攻撃を行った。

そしてそれは見事的中した。

ズドオオオン

□戦闘爆撃機型MMS 「ヴェロキラ」 SSSクラス 二つ名「ファックサイン」 撃破


ミシェルのレーザーブレードから光弾が放たれ、ヴェロキラの装甲と装甲のスキマの部分を正確に撃ちぬき、撃破した。

朝倉「ば・・・バカな・・・・私のヴェロキラが・・・一撃で・・・」

zDSC09365.jpg

ミシェルは撃破したヴェロキラには一瞥もせずに、ふっと短く息を吐く。


ミシェル「予測範囲内とはいえ、勝利し正義を上げることに成功しました」

池田が重々しく口を開く。

池田「よくやったミシェル、だが、なかなか危険な賭けだったな・・・」

ミシェル「私が攻撃をはずすか、ガードされていた場合、撃破されていたのは私でした・・・私が勝てたのは、機動性と運でした」

池田「SSS級のドラッケンを瞬殺とは・・・さすがボクのミシェルだ・・・」

池田はほくそ微笑む。

zDSC09367.jpg

ミシェル「やられる前にやる。戦いは先手を取った者が勝利します」

池田「攻撃力や防御より機動性か?」

ミシェル「違います。正義の力です」

池田「正義?」

池田は首を傾げる。


ミシェル「絶対正義です。迷うことなく心が勝利に導くのです」

池田「・・・・よくわからないが、よくやったミシェル」


ミシェル「ありがとうございます。マイマスター」



つづく
[ 2011/07/10 02:03 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(9)

武装神姫 フィギュア劇場 368 

zDSC09336.jpg


zDSC09338.jpg

zDSC09339.jpg

???「メインシステム起動、システム戦闘モードに移行します」

アマンダ「!?」

zDSC09340.jpg

□天使型MMS 「ミシェル」 SSSクラス 二つ名「ジャスティス」

オーナー名 「池田 宗助」 ♂ 18歳 職業 高校生


池田がすっと左手を挙げ、指をパチンと鳴らす。

池田「・・・・・」

ビッシュンン・・・・

ミシェルの大型レーザーブレードが青白く光る。

zDSC09341.jpg

ズドオオオオ!!!

いきなりスラスターの出力を全開に上げて真っ白なアーンヴァールがアマンダ目掛けて一直線に突っ込んでくる。


zDSC09342.jpg

猛スピードで突っ込むミシェル。

ミシェル「ジャスティス!!!!ジャスティス!!!!ジャスティスゥーーーーーーーーーー!!!!」

アマンダはミシェルの姿を捉え、アサルトライフルをミシェルに向ける。


zDSC09343.jpg


朝倉「ヴェロキラ!!後方に敵機1機!!」

ヴェロキラ「なに!?」

zDSC09345.jpg

佐々木「アマンダ!!撃ち落して!!」

アマンダ「くっ・・・こ、こいつ・・・は、速すぎ・・・」

アマンダが引き金を引くスピードより・・・・

zDSC09346.jpg

ミシェルがブレードを振り下ろす速度の方がわずかに速かった。

その差はほんのわずかの差だった。

zDSC09347.jpg


バッキイイイィーーーーーーーーーン!!!

アマンダの首が一撃で勢いよく狩り飛ばされる。

佐々木は眼を丸くする。


佐々木「なっ・・・」

□戦闘爆撃機型MMS 「アマンダ」 SSSクラス 二つ名「ワイバーン」 撃破



ミシェル「正義は必ず、究極的に勝利するのです」


ミシェルはドヤ顔で笑う。


zDSC09348.jpg

佐々木が朝倉にデータを送信する。

佐々木「愛莉!!気をつけて!!!SSS級よ!!」

朝倉がすばやくデーターを見る。

朝倉「クソッタレ!!天使型MMS 「ミシェル」 SSSクラス 二つ名「ジャスティス」!!!ランカーか!!ヴェロキラ!!」


ヴェロキラ「ふん、SSS級を倒せる神姫は、同じSSS級でないと不可能!!お前を倒せるのはオレ、オレを倒せるのはお前というだけの話だ」


ミシェルが速度を落とさずヴェロキラに突っ込む。

ヴェロキラがレーザーブレードを展開する。


ミシェル「お前の罪の数をッ!!!!!!!!数えろッ!!!!!!!!!!」


ヴェロキラ「数が多すぎて、数えられねえよ!!!!!!!クソがッ!!!!!!!!!!!!」

zDSC09350.jpg

激しく激突する黒い神姫と白い神姫。

激しく激突する赤い光剣と青い光剣。


装甲と火力を重視した戦闘爆撃機型「ドラッケン」と機動性を重視した天使型「アーンヴァル」

相反する考えと相反する機体思想を持った両者が、戦場で激突する。


[ 2011/07/03 12:30 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(6)

武装神姫 フィギュア劇場 367 

zDSC09330.jpg

アマンダ「ズメイ2よりズメイ1へ、敵守備部隊の排除を完了」

ヴェロキラ「ズメイ1確認した」


アマンダとヴェロキラのヘルメットに通信が入る。


ナノハ「うんうん、2人ともご苦労様。とっても助かりました。ありがとうね♪アマンダちゃんにヴェロキラちゃん」

上機嫌に甘い声でうれしそうにしゃべるナノハ。

zDSC09331.jpg


ゴゴゴゴゴゴ・・・ぐちゃぐちゃになって散乱しているウェル警備部隊。


ヴェロキラ「いえ、この程度の雑兵程度ならまったく問題ありません」

アマンダ「ナノハさん・・・そのちゃん付けはカンベンしてください・・・その・・・自分らにはそういうのに合いませんから」

アマンダが顔を赤くしてヘルメットを深くかぶる。


zDSC09332.jpg


ナノハ「えええーーーなんでなんで?どーして?だって、ヴェロキラちゃんもアマンダちゃんもすっごく可愛いんだよ?」


佐々木と朝倉が口を押さえて失笑する。

ヴェロキラ「ええと・・・ぐ、具体的にいうと・・・ど、どういうところがでしょうか?」


ナノハ「ヴェロキラちゃんとアマンダちゃんはいつもいつもとっても仲良しさんで可愛いよね!お互いに信じあって困ったときは助け合って・・・一緒に戦えるってとっても素敵だと思ったりしちゃったりするの!!」

アマンダ「は、はあ・・・・・」


ナノハ「お友達がいるってとっても素敵だと思うの!二人はお互いの手をつないでキスしたり****したりするの?」


アマンダ・ヴェロキラ「しません」


ナノハ「可愛いね。アマンダちゃんにヴェロキラちゃんは♪」

ヴェロキラ「は、はあ・・・」

ナノハ「じゃあ、私は最深部に行ってくるね!!じゃあ行ってきますー」


ナノハは一方的にいいたいことを言うと通信を切った。

zDSC09333.jpg


ヴェロキラ「・・・アマンダ、俺たちが可愛いだってさ」

アマンダ「あの人の前じゃどんな神姫も可愛いものですね、間違ってはいませんね」

ヴェロキラ「ちげえねェ・・・」

朝倉「仲良しさんだから、可愛いか」

佐々木「ふふふ、言いますね・・・つるんで行動しているうちは可愛いって言いたいんでしょうね」

朝倉「はっはは、言うなー」




つづく
[ 2011/06/26 12:36 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(5)

武装神姫 フィギュア劇場 366 

zDSC09314.jpg

キュイイイイイイン・・・・ズッドオオオン!!


アマンダはブースターを思いっきり吹かすと、集中砲火を浴びてひるんだ守備部隊に飛び掛った。


zDSC09317.jpg


アマンダが大型ライフルをウェルに突きつける。

とっさにウェルはシールドでガードするが、手首ごと吹き飛ばされる。


ドガッガ!

ウェル12「うぎゃあ!」

zDSC09318.jpg


アマンダは大型機関砲でウェルの胸部をぶち抜く。


ドドドドドド!


ズドン!!

びくっびくと短く痙攣を起して機能を停止するウェル。

zDSC09319.jpg

機関銃を撃ちながら後退するウェル


ウェル13「く、来るな!!来るなァ!!!」


zDSC09321.jpg

アマンダは機関銃の弾幕を掻い潜り、大型機関砲の先についたクローでウェルの頭部をがっしりと掴む。


ウェル13「うごっ!?」

zDSC09322.jpg

佐々木がくいっと首を斬るジェスチャーをする。

アマンダが大型機関砲を一発発砲する。


バン!!


グチャン!!

ウェルの頭部が粉々に砕け散る。


zDSC09324.jpg

残ったウェルが機関銃を発砲して突っ込む。

ウェル14「うおおおおお!!」

ウェル15「このおおお!!」

アマンダはホバー移動で軽やかに回避すると、突っ込んできたウェルの頭を蹴り上げる。

zDSC09325.jpg

ゴキン


ウェル14「ぎっ・・・」


あらぬ方向に首が折れ曲がる。

ウェル15「ひいッ!!?」

zDSC09326.jpg

ヒュン


風を切り裂き、アマンダのクローが勢いよく振り下ろされる。

zDSC09328.jpg


グッシャアアアア・・・ブチブチ・・・グチャ・・・


ウェルの頭部が原型をとどめないほどに激しく損傷し、粘ついたオイルが地面に滴り落ちる。



アマンダ「マスター、このエリアの守備部隊の掃討を確認しました」

佐々木「ごくろうアマンダ、さすがだわ」

アマンダ「となりのエリアもヴェロキラが掃討したようですね」

佐々木「ふふふ・・・私たち2人のSSS級ランカーを止めれる神姫は同じSSS級でないと無理ね」

アマンダ「ヴェロキラと合流します」


つづく
[ 2011/06/19 01:18 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 365 

zDSC09311.jpg

ウェル11「敵機、急速接近!!」

ウェル12「焦る必要はない、ゆっくりと引きつけろ!」

ウェルキャノン「敵は重装型のドラッケン1機だけだ」

ウェルスナイパー「一撃で仕留めてやるぜ、見てろよ」


zDSC09299.jpg

アマンダ「敵機、捕捉」

佐々木「アマンダ、守備部隊をすべて排除、遠慮はいらないわ」


アマンダ「イエス、マイマスター」


ダダッダダン!!

ライフルを撃ち攻撃を開始するアマンダ。

zDSC09301.jpg

ドルルルルルルルル!!

リアパーツの大型機関砲を連射し、ミサイルや砲弾を迎撃する。

zDSC09302.jpg


守備部隊のウェルたちは戸惑う。


ウェル11「ば、バカな!!き、効いていないぞ!」

ウェル12「クソッ、効いているのか?」

守備部隊のデータにランカーMMSの情報が掲示される。

ウェル13「しまった!!奴はSSS級のランカー神姫だ!!!か、勝てないぞ!!」

zDSC09303.jpg

ウェル13「奴は通常のMMSでは太刀打ちできん!こちらのランカーMMSはまだなのか!ランカーは!」

zDSC09304.jpg


アマンダは脚部のミサイルを発射すると・・・

zDSC09307.jpg

瞬時に可変すると滑る様に、地面をホバー移動しながらミサイルと機関銃、そして背部の強力なレールキャノンを一斉砲撃する。


zDSC09310.jpg


バッギイイイイイン!!!

zDSC09312.jpg

ドッゴオオオオオオン!!

ウェルキャノン「うわああああ!!」

ウェル11「ぎゃああ!」


アマンダの集中砲火を浴びて守備部隊の中央に紅蓮の炎が舞い上がる。




つづく
[ 2011/06/19 00:55 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 364 

zDSC09284.jpg

カシャン


ヴェロキラはミサイルランチャーを少し離れたところで機関銃を発砲しているウェルの部隊に向け、ミサイルを数発発射する。

ドシュドシュドシュウウウン

zDSC09285.jpg


ドゴゴオオン!!ズッガガンン!!

爆風に飲み込まれ、数体のウェルクストラが宙を舞い、バラバラに砕け散る。


zDSC09286.jpg

爆風の中から灰色の装甲を纏った神姫が躍り出て、大口径のカノン砲を発砲する。

ウェル・ヤークト1「ええい!!!!!5mmカノン砲を喰らいやがれ!!!」


ドゴオオオン!!


朝倉「駆逐コマンド型!!?five-kanone !」


ヴェロキラ「ッチ!!」

ヴェロキラは短く舌打ちすると、5mmカノン砲の砲弾をレーザーブレードで真っ二つに斬り捨てた。

朝倉「あ、危ない、榴弾だったら爆発してたぞ!」

ヴェロキラ「舐めたマネして腐りやがってェ!!」

zDSC09289.jpg

ヴェロキラはマシンガンを発砲しながらウェルヤークトの側面に回りこむ。

ダッダッダダッダダダ!!

zDSC09290.jpg

バキガキバキンキューーン!!バゴン!!

ウェル・ヤークト1「機関銃程度ではなあ!!」


シールドと装甲で完全にガードするウェル・ヤークト


zDSC09292.jpg

ばっと顔面を防いでいたシールドをはずし、機関銃で反撃しようとした隙を突いてヴェロキラがブレードを鋭く振るう。


ヴェロキラ「手間ァかけさせやがって死ね、このカメ野郎」


ウェル・ヤークト1「は、はやすぎ・・・」

zDSC09295.jpg

バジュウウン!!

ウェル・ヤークトの胸部のCSCをレーザーブレードが貫く。

機能を停止し沈む駆逐コマンド型。


朝倉「ふう、こんなものか・・・最後の駆逐コマンド型にはヒヤッとしたね、ヴェロキラ」


ヴェロキラ「この程度、問題ない」


zDSC09298.jpg

ヴェロキラの周りには無数のコマンド型の残骸が散乱し、ぬらぬらと床をオイルが光っていた。

朝倉「このエリアの警備コマンド型は全滅か、1分も持たないとはね・・・」


ヴェロキラ「たかが10体あまりの雑兵で、SSS級のランカーが止めれるわけなかろうが・・・」


ヴェロキラは足元に転がっているウェルの頭部を蹴り飛ばす。

ごろごろと転がり、オイルを滴らせる頭部。



つづく
[ 2011/06/12 02:26 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 363 

zDSC09260.jpg

ヴェロキラは警備コマンド部隊の集中砲火を巧みな機動で回避し、レーザーブレードを展開して猛スピードで突っ込んできた。


zDSC09263.jpg

ウェル6「う、うわああああああああ!!」

ウェル7「撃て!!撃てェ!!」
ウェル8「撃つな!!味方にあた・・・」


悲鳴と怒号が響き渡った瞬間。

zDSC09265.jpg

バッズウウウン!!

一体の哀れなウェルの首がブレードによって斬り飛ばされる。

zDSC09267.jpg

ウェル7「ひ、ひいいい!!」

ゴロンと斬り飛ばされた頭部がドロりと粘質をもったオイルを垂れ流しながら転がる。

斬り飛ばされたウェルの眼は黒く澱んで、口からは涎を垂らしている。

zDSC09268.jpg

ヴェロキラはなぎ払うように次のウェルの柔らかい腹を掻っ捌いた。

ウェル7「ぐぎゃああああああああああああああああああああああああ!!!」

ジグジュン!!

ぼこっとオイルと腹部が溶解し、一瞬で体中のオイルが沸騰し絶命するウェル。

マシンガンを放ち、別のウェルの頭部が砕け散る。

zDSC09272.jpg

ヴェロキラが続けて、脇にいたウェルの手首と脚部を切断する。


ウェル8「ぎゃへ!!」

ブッシャーーー

切断された脚部と手首から勢いよくオイルが噴出す。

zDSC09273.jpg

一瞬にしてバラバラのミンチになって崩れ落ちるウェル部隊。

ヴェロキラはわき目も振らない。

zDSC09274.jpg

ヴェロキラは重装甲の肩部のシールドで指揮官らしきウェルを突き飛ばす。

ドッキャヤア!!

ウェル10「ゲッハ!!」


zDSC09278.jpg

突き飛ばしたウェルの首をレーザーブレードで斬り飛ばす。


ブジュン!!

ごろりと頭部が転がり、切断されたウェルの頭部はまだ意識があり、斬られた自分の身体を見る。

zDSC09280.jpg

ウェルスナイパー1「ひ、ひいいい!!」

ウェルスナイパーが震える手でライフルを向けようとするが・・・

ヴェロキラはすっとマシンガンの銃口をスナイパーに向け発砲した。

zDSC09281.jpg

ダッダダダダアン!!

ボロ切れのように穴だらけになって崩れ落ちるウェルスナイパー。


つづく
[ 2011/06/12 02:08 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 362 

zDSC09234.jpg

ウウウウーーーーーンウウウウウーーーーン

工廠内にサイレンが響きわたり、ドカドカと足音を立てて無数の神姫が走る。

zDSC09237.jpg

ウェル・スナイパー「敵はかなりの凄腕だぞ!!もうすぐ近くまで来ている!!」

zDSC09239.jpg

ウェル5「銃列をくめえ!!」

zDSC09240.jpg

ジャキジャキ・・・

警備のウェル部隊は機関銃やライフルを構えて侵入者を待ち構える。

zDSC09242.jpg

ウェル・キャノン「くそったれ、ぶっ飛ばしてやる!!」

zDSC09243.jpg

ウェル6「はあはあ・・・くう・・・やってやる、やってやるぞ!!」


緊張してカタカタと機関銃を振るわせる。

zDSC09247.jpg

ウェル・ヤークト「こちら駆逐コマンド部隊、配置に付いた」

ウェル・スナイパー1「眉間を一発でぶち抜いてやる、よく見てろよ!」

zDSC09248.jpg

ウェル・スナイパー2「敵機、次の2つ目の通路を右折!来るぞ!!」
ウェル7「迎撃・・・用意!!」


zDSC09249.jpg

ごくりと唾を飲み込むウェル。


ウェル8「撃て!!」

一斉に火蓋を切るウェル部隊。

zDSC09250.jpg

ドドドオン!!ズンズズン!!ダッダダダッダダッダダダ!!

ヴェロキラ「やっぱり待ち伏せしていやがったな!」

zDSC09251.jpg

ヴェロキラはにやあと笑いながらホバー移動で攻撃をたくみに回避する。


ドドドオドドドン!!ダダッダ!!ズドン!


目の前を弾丸が飛び交い、爆発が起きてもまったく怖気づく様子はないヴェロキラ。

zDSC09253.jpg

ビシュエエービシュウーン!!

緑色のビームがヴェロキラの装甲を軽く焦がす。

ヴェロキラ「おっと危ねえ!!光学兵器持ちがいるな!?」

朝倉「ウェルキャノンとウェルスナイパーを確認した。座標を送る。始末しろ」

zDSC09254.jpg

ヴェロキラ「イエス、マイマスター」


zDSC09258.jpg

ヴェロキラは副腕をぐっと持ち上げる。

zDSC09259.jpg

副腕の先端にポッと赤い光が灯・・・

zDSC09260.jpg

それは鈍い光を放つ光の剣に変わった。

ヴェロキラ「バラッバラに捌いてやるぜェ・・・ひゃはは!!」





つづく
[ 2011/06/12 01:49 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 361 

zDSC09214.jpg

ブウウン・・・ナノハの足元に魔方陣が描かれる。

zDSC09221.jpg


ビーーービーーービーー

サイレンが鳴り響く。

zDSC09215.jpg

館内放送「敵機進入!!!敵機進入!!工廠内に侵入者!敵襲!!総員迎撃態勢!」

zDSC09224.jpg

館内放送「非戦闘員、すべて退避!!拘るな、ここだけじゃない!!!」

zDSC09216.jpg

ナノハ「ハチの巣をつついたような騒ぎだね」


zDSC09225.jpg

館内放送「これ以上の敵機の進入を許すな!!!阻止せよ!!」

zDSC09217.jpg

ナノハはぐんと加速し、工廠内の最深部に向かう。

zDSC09227.jpg

コマンド型「コマンド部隊!気をつけ!!これは演習ではない!!」

zDSC09218.jpg

zDSC09229.jpg

ドカドカと靴音を立てながら殺到する警備のコマンド部隊。

zDSC09230.jpg

館内放送「敵は凄腕のランカーだ!!各員、気をつけろ!!」

zDSC09232.jpg

館内放送「物量と火力で圧倒しろ!!」



つづく
[ 2011/06/05 14:04 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(6)

武装神姫 フィギュア劇場 360 

zDSC09180.jpg

zDSC09183.jpg

zDSC09185.jpg

ッダダッダダッダダダン!!!

地面を滑る様にホバーダッシュするヴェロキラ。

機関砲を撃ちながら牽制を行う。

zDSC09186.jpg

ヴェロキラ「FUCKYOU!!」


zDSC09189.jpg


ウェル・クストラ3「敵機確認!!第2ゲートに向かうぞ!!」

zDSC09191.jpg

ウェル・クストラが機関銃を発砲してヴェロキラを追いかける。

zDSC09193.jpg

そのとき、ズッと間にアナンダが割って入る。

zDSC09195.jpg

ウェル・クストラ3「んな!!?」
アナンダは鼻面にあさるとライフルの銃口を向けると引き金を引いた。

zDSC09197.jpg


バギュ!

ウェル・クストラの顔面が砕け散る。

zDSC09200.jpg

カシャンとバイザーが地面に落ちる。

zDSC09201.jpg

ずるりとウェル・クストラの体が力を失って倒れこむ。

zDSC09202.jpg

ばっとアナンダに飛び掛るウェル・クストラ。

zDSC09203.jpg

ウェル・クストラ4「うおおおおおおお!!!」

手には短刀が握られていた。

zDSC09204.jpg

アナンダは振り向きもせずにしらけた顔で一言叫ぶ。

zDSC09206.jpg

アナンダ「ヴェロキラ!!」


カシャンと機関銃を構えたヴェロキラがウェル・クストラに照準をつける。

zDSC09207.jpg

ヴェロキラ「ばーーん」
朝倉「殺せ!!」

ダダッダダン!!

ウェル・クストラ4「がはっ!!!」

zDSC09208.jpg

ウェル・クストラの背部を貫通して紅蓮の炎が飛び散る。


佐々木「甘かったわね」
アナンダ「ふ・・・」

zDSC09209.jpg

グシャンと撃破したウェル・クストラの頭を踏み潰すヴェロキラ。


zDSC09210.jpg

ヴェロキラ「くひひひ、弱い弱すぎるぜェー」

朝倉「この程度の警備コマンドしかいないの?がっかり」


zDSC09211.jpg


アナンダ「ここのゲート内の敵は一掃したようですね」

佐々木「まあ、こんなものでしょう」

朝倉「奥に行きましょう」

ヴェロキラ「喰い足りない」


zDSC09213.jpg


ヘルメットのマイクから通信が入る。

ナノハ「どうかな?うまくやってる?アナンダちゃんにヴェロキラちゃん」

ヴェロキラ「敵の抵抗は弱小。損害は無し」
アナンダ「陽動はお任せを、冥王は最深部の艦艇ドックに侵入を・・・」

ナノハ「うん、2人ともムリしちゃだめだよ」

ヴェロキラ「雑兵神姫の100や200なら問題ありません」
アナンダ「警備のコマンド部隊は私たちが相手をします」

ナノハ「うんうん、へへへへ♪楽しいね」

佐々木「狂ってる作戦ね、たった3機のランカー神姫で数百機の工廠内の神姫を全滅させるなんて」
朝倉「だが、不思議と負ける気がしないね」



つづく
[ 2011/05/21 21:39 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 359 

zDSC09146.jpg

ウウウウーーーーーンウウウウウーーーーン

工廠内にサイレンが響きわたり警告ランプが赤く光る。

zDSC09147.jpg

工廠内放送「第1ゲートに敵機進入!!警備コマンド部隊は出撃せよ!」

ウーーンウーーーン

第1ゲートに殺到するウェル・クストラたち


zDSC09148.jpg

ビームキャノンを搭載したウェル・クストラが発砲する。

ビシューーーン!!

zDSC09152.jpg

すっと手を掲げるナノハ。

zDSC09155.jpg

バッキイイーーーン!!!

素粒子シールドが肉眼でも確認できるほどの高出力で展開され、ビームをはじく。

zDSC09157.jpg

zDSC09158.jpg

zDSC09160.jpg

zDSC09161.jpg

zDSC09163.jpg

zDSC09164.jpg

ヒュヒュン!!

すさまじい速さでロッドを回転させ、ズンと強く地面を踏みしめ、ロッドを構えるナノハ。


キュイイイイイイイイン・・・・

zDSC09167.jpg


レイジングハートの先端で高濃度に圧縮された粒子がぐにぐにと形を作る。

zDSC09170.jpg

ナノハ「ディバイン・バスター」

そうつぶやくと戦艦の主砲級の高出力エネルギー砲が放たれた。


zDSC09175.jpg

ウェル・クストラ1「こ、高エネルギー反応急速接近!!」

ウェル・キャノン「退避ッーーー!!退避!!!」

ウェル・クストラ2「うわああああああああああああ!!!!!」

zDSC09178.jpg

ズッガガアアアアアンン!!!!


ディバイン・バスターの直撃を喰らって粉々に吹き飛ぶウェルクストラ部隊。


つづく
[ 2011/05/21 21:07 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 358 

zDSC09133.jpg

ゴゴゴゴゴゴ・・・・

zDSC09134.jpg

バン!!バウム・・ズンズウズン!!ドンドオドドドン!ドン・・・バン!!

巨大なウォース・パイトの艦体が爆発しながらメインゲートの真下に落ちる。


zDSC09137.jpg

そのとき、桜色の光を発しながら、音もなく一機の神姫が舞い降りた。

zDSC09140.jpg

???「ちょっとやりすぎたかな?」

???「Don't worry」

zDSC09143.jpg

ズドオオーーーーーーーン!!!

大爆発をおこすウォース・パイト



□ 魔砲少女型MMS「ナノハ」 SSSランク 二つ名「冥王」

オーナー名「高町 ゆかり」 ♀ ?歳 職業 神姫マスター

高町「ナノハ、分かりやすく伝えるよ。どんな方法でもいい!目の前の敵全てを素粒子出力全開でぶっとばして! 手加減なしで!!」

ナノハ「さっすがマスター、わっかりやすい!」

第20章 予告

zDSC09142.jpg

ナノハ「行くよ、レイジングハート!」

All right My master.


つづく


[ 2011/05/03 19:21 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(4)

武装神姫 フィギュア劇場 357 

zDSC09108.jpg

ズンズズン・・・


爆発するウォース・パイトの脇を黒い神姫がすり抜ける。


???「こちらズメイ1、第1ゲートに潜入した」

zDSC09112.jpg

???「ズメイ2、了解した」

zDSC09114.jpg

□戦闘爆撃機型MMS 「ヴェロキラ」 SSSクラス 二つ名「ファックサイン」

オーナー名 「朝倉 愛莉」 ♀ 16歳 職業 高校生



朝倉「うふふふ、派手に暴れましょう」

zDSC09116.jpg

ヴェロキラ「Yes, sure」

zDSC09118.jpg

朝倉「五十鈴、調子はどう?」

朝倉がウェーブのかかった髪をなでる。

zDSC09120.jpg


□戦闘爆撃機型MMS 「アマンダ」 SSSクラス 二つ名「ワイバーン」

オーナー名 「佐々木 五十鈴」 ♀ 16歳 職業 高校生

佐々木「問題ないわ、アマンダ」

アマンダ「もちろんです、マスター」


アナンダとヴェロキラはライフルを構え周囲を警戒する。


zDSC09123.jpg

ズズンズウズウズン!!!

パイト「ぐ・・・ファックサインのヴェロキラにワイバーンのアマンダ!!!SSSクラスの強ランカー神姫だとォ」

和田「まずい、ドック内に進入された!警備のウェル・クストラ部隊を呼べ!!」


ドンドオオオン!!

全身から小爆発が起き、炎に包まれるパイト。

パイト「ぐわああ、ま、マスター・・・だ、ダメです・・・も、もう持ちません」

バッガーーーン!!

□重装甲戦艦型MMS 「ウォース・パイト」 SSクラス 二つ名「オールド・レディ」 撃破


艦橋ブロックが爆発しパイトが絶命する。

メインゲート内が一瞬、爆発の光でぱっと明るくなる。

ヴェロキラ「ふん、戦艦型神姫はデカイ分、落ちるのも派手だな」

朝倉「綺麗じゃない」

朝倉は無残にも爆発し撃沈するパイトをせせら笑う。

zDSC09124.jpg



ウウウウウーーーーン・・・・ウウウウウーーーーン

メインゲート内にサイレンが鳴り響く。

「工場に侵入者!!敵襲です総員迎撃態勢!!!」


朝倉「敵、護衛MMS部隊、展開始まったわ。彼女から許可はでています。撃滅するわよ・・・」

朝倉が目を細めてすっと指示を出す。

zDSC09125.jpg

ヴェロキラがぐんとウイングを伸ばす。

ウイングには二つ名の「ファックサイン」 が殴り掻きされている。

ヴェロキラ「BITCH」

zDSC09126.jpg

ヴェロキラ「HUCK YOU!!!」


朝倉がファックポーズを取る。

朝倉「皆殺しにしろ、ヴェロキラ」

ヴェロキラ「イエス、マイマスター!!」


zDSC09128.jpg

佐々木「ということで、私たちも始めましょうか」

ニコニコと五十鈴は笑う。

アマンダがカシャンとアイフルの安全装置を解除する。

アマンダ「目標は地下、工廠ブロックに停泊中の戦艦型MMS群。破壊します」

zDSC09122.jpg


朝倉は不敵に笑う。

朝倉「うふ♪あは・・・あっははっははは!!!いいね!!ぞくぞくしてくるね!!ヴェロキラ!」

ヴェロキラ「殺しをしているときが、一番感じます」

朝倉「はあはあ・・・コレに勝る快感はないわ・・・うく・・・クスリもオトコも・・・・はあはあ・・・・・コレに比べたら・・・・足りない・・・」

朝倉は荒い息を吐いて興奮する。

佐々木「・・・・人間狩りを超える狩りはない。武装した人間の狩りに長年携わり味を占めた者は、他の獲物への興味を失う」

アナンダ「ヘミングウェイですね、勝利の味は格別で、単純な狩では得られない満足感がある・・・」

佐々木「あなたも感じるの?アマンダ」

アマンダ「いえ、私はマスターの命令に従うのみです」

佐々木「ふ・・・じゃあ、行きましょうか」


つづく
[ 2011/05/03 18:45 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 356 

zDSC09089.jpg

ブン・・・

真っ暗な暗闇の中で魔方陣が輝く。

zDSC09095.jpg

zDSC09096.jpg

魔方陣はウォース・パイトの姿を捉える。

zDSC09098.jpg


ポウ・・・・


桜色の光が灯る。

zDSC09101.jpg

???「ディバイン・・・・バスター・・・」

一人の真っ白な服を纏った神姫が呪文をつぶやく

zDSC09102.jpg

パイト「!!?ちょ、直上に超高エネルギー反応!!」

和田「なんだ?計器でもいかれたか?」

パイト「ち・・・違います!!!う・・・うわあああああああ!!!」

zDSC09104.jpg

バッガーーーーーーーオオオオオーーーーン!!

ズドドドオドドオドドドオオオオン!

真上から戦艦の主砲の数百倍の威力を持つ桜色の粒子がウォース・パイトを貫く。

zDSC09106.jpg

バアアーーーーーン!!!

衝撃波がビリビリとステージ全体を振るわせる。

和田「そ、素粒子砲!?バカな!!!こんな超高出力の素粒子砲を撃つ神姫がそ、存在するのか!!」

チカチカと緊急信号を点滅させるウォース・パイト。

巨体がぐらりと傾き、ゆっくりと沈降する。


つづく
[ 2011/05/03 17:43 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫 フィギュア劇場 355 

zDSC07563.jpg


2041年 5月1日

大阪府 大阪城公園神姫センター店 地下ステージ 工廠ステージ

zDSC09438.jpg

地下のドック内には、巨大な戦艦型神姫の一群が静かに待機していた。

zDSC09421.jpg

シンと静まり返るドック内。

zDSC09026.jpg

その中の一隻の戦艦型神姫が出港準備を整えていた。

zDSC09023.jpg

□重装甲戦艦型MMS 「ウォース・パイト」 SSクラス 二つ名「オールド・レディ」

オーナー名 「和田 真由美」 ♀ 29歳 職業 銀行員

zDSC09016.jpg

パイト「こちら重装甲戦艦型MMS「ウォース・パイト」、これより出港す」

和田「機関始動」

zDSC09010.jpg

パイト「機関始動」

ヒュイイイイーーン・・・ドルンドルウウン

zDSC09003.jpg

ドッドドドドドッ・・・

小気味良いエンジン音が響く。

パイト「エネルギー充填100%」

zDSC09001.jpg

和田「システム、最終チェック」
パイト「通信システム、艦内外とも異常なし火器管制システム、オールグリーン」

zDSC09027.jpg

パイト「全レーダー異常なし重力制御システム異常なし」
和田「よーーし、固定バンパー解除」

zDSC09035.jpg

バキン

パイト「固定バンパー解除」

zDSC09040.jpg

和田「全システム異常なし。パイト、補助エンジン始動!」

パイト「了解。補助エンジン、始動!」

灰色の巨体がゆっくりと浮かぶ。

パイト「出港します」

zDSC09044.jpg

ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴン・・・

ゆっくりと垂直に上昇するパイト。

zDSC09048.jpg

和田が筐体のキーボードを操作しメインゲートを開放する。

和田「メインゲート、解放」

zDSC09059.jpg

ゴコン・・・ゴゴゴゴゴ・・・


パイトの真上でメインゲートが開き始める。

地下のドックと地上ステージを結ぶ連絡路、非常に強固な装甲板で覆われたこのメインゲートは開放には時間が掛かる。

パイトはスロットをうまく操作し、開放のタイミングを待つ。


zDSC09070.jpg

和田「今日もいつものごとく定期便だ。森之宮の神姫センターを襲撃するぞ」
パイト「了解しました」

zDSC09080.jpg

パイト「・・・しかし、いつもこちらの大阪城公園神姫センター店が仕掛けてばかりで悪いですね」

和田「ふん、この神姫センター店は地下に特設の工廠ステージがあるからな・・・そうやすやすとは攻め込まれることはないさ」

パイト「この分厚いメインゲートは私のような戦艦型神姫が通るときにしか空きませんですしね」

和田「よっぽどのバカか、SSS級のランカー神姫でもない限り、この地下工廠ステージを落とすことは不可能ってことさ」


つづく
[ 2011/05/01 22:36 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

武装神姫「真零」 第20章 次回予告  

武装神姫「真零」 次回予告

西暦2041年 

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・


zDSC09027.jpg


大阪MMS砲兵工廠

カタリナ社極東支部局の構想により大阪城の地下ジオフロントに作られた第5軍事開発局所属の兵器工廠(造兵廠)。MMS戦争では、大口径の火砲を主体とする戦艦型MMSの製造を担った東洋随一の最大の軍事MMS工場であった。また、日本では重工業分野においてトップクラスの技術や設備をもっていたため、官公庁や民間の要望に応えて戦艦型MMS以外のさまざまな武装やMMSも製造していた。


zDSC09421.jpg

大阪城の地下ジオフロントに広大に広がる工廠・・・

大阪MMS砲兵工廠は地下の旧大阪城ホール跡や旧地下鉄地下街を利用し大小複数の地下街を連結したもので広大な地下面積を有していた。

広大な大阪城公園の直下にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置を特定しにくい。対空砲・迎撃ミサイル等防衛火器類も万全であり、工廠単独でも長期に維持できる物資と自給能力を持つ。また、強固な地盤の深地下にあるため通常兵器はもちろん核兵器による爆撃にも耐え、弾道ミサイル攻撃ですら司令部などが存在する中枢部は耐えられると言われており、難攻不落の要塞としても知られ完璧な防御力を誇る。

MMSや艦船の工場、数個艦隊クラスが停泊できるだけのドック、大規模兵器庫、設計局、参謀本部までも備えており、名実共にカタリナ社第五軍事開発局の心臓部・頭脳部である。このためカタリナ社高級MMS将校の一部、特に守旧派・官僚主義者は、前線で指揮せず安全な大阪MMS工廠に引き篭もっており、他企業のMMSのみならず、同じ他開発局のカタリナ社の将校型MMSですらこのような高級MMS将校らを「大阪城のモグラども」と蔑称している。


zDSC09438.jpg


2041年4月20日

この難攻不落の工廠の静寂を1機の白いMMSが叩き起こした。


zDSC09143.jpg

燃え盛る大型戦艦型MMSの紅蓮の炎の中から白い神姫が現れた・・・・

zDSC09237.jpg


鳴り響くアラーム、殺到する警備のウェル部隊。

その中の一人がつぶやいた。


「あ・・・悪魔め・・・・」

第20章 予告



???「悪魔で・・・いいよ。 悪魔らしいやり方で戦うから。・・・」


[ 2011/04/17 12:59 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 354 

zDSC06896.jpg

ノア「これが私の力だよ、マスター」

zDSC06898.jpg

ひゅんとノアは刀を振るう。

犬屋「は・・・はっはっは・・・噂には聞いていたけど、SSランクの強さは半端じゃないな・・・うん」

ノア「んふ♪まだまだ、全然本気出してないけどね」

zDSC06909.jpg

ノアはニコニコと嬉しそうだ。

ノア「結局ね、武装神姫で一番大切なことは『力』なんだよ」

犬屋「やっぱりそうなの?」

ノア「うん、そうだよ」

犬屋「やっぱり戦うから?」

ノア「武装神姫は武装して戦って勝つことが目的、理由や名目なんて後からつければいい、ようは勝つことが大事なの」

ノアは刀を弄くる。


zDSC06910.jpg

ノア「まあ、、そうじゃないって言う神姫やオーナーは多いけどね・・・たいていそういうことを言う奴に限って弱い負け犬や軟弱な神姫が多いの」

犬屋「・・・オレは違うのか?オレは別に勝っても勝たなくても、いいと思ってる・・・一緒にそばにいて、楽しんでくれたらな・・・って」

ノア「マスターは違うよ、マスターは負け犬でも弱者でもない、私がそんなの許さないしさせない、もしそういうことを一言でも言う神姫がいたら、八つ裂きにして殺すよ」

犬屋「ノア・・・」

ノア「マスターはSSランクのランカー神姫、『パープル・デーモン』のマスター・・・・マスターはSS級ランカーのマスターなんだよ?」

犬屋「SS級ランカー」

ノア「私はマスターの力。あいつと殺せといえば、その気になればSSS級のランカーでも殺せるし、神姫センターにいる神姫を100体でも八つ裂きにして皆殺しに出来る」


犬屋の喉がごくりとなる。

ノア「お金が欲しいなら、さっきのようにイベントの報酬で殺してでも奪い取る」

犬屋「の、ノア・・・」


ノア「私の体が欲しいなら、喜んで差し出すよ・・・私はみんな好きなんだ・・・戦うのも、殺すのも、キスするのもセッ○スするのも・・・」


ぺろっとノアが舌なめずりをする。


zDSC06912.jpg




ノア「戦いと金と女、武装神姫はとってもシンプル。野蛮で人が行うもっとも基本的な行動原理。だからマスターは『神』なんだよ・・・武装した『神』の姫・・・だから武装神姫っていうの」



武装神姫「真零」


第19章 「 GOLD RUSH 」  終わり







[ 2011/04/16 17:15 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

武装神姫 フィギュア劇場 353 



zDSC06886.jpg

首がへし曲がって虚ろな眼でくたっと倒れているエリゼス

zDSC06887.jpg

後頭部にぽっかりと大穴を空けて絶命しているデイトナ。

zDSC06888.jpg

喉を描き切られて白目を向いて蟲のように仰向けになって死んでいるマルキナ。

zDSC06890.jpg

フェリーヌはボタボタと首の付け根から汚らしくオイルを垂れ流して息絶えていた。

zDSC06891.jpg

ノアはあたりをゆっくりと見渡す。

zDSC06892.jpg

杉山「あ・・・・ああ・・・・・・・・・」

ぱくぱくと口を金魚のようにあけて、眼を見開き、口を半開きにして声にもならない声を発する。

杉山「あ・・・悪魔・・・紫色の悪魔・・・ぱ、パープルデーモン・・・」

zDSC06893.jpg

ドガッ!!!

ノアがデイトナの死体を足で蹴り上げて邪魔なものを蹴り飛ばすようにどかす。

zDSC06894.jpg

バン


MMSコンテナの中には鈍い光を放つ金色の棒が入っていた。

ノア「・・・・んふ♪」


ノアはニタァと笑う。

ノア「んは・・・んはっははっははっははははっははっははは」

狂ったように笑うノア。


zDSC06895.jpg

ずっとコンテナの中からずしりと重量感のある金塊を取り出す。


犬屋「お・・・おおおおお」


鈍い金色の光を発する金塊。


ノア「・・・・・・・・『強さとは我儘(わがまま)を押し通す力』・・・・」

犬屋「『範馬 刃牙』のオーガの言葉だな」

ノア「うん、つまるところ・・・それなんだよ・・・金の力も武力の強さも結局はそれになる・・・」


にっこりと笑うノア。

つづく
[ 2011/04/16 14:14 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)